弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年10月22日 [色々なこと]

T1000まで後どれくらい?

お疲れ様です。院長です。

10月22日の月曜日でございます。

日々、冬型の気候にシフトされていってますが、なにより早起きな院長には、夜明けの時間が遅くなっているのが一番よく分かります。

いつも5時半ころから起きだして、6時には家を出るんですが、真冬だと6時でも暗いですしね。

今でちょうど、6時には明るくなる感じですが、目覚める時はまだ暗いです。

冬来よんなぁ…。

寒いのはええんですが、この朝暗いのがなんとも嫌ですよね〜。


やっぱり、朝起きた時は、朝日が照ってる方がやる気も出るってもんだわよ。

これからドンドン暗くなるんで、足元注意だねぇ(笑)

ってことで、今日も始まりますが、今日はそんな暗さを吹き飛ばすかもしれない、革命的なお話でもいってみましょう。

イギリスの研究者が、ほぼ不可能だと考えられていた、新材料を開発したってお話です。

それは金属と同じくらいの硬度がありながら、強い振動も吸収する柔軟性もあるという驚きの素材で、乗り物に使えば快適な乗り心地になるという話ですよ。

この素材はイギリスのサリー大学の科学者が、アメリカのジョンズ・ホプキンズ大学とカリフォルニア大学と共同開発したもので、高い剛性と制振性( 振動を減衰させる作用)を持っています。

つまり…

あの、あれやな。

ターミネター2に出てくる、T1000の液体金属みたいな…

あんなイメージでしょうか。

あの金属も、変形するし固まれば皮膚みたいにもなりますからねぇ…

と言ってもあれは映画ですけん、とりあえず忘れてと(笑)

そもそも、曲げや変形に強い性質と、大きな振動も短時間で抑える性質という、二つの特性を一つの素材に持たせるのはほぼ不可能に思えるんですが、研究チームは特定の繊維と3Dの織物技術でそれを可能にしたそうなんです。

この素材はシート状の複合材料で、その構造はと言うと…

記事を読んで、掻い摘んで説明しようにもまぁ、わたくし院長が全く理解できない故、説明するのは無理ですが、とにかく強くてしかも振動を吸収する素材が出来上がりそうってことですよ(笑)
 
例えば、この素材が車などに使われれば、強度があるうえに、振動等は吸収してくれるわけですから、とても快適な乗り心地になるはずです。

もっと言えば、電車や飛行機なども、強烈な揺れや振動がありますが、あれらが軽減される、もしくはなくなる可能性があるわけですよ。

ちょっとすごいやろ?

振動のない飛行機だったら、何となく飛行機感が薄れる感じがして寂しいですが、揺れない電車とか凄すぎですよね。

まぁ、もちろん、これから様々な研究と実験を繰り返した後、実用化って事になるわけで、例によってわたくしの生きてるうちには完成しないかもしれません。

が、しかしこういった「新しいモノ」が登場するってのは本当にワクワクしますよね。

医学の進歩も凄いですが、こういった工学的な技術もドンドン進化してくんでしょう。

なにせ、ドラえもんは2112年生まれですから、そりゃ、こんな新しい金属もボチボチ開発されないと間に合いませんよね(笑)

ドラえもんが生まれるまで後94年…

どれ位、進歩するか楽しみですな。

ではまた〜




t1000




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop