弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年11月12日 [色々なこと]

ホーンテッドランド的な

お疲れ様です。院長です。

11月12日の月曜日でございます。

ここ数日暖かい日が続きましたが、そろそろ冬型にシフトされるんじゃないですかね。

季節的には、紅葉がどうこういう時期ですもんね。

もう来週あたり見頃だそうで行楽地には人が押し寄せるんやろねぇ…。

京都は見るとこだらけですから、どこへ行っても人だかりなんで、この時期は外出するのが億劫になりますねん。

道も混むしねぇ…。

世界中から、観光客が来るわけですから、そりゃ混むのも当然ですけどね。

京都の紅葉観光では、清水寺、東福寺、永観堂、北野天満宮などが人気のようですな。

京都、紅葉、一番人気で検索したサイトからの情報ですが、まぁ、色々ありますわ。

これ以外にも、嵐山をはじめ、高台寺、三千院、南禅寺、金閣寺とほんとにキリがおへん(笑)

にも関わらず、どこもかしこも人だらけってどんだけ人来とん?

ってんで、ちょっと真面目に調べたところ、平成28年ですが11月の京都の観光客は、約465万人だって。

11月な。

年間ちゃうで。

京都市の人口、150万人の3倍以上、観光客が押し寄せてるわけですから、そりゃ道も混みますわな。

ちなみに、一番多い月が3月で、平成28年度で570万人の観光客が来ていたようです。

とまぁ、人が多いってお話ですが、今日のネタも人の多さって点では、年間通じてバツグンの場所でございます。

今日の主役は、みんな大好きな夢の国。

ディズニーランドのお話でもしてみようかと思っております。

しかも、東京でずにーと違って、本場アメリカのディズニーランドのお話でございます。

楽しさいっぱいのディズニーランドは東京であろうと、フロリダであろうと、カリフォルニアであろうと、子どもも大人も夢中になる、夢と魔法の王国です。

この地球上で、最も魅力的な場所の一つと言われてますし、アトラクションからキャラクター、グッズ、フードまで、その世界観に徹底的にこだわって作られています。

ま、もちろん好き嫌いはありますけど、とりあえずそこにいれば、自分も夢の国の住人になれるわけですよ。

ここって、好きな人にはたまらない空間なんですよね。

わたくし院長も、何回かお邪魔させていただきましたけど、夢の国の住人とまではいきませんでしたけど、それなりにファンタジーな時間は過ごせた気がします。

で、このファンタジー感、完全に日常から切り離された異空間なわけですよ。

ですから、このふわっふわなファンタジーの世界で暮らしたいって思う人がいて当然です。

そう。

死後も…

てなことで、急にファンタジーがホラーチックになりましたが、今日のネタ的にはこの話なんです。

死後はディズニーランドで暮らしたいって思う人が非常に多く、アメリカのディズニーランドは隠れた散骨スポットとなってるそうなんです。

さ、散骨て…

前にこのブログでも、散骨について書いたことがあるんですが、散骨てのは遺灰をまいたり、遺骨を埋めたりするやつね、

で、実はこのディズニーランドに当然、無許可で個人の遺灰や遺骨をまいたりする人が続出してるってなお話なんですよ。

スゲーでしょ?

まず発想が…

例えばよくある話、おじいちゃんは海が好きだったから、海に遺灰をまいてきましたとか、桜が好きだったから桜の木の根元に遺灰をまくとか、なんとなく聞いたことありますが、これ、場所によっちゃ法律に触れたりもします。

まぁ、厳密にこれといった法律が定められてるわけではないようなんですが、当然ながら他人の土地に無断でってのは、アカンに決まってます。

で、話を戻すと、アメリカ・フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートと、カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドは、テーマパークとしてだけでなく、この散骨スポットとして人気なんだそうなんですよ。

そしてもちろん、パーク側が「まいていいですよ!」と許可しているわけではありません。

薬を入れる小さなボトルやビニール袋などに遺灰を隠し持って入園し、勝手に散骨する人が後を絶たないんだとか…。

それ位パーク内での散骨は実際のところ頻繁に起こっており、スタッフ間では「HEPAクリーンアップ」という特別な隠語で呼ばれているんだそうです。

パーク内やアトラクションで散骨された形跡を発見すると「HEPAクリーンアップ、お願いします!」と連絡が入り、担当スタッフが微細じんをキャッチする業務用掃除機で吸い取るんだそうなんです。

いや、掃除機て…

遺灰なだけに、これを担当する人もちょっと可哀想な気もしますが、まかれた側からすると仕方ない処置といえるでしょうねぇ。

で、この「HEPAクリーンアップ」は少なくとも月1回は行われてるらしく、散骨スポットとして特に数が多いのは、「ホーンテッドマンション」なんだとか…。

この「ホーンテッドマンション」はお化け屋敷型のアトラクションで、まぁ、遺灰とは関係性があるっちゃありますが、ここを散骨に選ぶって、まく人もなかなかのセンスだよなぁ(笑)

またカリブの海賊やイッツ・ア・スモールワールドなどの、水上を移動するアトラクションや花壇に散骨する人もけっこういるとのことです。

ま、花壇ならなんとなく、許せる気もする…

下が土なら、文字通り土に帰るわけですし、掃除する必要もない気もします。

ま、気分的には何とも言えませんが…

ですが当然、パーク内に散骨することは厳しく禁じられており、違法行為ですので、見つかれば強制的にパークを退園させられるという話です。

にしてもねぇ…

日本のディズニーランドで、散骨されてるかどうかは分かりませんが、きっとあるにはあるんじゃないのかねぇ…。

個人の遺言なのか、好きだった場所で眠らせてあげようってっ気持ちからなのかは分かりませんが、まぁ、少なくとも他人の土地では絶対ダメですからね。

ちなみに、先ほども厳密にこれといった法律がないと書きましたが、一応「墓地、埋葬等に関する法律」ってのはありますが、散骨って概念がまだ浸透していなくて、法整備が整っていないってのが現状です。

ですから、今はまだ常識の範囲内なら「黙認」されるようですが、もちろんダメなとこはダメですからね。

今はお墓の形も徐々に変化していってますから、この散骨自体もそろそろキチンとルール決めする必要はあるでしょうね。

ではまた〜




di




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop