弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年07月31日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

7月31日の火曜日でございます。

今年は7月が異常に暑かった事もあり、8月は少々落ち着く、もしくは涼しくなるのが早まるんじゃないかなんて予想もあるようですが、まぁ普通に考えると、暑いのはこれからだし…。

これからが夏本番ですから、夏を楽しみましょうぜ。

ま、夏と言えば海や川や湖なんかでのレジャーが一番に浮かびます。

薄着になる機会が増えますから、ダイエットシーズンでもあるわけです。

で、今日は、ダイエットというわけではないんですが、ちょっと面白い脳と食べ物のお話でもしてみたいと思います。

これは、米イェール大学精神科の研究チームの研究ですが、ヒトの脳は、本能的に「脂質」と「糖質」の組み合わせを好むようにできている可能性のあることが、分かったそうなんです。

「脂質」と「糖質」と言えば、ダイエットに非常に関わりのある栄養素で、この2大巨頭を絶つことで痩せようとするダイエット法は数々あるわけです。

ですが、根本的に「脳」がそれを欲してるとすれば、少し話は変わってくるかもしれません。

この研究では、脂質と糖質のいずれかを多く含む食品よりも、ファーストフードや加工食品などの「両方」を含んだ食品の方が、脳内の報酬系のシグナル伝達を増強することが明らかになったといいます。

これまでの研究で、食欲を司る脳領域に空腹感や満腹感を伝えるシグナルは、主に腸管から伝達されることが分かっていました。

一方、最近の研究では、脂質を摂取したときと、糖質を摂取したときでは、異なるシグナル伝達経路が使われることも示されています。

こうした結果を踏まえ、研究チームは脂質と糖質の両方を含む食品を摂取すると、カロリーは同じですが一方だけを含む食品を摂取するよりも、相乗作用によってシグナル伝達系への影響が強まる可能性があると考え、今回の研究を実施したわけなんですね。

研究では、健康なボランティアを対象に


(1)キャンディーなどの糖質を多く含む食品

(2)ミートボールやチーズなどの脂質を多く含む食品

(3)クッキーやケーキなどの糖質と脂質の両方を多く含む食品


上記いずれかの写真を見てもらい、MRIによる脳画像検査を実施しました。

なお、対象者には、オークションで競り落とせば、自分が好きなものを食べることができると説明があったそうです。

その結果、脂質+糖質を多く含む食品に対して最も高額な値が付けられました。

また、脳画像検査の結果、脂質+糖質を多く含む食品の写真を見せられた際に、自分の好きな食べ物や、より甘い食品やより高カロリーな食品、量が多い食品の写真を見せられたときよりも、報酬系を司る脳領域の神経回路が活性化するという結果も出たそうです。

この結果で、脳内の報酬系は単純にカロリー量の増加に応じて活性化するわけではないことが分かりました。

この2つの栄養素の組み合わせに、秘密があるのかねぇ…。

ま、美味しいものは脂肪と糖で出来ているなんてキャッチコピーのコマーシャルもあるくらいですから、この2つの栄養素を組み合わせるとヒトは好まざるをえないわけですね。

ちょっと前になりますけど、こんなブログも書いてます。

このブログ、「ピザ。それはチーズとグルテンの誘惑」って表題なんすけど、チーズとグルテンって、まさしく脂肪と糖やしねぇ…。

つまり、ヒトは本能的に「ピザ」をそして「ケーキ」を好むってことになるわけです。

また、今回の研究では、脂質が多い食品のカロリーを推測できる人は多いですが、糖質が多い食品のカロリーを推測できる人は少ないことも明らかになったそうです。

このことから研究チームは「多くの人は、脂質と糖質の両方を含む食品から正確にカロリーを推測することは難しいと思われる」と述べています。

研究チームは、脂質と糖質を多く含む食品は、ヒトの食欲を司るシグナルを「ハイジャックする」と表現しています。

現代人が食べるほとんどの食品は、脂質と糖質の両方を多く含んでいますが、こうした食品は母乳を除けば自然界には存在しないと考えられます。

現代的なこれらの食品が、脳内の報酬系のシグナル伝達をより増強するのであれば、肥満や糖尿病が蔓延していることの説明がつく可能性があるとの見方を示していると結論付けてます。

研究チームはこの研究結果について、食べ過ぎに気づかずに、スナック菓子を一袋食べてしまう理由となるもの、とした上で消費者には、自分の空腹感や満腹感に従うのではなく、適切な食品を選ぶように啓発する必要がある。と話しています。

これ、消費者側にはそうなんですけど、消費させる側、つまり販売する側からすると、当然こういった食品をガンガン商品化し、消費者に買わせるわけですもんね。

消費者が何も知らなければ、売り手の思う壺。

手を変え品を変え、何となく口にしちゃう、脂肪と糖のミックスボムを、消費者に選択させるようメディアも利用しているわけですから、まずこの事実を認識しないといけません。

この「何となく」って、実は「食べたい」と思ってるわけじゃないんですよね。

ほんとに「何となく」仕掛けられてるだけなんで、まずこの事実を認識し、キチンとした食事習慣を身につけましょう。

でないと、過酷な8月を乗り切れませんぜ。

では、明日から8月、頑張ってこ〜。



guru



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年07月30日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

7月30日の月曜日でございます。

まだ台風の影響が残ってる地域もあるみたいですが、近畿はとりあえず過ぎていきましたね。

今朝は夏っぽい天気に戻り、セミも鳴いてますな。

さぁ、明日で7月も終了ってことで、8月感が膨らんできましたね。

夏ってことで、とりあえずテンション上がりますが、今まで以上に熱中症対策は万全にね。

それと紫外線対策…

日焼け好きな方は、太陽大好きとか思ってるかもしれませんが、なかなかのくせ者ですからねぇ〜、紫外線ってヤツは…。

出来れば紫外線は避けるべきなんですが、まぁ、こんな天気じゃ嫌でも浴びるもんね。

ですから、外出時は帽子にサングラスは必需品ですぜ。

ってことで、夏全開トークではじまりましたが、今日のネタはそんな夏とは無関係。

寒くても暑くても痛いものは痛い。

そんな痛いお話です。

みなさんは経験ないですか?

薄っぺらい紙で手を切って、やたら痛い思いをしたこと…

当然、大騒ぎするほどの深刻なケガではありませんが、ちょっとしたケガにしちゃ、やたらと痛い(笑)

なぜ、紙で手を切るとここまで痛いのでしょう?

今日はそんなお話です。

主に非難されるべきは神経終末という部分です。

指先の疼痛受容体、つまり痛みを感じるセンサーは、人体のほとんどの場所よりも強く痛みを感じさせます。

これは熱いものを触った時なんかにも顕著で、普通より感覚が鋭いわけです。

例えば実験として、爪楊枝を2、3本用意して背中や足を突いてみて、先端を区別できるかどうか確かめてみて下さい。

2本で突いてるのか、3本で突いてるのかイマイチハッキリしないのが分かります。

次に同じようにして、手や顔でも試してみて下さい。

こちらの方が容易に先端を区別できますよね。それは神経終末が多いってことなんです。

つまり、指先には他よりも高度な感覚受容器(センサー)が仕込まれていて、これらの神経終末は「侵害受容器」といい、脳に警告を出すわけです。

痛みという感覚によって、高温や危険な化学物質、あるいは皮膚を破りそうな圧力などについて教えてくれるわけです。

ですから、他の場所に比べ痛いわけですが…

それなら、針で指先をついたらどうでしょう?

そりゃ、痛いには痛いですが、あの紙で切る独特の痛みほどじゃない気がします…

そう、実はあの痛みは、指先の過敏な神経だけでなく、紙の方にも原因があるようなんです。

というのも、紙の端ってパッと見ほど滑らかではなくて、切れた時は、スパッとした切れ味というよりは、皮膚に荒々しいまでの破壊の痕跡を残すんだそうです。

さらに痛い原因として、紙による切り傷では、人体の自然の防衛システム(血液凝固や痂皮形成など)を起動させるほどに深くないことが多いため、指の損傷した神経終末はさらされたままになるんだそうです。

そればかりか、手を使うたびに傷口が捻じ曲げられ、その都度傷が刺激されるって寸法なわけです。

これらのすべてが、紙の切り傷の異常な痛みにつながるわけで、まぁ切っちゃったら治るまでジッと我慢するしかありません。

ま、絆創膏でも貼っておいたら数日で完治しますし、傷跡もほぼ残りませんから、痛さと比べて大した傷じゃなかったって事は治ればよく分かります。

どう?

まぁ、なんでこんな話しを急にしたかと言うと、分かりますよね。

そう、わたくし院長がつい先日、切ったからです(笑)

そして、なんでまたこんなに痛いんだと調べたところ、こういうことかと分かったわけです。

何でも、疑問に思ったら調べてみる…

これは大事ですよね〜。

ひとつ賢くなったところで、今日は終了です。

ではまた〜




kami




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年07月29日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

7月29日のサンデーイルネスでございます。

さぁ、7月も残り3日でございます。

今年の7月は、なかなかバカみたいに暑かったですが、8月はどうでしょう。

まぁ、世の中には「冷夏」なんて言葉もありますから、8月は実は涼しいなんてこともないことはないでしょうけど、この流れだと暑いんやろねぇ…。

とはいえ、夏はこれからですから、身体に気をつけるとともに、めいっぱい、夏を楽しみましょう。

てことで、今日もイルネス辞典に突入していきますが、今日はPTSD(外傷後ストレス障害)について解説していきたいと思います。

まずは、PTSDとは、どんな病気かってことですが、死を意識するような強い体験によって心理的なトラウマ(外傷)が生じ、以下の特有の症状を生じる障害です。

ここでいう体験とは、事故、災害、戦闘、虐待(ぎゃくたい)、犯罪(暴力、強姦など)によって自分が死にかけたり、親しい人が死んだり、死にかけるのを目撃してしまうことです。

子どもの場合には、虐待や無視・放置、他者の被害の目撃が成人以上に外傷となり得ます。

単に、人から悪口をいわれたとか、裏切られたなどの体験は含まれないとされます。

そのような体験のあとで、次の3つの症状が生じ、少なくとも1カ月以上続き、かつ生活や仕事に大きな影響を与えているものを「PTSD」といいます。


@ 侵入症状 (再体験、フラッシュバック)

体験の記憶が再生産されることをいいます。その形式として、次のいずれかをとります。

(1)誘因なく思い出される(子どもでは外傷に関係した遊びの反復)

(2)悪夢にみる(子どもでは内容不明の悪夢)

(3)フラッシュバック、体験に関する錯覚(さっかく)・幻覚(げんかく)(子どもでは外傷に関する振る舞い)

(4)外傷に関連した刺激による主観的な苦痛

(5)同じく自律神経症状を示す


A 回避と麻痺

苦痛な体験が思い出させられることを避け、記憶を意識から切り離すことです。普通は次のうちの3つ以上の症状がみられます。

(1)慢性的な無力感、無価値感が生じ、まわりの人間とは違う世界に住んでいると感じる。

(2)感情や関心が狭くなり、人を愛したり喜ぶことができない。

(3)外傷記憶の部分的な健忘

(4)外傷に関連した刺激を避けようとする。


B 過覚醒(かかくせい)

常に危険が続いているかのような張りつめた状態をいいます。

交感神経系が緊張し、些細な物音などにも反応し、パニックとなりやすくなります。次のうち2つ以上の症状がみられます。

(1)入眠困難

(2)いらだち

(3)集中力の低下

(4)張りつめた警戒心

(5)些細なことでの驚愕(きょうがく)

このような症状が現れるPTSDですが、治療の方法としては、一般的なケアと専門的な治療に分けられます。

一般的なケアとしては、安全、安心、安眠の確保に努め、二次的なトラウマを未然に防ぎ、自然の回復を促進します。

PTSDについての心理的な教育も有効です。

症状が重い急性期には、あれこれと聞き出すことはよくありません。2/3は半年以内に自然回復するので、生活の支援をしながら温かく見守ることです。

専門的な治療としては、抗うつ薬の一種であるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)などが有効です。

また、PTSDの治療のために開発された持続エクスポージャー療法(恐しい体験の記憶に対するコントロール力を回復させて恐怖を軽減する治療法)は国際的にも広く認められていますが、日本ではまだ十分に広まってはいません。

まだ、疾患として広く認識されているわけではないPTSDは、やはり周りのサポートが重要となります。

目に見えるものではにだけに、周りも気付きにくいうえ、患っている本人も、分かってもらえないと他人に助けを求めることを拒否してしまいがちです。

こうなると悪化の一途をたどりますので、この疾患に対してもまずは知識を持つことが大事です。

いかがですか?

何となく知っているような気がするのと、知っているのではわけが違います。

知っているだけで救えるものもありますから、心の片隅にでも置いておいて下さいね。

では、来週のイルネス辞典をお楽しみに〜。




pt




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop