弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年05月31日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

5月31日の木曜日でございます。

ついに5月も最終日となりました。

つまり月末です。

院長は、個人的に月末が嫌いですが、明日から月初め、そこは切りかえていきましょい。

そして6月と言えば梅雨やし。

今から約1ヶ月半程ですかね。

大体、祇園祭がどーやこーや言うてる頃に梅雨明けですからね。

今年の梅雨はどんなんで、今年の夏はどんなんかな。

てな感じで今日も始まりですが、今日は天気も季節も、な〜んにも関係ない話、いってみましょう。

ジャンルで言うとSFやね。

それも超SF。

あ、そもそも「SF」って何の略かご存知かい?

Sはサイエンスで、Fはフィクションでございます。

サイエンスフィクション、つまり科学的な空想に基づいたお話なんかの総称なわけです。

てことで、今日のSFは、なんと目からビームを出しちゃうってお話でございます。

目からレーザービームとか、スーパーマンも確か出したし、ウルトラマン系も結構出したんじゃないかな。

もう、SFの極みみたいな目からビームですが、これが可能になるかもって、コンタクトレンズが実用化されるかもしれないってお話です。

ただしビームが放てるのは50cm先までで、今のところ敵を討ち取るのには使えないそうです。


50cm…

殴った方が早いな(笑)

とまぁ、このコンタクトレンズなんですが、もちろん攻撃用ではありません。

スコットランドのセント・アンドルーズ大学の研究室で、有機半導体ポリマーを用いた厚さわずか200ナノメートルという柔軟な超薄膜からレーザー光を放つ素材の研究・開発に取り組んでおられます。

この超薄膜のポリマーは強い光に反応してレーザー光を発します。

実験では牛の眼球をつかってすすめられました。

牛の眼球にこのコンタクトを装着し、青いパルス光を眼球に向けて発射したところ、眼球のレンズから緑色のレーザーが発せられ、およそ50cm離れたスクリーンに照射されたということです。

もちろん、このレーザー光は人間の目にも安全であるということですので、人間にも応用はきくようです。

では、このコンタクト、何の目的で使うんかってことですが、この超薄膜は構造や成分によって、生成されるレーザーの波長といった特性を変えられるそうなんです。

例えば、特定の種類の光を当てたときにだけバーコードのような模様をスクリーンに描くようなレーザーを発するようにすることも可能なんだそうです。

目からバーコード…

例えば個体認証とか、セキュリティとかには良いのかも…

パッと実用的な使い方は思い浮かびませんが、驚くべきことに、ギャザー氏によればこの超薄膜はすでに量産が可能だという話です。

しかも、この技術で作った柔軟で薄い小さなステッカーは、コンタクトレンズ以外にも爪先や紙幣など様々な場所で使用可能なんだそうですから、用途はさらに広がっていくでしょう。

なんでしょうねぇ。

こういった新しい技術が出来上がると、一つまた便利になるんでしょうけど、問題も起きるんでしょうな。

考えてもごらんなさい。

目からビームって…

絶対、出す必要なんかないよね(笑)

ま、わたしの生きてるうちは、目からビームは出せないでしょうけど、これも続報が入ればお知らせしたいと思います。

ではまた〜



beam



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年05月30日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

5月30日の水曜日でございます。

さぁ、5月も明日で終わりでんがな。

つまり、明日は月末です。

月末は色々と忙しい上に、支払いがたくさんあるんで嫌いです。

そして、もう梅雨入りかね?

実は梅雨入り、梅雨明けって結構適当で、大体雨が降りだしたから梅雨入れだなぁ〜とか、晴れだしたから梅雨明けだなぁ〜とかで決まるらしいね。

なんで、過去に何度か、梅雨入り、梅雨明けの「撤回宣言」なんてのもありましたな。

今年はどんな梅雨になりますかねぇ…。

湿度が上がるとやはり、ジメジメそこらじゅうに水分がある気がしますよね〜。

そのせいかどうかは分からないんですが、もうかれこれ2週間位前から、わたくし院長のスマホの調子がすぐれません。

湿気で壊れたわけではないでしょうけど、なんかね〜、音がならないのよね。

着信も、メールの受信も、ラインも設定はちゃんとしてる筈なんですが、何も鳴りません。

でもアラームと音楽、動画なんかは鳴るんですよね。

壊れてんのか?

このスマホ、まだ買って1年半くらいなんですが、つい数か月前も突然電源が落ちて、そのままスーンって現象があって、しばらく代替機での不便な生活を余儀なくされてたんですよね。

機械なんで当たり外れがあるんでしょうねぇ…。

24回払いで購入したもんで、後半年くらいは機種変したくないんだよなぁ…

それでわたくし、基本はスマホのアラームで、毎朝目覚めてますんで、アラームが突如鳴らんようになったら、こりゃシャレにならんなぁとか考えながら、鳴らないスマホで頑張っております。

ってことで、梅雨ネタからかなり脱線しましたが、今日のネタはそんなスマホなお話。

つい数か月前の出来事です。

フロリダ州でのお話です。

とある車が、警察に停められました。

警察は職務質問のために運転していた、ライナス・F・フィリップ(30)に近づいたのですが、その時このフィリップが、逃げようとする動きを見せたとして警官が発砲、なんとフィリップは死亡してしまいました。

まぁ、日本ではとても考えられない事件ですが、アメリカでは日常的なことなんでしょう。

警官が発砲して、犯人が(この場合、犯人でもなんでもなかったんですが…)射殺されました。

で、今日のネタはここからなんですが、その後ご遺体は葬儀の為、葬儀場に安置されたわけですが、そこに何の前触れもなく突然警官2名がやってきたそうです。

警官らは押収していたフィリップのスマホのロックを解除するため、遺体の手を利用する為に現れたといいますから、これもどうなんでしょう。

フィリップの婚約者の話によると、葬儀場に滞在していたところ、フィリップの電話を携えたフロリダ州ラーゴ警察の警官2名が現れたといいます。

警官はフィリップの遺体を押収し、その手を電話の指紋センサーに押し当て、ロックの解除を試みたと…

もう、遺族や婚約者からすれば、この警察の傍若無人な行為を許せるわけもなく、遺体押収を拒否するんですが、そこは警察権力が勝ったりするわけです。

射殺された経緯も遺族側には納得できるものではなく、しかもこの仕打ちですからね…。

そりゃ、もめるでしょうな。

警察によれば、フィリップに薬物使用の疑いがあるとして、車を路肩に停止させ職務質問を行いましたが、フィリップは職質されている途中で、車を動かして逃げようとしたそうです。

で、その際1人の警官が車に引きずられる状態となった為、その警官によって射殺されたという話なんですが遺族はそれを信じていないそうです。

警察によれば、葬儀場に立ち入り、遺体を押収したのは、フィリップの死亡事件ならびに彼が関与していた疑いがある麻薬捜査の一環だったそうなんですが、結局、スマホのロックを解除することには失敗したそうです。

アメリカの現行法では、既に死んでいる遺体がプライバシー保護を主張する権利はないとの考えらしく、その為に捜査に令状の必要はないという事なんだって。

この携帯電話の中身ってのは、とにかく情報の宝庫ですから、警察関係はどうしても中身を確認したいわけですよね。

ですが、ロックがかかっちゃうとこれはもう、警察権力をもってしても開けられないんですねぇ…。

ですから、死体から指紋認証させようなんてムチャな考えが出たんでしょう。

携帯電話の性能が上がりだしたここ10年というもの、FBIと司法省は公然と暗号化について批判し、ハイテク企業にパスワードを迂回する抜け道を設計するよう要求してきたそうです。

また同時に連邦政府、州政府、警察は携帯電話のセキュリティを破る機器を粛々と購入し続けているとの話。

日本じゃ、まだそこまで問題になった事例は少ないみたいですが、これからこの携帯等のデータの取り扱いについて、色々あるんでしょうな。

とまぁ、今日は院長のスマホの調子が悪いって事から、脱線しましたが便利なものが出来ると、そこに必ず問題も起きるって言う典型です。

今はなんか命令するだけで色々やってくれるsiriとかgoogle homeとか色々登場してますけど、あんなんもそのうち大問題が出るんじゃないの?

ま、わたくし院長は使いませんけどね。

いや、使えませんけど(笑)

ではまた〜



siri



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年05月29日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

5月29日火曜日でございます。

さぁ、5月も残すところ後3日ってことで、ついに梅雨入りしそうですねぇ…。

もう、九州や四国辺りでは梅雨入りしたようで、今日、明日にも中国地方から攻めてくるでしょう。

まぁ、来ちゃったもんは仕方ないですから、後は1日も早く去ってくれ梅雨。

そしたら灼熱の夏がやってくるわけですわ。

まぁ、何といっても夏は開放的な季節ですから、何するわけでもなくテンション上がるんですが、それは想像上のお話。

実際、暑くなると早いとこ、涼しくなっておくれやすぅ。

ってな風に思うはず。

これも毎年のことやね。

暑くて嫌になるのに、何となく夏やなぁ〜って、楽しみにもなるんですよ。

人の記憶は、楽しかった事より、辛かった事の方が定着するなんていいますが、夏はやっぱり何となく楽しい思い出のが多い気がしないでもないですな。

ってな感じで、今日のネタに突入ですが、今日はそんな「記憶」についてのお話でもいったりましょう。

この記憶、わたくし院長は、年々悪くなってます(笑)

そりゃもう、ひどいもんですわ。

ですが、この「記憶力」と、「記憶」って少し違うと思いません?

つまり、記憶力ってのは今起ってる事をどれだけ覚えとけるかってことで、これについては年々劣化していってますが…

元々「記憶」されてる事に関しては、そうそう忘れたりはしないんですよね。

例えば、子供の頃の記憶とか、いつまでたっても覚えてませんか?

これは、この頃は記憶力が良かったからってな事では、説明がつきません。

昨日の事は、思いだせませんが子供の頃に覚えた歌なんて未だに覚えてますでしょ?

このように、「記憶」ってもん自体に、まだまだ解明されてない部分が多いんですが、近頃のサイエンスは、この「記憶」を移植出来んか?ってことにチャレンジしとるようなんですね。

記憶の移殖…

もう完全にSFの世界ですが、少しずつ現実味を帯びつつあるんですよね。

米大学の研究者らはこのほど、海に住む軟体動物のジャンボアメフラシの個体から別の個体に、遺伝子のRNA(リボ核酸)を使い、記憶を移植することに成功したと発表しました。

ってか、ジャンボアメフラシ

こいつに記憶があることが信じられへんのやけど、なんでまたこいつを実験台に?

その辺は定かじゃないですが、とりあえず、研究者らはまず、ジャンボアメフラシに刺激に対する防御反応を起こす訓練を行いました。

で、その個体から取り出したRNAを、訓練を受けていない別の個体に移植すると、刺激に対して訓練された個体と同様の反応を示すという結果が出たわけです。

高分子のRNAは、タンパク質生成や、遺伝子情報を形質に反映させるという、より一般的な働きを含む、生物上の仕組みにかかわっています。

次に研究者たちは、ジャンボアメフラシの尻尾に軽い電気ショックを与え、防御反応で体を縮ませるように訓練しました。

訓練されたジャンボアメフラシは、体を触られると約50秒にわたって収縮しましたが、訓練されていない個体が体を縮ませたのはわずか10秒程度だったと…。

訓練された個体は、電気ショックに敏感な状態になっているのが分かります。

そして研究者らは電気ショックを与えられたジャンボアメフラシの神経からRNAを取り出し、訓練を受けていないジャンボアメフラシに移植しました。

そうすると、訓練されていない個体も体を触られると約40秒にわたって収縮するようになったそうです。

まぁ、この実験が「記憶の移殖」とまではいかないのは分かりますが、少なくとも体験し得た「経験値」を移植することは出来たようですよね。

ただアメフラシの神経細胞の数は約2万なのに対し、人間には約1000億あると考えられています。

2万と1000億じゃ、もう比べものにならないくらいなんですが、それでも研究チームは、アメフラシの神経細胞の細胞や分子の動きは人間に近いと言うとります。

わたくし的には、アメフラシをチョイスしてる時点で、どやねん的なもんしかないですが、まぁ、こういった地道な実験から、少しずつ解明されてくんでしょう。

ですが、仮に記憶を移植出来るようになったとして、どんなシチュエーションでそれを利用するんでしょう?

人間で言えば、他人の記憶を自分の物にするようなもんで、普通に考えるとそんな状況ってありますかね?

例えば、すごい賢い人(笑)がいたとして、その人の「記憶」を共有できるとしたら…

これは、凄い事ですが、こんな事が出来るようになれば、だれも勉強なんてしなくなるよな(笑)

てことで、何の役に立つのかよく分かんない研究ですが、この研究もそのうち完成するでしょう。

また、続報が入り次第、お伝えしますね。

わたしゃ〜、そんなことより、もうちょっと今の記憶力を何とかして欲しい。

ではまた〜



ame



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop