弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2019年01月22日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

1月22日の火曜日でございます。

確か11月22日は「良い夫婦の日」だったんですが、今日は何だろうと…

思い、調べたところ、な、なんと「カレーの日」でした(笑)

なんでやねんと…

なんでも、昭和57年(1982年)に社団法人 全国学校栄養士協議会が1月22日の給食のメニューをカレーにすることを決め、全国の小中学校で一斉にカレー給食が出されたことにちなんで定められたそうです。

昭和57年…

わたくし院長、昭和43年生まれでありますから、惜しい事に昭和56年に小学校を卒業しております。

で、中学は給食じゃなかったですから、このカレーは食ってないってことか…?

でも、確か給食でカレー食べてたような気がするんですが…。

記憶が曖昧ですが、たしか小学校の4、5年生の時に「米飯給食」ってのが開始され、月イチペースでお米の給食が出てきてた気がします。

そして、ご飯の給食の時は、おかずはカレーだったような気がするんですがねぇ…。

とまぁ、話が完全に脱線しておりますが、この日本の家庭料理の代表格とも言えるカレー、日本に入ってきたのは江戸時代、安政5年(1858年)だそうで、平成が終わろうとしてる今もみんな大好きなんですから、すげーヒット商品ですよねぇ…。

さらに脱線ついでに、この安政って元号ですが、平成から遡ると→昭和→大正→明治→慶応→文治→文久→万延→安政と、時代で言うと平成の次で10個目なんですよね。

約160年間、時代にして10個以上親しまれてるカレー。

いや、さすがにすごいな。

ってことで、ホントはカレー以外のネタを考えてたんですが、いっそこのままカレーでいくか(笑)

ヱスビー食品の調べによると、日本人は月に平均6.7回、つまり毎週1回以上は何かしらの形でカレーを食べているらしいです。

何かしらってのもポイントで、カレーはその種類というか、タイプもかなりたくさんありますよね。

本場というか、インドのカレーなんかはライスってより、ナンで食べたりもしますし、タイカレーってのはまた独特らしいじゃないですか(笑)

いや、当院のお向かいに、結構有名なタイカレー屋さんがあるんすよね。

食ったことないけど(笑)

このお店、タイが認めた本場の味ってことで、京都初のタイカレー専門店で、タイの国商務省が認定してて、タイ国産業大臣賞も受賞してるとか…

ヤバイでしょ?

こんなお店が、目の前にあるのに行ったことないんすよ(笑)

今年の目標として、一度行ってみたいと思います。

この店は、ほんと道路を渡るってレベルの近さで、ダッシュ5秒ってとこにあるんですが、当院より3分歩けば、日本一有名な「CoCo壱番屋」円町店もございます。

ここはさすがに行ったことあります。

円町店ではないですが(笑)

そして、一昨年、当院より東に5〜6分のところに、京都では有名なカレーうどん専門店「味味香」丸太町七本松店てのもオープンしてるんすよ。

ここも、この丸太町店は行ったことないですけど、若いころ木屋町のお店に飲んだ帰りに何回かお邪魔して、家につくと必ず服にカレーが飛んでるっていう悲しい思い出が…(笑)

ってな環境下にいるわけで、そりゃ週に1回位は、食いますよねって感じですかね。

後、個人的に中学生の頃、カレーパンをよく食べてた記憶がございます。

当時食べてたカレーパンは、揚げパンでしたけど、なんでカレーパンは揚げてんでしょう?

まぁ、色々調べた結果、具の水分を外に漏らさないため、って答えが多かった様ですが、別に決まった形というわけでなく、普通のパンにカレーが入ってるカレーパンもあるようです。

わたくしが中学生時代は、揚げたカレーパンしか売ってなかったなぁ…とか。

あと、ドライカレーなんてのも昔はありましたけど、今もあるんですかね?

これは、カレーピラフって名前で売られてることもありましたが、昔の喫茶店なんかでは、わりとよく見かけたメニューでしたね。

最近じゃ、カレー鍋なんてのも流行ってるみたいで、少しずつ形を変えながらも、160年間親しまれたわけですねぇ…。

そして、これからもカレーは廃ることはないでしょう。

んなこと書いてると、カレー食べたくなってくるなぁ…。

多分、食べませんけど(笑)

ではまた〜




kare




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2019年01月16日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

1月16日の水曜日でございます。

1月も折り返しを過ぎ、後半戦に突入でございます。

さすがにもう、正月の事は忘れましたが、だからといって身体がシャキッとしてるわけでもなく…(笑)

まぁ、日々それなりに身体にムチ打ち頑張っとる次第でございます。

何となく身体がシャキッとしないのは、飲み過ぎなんじゃないの?っていうご意見は、そこかしこからいただいております。

まぁ、わたくしの場合、毎日家に帰るのが、22時過ぎなんですよね。

そこから何だかんだと用意して、宴会がスタートするのがもう23時前とかなんですよ。

で、ご自宅飲み放題2時間コースで、泥酔するまで一気に飲んでうまく寝れても12時過ぎとかでございます。

で、起床が5時40分とかなんで、ちょっっと残ってんじゃないの?的な毎日です(笑)

もちろん、二日酔いとか全くないですが、医学的にはまだ少々はアルコールが体内にある状態かと思います。

そりゃ、そんな毎日じゃシャキッとせんやろーって声が聞こえてきそうですが、まぁ大丈夫(笑)

てな、院長ですが、今日はまたなんでそんな話から始めたかといますとね。

当然、訳があるんですよ。

本日1月16日は、な、なんと。

「禁酒の日」なんだそうですよ。これが。

そう。そのネタの前ふりだったわけですわ。

「禁酒の日」…

初めて聞きました(笑)

みなさん、ご存知でしたか?

恐らく知らない人ばかりだと思いますので、折角なんで由来と歴史でも学んでみましょうぜ。

この禁酒の日、なんで1月16日かというと、これアメリカの「禁酒法」が制定された日が1月16日だったからなんだと。

んなもん、日本と関係ないやんけって感じですが、1920年1月16日に制定された禁酒法の名残なんだそうなんです。

まぁ、日本とは関係ないですが、この禁酒法ってなもん、聞いたことはありますが、一体どんな法律だったんでしょう?

この禁酒法、飲酒は身体に悪いうえ、道徳的にもよろしくないし、酒がなければ仕事中に飲むこともなくなるんで、生産性も向上するうえ、酒を作る穀物の節約にもなるってな理由から「製造販売」を禁止したもんなんですよ。

で、この当時、キリスト教の中でも特にお酒に厳しいプロテスタントという勢力が強かったため、禁酒法が制定されてしまったようなんです。

でもまぁ、片手落ちと言うか何というか、禁止してるのは「製造販売」ってことですから、飲むことはかまわないってんで非合法な酒場が乱立しちゃったそうなんです。

で、そんな「非合法」な部分には、それなりの人達が群がるわけで…

いわゆるギャングと呼ばれる輩が、闇でのお酒の製造販売に乗り出し、巨万の富を得たってことになり、これがギャングに力をつけさせることになっちゃったんですねぇ…。

この当時のギャングに有名なボス「アル・カポネ」って人がいて、彼はこの禁酒法のおかげでギャングの大親分にのし上がれたんだそうですぜ。

このカポネって人、当時かなりの有名人で、大物だったようで後に彼がモデルのテレビドラマや映画、舞台なんかがいくつも世に出ております。

相当な悪でもありますが、かなりのキレ者だったらしく、彼が犯罪組織を統合近代化したということも特筆されています。

あ、それとこの禁酒法を利用して、のし上がったとされるアル・カポネですが、彼は元々酒を飲まなかったそうで、彼個人は禁酒法も、どっちでも良かったみたいです。

って脱線しましたが、当然そんな法律がある時代ですから、彼らギャング以外でも密造酒を作る人が出だし、素人が適当に作る酒での死亡事故まで多発しちゃうってなことになり、1933年12月5日に廃止されるっていう法律でございます。

まぁ、そりゃそうやな。

ですから、「禁酒の日」っていっても、今日はみんな酒は飲まずにいようぜ。ってノリではないわけですよね。

なんなら、隠れて密造酒を飲んでた位ですから、どっちか言うたら「お酒大好き」な日やんねぇ(笑)

では、この密造酒ですが、普通に今でも存在しています。

日本では「どぶろく」なんていわれる米を発酵させたお酒ですが、比較的簡単に家庭でも作れたりするんですよね。

ですが、ここで忘れてはいけないのは、日本には酒税法ってのがあって、許可なく酒類を製造することは禁じられています。

そして酒税法上の罰則規定に拠れば、製造するだけでも5年以下の懲役または50万円以下の罰金となってますから、まぁまぁの罪でっせ。

ま、今の時代そんな危険を冒してまで密造酒を作るメリットもそこまでないと思うんですが、好きな人はいますからねぇ…。

なんか禁酒の日に、お酒大好きトークになってますが、「禁酒の日」ってのは禁酒するための日じゃないってことが分かっただけでも、賢くなったかなと…

「禁酒の日」とは、過去にあったおろかな「禁酒法時代」を懐かしみつつも、愚かな間違いを繰り返さないようにしようって日。(笑)

てことで、今日も美味しいお酒を飲みましょう。

ではまた〜。






sake4





京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2019年01月14日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

1月14日の月曜日でございます。

1月も2週間が過ぎようとしておりますが、さすがに正月ボケは解消されましたか?

今日はハッピーマンデー的成人の日でして、お休みって事でございます。

正月の間、食べ過ぎたり、飲み過ぎたりと負担をかけてきた胃腸たちも少しは落ち着いてきましたかね。

胃腸の調子は戻っても、増えてしまった体重はそう簡単に戻りませんし、しばらくダイエットな日々を過ごそうと誓われてる方たちも多いかと思います。

てな事を言っているわたくし院長も、少々体重は増えましたねぇ…。

まぁ、しばらく普通に暮らしていたらそれなりに戻ってはきますが、やはり暴飲暴食はいけませんね。

体重は言うてもしばらくすれば戻りますが、飲み過ぎて肝臓なんかにかけてしまった負担は、目に見えませんし、元に戻ってるのかも分かりませんしねぇ…。

かといって、当分の間飲まないでおこうとは、なかなかならなくてドンドン負担がたまっていくんですよねぇ…。

わたしゃ、完全に休肝したのはいつだったろか…

もう思いだせない位前なんではないでしょうか。

やはり、月イチ、いや週イチくらいは休肝しないといけんよねぇ…。

てな酒好きからのアルコール依存症患者が日本でも増加傾向らしく、行政でも対応策を考えてるんだとか…

そして、この傾向は日本だけに限らず、世界中でアルコール依存患者は増えてるらしく各国で、色んな対策が講じられてるそうです。

世界中でアル中が(笑)

そんなアル中ワールドの中でも、今日はオーストラリアでのお話をしてみたいと思いますのことよ。

今、オーストラリアでは、「今買って、支払いは後」という後払い分割決済システムで、アルコールを販売するのは禁止すべきという声が上がっているんだそうです。

保健機関曰く、アルコール依存症や借金地獄を増長するからだというお話です。

日本でも、キャッシュレス化に向け、政府が働きかけているように、オーストラリアでも今、アフターペイ(after pay)やジップペイ(zip pay)などの後払い分割決済サービスが人気を集めています。

「今買って、支払いは後」という信用販売は、とくに法律で規制されているわけではありません。

このサービスに料金がかかるわけでもないですし、消費者の債務や支払計画に利息が請求されることもなく、貸付は62日以内であればオッケーなんだそうです。

つまり、無利息で支払いを先延ばしできるってわけですよね。

これは結構便利でお得な気もするんですが、特に法律で規制されてないってことは、逆に言うと、責任ある貸付規定といった、消費者を守るものがなにもないということにもなるんですよね。

これは、いわゆるクレジットという概念でもなく、「信用販売」という様な形の販売方式になってるわけです。

ですから、クレジットカードなども必要ないですし、極端に言えば未成年でも信用買いが出来てしまうそうなんですよ。

まぁ、日本でも「掛売」なんていって、信用取引をしている事は当たり前のようにあります。

法人や商店以外でも、古くから飲み屋さんなんかにある「ツケ」とかともちょっと似てるシステムではありますね。

しかも貸付62日以内ってことですから、支払う余裕がなくても、さらに言うなら、将来的に資金が得られる予定がなくても買い物ができてしまうってわけですよ。

そして政府が懸念しているのが、このシステムでアルコールのような中毒性のあるものの販売が広がると問題だろうと…。

そら問題やろ(笑)

まぁ、お金もないのに大酒飲んじゃうなんて人は、ごく一握りのならずもんでしょうけど、ついつい借金地獄に陥ってしまう人はかなりいると思います。

この「消費」というもの、そのものにも依存症があると言われています。

買い物依存なんかがそれにあたりますが、とにかく欲しいとか欲しくないとかの次元ではなく、買い物をしないと気が済まないという状態になってしまうそうで、こういった人達がこんなシステムにハマっちゃったら、破綻しかないよね。

日本でも、過払い金の請求ってのが大流行りして、それによって倒産する金融屋さんも続出したくらい、裏を返せば借金してる人が多かったって時代があります。

これはやはり一番は、「手軽に」借りてしまえるシステムが出来てしまってことが一番の要因ですし、こういった信用販売も同じ要素をはらんでると思われます。

って、アルコールの「ツケ販売」の話から、金融の話に飛んでしまってますが、たしかにアルコール依存とキャッシュレスって、なんか関係ある気もしますよね。

昔みたいにつねに現金払いってシステムだったら、やはりどこかで計算もしなきゃいけない部分はありましたけどカードだとねぇ…。

酔った勢いってもんがありますし、危険っちゃ危険ですよね。

とはいえ、世の中はキャッシュレスの時代ですし、そういう政策もなされてます。

では、このキャッシュレス、どんなもんがあるのかと言うとですね、大きく3タイプに分かれるんですよ。

まずは事前に入金する、ICOKAなど電子マネーICカードに代表される「プリペイド」(前払い)方式ですね。

次に、デビットカードやQRコードなど、銀行口座から直接引き落とす「リアルタイムペイ」(即時払い)ってやつです。

そして最後が、クレジットカードなどにに代表される「ポストペイ」(後払い)に大別されます。

で、プリペイドなら入金をしておかなきゃいけませんし、リアルタイムペイでも、結局口座に入金してなかきゃ使えないわけで…

やはり、後払いのポストペイが一番便利って事になってしまうんですよね。

しかし後払い=借金ってことですしね。

まぁ、最近じゃクレジットカードのポイントなんかがとってもお得で、使わそう使わそうと仕掛けてきますからね。

結局、最後は自分がシッカリしてなきゃなんですけど、シッカリ出来ないのが人間なんじゃい。

でも、シッカリしなきゃね(笑)

ではまた〜





ponsyuneko




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop