弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2016年01月31日 [スタッフのこと]
おはようございます(*^^*)

サンデーカヨです

一月は姿勢の話をしています。

先週は床に座るときは、あぐらや投げ座りでなく、正座が大切だとお話ししました。

そもそも正座とはなんでしょう?

「正しい姿勢で座ること。特に膝を揃えて畳んだ座法(屈膝座法)」だそうです。

昔から日本では親しまれ、江戸時代に畳が庶民にも広まるとともに、正しい姿勢として身近になったようです。

今では生活様式がかわり、畳がない家も多くなりました。でも相変わらず日本人は椅子に座るより、床(フローリング)に座るのを好むようです。

私も昼休みにゴハンを食べるときは、椅子を使わず、床にペタっと座ります。

しかし…この正座、痺れてしまうのが難点です。

つらくて長い時間できません(>_<)

基本的には毎日5分ずつからスタートして、徐々に慣れるしかないのですが…

痺れにくい正座のやりかたとしては、

@重心を前にすることでかかと、足の甲に体重をかけないようにする。
Aあごを引いて背筋を伸ばす。
B普通は太ももの上に手を置きますが、少し前の方に手を置く。


でも。1番てっとり早いのは、市販されている正座用の椅子を使うこと!

もしくはバスタオルを丸めてお尻の下に敷きます。(*^^*)

これならかかとにお尻を乗せないためかなり楽に座れます。

なお、法事の席などで正座していて、このままだと痺れそうだなぁ…とピンチの時は、両足のつま先を立ててその上にお尻を乗せてください。

これを繰り返せばかなりマシになります。

この姿勢は跪座(きざ)と言います。これはマナー違反ではありませんし、血流が改善するので、試してみてくださいね。

なお、すでに変形性膝関節症で正座できないという方には、正座ができるようになるコツがあります。

次回お話しします(*^^*)




31.jpg


京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2016年01月31日 [スタッフのこと]
おはようございます、マンスリーバチオ(Jan)です。

ここ最近、寒さも厳しくなったりしたせいか空気も乾燥してきてインフルエンザや風邪にかかる人が増えたように感じます。

インフルエンザや風邪にかかる人の大多数は、家で出来る予防をしなかったのじゃないかな〜?


と思ったので今回は「家で出来る簡単な予防法」について少し紹介しようと思います。


まず、基本的な「手洗い・うがい」です。

ウイルスや菌は手についただけでは感染はしません、鼻や口から感染する前にしっかりと手を洗い予防する事が重要です。

また、口にウイルスなどが付着している可能性もあるのでうがいも重要です。



次に「加湿」です。



ウイルスが活発に活動するのは15度〜18度といわれておりこのため冬に風邪をひく人が多いようです。

また、空気が乾燥している場合もウイルスが活発に活動するようなので、それを防ぐために加湿は行ったほうが良いです。


今では、ペットボトルの蓋の所に付けられるお手軽な加湿器もあるので試してみてはいかがでしょか?



最後に「睡眠」です。



睡眠は健康を保つための重要な要素であり疲れがたまると免疫力が低下してしまい風邪をひきやすくなってしまいます。

また、疲れをとるためにも睡眠を十分に取ることが必要です。


では、皆さんちょっとした予防をしてインフルエンザや風邪をひかないようにしてこの寒い冬を乗り越えましょう!!



31.jpg



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2016年01月30日 [日々のこと]
001.jpg

京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop