弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年12月17日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

12月17日の月曜日でございます。

さぁ。

師走も折り返しを過ぎ、今年も残すところ2週間だぜ。

来週はついにクリスマスイブですけん、今週末辺りからもう完全に、日本は浮かれモード突入ですわ。

当院も、なんとか掃除もそれなりに終わり、カーテンの洗濯、年賀状とこなしましたし、後は今週中に弘泉堂通信を発送したら、大体の雑務は終わる感じです。

なんとかなったねぇ(笑)

まぁ、なんとかなろうがどうしようが、クリスマスはくるし、年末もくる。

そして気付けば、年越ししてますわ。

そんな、1年間を繰り返し、歴史は刻まれていくんでやんす。

ってな感じで今日もネタ突入ですが、今日は先週の続きの話をちょっとお送りしたいと思います。

先週の金曜日、カエルの話しましたやん?

読んでへんやろうし、掻い摘んで書きますと、生態系と外来種の話の中で、エゾヒキガエルの幼生が、アズマヒキガエルの幼生を捕食すると、高い確率で中毒死するって話でした。

で、引っかかったのはそこじゃなく、エゾヒキガエルは、複数匹で、アズマヒキガエルをかじるってとこに、わたくし院長反応してしまい、カエルって歯ーあるんかい?と…

で、調べてみたんですが、どうも上アゴにだけ歯があるようなんですね。

まったくないヤツもいるみたいなんですが、大半はこの上だけのようです。

そして鋭い歯を持ってる種類もいるみたいです。

てなことを調べてたら、ちょっと面白いネット記事を見かけたんで、今日はその話をしてみようかと思います。

ま、今日もカエルの話ではあるんですが、このカエルの歯ですが、とにかく下アゴには歯がないとされてたんですが、カエルの下アゴの歯が2億年振りに「復活」したという研究結果が発表されたそうなんです。

複数の専門家によると、進化論の土台を揺るがす発見だという話なんですよ。 

6000種を越すと言われているカエルのうち、大部分は上アゴに小さな歯があるだけです。

確認されている個体では、南アメリカに生息するフクロアマガエルの1種だけは上下のアゴに歯が生えているってことらしいです。

で、こっからなんですが、カエルの共通祖先は長く下の歯も生えてたんですが、系統樹を分析したところ、2億3000万年以上前に下の歯を失い、共通祖先自体も最終的に絶滅したことがわかりました。

研究論文の著者ジョン・ウィーンズ氏は、このフクロアマガエルの下の歯は初めはなかったが、「500万〜1500万年前に突然、生えてきた」と考えておられます。

ウィーンズ氏によると今回の発見は、進化の過程で失われた身体的な構造は二度と復活しないとする「ドロの法則」(進化非可逆の法則)に反すると…

まぁ、わたくしも含めた一般人は、こんな法則知らんで当たり前ですが、例えば進化の過程で、翼をなくした動物は、その後の進化で二度と翼が生えることはないってことですな。

ま、確かにこの法則通りなら、昔は生えていた歯が、どこかでなくなったわけですから、もう生えてきちゃ反則ですわな(笑)

ですから、ウィーンズ氏は複数の統計的な手法を用い、共通祖先を持つカエル170種の歯の進化をたどりました。

ま、言うても170種やしねぇ(笑)

6000種を超すいわれてるカエルの3%ほどの量の検証じゃ少ない気もしますが、現生種だけでなく化石種も対象に、DNA配列などのデータを組み合わせました。

数百種のカエルは下の歯を失いましたが、このフクロアマガエルだけは例外やったとも考えらますからねぇ。

ですがこのウィーンズ氏は、「一度失われて復活した可能性の方がはるかに高い」と譲らないわけです。

ですが、歯が復活した理由が定かになりません。

というのも、多くのカエルにとって、歯はそれほど重要ではないですし、進化の法則を無視してまで歯を復活させる意味がないやんかと…。

普通のカエルは、虫などを捕まえるときはたいてい舌をつかって口に入れます。

ただし、ツノガエル属に代表される肉食のカエルは獲物を捕らえる際、歯が重要な役割を果たしているとウィーンズ氏は説明しております。

ツノガエルは上アゴに牙のような歯を持ち、さらに一部の種は下アゴに歯のような構造を発達させています。

ですが、今回のフクロアマガエルと異なり、下アゴに生えているのは本物の歯ではないんですよね。

これを書いてて思いだしましたが、うちの死んだ爺ちゃんが、晩年は歯が全部抜けてたんですが、入れ歯をせず過ごしてて、歯ぐきでうまいこと、飯食うてたなぁと…。

いや、当然歯は生えかわらないんですが、歯ぐきが硬くなって少々のものなら、噛み切れるようになってたんですね。

このカエルも同じような現象なんやろなぁと(笑)

って少々脱線しましたが、本物の歯じゃなくて、歯に似た構造が多いってことは、やはり歯を再獲得する必要などないじゃろうってことの裏付けともとれますし、まぁ、不思議なことではありますね。

ですが、生物の進化に「意味のない事」はないはずなんで、きっとなんか深いわけがあったりするんでしょうけどね。

もし、このカエルの歯が再獲得したものだとしたら、これからも上下に歯を持つカエルが現れる可能性もあるわけですしね。

ま、正直カエルの歯にそこまで興味があったわけではないですが、生物の進化ってのは面白いもんですな。

ではまた〜



kaeru2



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年12月16日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

12月16日のサンデーイルネスでございます。

さぁ、12月も折り返しましたよ〜。

来週は23日の、平成最後の天皇誕生日ですから、もう今年もあと2週間と1日ってとこです。

ここらへんから、年末感が出て何となく慌ただしさの中にも、年末年始のワクワク感が出たりもしますよね。

クリスマスもきますし、やはり世界中が一番浮かれる時期でしょうね。

こういう時は思わぬ事故とかケガとかするもんなんで、注意して下さいね。

では、今週もイルネス辞典にいってみましょう。

今週は「クロイツフェルト・ヤコブ病」について解説していきたいと思います。

まずはどんな病気かってことですが、この病気は、異常プリオン蛋白が脳に蓄積して神経細胞を破壊する致死的な病気です。

(1)原因が不明な特発性

(2)プリオン蛋白遺伝子異常が原因の遺伝性(家族性)

(3)異常プリオン蛋白の感染が原因の感染性(医原性)に大別されます。

頻度は特発性が圧倒的に多く、プリオン病の約90%を占めます。

ではクロイツフェルト・ヤコブ病の原因ですが、特発性の原因は、感染説や遺伝子異常説など多方面から研究されていますが、まだ明らかにされていません。

最も有力な仮説は、プリオン蛋白生成の段階で突然変異が生じ、異常プリオン蛋白が生成されて発症するという説です。

正常型プリオン蛋白は健康な方でも発現が認められる蛋白ですが、その詳細な機能に関しては現在のところわかっていません。

クロイツフェルト・ヤコブ病の患者さんの脳では、この正常型とは異なった立体構造を示す「異常型プリオン蛋白」 が認められることがわかっています。

この異常型プリオン蛋白は、正常型とは違って蛋白分解酵素で消化されにくいため、神経細胞に蓄積されてしまいます。

その結果、神経細胞が障害され、発症に至ると考えられています。

この異常型プリオン蛋白の発生に関しては、特発性の場合、その原因はわかっていません。

家族性については、プリオン蛋白遺伝子の変異により引き起こされると考えられています。

医原性のような獲得性の場合、感染している方から硬膜などの提供を受けた場合におこるヒトからヒトへの感染、もしくは牛海綿状脳症 (BSE) に感染した牛からヒトへの感染によって、二次的に引き起こされます。

特発性クロイツフェルト・ヤコブ病は比較的画一的な症状を示します。

大部分は40歳以上で発症し、平均発症年齢は65歳です。

認知症、小脳失調、視力障害などが現れます。

認知症は急速に進行して半年以内に無動無言症状態になり、1年前後で死亡することが多いようです。

また、発症早期にミオクローヌスと呼ばれるけいれん様の不随意(ふずいい)運動が上肢を中心にみられることが特徴です。

では、診断ですが、発症早期に特異的に診断する方法は開発されていません。

進行性の認知症、ミオクローヌスに加えて、脳波検査で周期性同期性放電と呼ばれる特徴的な所見があれば、クロイツフェルト・ヤコブ病と臨床的に診断されます。

周期性同期性放電とは、脳波で1秒に1回の頻度で異常波が周期的に現れる所見をいいます。

脳のMRIでは大脳皮質、小脳、基底核に進行性の変性や萎縮(いしゅく)がみられます。早期診断には、MRIIの拡散強調画像が有効な場合が多いようです。

治療の方法ですが、現在のところ、有効な治療法は確立されておらず、致死的な病気です。

延命処置を行わない英国での生存期間は平均3.9カ月です。

日本では症状に応じた対症療法を行い、経管栄養、抗生剤投与、ミオクローヌスに対する抗けいれん薬投与などが行われます。

この病気が疑われる時や診断された時は、二次感染の防止が最も重要になります。

唾液や尿などからの感染性は非常に低いとされており、患者との通常の接触で感染することはありません。

患者の脳、脊髄、リンパ系組織には強い感染性があることがわかっています。

したがって、医療行為を介しての感染が最も懸念されます。

これまで進行を抑制することが証明された治療法もありません。

まさしく、罹ってしまったらお手上げの病気です。

対症療法を用いながら、心理カウンセラーや医療ソーシャルワーカー、家族性の場合には臨床遺伝専門医や認定遺伝カウンセラーなど、さまざまな専門家との連携をはかり、患者さんとそのご家族に対する社会的支援を行うことも大切です。

いかがでしたか。

比較的、馴染みの少ない病気ではありますが、非常に怖い病気です。

原因不明で致死的ときたら、防ぎようもなにもありませんが、まぁ知ってて損はないでしょう。

それでは、来週のイルネス辞典をお楽しみに〜




purin




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年12月15日 [日々のこと]
お疲れ様です。院長です。

12月15日のお手紙でございます。

なんと今日のお手紙で150回目となっております。

第一回目が2016年の1月30日ですから、もう3年近いですねぇ…。

ほんとこれ、やめるきっかけもないしダラダラ続いてますが、まぁ死ぬときは記念になるかなぁ〜とか…。

そして今年も後2回で終了です。

最後が29日ですんで、明日から休みや〜んって最強のテンションでしょうがもうあと2週間。

そろそろ年末感とクリスマスムード満開ですが、浮かれすぎると何かと失敗しやすいんで、そこは気をひきしめないとね。

もう、今週中には年末の雑用を終わらせて、余裕をもって、クリスマス〜年末〜新年を迎えたいもんです。

そうそう。

今年は平成も最後ですしねぇ。

来年は色々と変化がありそうですから、それも又楽しみですよね。

新元号に消費税増税。

あまり嬉しくない事もありますが、まずは健康に、一年間すごすこと…。

これが一番大事ですから、ラストスパート、健康第一で頑張りましょう〜♡



150



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop