弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年02月28日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

2月28日の水曜日でございます。

当院は、月末が給料日ですので本日はみなさん、給料日でごわす。

てか、2月少なすぎ。

もう終わったよぉ…。

なんなん?28日とか…

と、ここで普通は不思議に思いますよね?

例えば、1月は31日まであるし、3月も31日まであるんすよね。

つうことは、普通に考えて、1月〜3月を全て30日終わりにしても、1年の日数は変わらんやんけと…。

この場合、5、7、8、10、12月が31日までってことですが…

少なくとも、30日か、31日ってことで統一できるのに、何故に28日ってのが一つだけあるのか…。

これ、実はわたくし院長、何故こうなってるか知りませんでした。

ので、今回調べて発表しますのことよ。

で、調べてみました。

多分、これが正解だとおもうってのを発表しましょう(笑)

というのも、ネットで調べると、いくつかニュアンスの違う表現をしてる説明があったんですが…

まぁ、内容的には、大体同じなんで、これに認定します。

まず、なぜ2月は28日までかには、2つ理由があります。

・元々は今の2月が1年の最後であったため調整に使われた。
 ・更に8月から1日取られてしまった。

現在の太陽暦のもととなる暦が作られたのは古代ローマで、主に農耕の為の暦でしたから、農作業をしない冬の間は暦というものがなく、暦は現在の3月から始まって現在の12月で終わっていたそうなんです。

しかしその後、やはり暦のない期間が60日も続くのも気持ち悪いということで現在の1月・2月に相当する月が作られたのですが、これは後から加わったので、現在の12月の後ろにくっつけられたんですね。


ここまでオッケーですか?

これで、とりあえずは3月スタートの2月終わりという形の12ヶ月ができたわけですね。

で、この現在の形の暦を定めたのはローマの独裁官ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)なんだそうですが、彼は奇数月を31日、偶数月を30日とすると定めたそうなんです。

すなわち

3月=31日 4月=30日 5月=31日 6月=30日 7月=31日 8月=30日

9月=31日 10月=30日 11月=31日 12月=30日 1月=31日 2月=30日

と定めたのですが、ここで2月を30日にしますと1年が366日になってしまうわけです。

そこで、閏年(うるうどし)は2月は30日でいいとして、平年は29日にするってことで、最後の2月から1日取っちゃったわけです。

つまり1年の最後の月で調整したわけですね。

ここまでも大丈夫ですよね?

で、ここでよーくこの時の暦を見てみると…

気付きましたか?

そうなんですよね。

同じ、365日の12ヶ月ですが、現在の数字の割り振りと全然違います。

で、何で変わったかと…

ここからの話が、ちょっと胡散臭いというか嘘くさいというか…(笑)

まず、この暦を最初に制定したのが、先ほど登場したユリウス・カサエル(ジュリアス・シーザー)で、彼は自分の生まれた月「7月」に自分の名前をつけたそうなんです。

それが「ユリウス」(英語読み:ジュライ)なわけです。

そして、この時に現行の1月スタートの暦に変えて、1月スタートで、奇数月31日、偶数月30日って暦が出来上がりました。

で、ここまでは良いんですが、そのカエサルの後継者で初代ローマ皇帝となったアウグスタスってヤツも、カエサルがやったのと同じように自分の名前を月の名前に残したいと思ったそうなんです。

で、彼は8月生まれでしたので、その月をアウグスタス(英語読み:オーガスト)と改名しました。

しかしここで困ったことがありました。それは8月は30日の月だったのです。アウグスタスは自分が生まれた月が30日しかないのは不愉快
だと思い…

無理やり、8月も31日までの月にすることを決め、その後の月を1個ずつずらしてしまったそうなんです。

つまり、8月を31日にしたもんですから、9月を30日、10月を31日、11月を30日、12月を31日と…

で、結局、元々30日だった8月を31日にしちゃってる分、どこかで1日削らないと日数が合いません。

で、ここで12月を30日にするかと思いきや、やはり2月で調整したようなんですね。

つまり2月は平年で28日、閏年(うるうどし)で29日となったって話です。

ですから、1月スタートの暦で、8月までは奇数が31日、偶数が30日で、8月から交互に31日と30日が繰り返されるってことでまとまったわけです。

いかがですか?

どうもこれが2月は28日しかない真相のようですが、もし間違ってても苦情はきかん(笑)

て事で、明日から3月です。

気分一新、頑張ろうぜ(笑)




2gatu




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年02月27日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

2月27日の火曜日でございます。

何と明日で2月が終わりやし、月末やし給料日やし…。

やっぱ2月はあきまへん。

普段は27日から支払いが始まり、月末の給料日って流れやのに、27日の翌日が月末やもんなぁ…。

やだやだ。

ふぅ(笑)

ってことで、月末症候群に蝕まれている院長ですが、今日も元気にネタいってみましょう。

去年の夏に、こんな記事を書いたんですが、覚えてますかね?

読んできてくれない人のために、掻い摘んで内容をお知らせすると、蟻について色々話してたんですが、そのエピソードの中に、蟻の頭の中に寄生して、蟻の脳を占拠し、蟻をゾンビ化してしまう菌がいるってお話をしております。

この菌、胞子の拡散に適した場所まで蟻を移動させ、最後は蟻の頭を突き破って、胞子をばら撒くっていう菌なんです。

この菌に似た、恐ろしいハチの論文が、先月発表されました。

このハチ、「エメラルドゴキブリバチ」というんですが、字の如くゴキブリに毒液を注入して、意のままに操ることができるっていう寄生バチなんですね。

どういう風に寄生するかといいますと、まずはこのハチ、ゴキブリの胸部を針で刺し、毒により前肢を約5分間麻痺させるそうです。

で、ゴキブリが麻痺してるその間に、ゴキブリの脳に毒針を刺します。

するとゴキブリは30分ほどは活発に動けるんですが、その後、自分の意思では動けない「寡動」(かどう)という状態になります。

この「寡動」ですが、麻痺しているわけではないらしく、ハチに誘導されれば歩くことができると…。

そして、ハチはゴキブリの触角を引っ張って、自分の巣穴まで歩かせ、ゴキブリの体内に卵を産み付けるそうです。

するとその7〜10日後には、ゴキブリの体内を食べ尽くて幼虫が外に出てくるって、クソホラーやん(笑)

けど、野生の毒ってすごいですよね。

この寡動って状態、分かりやすく説明すると、動きが少ないって感じなんですね。

少ない動き=動きが鈍い=動きが遅い

みたいな感じで、この「寡動」の症状が悪化すると、「無動」といいさらに動かなく(動けなく)なります。

で、今日のネタの核心は、ここからなんですが、この「寡動」って症状、人間の病気でも起こるんですね。

その病気の名前は「パーキンソン病」といい、この「寡動」が特徴的な症状の一つです。

パーキンソン病は、脳細胞が徐々に死んでゆく神経変性疾患で、ドーパミンという神経伝達物質を作る細胞が変性し、ドーパミンが不足してさまざまな症状が生じるとされています。

「寡動」もそうですし、手足のふるえ(振戦)、筋肉の緊張、体のバランスを保てなくなる等の障害がおこります。

原因は現時点では不明で、薬物療法や外科手術が行われてはいますが、根本的な治療法はないとされています。

で、この「エメラルドゴキブリバチ」を研究してる賢い学者さんが、このハチの毒と、パーキンソン病を関連付けて研究対象にしたんですね。

その賢い学者さんってのが、米カリフォルニア大学リバーサイド校の昆虫学と神経科学の教授であるマイケル・アダムスって人なんですが、エメラルドゴキブリバチから毒液を採取して成分を分析してみたわけですよ。

その結果、ドーパミンと、これまで知られていなかったタイプのペプチド(短いアミノ酸配列)が含まれていることが明らかになったそうなんです。

新発見のペプチドは、アンピュレキシンと名付けられたそうです。

アンピュレキシンは、ハチがゴキブリを操る上で重要な役割を果たしていると考えられ、将来のパーキンソン病研究にも役立つ可能性があるってことなんですよ。

パーキンソン病の患者に見られるように、アンピュレキシン(ハチの毒)が、ゴキブリのドーパミンの生産を妨げている可能性があるんじゃないかと、研究者達は考えてるようなんです。

まだ、この毒については研究が始まったばかりなんですが、興味深いことに、ハチがゴキブリの体内に卵を産み付けなければ、ゴキブリは1週間ほどで回復するらしいんです。

ゴキブリのゾンビ化状態は、ハチの幼虫が孵化するのに必要な時間だけ続くようなんですね。

まったくもって、不思議な「毒」なんですが、研究チームはこの毒をより多角的に調べた第2の論文を仕上げているところだそうです。

この研究は数年はかかるそうで、アンピュレキシンの標的になる細胞についても解明を進める予定であり、将来的には、パーキンソン病のような症状をもつ動物モデルも作成するつもりだそうです。

いや、なかなか面白い研究ですよね〜。

これで、パーキンソン病の薬でも出来たら、それはそれでスゴイ事ですし、この「毒」にはもっと奥深い何かが隠されてそうですもんね。

研究者も凄いですが、やはり自然界の生物には驚かされますよね〜。

他の生物の脳に毒を注入して、卵産みつけるなんて所業、極悪過ぎるやろ(笑)

しかも、最後は体内から幼虫に食い荒らされて死ぬんですから、もう拷問にしてもヒドイ。

でも、このハチも種の保全のためにやってるんですもんねぇ…。

まだまだ世の中には、分からない事だらけですな。

この研究者達の続報も入り次第お伝えしたいと思いますので、期待してお待ちください。

ま、次の論文完成まで、数年かかるらしいですから、もう忘れてるやろな(笑)

ではまた〜



pa



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年02月26日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

2月26日月曜日でございます。

2月も後3日ってことで、冬季五輪も終り、いよいよ春うららでございます。

春は基本、浮かれるシーズンなわけで、これから暖かく、そして暑くなり人々はなんだか開放的になってくわけですわ。

まぁ、服装も軽くなるもんね。

真夏なんてTシャツに短パンやし、靴下もいらんしもう軽い軽いもんね(笑)

ま、もうここまで来たら次は、あっちゅう間に暑くなりますから、待ってろ夏(笑)

てことで、今日のネタは夏と言えば、開放的ってことで、夏=犯罪(笑)的なお話を一つ…。

夏=犯罪ってイメージは完全に、院長の主観的なもんで、実は犯罪は冬の方が増えるそうですね。

特に、クリスマスシーズンから年末にかけての窃盗事件の増え方は、なかなか右肩上がりだそうですよ。

って話は脱線しましたが、今日のネタは、アメリカで流行ってきてるらしい、「ジャックポット」というATMのハッキングについてのお話でもしてみましょう。

この方法は、ここ数年で事件数が急激に増えた、ハッカーらがATMから現金を、根こそぎ奪い取る荒業なんだそうです。

まぁ、我々一般人には無関係な話ですが、ATMの中身を根こそぎ奪うとか、ちょっと気持ち良さそうですよねぇ(笑)

この手法、ハッカーたちは2名から3名のチーム組み、マルウェアを用いて現金を盗み出すそうです。

手口としては、まず1〜2人の犯人がATMの技術者に扮して現場に向かい、ATMの前面に小さな穴をあけ、小型カメラで中をのぞいて診断用ポートを探すところからスタートするそうです。

って、結構大胆やな(笑)

日本では、この「ジャックポット」の被害は、まだ確認されてないようなんですが、日本じゃこの時点で捕まりそうな気もしますもんねぇ…。

で、診断用ポートが見つかったらケーブルでラップトップをつなぎ、マルウェアを仕込みます。

そして、遠隔操作、もしくはその場でATMに現金を吐き出す命令を送るわけですね。

計算上、1分で100枚強の紙幣を出させることが可能だそうで、ATMは空になるまで紙幣を吐き出すという寸法のようです。

まぁ、ATMもコンピューターですから、そこに侵入されたらイチコロですわな。

でも、ATMに穴あけてって発想が、日本人にはないわねぇ…。

よほど郊外の、滅多に人がこないATMならいざ知らず、普通のATMなら、人がかなりいますから、なかなか犯罪としても難しいでしょう。

ですから、ジャックポットは組織化された犯罪集団が行っている場合が多いようで、これまではアジアや欧州の一部で行われてきましたが、この犯罪が世界的に横行する可能性があるってことなんですね。

というのも、背景には多くのATMがいまだにセキュリティの脆弱なWindows XPで動いていることがあげられるそうなんですよ。

で、この件について調べると、なんと日本のATMも9割はまだWindows XPを使ってるようなんですよね。

このWindows XP、ご存知の通りマイクロソフト社のサポートが終了している、いわば「古い」機種ですよね。

当然、セキュリティ面も弱いわけで、これをWindows 7にアップグレードする作業が、今実はコツコツと行われているようなんですよ。

で、完全に入れ替えが終わるまでにもう1年〜2年はかかるんじゃないかと…

ま、簡単に言えば、それまでの間は、こういった「ジャックポット」的な犯罪が行えるってことですね。

基本的に、ATMのコンピューターは銀行とATMを結んでいるだけで、ネットには繋がっていないため、外部から侵入することは出来ないと考えられてたわけですが、機械に穴あけてってなると、もう関係ないもんねぇ(笑)

日本じゃ、確かに成立しにくい犯罪と言えるかもしれませんが、わたくし的にそれだけに成功したら大きいってことで、狙ってくる犯罪者集団はいるんじゃないかと思うんですよね。

だって、日本じゃATMの中に作業着を来た人が入って、何か作業してても通報なんてしませんよね。

もちろん防犯カメラには映ってるでしょうけど、リアルタイムで日本中のATMが監視されてて、いつでも急行できる状態になってるとは考えにくいでしょ。

ですから、カメラに映るリスクごと計算されてた場合、意外と簡単に成功するんじゃないの的な…。

まぁ、場所や時期にもよりますが、日本じゃATMに平均2千万位は入ってると思われます。

数人のチームで手を組んで行うとなれば、少なくとも数件以上はやらないとワリに合わないでしょうし、やる時は一気に一日で数十台狙うでしょうね。

ま、日本の銀行なら、ATMのお金を10台分くらい盗まれても、潰れることなんてないでしょうしね。

犯罪行為に終わりはないですが、こういった旬のある手口は、出来るときにやらないと出来なくなるわけで、しばらく警戒が必要だと思います。

って、わたくしの声が銀行関係者に届けばええんですけどね(笑)

ではまた〜



jack



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop