弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年09月30日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

9月30日のサンデーイルネスでございます。

あら。

もう明日から10月じゃないですか…。

てことは、今年も残り3ヶ月。

92日間で終了って事でございます。

早いもんですねぇ〜。

これからドンドン慌ただしさが増していきますが、冬には冬の楽しみがありますしね。

まだまだ秋ですが、急に寒くなりますから注意して下さいよ。

ってことで、今週もイルネス辞典に突入ですが、今日は「ライム病」について解説していきたいと思います。

ライム病…

なんか聞いたことあるなぁ〜?って人は、意外と多いかもしれません。

というのも、カナダのロック歌手アヴリル・ラヴィーンさんが患い、世界的に話題になりましたね。

彼女は5ヶ月ほど寝た切りで、死をも覚悟したと後日語っております。

では一体、どんな病気かと言いますと、ライム病はスピロヘータの一種であるボレリアの感染に起因する細菌感染症で、全身性の多様な症状を示します。

病原体を保菌しているマダニに刺されることによって感染します。

ヒトからヒトへの感染、動物からの直接感染はありません。

病原体を媒介するマダニは、日本の本州中部以北に分布するシュルツェマダニのほか、米国ではスカプラリスマダニ、ヨーロッパではリシヌスマダニなどが知られています。


潜伏期:マダニの刺咬より数日 - 数週間。

マダニは数日間吸血し続け、若虫では数 mm、成虫では1 cm 程度まで飽血する。

ボレリアのマダニからヒトへの伝播には、48時間以上の吸血が必要とされる。

ダニが刺した部位で菌が増殖し、3 - 32日間かけて周囲の皮膚へ広がる。


第1期:感染初期 (stage I)

マダニの咬着より数日から数週間後に、刺咬部を中心とした特徴的な遊走性紅斑を呈する。

この症状は、狭義の B. burgdorferi 以外による非典型的なライム病でもすべてに共通して発症するが、無症状な人も約25%いる。

リンパ節の腫張や、筋肉痛、関節痛、頭痛、発熱、悪寒、倦怠感などのインフルエンザ似の症状を伴うこともある。

体調の悪さと疲労感は数週間続くので、紅斑が出ない場合は特にインフルエンザやかぜと間違えられることがある。


第2期:播種期 (stage II)

体内循環によって病原体が全身に拡散することにより、皮膚症状、神経症状(髄膜炎や脊髄神経根炎、末梢性顔面神経麻痺)、心疾患、眼症状、関節炎、筋肉炎など多彩な症状が現れる。

不整脈などの循環器症状、リンパ球腫などを呈することもある。


第3期:慢性期 (stage III)

感染から数か月から数年後に、慢性萎縮性肢端皮膚炎、慢性関節炎、慢性脳脊髄炎、角膜炎などを生ずる。

とまぁ、ツラツラ書いただけでもかなりの症状が登場します。

そして、罹患期間もかなり長いですし、症状が多様過ぎて治療法も、症状に合わせた抗菌薬を使う事くらいしかありません。

以上のように、罹っちゃったら面倒なライム病ですが、原因は明らかです。

そう、マダニに噛まれない事。

これだけなんですよ。

当然、国内にも媒介するマダニは存在します。

ですから、まずはキチンと予防することが大前提と言えるでしょう。

このマダニは野山に生息しています。

ですから特に、マダニの活動期(主に春から初夏、および秋)に野山へ出かける時には


(1)むやみに薮などに分け入らないこと

(2)マダニの衣服への付着が確認できる白っぽい服装をすること

(3)衣服のすそは靴下のなかに入れ、虫よけをし、マダニを体に近寄らせないこと


等を気をつけることが大切です。

でも、絶対ってことはありません。

万一刺された場合、ダニが身体に付着(正確に食いついて体内に侵入している)しています。

一見、ダニがひっついているだけに見えますが、身体の半分位までは皮膚に埋まりますから、自分でマダニを引きはがさず、病院の皮膚科で外科的切除を受けるようにしてください。

これは無理に虫体をはぎ取ることで感染が高まる危険性があるためです。

いかがでしたか?

このダニに噛まれる問題は、みなさん自身ももちろんですが、お子様やご家族にも十分注意してあげて下さい。

例えばわんぱく盛りの男の子なんて、近くにあれば野山を駆け回らないわけないですもん。

で、虫に噛まれてバリバリ掻きながら帰ってくるなんて普通にある日常の光景でしょ?

掻きむしってマダニを引き剥がしてしまうことが、感染のリスクを高めるわけですから、知っておいて損はないです。

まず知識を持つこと。

これだけで防げる疾患もたくさんありますからね。

では、来週のイルネス辞典をお楽しみに〜




lime



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年09月29日 [日々のこと]
お疲れ様です。院長です。

9月29日のお手紙となります。

9月ももう終わりだ〜。

やはり10月となれば、秋って感じがしますよね。

スポーツの秋、芸術の秋…

そして食欲の秋ですな。

でも、涼しいとか言ってられるのは今から1ヶ月程で、すぐに肌寒く、そして冬がやってきます。

それと10月に入れば、今年も残り3ヶ月ですよ。

日々追われているうちに、アッという間に年末ですよね。

去年のこの時期のお手紙を読みかえすと、9月30日が土曜日だったんですが、回数も「第87回」ですからね〜。

1年で52回書いたって事になりますね。去年の文面からは、まだ残暑が残ってるような感じでしたから、今年は涼しいのかもね。

これから年末までの3ヶ月間は、何かと慌ただしいですから、日々をしっかりすごさないと、やり残しばっかになっちゃいますぜ。

毎年、3ヶ月位前から今年の総括ってことで、考えるんですがそれをキッチリやりきれた事はありません。

今年は何とか、悔いの残らないよう過ごしていきたいと思います。

じゃ、素敵な週末をお過ごし下さい♡



139



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年09月28日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

9月28日の金曜日でございます。

今月もあと3日…

すっかり秋めいてきましたし、10月となるとさすがに残暑感もなくなりますからね。

秋だねぇ…

秋。

とくに何かをするわけでもないですが、過ごしやすいってのは良いですよね。

秋の味覚も楽しみですしね。

どうせすぐ寒くなりますから、精一杯秋を楽しんどきましょう。

ってことで、今日のネタですが、今日はまた奥深い医療ネタをお届けしましょう。

4年前、バイク事故で26歳の息子を亡くしたイギリス人夫妻がいました。

彼らは、イギリスでも名門の大富豪で、どうしても跡継ぎとなる孫が欲しかったそうなんですね。

そこで、回収された遺体から精子を抽出し、人工授精で孫を誕生させたってお話なんですよ。

男性の遺体は事故から2日間未発見のままだったそうなんですが、回収されるとすぐさま精子が抽出されて冷凍保存されました。

精子は死後も72時間は生きているってことで、この措置をとったようなんですが、この夫婦、もとからこんな事を考えてたんでしょうか?

それとも、訃報を聞いてとっさに、精子を回収しようって考えたんでしょうか…

疑問は残りますが、この夫婦は、次に最も信頼できる医師を探し、アメリカ・カリフォルニア州のデビッド・スモットリッチ医師に行きつきました。

スモットリッチ氏の元に、冷凍保存された精子が送られ、しかも跡継ぎですから男の子となるY染色体を持つ精子が選別され、提供された卵子に受精させ、代理母のお腹を借りて男の子が生まれたそうなんです。

その子は現在3歳で、祖父母と一緒にイギリスで暮らしているというお話でございます。

スモットリッチ氏はこの分野のパイオニアで、1997年に同性夫婦のために世界初となる試験管ベビーを誕生させたり、2001年にイギリス初のシングルファザーに三つ子を授けるといった実績のある人物で、この分野では有名だったようです。

そのような彼でも死者の精子を使うなど、そうそうあることではありません。

死者といっても、生前に精子を保存してあり、亡くなってから受精させたというケースは比較的あるそうですが、すでに死んでいる人から採取された精子から子供が出来たのは、非常に珍しいケースだそうで、世界でも数例しかないそうです。

特にイギリスでは前例がないようで、仮に事故死した男性が病院で治療を受けておらず、なおかつ生前に精子を採取されることに同意していなかった場合、彼の精子を保管・利用することは刑法違反に当たる可能性が高いそうなんですね。

まぁ、そりゃそうやわな。

いくら身内と言えど、勝手に採取することは出来ないでしょうし、この一家はこう言ったことも想定して、同意していたのかもしれませんが、この部分については真相は明かされていません。

さらにこの夫妻は、提供される卵子と代理母の「種類と質」に非常にこだわっていたそうです。

もし彼らの息子の配偶者になるなら、容姿と知性と学歴を持つ女性のものでなければならないと強く望んでいたそうです。

まぁ、気持ちは分かりますが、だんだんアカン匂いがしてきましたねぇ…。

ちなみに、卵子提供者も代理母もアメリカ人だそうです。

そして受精卵は4つ作られ、1つを選択し、アメリカで出産されました。

卵子提供者や代理母への支払いも含め、施術には総額870万〜1400万円程度かかったというお話です。

まぁ、金額はさておき、非常に違法性も感じられるこの一連の話、大富豪だったから出来たということから、なかなかの論争をよんでたようです。

それと、詳しくは記載されてませんでしたが、この大富豪と医者のコンビ、受け入れ卵子と代理母を厳選しただけではなかったであろうと言う話なんですよね。

じつはこのコンビ、デザイナーベビーを誕生させたんじゃないかと憶測が飛んでるようなんです。

デザイナーベビーとは、受精卵の段階で遺伝子操作を行うことによって、親が望む外見や体力・知力等を持たせた子供のことで、元々は遺伝子疾病の回避などを目的に操作されたものだったのですが、今では「より優れた子供を」という危険な方向に進んでしまってます。

もちろん、このデザイナーベビーには技術面、倫理面から激しく問題視されておりますが、親の心情としては分からなくもないですが…。

で、問題はこのドクターなんですよね。

この分野のパイオニアってことで、かなりの有名人らしく、この先生にデザインしてもらいたいという大金持ちが後をたたないという話だそうです。

まぁ、普通の人ならデザイナーベビーに興味があっても、それを実行してくれる医者に巡り合いませんよ。

特に日本じゃ、絶対に受ける医者はいないと思います。

いや、よその国でも普通の倫理をもってる先生なら、こんなことに手を貸しませんよね。

で、こういう人がいると…

依頼も集中しますし、当然報酬も跳ね上がります。

絶対、アカンやつやと思いますけどねぇ…。

倫理観てのは、基本的に個人差がありますし、こういった問題はキチンと法整備しないといけないのかもしれません。

そもそも遺伝子というもの自体が、人間の中で完全に理解されてるわけではありません。

つまり、今の遺伝子操作も、何が起こるか分からないという側面もはらんでおります。

デザインされて生まれた子供が持つ「遺伝子」になにか不都合が起こるかもしれませんし、その先の世代で起こるかもしれません。

のにねぇ…。

人類の飽くなき探求心が、不可能を可能にしていき、そこから更なる悲劇が生まれるんじゃ、何してるこっちゃ分からんもんね。

やっぱり、踏み込んじゃいけない領域ってあると思いません?

ではまた〜



toraoyako



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop