弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2017年12月12日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

12月12日の火曜日でございます。

何となく1、2、1、2ってことで数字的に気持ちいいんですが、師走の慌ただしさは増してきますよねぇ…。

そして風邪の季節でもありますし、イベントも多いし体調には注意が必要です。

それでなくても忙しいんですから、体調万全でないとね。

ってことで、今日はそんな忙しい毎日の中で、年末のイベントの一つに数えられるこの行事…。

大掃除についてお話してみましょう。

年末も近づいてきて、お家やオフィスを大掃除をする人は多いでしょう。

折角だからと、普段やれない場所まで掃除するのはいいんですが、これが意外と時間がかかり、段々テンションも落ちてきて、最後はめんどくなるやつ(笑)

でも、気持ちの問題やしね。

気持ちよく新年を迎えるためにも、キチンとやっときたいよね。

で、どうせやるなら、キレイにするだけじゃなく「良い環境」にしたいもんでしょ?

てことで、ちょっと「風水」を交えながら、大掃除について語っていきますね。

お家はもちろん、オフィスや仕事場って、一日のうちに過ごす時間がかなり長くなってきます。

それだけに陰鬱な「気」が存在すると、体調面はもちろん、職場などなら業績にも関わってきそうですから、この「気」は大事にしないとね。

空間も人の体と同じで、メンテナンスをしなければ調子を崩し、病気になることもあります。

イライラしたり、トラブルや体調不良を起こしやすくなったりしますから、ちょっと意識して取り組んでみましょう。

まずは、オフィスやお部屋にたまったネガティブな「気」を洗い流すイメージを持って、大掃除に取り組むことが大事だそうです。

目に見えるごみや汚れだけでなく、目に見えないあのときの「怒り」「悲しみ」「がっかり」まで取り去るイメージを持ちましょう。

部屋の隅は「気」が動かなくなりがちです。

そして不要なものが置きざりにされる場所でもあります。

隅っこであったとしても「気」が滞ると、風水で深刻な悪影響を生むそうです。

そこで、部屋の隅に、うっかり置き忘れたものがないかチェックしましょう。

もしそういうものがあったら捨てるか、どこかに収納しちゃいましょう。

古いものを片付けると新鮮な気が入る余地が生まれるので、新しいチャンスが舞い込むそうですよ。

そして「気」は玄関や窓から入ります。

ドアと窓の前に、何があるかをチェックしましょう。

気の流れを邪魔するものがあると、そこで起こるすべての出来事に障害が立ちはだかります。

玄関に物が積み上がっていませんか? 枯れた花の入った花瓶等ありませんか?
 
不要なものを発見したらすぐに捨てるか収納しましょうね。

特に玄関周りは、気の入り口ですので風通し良くしておくと良いそうです。

次に、玄関や窓と同じように、通信機器に流れてくる「気」がスムーズになるとその空間でのコミュニケーションが良くなるそうです。

こんがらがったケーブルを通してコミュニケーションすると混乱しやすくなるそうなんですよね。

ですから、通信機器やテレビ周りの配線も、キチンと整える方が気の流れはよくなるそうです。

それから、ずっと置かれっぱなしになっている所も、気の滞りを生むそうです。

本棚やキャビネットなど、普段あんまり触らない所も、この際きちんと掃除しましょう。

棚の上の方の物なんかも、1年間移動せず置かれてたりすると、気が滞りますから、キチンと整理して気を入れ替えましょう。

最後に注意したいのが鏡だそうです。

汚れているなんてのは論外で、キレイにするのはもちろん、置いておく位置が大事だそうです。

鏡が何を映しているかをチェックしてみましょう。

鏡は映すものを倍増させると言われています。

ですから、汚気の溜まるトイレのドアや、ごみ箱などが映っていたら即、置き方を工夫してください。

ま、何にせよキレイなるとやる気も出ますし、効率もよくなります。

どうせやらなきゃいけない大掃除なんですから、キレイにするだけじゃなく、幸運を呼びこむように工夫してみましょう。

今年の汚れ今年のうちに。

ではまた〜



souji



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop