弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年07月23日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

7月23日の月曜日でございます。

さぁ、7月も残すところあと1週間ほどでございます。

すでに真夏な太陽でございますが、8月に入るとさらなる夏日が待っております。

くれぐれも、水分補給を忘れずにね。

でも、最近の熱中症ブーム(笑)ってほんとに昔はなかった気がするよねぇ…。

この頃じゃ、年寄りだけじゃなく、若者まで熱中症だの脱水だの言ってますやん?

我々の子供の頃は、あんまり水飲むなって言われてましたからねぇ…。

真夏でも、出来るだけ水飲むのを我慢するのが良いって風潮がありましたし、スポーツ選手なら尚更でしたよ。

水飲んだらバテるってある意味、常識でしたしね。

間違った認識がまかり通っていたのは良いにしても、我々も含めた現代人が、ドンドン弱ってきてるだけなんじゃないのっても思ってしまいます。

弱ってきてるのか、進化してるのか分かりませんが、少しずつ変化していってるのは間違いないんんじゃないでしょうかね。

ってことで、今日はそんな進化を操っちゃおうってとんでもないお話でもしてみましょう。

みなさん、米国防高等研究計画局、通称DARPAダーパってご存知?

インターネットの原型であるARPANET・全地球測位システムのGPSなんかを開発したことでも知られている、アメリカ国防総省の研究機関でございます。

このブログには何回か登場してるので、熱心なファンの方(笑)ならご存知のはずですが、とにかく怪しげな研究をしてる機関なんですよね。

過去、こんな記事を書いてますんで、良かったら読んできてみ。2017/12/14 2017/12/15

で、今回の内容は、遺伝子発現をチューニングして、必要に応じて体の防衛機能を高めようなんて事を考えてるらしいです。

ま、普通の人が聞いても「?」な感じなのは当たり前で、この機関はほんとに大丈夫?ってことを研究する機関なんですよね。

で、今回の遺伝子チューニングってのも、簡単に言うと、遺伝子のオンとオフをチューニングすることで、健康の害に対する体の防衛力を強化しようということなんだって。

人体はすでに健康の害に対する一定レベルの防衛力を備えており、それはDNAに書き込まれています。

まぁ、こうした防衛力も絶対に十分というわけではもちろんありませんが、人体は驚くほど回復力に富んでいて、細胞の一つ一つが、健康への脅威に対して一定レベルの回復力を発揮するようコードした遺伝子を持っているわけです。

ですが、そうした内蔵型防衛機構はいつでも十分に、素早くかつ強力に発現するわけではありません。

なので、病気にもなるしウィルスにも侵されるわけですよね。

ですから、ゲノムに恒久的な編集を加えることなく、(脅威への)曝露前あるいは後に、一時的なブーストを与えることで、生まれつき備わっている防衛力をサポートする方法はないかってことを研究してるってことなんですな。

この研究の特筆すべき点は、ゲノムに恒久的な変化をもたらせるわけではなく、一時的に発動させるという事なんですね。

それは「エピゲノム」と言い、つまり遺伝子の発現を制御するシステムをターゲットとしてるんだそうです。

遺伝子を読み込む細胞を操作するように、外部からの修正を加えることで、オンとオフを調整することができるってことらしいです。

ま、分かりにくいな(笑)

技術的なことは、もう理解できませんが、この米国防高等研究計画局、通称ダーパは基本的に、軍隊で使用することやものを研究する機関ですから、この技術をどう使うんだろうかとそっちが心配になりますよねぇ…。

まぁ、軍事力のアップって意味合いで言えば、兵隊さんの身体をパワーアップさせたりするんかもしれませんが、遺伝子の操作ですから、一時的に超人的なパワーが出せるとか、そういうことも可能なんじゃないんでしょうか…

ちょっと話はそれるかもしれませんが、最近じゃドーピングも、薬物を使うんじゃなく、遺伝子操作をするって話も前にブログで書いたしね。

全ては遺伝子で造られるわけですから、一時的にそれを書きかえることが出来るなら、なんか超人とかにもなれそうですもんねぇ(笑)

まぁ、この機関は置いておいたとしても、この遺伝子操作の研究は、今一番盛んに行われていると言っても過言じゃありません。

人間の探求心は無限ですから、きっといつかは全ての遺伝子情報について解明される日も来るんでしょう。

そうなった時、人類はどうなってるのか見てみたい気はしますけど、やはり遺伝子操作ってのは、何となくですがダメな事の気がしてしまいますよねぇ…。

まぁ、だからといってどうってことはないんですが、人間も野生動物のひとつですから、自然な進化は当然あります。

でも、無理やりやっちゃぁ〜ねぇ…。

この手の話の時は、いつも最後はこんな終わり方ですが(笑)

アカン気ーするよね。

ではまた〜




darpa




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop