弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2017年09月19日 [色々なこと]

そらヒツジも大変やわ。

お疲れ様です。院長です。

9月19日火曜日でございます。

はい。

連休明けの今日、そりゃもうやる気満々ですやん。

土曜日、半休からの日、月と休んだわけですからそりゃ、元気も出ますわなぁって筈なんですが…

土曜、日曜と台風の影響もあって涼しかったのに、昨日はまたバカみたいに暑いし(笑)

今日は朝から比較的晴天で涼しい秋になってますが、これは体調的に非常によろしくないですねぇ…

てな感じの始まりですが、今日ははじまりといえばこれってお話でもいってみましょうか…。

そう、すべてのはじまり、誕生についてのお話でございます。


透明な液体で満たされた人工子宮で、ヒツジの胎児を正常に発育させる実験に成功したとの研究論文が発表されました。

これにより未熟児の死亡や、生涯にわたる身体障害を回避する助けになる可能性が高まったという事です。

英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表された論文では、このシステムは子宮内での胎児の自然な発育が継続するように設計されているということです。

つまり、人工的に子宮環境を作りだすってことなんですよね。

これがもし完成すれば、早産や何らかの理由で十分成長しないまま出産された未熟な新生児を救うことができる可能性が高まったわけです。

現在、妊娠期間が40週ではなく22〜23週程度で生まれる新生児は、生存率が50%程度で、生存した場合でも90%の確率で重度の長期的な健康問題が発生するとされています。

子宮内の生活を再現する今回の最新システムは、人への使用が承認されれば、これらの確率を大幅に改善するかもしれないわけですね。

研究チームは米食品医薬品局(FDA)と協力して、人への臨床試験の準備を進めており、3年以内に開始できる可能性があると言いますから、こいつは生きてるうちに完成するかもしれないですな。

胎児は、合成羊水で満たした透明なプラスチック袋に入れられ、子宮内と同じように液体のなかで呼吸します。

臍帯が管を通して袋の外部の機械につながれており、この機械が内部を通る血液に対して二酸化炭素の除去と酸素の供給を行うということなんです。

しかもこの装置には、機械式のポンプは使われておらず、胎児の心拍だけで作動し続けるそうなんです。

これは、未熟児の肺や心臓は機械式のポンプなどによる外傷に耐えるには小さく、超未熟児は生存しても慢性的な肺疾患などの健康問題が生じることが多いためとのこと。

機械式ポンプによる不均衡な血流が引き起こす心不全を回避できるのもこのシステムの大きなポイントのようなんです。

今回の研究では、ヒツジの胎児6匹を妊娠105〜112日(人間の妊娠23〜24週目に相当)の時点で母親の胎内から人工子宮に移して発育させる実験を行いました。

そして胎児を、人工子宮内で最大28日間発育させました。

ここで、なんでヒツジなのかという事にも理由があって、ヒツジは、特に肺の発達が人間と非常に良く似ているという理由から、出生前治療の実験に長年用いられていたそうなんですね。

そして、このヒツジの胎児は人工子宮内で、正常な呼吸と嚥下を示し、目を開け、羊毛が生え、動きがさらに活発になり、成長、神経機能、臓器の成熟のすべてが正常だったと…

さらに実験に使われたヒツジの脳、肺、そのほかの臓器を調べ、数頭はその後、哺乳瓶で栄養を与えて育てたところ、あらゆる面で普通に発育したという結果だそうです。

そしてなんと、そのうちの1頭は研究から「引退」し、ペンシルベニア州の農場で暮らしているといいますから、もうこれは成功したと言っても過言ではおまへんな。

FDAの臨床試験が順調に進み、新生児に対する安全性と有効性が証明されれば、人工子宮システムはあと3〜5年で利用可能になるとの事なんで、これはこれで楽しみですが…。

この技術が完成したら、もう母体はなくても子供ができるって可能性もあるわけですよね〜。

もちろん、受精卵がないと話になりませんが、今は体外受精というものももう、かなりの確率で問題なく行える技術があるわけです。

ですから、体外受精からの人工子宮内での成長〜出産となると、もう実験室内で事足りちゃうんじゃないの?


これはちょっとアカン気がする(笑)


簡単に人間が造れてしまわないか?

今までの体外授精というものは、あくまでも子宮から取り出した卵子を、体外で受精させてその受精卵を体内にもどすわけです。

ここで、戻す場所が胎内ではなく、人工子宮ってことになったら、もう妊娠なしで子供ができちゃうもんねぇ…。

もちろん、こういった「妊娠」は禁止されたりするんでしょうけど、またアカン方向に進んでる気がするのは、わたしだけですかねぇ…。

この研究は、わたしの生きてるうちに見届けられそうですから、動向を見守りましょう。

ではまた〜



bosi



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop