弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年05月25日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

5月25日の金曜日でございます。

もう5月も残すところ1週間切りましたな。

早いもんでもう6月、年間の折り返しの月でんがな。

そう考えると焦るな(笑)

こないだ正月やったのになぁ…

ってことで、もうすぐ6月、梅雨前ですが今日も元気にいってみよ。

ちょっと前にこんなブログを書きましたが、みなさん読んだかね?

今読み返してきてもええんだが、どうせ読まない人のために掻い摘んでお話すると、昨年、サウジアラビアが、世界に先駆けロボットに市民権を付与したことが話題となっていたが、人工知能やロボット産業の急成長を受け、それを巡る動きが活発化しているわけですわ。

で、現在、「ロボットは人として扱うべきなのか?」という問題について欧州議会の報告書で「ロボットの法的地位」を与えるよう助言されたことがきっかけに、そちらに傾いてきたぞってなお話でした。

そもそも、ロボットに法的地位を与える目的は、人工知能によって損害が生じた場合に責任を課せるようにすることだったんですけど、専門家がこれに異を唱えだしました。

ま、そりゃそうやろ。

こんな問題、そう簡単に結論が出るとは思ってませんでしたが、専門家曰く、ロボットに法的地位を与えることは、法的・倫理的観点から不適切で、人権を損なう可能性すらあると主張しております。

14ヶ国のAIの専門家156名のグループは、欧州委員会の動きに反対するために公開書簡を記しました。

それによれば、「電子人」のための法的地位はよからぬ考えで、撤回すべきだと進言されてるそうです。

おお。

真っ向から対立しとんな(笑)
 
専門家グループによれば、例えば、ロボットを製造した企業が、ロボットによる損害の責任から免責される恐れがあるとか、それどころかロボットに対しても人と同じく、損害賠償が支払われたりするのはおかしいという考えですな。

それは専門家でなくてもそう思うでしょ。

わたしも前回、同じような懸念を抱き、微力ながら当ブログにて発表し、世論に訴えていたわけですわ(笑)

ま、わたしの意見は置いといたとしても、専門家は、技術的な観点からは、この記述は最も進んだロボットであってすらその実際の能力が過大評価されたうえでなされていると話してます。

予測不能性や自己学習能力については、浅薄な理解しかされておらず、ロボットに対する認識はSFやいくつかのセンセーショナルな記事によって歪んだものだって言うてるわけですな。

そりゃ確かに…

いわゆる「技術的特異点」といわれるものがいつくるかという予測にしても、このロボットに対する評価自体が、正確でないと意味をなしませんしね。

ロボットに関連する規制基準は、米国をはじめ、すでに数ヶ国で検討されているのは事実ですし、欧州議会議員は、第三者が策定した基準を押し付けられないためにも、そうした基準作りはEUが主導権を握るべきだと考えているわけで、それもまぁ間違ってはないでしょう。

この結論がどう出るかは分かりませんが…

我が日本はどうなってんでしょ?

おそらく、こういう論議以前に、議題にも上がってないのは間違いありません。

で、問題が起こってから、ああでもない、こうでもないとやりだすんやろねぇ…

このロボット人権問題は、少し話が飛躍し過ぎてる感は否めないですが、少なくとも「自動運転AI」については、何らかの手をうつ必要はあるんじゃないんでしょうかね。

わたくし院長の愛車は、もうかれこれ10年以上前のヤツなんで、自動運転どころかナビも壊れてて「自動」な部分がまるでないですが、最近の車はすげーっすよね。

前方の障害物を察知するなんてのは当たり前で、同一車線内なら加速、減速もやってくれるらしいですもんね。

おそらく、こういった車には細かい「注意書き」があるんでしょうけど、こんな機能があれば、そりゃ使うよね。

で、機械やもん。

ある日突然、壊れるもんでしょ?

それが10年後なんか、20年後なんかは知りませんが…。

で、その日たまたま、高速道路を走行中とかね。

大事故ですわ。

で、その時メーカーはこの機能はあくまでも、補助的なものであるからどうのこうのって但し書きがあるでしょ的な部分で逃げるんでしょうけど、それならこんな機能売りにしちゃいけんと思いません?

こんなスゴイ機能がついた車なんですよ!って売ってるわけでしょ?

で、いざ事故になったらそれは知らん。では済まないんじゃないのかねぇ…

そりゃ、機械ですからトラブルはつきものでしょう。

でも、もしこの自動運転機能が原因で、事故があった場合の、責任の所在とか法的なものは決めとかんとアカンのちゃうの?

もう、最近の車には結構搭載されてるもんね。

欧州の議会でも、まずはこの自動運転AIの責任所在について、明確にすべしってことで、法案作りがなされてるそうです。

日本は、技術は他の国より抜きんでてるわけですよ。

なのに法整備なんて、まだまだこれからですけんねぇ…

何をするのも後手後手の日本ですが、この問題は早急に手を打たないとアカン気がします。

と、自動運転機能付きの車を購入する予定など、まったくない院長は、他人事なんですが事故は巻き込まれることもあるからね。

大ごとになる前に、キチンとやりましょう〜。

ではまた〜
 


jidou



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年05月23日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

5月23日の水曜日でございます。

もう5月もあと1週間やがな…。

来週あたりから、梅雨入りどーのこーのが話題になってくるやろね。

今日はあいにくの天気ですが、昨日なんか過ごしやすかったもんね。

ま、どうせ来るんやし、来るなら来いっちゅうねん。つーゆー。

ってことで、梅雨が嫌すぎておかしくなりかけておりますが、今日のネタはそんなおかしさとは一味違うおかしさ。

ほんまに…

おかしいやろ?

ってお話。

「中国政府が労働者の脳から直接データを取り出す計画を推進中」

こんな記事を発見しちゃいました。

しかも中国。

絶対、アカンことしとるはず(笑)

内容的には、ある中国企業では、工場の生産ラインに制服を着て並ぶ労働者らが、おかしな帽子を被ってるそうで…

この帽子が、脳波を読み取ることができるそうで、働きながらデータを取られてるって事らしいです。

この会社、「杭州中恒電気」によれば、そうして得たデータを基に、休憩の頻度や時間を調節し、労働者のストレスを軽減させることを目的としてるらしい。

ほんまかいな(笑)

実はこれ、中国政府が支援するプロジェクトの一環で、同社は脳監視デバイスで労働者の感情や精神活動をモニタリングする企業の一例なんだそうです。

脳監視デバイス…

実に中国らしい発想やと思うんですが、このモニタリングされたデータをもとに何が行われるのかが恐怖やわ。

では実際、どんなんかというと、安全ヘルメットや制帽に仕込まれた小型の無線センサーが、常時着用者の脳波を読み取り、うつ、不安、怒りといった感情スパイクに関するデータを人工知能に送信していくんだそうです。

そして、人工知能がそのデータをもとに、休憩の頻度や時間を調節するって具合のようです。

ま、まぁ、これだけ聞いたらなんかキッチリしてる気はしますが…

ほんまに大丈夫なんやろか?

着用者の脳波を読み取って、例えば会社に不満を持ってるとか、仕事に対しての気持ちが足らんとか、そういう余計なことまで見透かされそうで嫌な感じぢゃなぁい?

てことは置いといたとしても、この技術自体は、世界中に普及しているそうなんですが、中国政府は工場、公共交通機関、国営企業、軍などでの採用を促し、前代未聞のスケールで普及計画を推進しているそうです。

政府曰く、産業の競争力強化や社会の治安維持が目的って事らしいですが、絶対違う気がする(笑)

国網浙江省電力もまた同技術を採用しており、2014年以降利益をおよそ346億円も伸ばすことに成功したそうです。

「その効果に疑いはない」と同社の監視プログラム担当者は話しています。

およそ4万人の従業員を抱える同社は、省内の一般家庭や企業に電力を供給しています。

ここに監視技術を導入したことで、いっそう高度な基準で業務を遂行することが可能になったというお話です。

まぁねぇ…。

良いか悪いかは分かりませんが、効率化を図るにはもってこいのデバイスかもしれませんね。

なにせ、従業員のやる気まで検知出来てしまうわけでしょ?

普通通りに仕事をしてるようでも、実は手を抜いていたり、いやいや仕事してたりってことは往々にしてあるわけで…

それを発見して何らか手を打つことが出来るなら、こりゃ使う側からすればスゴイ機械でしょ。

収益が上がるのも頷けますし、あらゆるところに広がっていくというのも分かります。

もちろん、良いか悪いか別としてね(笑)

個人的な意見としては、「悪い」と思いますし、自分ならこんなヘルメット被りたくないねぇ…。 

ただ、使い方によってはそりゃスゴイ活躍する場合もあると思われます。

例えば、アメリカでは競技のパフォーマンスを改善する目的で、アーチェリーの選手に採用されてるらしいです。

これは、精神状態をはかるという意味では素晴らしく、精神的にパーフェクトな状態を作ることに役立ってるそうです。

あと、同じく中国なんですが航空機のパイロットや鉄道の運転士に採用しようと計画も進んでるようです。

これはもちろん、ヒューマンエラーを無くす目的ですが、これらの使い方はなかなか良いかなと思えます。

ですが、一般企業で従業員に装着しちゃうってのはどうなんでしょうか…。

誰でも気分の乗らない時や、やる気の出ない時はありますし、そこをイチイチ、つつかれたら腹立つやろなぁ(笑)

まぁ、日本じゃこんなもん絶対受け入れられないでしょうけど、中国では許されるんでしょうねぇ。

中国くらいおおっぴらに使えたら、改善もドンドン出来て、さらに精度は上がっていくでしょうね。

最終的には、人の考えてることがそのまま「見える」ようになるとこまで、技術は進んでいくんでしょう。

そうなると、力関係の中、色々ややこしい問題がおこりそうですが、これもわたしの生きてるうちは大丈夫でしょう(笑)

こおネタも続報が入ればお知らせいたします。

ではまた〜



obou



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年05月08日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

連休明けて2日目の5月8日の火曜日でございます。

まだ、身体が本調子ではない(笑)

ですが、そろそろ本気を出さないと、前月からの遅れを取り戻せんからねぇ…。

さぁ〜、次の休みまで頑張るぞと(笑)

ってことで、やる気があるんだかないんだか、始まりましたがまぁ、まだまだ休み気分が抜けないってことで…

ちょっと楽しみなお話でもしてみましょうか。

今日はみなさんご存知、「ムーミン」のお話。

フィンランドの作家、トーベ・ヤンソンによるムーミン・シリーズは、世代を超えて世界中で愛され続けている名作のひとつでしょう。

ムーミン一家をはじめ魅力的なキャラクターはもちろん、けっこう哲学的で奥深いストーリーに、子供向けと呼べない部分もある作品です。

そんなムーミンをテーマにしたテーマパーク「ムーミンバレーパーク」が2019年3月、埼玉県飯能市(はんのうし)にオープンすることが決定したそうなんです。

来年の3月ですから、ほぼ1年後ですねぇ。

それはいいとして…

飯能市ってどこよ?(笑)

って調べてみたら…

ムッサ田舎やん(^^;

まぁ、ムーミンの世界観が、「ムーミン谷」ってくらいですから、それ位の方が良いのかもしれませんが、にしてもここは関西からは遠すぎるぞぃ。

東京シティからでも、1時間以上かかるし。

とまぁ、場所は仕方ないにして、わたくし世代の人間は、みな「ムーミン」には馴染みがあるんじゃないでしょうか。

カルピスだったかの日曜劇場だったか、朝の定番アニメのようなイメージがあります。

あと、パルナスのCMやな。

モスクワの味とかいう、ロシアのお菓子メーカーのスポンサーがついてた印象が強烈に残ってます。

っていう、ムーミンのテーマパークなんですが、ムーミンと仲間たちが暮らすムーミン谷をイメージしていて、豊かな自然を満喫でき、文学性とアート性に溢れた空間なんだとか。

飯能市の宮沢湖畔に整備される、北欧をテーマにしたテーマパーク「メッツァ」

総事業費約150億円、敷地面積約25ヘクタールというこのテーマパーク内のエリアの1つとして「ムーミンバレーパーク」がオープンするそうなんです。

ムーミンの物語を追体験できるようなアトラクションやキャラクターたちによるライブエンターテインメント&グリーティングなど、ムーミンファンにはたまらないお楽しみが盛りだくさんなんだって。

エリア内を詳しく見ると、まずエントランスにはムーミンの物語が描かれた「本」のゲートがあるそうで、これから始まる冒険への期待が高まる仕掛けが施されているそうです。

そんで、さまざまなレストランやショップも軒を連ね、それらに立ち寄ったり横目で見たりしながらムーミン谷へ向かいましょう。

アトラクションとしては原作を忠実に再現した「ムーミン屋敷」や、体感モーフィングシアターの手法を用いた「 海のオーケストラ号」などがあるらしいです。

なんだか分かりませんが(笑)

また、レストランでは北欧とムーミンの世界観を融合した、オリジナルメニューを食べられるそうですし、ショップではここだけのオリジナルグッズがたくさん並ぶのだとか。

ムーミンの世界観…。

これは、ちょっと覗いてみたい気はしますが、そもそもムーミンって何者ってとこなんですが、ムーミンってカバの化けもんじゃなくて、妖精の一種らしいですね。

どうもムーミントロールっていう妖精のようです。

んで、ムーミンのガールフレンドに「ノンノン」っていたの覚えてます?

この子は、トロール族っていう別の妖精らしく、ムーミン族とは似ているけど違う生き物なんだそうです。

へぇ…

しかも、この「ノンノン」って名前なんですが、日本のアニメで採用された独自の名前なんですが、作者から「noとかnonとかの否定的なイメージ」があるというクレームが入り、ムーミンの続シリーズとなる作品からは「フローレンス」と名前が変わったらしいんですね。

てか、作者生きてたんや(笑)

と思い、調べてみたところ、2001年没となってましたので、まぁまぁ最近まで生きてはったのね。

と話は脱線というか、方向性を見失ってますが、例えば「ミイ」はミムラ族っていう妖精だったりと、色々な妖精が住んでるところ、ムーミン谷のお話なわけです。

で、ここでムーミンにも負けず劣らない人気者、「スナフキン」てのがいるんですが、一説には彼だけ「人間」だという話があるんです。

というのも、ムーミン族に限らず、ムーミン谷の住人たちは、冬になると冬眠しちゃうんですよね。

で、冬ごもりして、また春に〜っつって、各自の家で眠りにつくんですが、この時、スナフキンは一人、旅に出ます。

で、春になったらまた会おう。ムーミンおやすみ。って渋い声で別れを告げていくんですが、人間だから冬眠しないって解釈だったんですが…

実は、原作にはしっぽが生えた挿絵があるとか…

人間じゃなかったんや…。

で、調べてみるとどうも、母方があの「ミムラ族」で、父親はムーミンパパの友人って設定らしく、ミックスなのかも…。

妖精と人間のミックスだとしたら、ムーミン谷に出入りしてることも、冬眠しない事も合点がいくなぁとか(笑)

まぁ、原作、絵本、小説、アニメといろいろな形を変えて世に出ており、それぞれに微妙に設定が違う様なんですが、どうもハイブリッド説が有力なようです。

とまぁ、個々のキャラが素晴らしい、この物語、こうやって書いててもなかなか盛り上がりますし、このテーマパークもひょっとしたら流行るかもね。

わたしはまぁ…

行きませんが(笑)

まず遠いし。

距離的に、ディズニーランド行くより遠いしねぇ。

てことで、来年3月からオープンする、「ムーミンバレー パーク」是非、お立ち寄りください。

ではまた〜




moomin




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop