弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年09月24日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

9月24日の月曜日でございます。

月曜日なんですが、今日は昨日の秋分の日の振替休日ってことで、またもや連休でございます。

先週は、敬老の日、これは9月の第三月曜ってことで、毎年必ず連休なわけです。

で、今週は秋分の日なんですが、こいつが実は日付が流動なんですよ。

秋分日ってことで、通年は9月の22日か23日あたりの1日って設定(笑)

まぁ、ほんとは細かな計算で秋分日を設定してんでしょうけど、今年はこいつが23日(日)ってことで今日は振替休日なわけですわ。

連休が2週続くってのも、珍しい気はするんですが、来年も9月は同じパターンでした。

あー毎年9月はそうなんやぁと思ったら、再来年はなんとこの2週の休みが重なり、3連休になっとりました。

つまり、第三月曜がずれ込んで21日になり、22日の秋分の日と連休って事になります。

しかも、超レアな、日、月、火です。

普通に土曜日休みのところだと、4連休ってことになりますね。

そして、当院も…

日、月、火の後、水曜が休みですから、4連休になってしまうんでございます。

まぁ、2020年の話ですから、どうなってるか分かりませんけど、今から楽しみですわ(笑)

って全然関係ない話で、1/4程使ってしまいましたが、今日のネタは久々の天体ネタでございます。

今日の主役は「冥王星」でございます。

覚えておられるでしょうか?

2006年、冥王星は「惑星」から外され、準惑星ってのに格下げされたことを…

我々の子供時代は、惑星を覚えるのに「すいきんちかもく…」って覚えたでしょ?

「水、金、地、火、木、土、天、海、冥」って覚えてたのが、いつの間にか「…土、天、冥、海」に順番が変わったとかなんとかもありました。

その頃から、ちょっと胡散臭かった「冥王星」ですが、準惑星に落とされてから、もう12年も経ったんですね。

で、なんでそんな話をしだしたかというと、ある専門家のチームが冥王星はやっぱ惑星だぞって主張しだして話題になってんだって。

では、そもそも、「惑星」ってなによ?

ってな疑問が湧いて当然ですよね。

わたくし院長も、もちろんこんな「定義」は知りません。

で、ちょっと調べてみると、国際天文学連合が冥王星は惑星ではないと正式に発表したのは2006年8月。

で、これまでは惑星って認められてたわけですよ。

では、この2006年8月をもって冥王星に何かが起って、定義から外れたのか?って普通に思いました。

が、これは違いました。

冥王星が変化して定義から外れたのではなく、新たに定義が加わることにより、冥王星は外されたってのが正解のようなんです。

では、まず惑星の定義を見てみましょう

(a) 太陽のまわりを公転している

(b) 自己の重力によって球形になるほど十分な質量を持っている。より明確に言うと、自己の重力によって重力平衡形状になっている

(c) 軌道上の他の天体を排除している

以上の3点が現在の惑星の定義となっています。

で、(a),(b)についてはまぁ、理解できますよね。

で、この3番目の(c)は、ある天体に、その軌道にある他の岩石を自分に集めてしまうか、ぶつかって弾き出してしまうだけの十分な質量があり、そのためにその軌道において圧倒的な存在感のある天体でなければならないということなんだそうです。

ち、ちょっと意味が分かり辛いですが、この(c)を冥王星は満たしていないため惑星から外されたわけです。

で、ここからが問題ですが、今回発表された研究論文によれば、この3番目の条件は科学的な文献が賛成しているものではないってとこからスタートしております。

米セントラルフロリダ大学の研究チームは、過去200年の間に発表された関係する研究論文を調べました。

すると惑星に区分するための条件として「軌道上の他の天体を排除」していることを挙げていたものは、1802年に発表されたたった1本しかないことが分かったそうで、しかもそれは、ゆくゆくは間違っていることが判明する推論に基づくものだったということなんですが…
 
結局のところ、惑星の定義と言うもの自体が少々曖昧な部分があり、2006年、冥王星を惑星から除外する動きがあったときも、満場一致で決定したわけではなく、いくつかの天文学者のコミュニティは大反対していたそうなんです。

で、ここへきてのこれと…

反対していた天文学者達は、何とか冥王星を惑星に返り咲かせようと、研究に研究を重ねてくわけですよ。

研究チームによると、国際天文学連合の定義に反する形で惑星という用語が使われている例は100以上もあるということですから、もう素人にはよく分かりません。

研究チームは、惑星の定義は変わる可能性のあるものではなく、そこにもともと備わっている本質的な性質を基準に定めるべきだと主張しています。

うん。

確かにそうやな。

たとえば軌道の力学は常に一定なものではないですし、その時々の状態を表しているに過ぎません。

これでは、天体の本質的な説明とは言えないと言われれば確かにそう思います。

かわりに研究者らが提案するのは、その天体の大きさによって丸い形状になるくらいの重力が発生しているかどうかで単純に判断するやり方というものです。

それは自分の都合で勝手に決められませんし、惑星の進化においては重要な瞬間でもあるわけです。

たとえば冥王星には、地下の海、いくつもの層を持つ大気、有機化合物、古代の湖の証拠、複数の衛星等があります。

そしてなにより、冥王星には複雑な地質が存在しています。

そしてなにより大きいしねぇ(笑)

大きさは関係ないようなんですが、そもそも定義はもとより、宇宙そのものが謎だらけなわけですよ。

それを我々の尺度で、勝手に惑星だ、準惑星だと言ってるだけですしねぇ…。

とは言え、「水、金、地、火、木、土、天、海、冥」世代の者からすれば、何とか冥王星に返り咲いてもらいたいなぁ〜と…。

そんな風に思います。

ま、ほんとはどっちでもええんやけど(笑)

ではまた〜




plu




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年09月17日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

9月17日の月曜日でございます。

本日は敬老の日って事で、お休みなんだなぁ。

当院も連休って事で、のんびりさせていただいております。

だいぶ秋っぽくなってはきましたが、まだ日が照ると暑い。

やはり本格的な秋は10月からスタートですよね。

んで、11月の半ばからは、ついに冬がやってきます。

冬は冬の楽しみがありますから、それはそれで楽しみやもんね。

ってことで、まだまだ秋にもなり切ってませんが、早くクリスマスこないかねーなテンションで、今日もネタに突入しましょう。

今や、パソコン、スマホなどの通信機器が無い生活なんぞ想像も出来ませんよね。

わたくしは、あんまり得意ではないですが、SNSなどの普及で情報通信という分野は、凄まじく飛躍しております。

そしてこのICT(情報通信)技術の波は、医療の世界にも波及してきているわけですよ。

一昔前では映画の世界だった、ビデオ通話機能を使って診察を受ける「オンライン診療」が解禁されました。

そして健康保険も使えるようになるって話で、医師不足や医療の偏在が叫ばれるなかで、切り札となりますか…。

スマホ画面などからビデオ通話で話しかけてくる医師に自宅で答える。こんなシーンが日常になるわけですよ。

しかもこのオンライン診療が、今年保険適用になったんですよ。

ICTを活用した新しい医療の形態で、もともとは「遠隔診療」と呼ばれ、へき地や離島など過疎地域への医療支援として活用が想定されていました。

その流れが変わったのが2015年で、厚生労働省から離島、へき地の患者に限定しないと解釈できる通達が出されたそうなんです。

これが事実上の「解禁」となり、ビデオ通話機能を使った診療のプラットホームを提供する医療系IT企業の参入が相次ぎました。

医療機関が対応していれば、ビデオ通話でオンライン診療を受けられるようになったわけなんです。

このサイトは、オンライン診療を受けられる病院とそのアプリを紹介しています。

ちなみに京都府下では、14院、オンライン診療を受けられる病院がありました。

いや〜、あるんやねぇ…。

保険適応になるってことで、2018年度の診療報酬改定で、「オンライン診療料」「オンライン医学管理料」ってのが新たに追加されました。

糖尿病や認知症など継続した治療が必要な慢性疾患が対象で、これに先立って厚生労働省は「オンライン診療ガイドライン」を発表。

これまで曖昧だった運用ルールが明確化され、「オンライン診療」という新しい名前が付けられたわけなんです。

ついに、医療もここまできたか〜って感じですけど、はたしてそんなんでちゃんと診療できるんでしょうか…

って疑問はおそらく誰しもが思う事でしょう。

ですが、メリットとしてとにかく、あの病院の待ち時間がなくなりますわな。

5分の診察を受けるのに数時間待たされ、そのために仕事を休むなんて人も多いわけですよ。

そして、病院の待合室で他の病気に感染するなんてこともなくなります。

ですが、健康保険を適用するには、それ以前にも6カ月間治療を受けていること、3カ月に1回は対面診療を組み合わせることなどの条件が付きました。

これはまぁ、そうでしょう。

今回、保険適用となったのは高血圧や糖尿病、認知症など、まぁ慢性的な疾患で、ある程度症状の安定している患者に限られます。

こうなると、普段病院に通わない人などは、全く対象からは外れるんですが、いわゆる高齢者の慢性疾患が、オンラインで出来るようになり、その患者さんが病院に来なくなったとしたら、かなり空くんじゃないでしょうかね。

そういう意味では、オンライン診療の恩恵は誰にでもあると言えるかもしれません。

それから、これは保険診療ではないので、いわゆる自由診療、実費となるわけですが、心療内科や精神科といった、いわゆるカウンセリングが必要な疾患などにも有効と考えられています。

実際、病院に行ってカウンセリングを受けて帰るのなら、自宅にいながらそれが出来るとなると、外出恐怖のあるパニック症候群の患者さんなどにはすごくメリットがあると思います。

まぁ当然、触診や聴診が出来ないわけですから、診療科目は限られますが、これから確実に需要は増えるでしょうし、それに伴い現場の声があがることで保険適用の幅も見直されると思います。

厚生労働省の調査によると、遠隔診療が進んだ米国では遠隔医療を提供するネットワークが200ほどあり、3500カ所の施設を通して遠隔診療サービスが提供されているそうです。

運用についても学会を中心にさまざまな実務ガイドラインや倫理規範が作成されています。

日本でも今年4月には保険診療でオンライン診療を活用している医師が発起人となり、オンライン診療研究会が発足しました。

まずは2年後、20年の診療報酬改定を見据えて、エビデンスを積み重ねていくことが期待されますね。

まだまだ改善の余地だらけでしょうけど、これからは主流になっていく気がします。

わたくし世代の人達が、もう数十年したら後期高齢者になるわけですが、この世代はパソコン、スマホを使えますからね。

今のシニア層にはまだ浸透しにくいかもしれませんが、今から色々改良を重ね、数十年後は「かかりつけ医」がオンライン化されてるかもしれませんよね。

これは、実現しそうですね。

老後が楽しみや(笑)

ではまた〜



on



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年09月14日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

9月14日の金曜日でございます。

9月も2週間が過ぎ、涼しい時間が多くなってきましたね。

これから秋になれば、絶好の行楽シーズンですから、みなさんお出掛けでもいたしましょう。

そんな行楽シーズンにも人気のあるレジャーに、バーベキューってのがありますが、好きな人多いですもんねぇ。

今日は、そんなバーベキューには欠かせないあるモノのお話をしていきたいと思いますのことよ。

たいていの家庭がバーベキューグリルを所有し、老いも若きもとりあえず肉を求めがちなアメリカ人ですが、ついに「肉の自販機」なるものが普及するようなんですね。

ニューヨーク州の精肉店が設置するその自販機は、早朝だろうが深夜だろうが常にフレッシュな肉類が購入できると好評らしく、販路拡大のチャンスを迎えているといいますからまぁ便利なんだか何なんだか…。

米ニューヨーク州を拠点とする精肉店アップルストーンミートカンパニーが、肉の自動販売機でさらに多くの顧客をつかむ計画を立てています。

この店はこれまでストーンリッジの本店に肉の自販機を4台設置していましたが、今後は同じものを同州内のいくつかの場所に設置するつもりだという話です。

店とすれば、販売する場所が増えて良い事なんですが、客のニーズを維持すべく、つねに各商品を自販機に補充する必要がありますし、もちろん鮮度の問題もありますしねぇ…。

まぁ、アメリカらしいと言ってしまえばそれまでですが、日本じゃ流行りませんかねぇ…。

どうも、感覚的に自販機の中に、生ものが入ってるってのは不衛生な気がしてなりませんが、この自販機ってビジネスは色々アイディア次第で広がりはみえますよね。

つい先日、ビジネスではないですが小説の自販機ってのも紹介いたしました。

自動で販売できるわけですから、当然販売には人件費等かからず、場所と内容によれば放っておいても利益を上げれるものですが、肉とはねぇ…。

日本にも、野菜の自販機っぽいのはありますし、まぁお国柄なんですかね。

最近じゃ、出来たてのピザが買える自販機が出たりして話題になってましたが、この自販機って意外と歴史は古いんですよね。

一説によると紀元前215年頃、寺院などに「聖水」の自販機があったとか…

これは機械というより、コインの重みで水が出る仕組みだったらしく、こいつが世界初の自販機ではなかろうかという話です。

それから時は流れて1800年代に入り、産業革命後のイギリスで、飲料、菓子、食品、チケット、たばこなどに実用化され、基本的な技術もこの頃に開発されました。

で、基本的な動きですね、コインを入れると商品が出るって仕組みは、この頃から変わらず中身的にはそんなに変化はないそうなんですよ。

日本では最古の自販機と言われているものが、1900年頃の発明家・俵谷高七による「自動郵便切手葉書売下機」だそうです。

こいつは、切手と葉書の販売だけでなく、ポスト機能も備えたアイデア製品でした。

それから、時を経て日本では1962年にコカコーラが日本に本格参入し、それをきっかけに自販機がドンドン増えていったそうです。

この時の、自販機の増え方は、日本の治安の良さが拍車をかけたようで一気に自販機が日本中を席巻するようになったわけです。

1962年といえば、前回の東京オリンピックの2年前ですし、まぁわたくしもさすがに生まれておりませんが、わたくしの子供の頃は、コカ・コーラの瓶の自販機もまだありましたね。

自販機に栓抜きがついてて、その場で栓を抜いて飲むスタイルなんですが、子供心にコーラの炭酸のキツさは印象的でした。

そして1967年あたりに100円硬貨が改鋳され、硬貨の大量流通により、自販機はさらに使いやすくなりました。

駅の乗車券自販機の導入が本格化されたのもこの頃のことだそうで、ちょうど50年程前ですね。

そして1970年代、日本独自の技術による革新の自販機が登場します。

それが、「ホット&コールド機」で、1台で冷たい飲み物と、温かい飲み物の両方が買えるようになりました。

これにより、年間通じて売り上げが安定するようになり、日本は売り上げでは年間約5兆円と、世界一の売り上げとなったそうです。

てな歴史(笑)

完全に、肉の自販機から脱線してしまいましたが、こういう歴史をもってこんにち、肉の販売まで行われるようになったってことですわ。

日本じゃ、さすがに肉の自販機は成立しないでしょうけど、何でも自動で売れる時代ですから、アイディアひとつで大儲け出来るかもしれませんよ。

ではまた〜



ven



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop