弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2017年03月10日 [日々のこと]

輝く未来のために今出来ること…

お疲れ様です。院長です。

3月10日金曜です。

3月も1/3終わっちゃいましたやん。

まぁ早い。もう春やし桜も咲きそうですなぁ…。

3月から新体制で水曜日もお休みしてですね、明日土曜でまた休み…

何かすんごい休み過ぎてる感が怖いんですけどどうなんでしょ(笑)

まぁ、我々の勝手な予定では、平日に1日休みがある事によって、その前後の日が忙しくなり、うまくいくんではないかと…

ま、やってみないと分かりませんが、まだ慣れてないせいかちょっとす〜っとした感じですな(笑)

そんな大丈夫か感に苛まれてるわたくしには、何となく引っかかるネタいってみましょう。


そんな何となく他人事とは思えないネタとは、テクノロジーの発展によって、まもなく無数の仕事が消えてなくなるかもしれないってお話。

まぁ、テクノロジーの進化なんて、専門家でもない者からしたら、今何がどう進化していってるのかすら分からない分野ですよね。

ですから、例えばこんなロボットが作られましたよ〜なんてニュースをみて、あーそんなんできるんや〜すごいや〜ん的な…

ま、ロボットとなると分かりやすいんですが、いまや誰でも当たり前に使っているスマホなんかでも、この中にとんでもない位のテクノロジーが詰まってて、これにより我々は「便利」を手に入れてるわけですね。

で、今日の本題は、この「便利」の後ろにあるある変化ですね。

これは、色々な事が「機械化」されることにより人の手が必要なくなること…

つまり、自動化によりロボットに仕事を奪われる可能性が高い職種があるねっていう研究ですな。

その研究によると、保険や不動産業者といった事務仕事が機械化される可能性は97パーセントにも上るんだと。

まぁ、確かにねぇ…

事務作業って機械化されれば楽だし、まず間違いがないって言うのが素晴らしい。

機械やしね。

で、その研究から無くなる可能性の高い職業ランキング


1.事務職

2.信用分析者や融資担当者

3.郵便局職員

4.実験助手

5.会計士と監査人


この研究、英国のものなんで、まぁ若干日本の事情とは違うと思われますが、英国では今後、15年間で25万人が仕事を失うと予測されているって事ですからこれは大事ですぜ。

まぁ、例えば事務職で言えば、事務員さんといわれる職業の方が、全て機械化されるわけはないですが、確実に人数は減りますよねぇ…

今まで、3人でこなしてた仕事を一人で出来るようになったり、大きな会社なんかでは、かなりの人員削減になるでしょう。

つまり、ドンドン仕事そのものが減っていくことは間違いないわけです。

てなると、将来性も考えてこれから職に就くなら、自動化されるリスクの少ない仕事を探そうってことになりますわね。

で、この研究では、当然そういった職業についても発表されてます。

自動化されるリスクが低い職業として、消防士、歯科医、医師が挙げられ、いずれも1パーセント未満で、他にも栄養士、精神科医、薬剤師など、ヘルスケア関連の職業もリスクが低いと…

て言うても、医師、歯科医師、精神科医、薬剤師等々…

これらの仕事は、そのものがハイスペックすぎやろ(笑)

なろうと思ってなれる職業とちゃいますし、当然それだけの仕事だからこそ、まぁ将来安泰なわけですからね〜。

ひと昔前、物流関係、つまり運送業なんかは絶対安泰やと言われてたんですよね。

どれだけネット社会が繁栄しようが、実際の物を移動させるには、運送が必要なわけで、今もアマゾンの流通が激しくすぎでヤマト急便が時間指定を辞めるのなんのと問題になってます。

でも、ここ10年、20年で確実に自動運転の技術が高まり、特定のルートなんかは無人でいけるようになるでしょう。

そうなると、実際の営業所から個人宅までの流通だけで済むわけですから…

大幅な人員削減になりますよね。

そして、みなさんも見かけたことあると思いますけど、ヤマトなんかはリヤカー付の自転車で配達してはります。

ああなったら、もはや誰でもいけますやん?

つまり、アルバイトで賄えるって事ですな。

アルバイトとはいえ、仕事は仕事と思われるかもしれませんが、アルバイトだったら閑散期はシフトを減らし、繁忙期だけ増員したりできますし、社員を抱える必要が減りますからねぇ。

実際に、バスのドライバーの職は、無くなるだろうと言われてますからね。路線バスなら自動運転で十分ですしね〜。


てなことを考えていくと、便利になり過ぎるのも考えもんでしょ?

ま、これからは高齢化社会で、若者の数が減っていきますから、仕事が減ってもバランスが取れるのかもしれませんけど、そうなると生産性も下がるでしょうし、なかなか明るい未来とはいきません。


つまりは利便性を追求するあまり、我々は衰退の道を歩んでるのかもしれません。

とか(笑)

そんな未来は一旦置いておいて今日を、明日を頑張らないとね。

では、また〜




kuro




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop