弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2016年03月20日 [スタッフのこと]

3月20日
おはようございます(*^^*)
サンデーカヨです。

私は患者さんを診察するとき、よく爪を診ています。
爪って、実は健康状態を知るためのバロメーターだからです。
爪にトラブルをかかえていると、それが原因で足や膝に負担がかかったり、手の力が入りにくくなったりすることもあります。

形や色が変わったと感じたら、要注意ですよ。

例えば
爪が弱くすぐに先が割れる
爪がスプーンのように反り返ったように伸びる…

もしかしたら貧血かもしれません。
女性に多い鉄欠乏性貧血では、爪が薄くなり、弱くなります。一度内科を受診してみてください。


あるいは、
爪の先から根元に向かって、白い部分が大きく広がっている。まるで指先から爪が浮いているみたい…

これは、もしかしたら爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)かもしれません。

爪甲剥離症の原因はいろいろですが、
1番多いのは、指先の刺激。
マニキュアや除光液、洗剤による刺激が原因のことも多いようです。

長いネイルしている方や、またPCのタイピングを良くする方やギターを弾く方もなりやすいそうです。

この病気あまり痛くないのでほっといてしまいがちですが、いちど皮膚科の先生にみてもらってください。

基本的に、爪は乾燥に弱いので、保湿してあげれば健康な爪を維持できます。ワセリンやハンドクリームを爪に塗ってください(*^^*)

なお、爪は主にタンパク質でできています。
骨とは違い、カルシウムではないので、ちょっと気をつけてください。

タンパク質、大事です。

あとは亜鉛、ビタミンE類を摂取することも有効です。

爪を丈夫にするには、やはりきちんと食べて寝ることです!
これ以上の方法はありませんね(*^^*)





20.jpg





京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop