導入機器の紹介|京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
導入機器の紹介
クライオ6(冷却療法機器)
管理医療機器(特定保守管理医療機器)〈クラス II〉  医療機器認証番号220ACBZX00054000
クライオセラピー(cryotherapy)とは、クライオ(cryo冷やす)とセラピー(cherapy治療)を合わせたもので、文字どおり「冷やす療法」を意味するものです。
-30℃の冷気が高い鎮痛効果を発揮し、患部の炎症を抑えると共に発痛物質の産生も抑制させます。疼痛物質の産生が抑制されることにより痛みが低下し、次に細胞レベルでの「復活」が行われます。この「復活」こそが、治療効果の肝となる訳ですが、つまり-30℃という日常的にはあり得ない冷気(凍死するレベルです)に晒された

画像

身体は、生体反応として血流をあげ、体内を元の状態(冷やされる前)に戻そうと急激に動きだします。この時の血流活性活動により、劇的な自然治癒力の向上が起こり、より高い治療効果を発揮します。治療部位の状態や目的に応じた様々な治療に役立てられますので、特に急性期の痛みや、アスリートのちょっと「やったな」的な症状が起こった時に是非試していただくことをお勧めします。
ウォーター・ベッド型水圧治療機器(アクアタイザー)
ウォーターベッドに寝ていただき、全身の調整を行う療法です。
「水圧刺激」という新しい発想から生まれた、ウォーターベットタイプの全身治療システムです。柔らかく、それでいて力強く、しかも心地よい「水」ならではの独特の刺激と浮遊感が全身を包みます。血行促進などの一般的なマッサージ効果に加え、「水圧」による特別な治療効果が期待出来ます。
この圧というものが曲者なんですが、例えば手技によるマッサージを行った場合、よほど熟練したプロの施術でない限り、圧迫した部分以外に歪み(ひずみ、ゆがみ)が生じてしまいます。

画像

これは、身体が一枚の筋膜と呼ばれる膜(布で覆われている様なイメージ)で包まれているためおこる現象です。この筋膜の歪みが、新たな痛みを生み出す原因であるとの研究発表もある様に、最近ではこの筋膜をリリース(元の状態に戻す)療法という治療法が広く採用されてきております。
当治療院も、この筋膜リリース療法に着目しており、一般的な手技、いわゆるマッサージではなかなか症状を改善させることは出来ないと考え、この「水圧」による療法を取り入れています。巷の整骨院では、こういった手技を、○○矯正、○○療法などど謳い施術しているようですが、当治療院では逆の考えです。
このウォーターベットタイプの全身治療システムでは、「圧」が均等に全身にかかるように水流が調整されています。このため、筋膜の歪みなどを引き起こすことなく、全身に均等の軸圧を加え、骨と筋肉(筋膜も含む)とのアライメントを調節し、身体全体を元の状態に近づけていく治療法となっています。

人間は生きて活動しているだけでも、必ずどこかに歪みが起こります。どんなに姿勢のいい方でも、これは自然と起こります。特に、加齢に伴って、関節の軟骨がすり減り、椎間板と呼ばれるクッション材が摩耗し変形していくものです。こういった「元と違う形」になってしまった状態を「元の定位置」に戻すような療法です。

ウォーターベットタイプなので、例えば腰が曲がっている患者さんでも大丈夫。
たっぷり入った水と柔らかいラバーマットが患者さんへの負担を軽減し、安全に治療致します。
独特の「水圧刺激」によって、次のような効果が期待できます。
●全身アライメントの調整
●血液循環の向上
●筋肉疲労物質の除去
●末梢の血行促進
等々。一度お試し下さい。

24時間WEB予約

PageTop