弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年07月18日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

7月18日の水曜日でございます。

さぁ、山鉾巡行も無事、終りましたねぇ。

一応、「祇園祭り」とされるものは、7月1日から31日までって期間ですので、まだお祭り自体は終わってないんですが、まぁ一般的には、鉾が巡行すれば終りですよね。

そして、夏本番なわけですわ。

夏夏。

ま、夏と言えば、海に山に川にと、アウトドアなレジャーが中心ですが、いつもいつも炎天下の中遊び歩くのも大変です。

時には、涼しいところでのんびりするなんて日も必要ですし、たまには冷房のきいた映画館で、ワクワクするってのもいいんでないっすか。

昔は、映画館ってちょっと汚いイメージもありましたし、絶対ずっと寝てるオヤジとかいましたけど、今は完全入れ替えで、座席指定ですもんね。

ですが、映画を観に行く場合、その映画の内容によって、有意義な時間になるか、無駄な時間になるかが分かれてしまいます。

つまり、面白くない映画にあたったら辛いですが、こればっかりは観てみないと分かりません。

てことで、今日のネタなんですが、そんな「面白くない」って現象が、必ずなくなるかもしれない、画期的な技術が発明されました。

まず、面白いかそうでないかって、人の感覚ですから、必ずしも全員が一致するもんじゃないんですよね。

中には、面白いと思う人がいたり、つまらんと思う人がいたりと…

こうなると、制作側としては、伝えたい事というより、より多くの人に「面白い」と思ってもらえるような映画にするしかないですよね。

そこで妥協があったりもするでしょうし、なかなか難しい問題ですが…

今回の発明は、そんなことも吹き飛ばす、スゴイもんなんですよ。

映画を見ていて、思わずあくびをした瞬間、思いもしないストーリーが展開され始める…

そんな革新的なヘッドセットがイギリス・ノッティンガム大学の研究者によって開発されました。

つまり、見る人によって、内容が変わる映画なんだそうです。

これを実現するため、リチャード・ラムチューン氏は、各シーンごとに複数のバージョンを撮影し、結末は同じなんですがそこに至るまでのストーリーが、なんと101兆通り!の組み合わせの中から選ばれるという映画を作り上げたんだって。

101兆って…

えげつない数字やで(笑)

1000億が1000個やし(笑)

余計分かりにくいか(笑)

これは、つまり見る側の「退屈度」に応じて展開が変わる映画ってことで、完成した27分の「モーメント(The Moment)」は、観る人の注意レベルに応じて筋書きが変化します。

これを観る視聴者は脳波ヘッドセットを装着し、脳内の電気活動が集中しているとされる周波数の範囲内にあるかどうかを計測されます。

計測データはコンピューターに送信され、それに基づき専用のソフトウェアがシーンの長さやBGMの種類など、視聴者に楽しんでもらえるよう各種の調整を施すんだそうです。

なかなかスゴイ技術ですよね。

結末は同じってとこがミソですが、確かに途中で観ててダルくなる映画ってあるもんねぇ…。

こんあ映画なら、楽しめるんじゃないでしょうかね。

で、こういった、最新技術を利用した実験的な映画を撮影してるのはラムチューン氏だけではないんですよね。

20世紀フォックスは近日公開されるゲームブックシリーズ「きみならどうする?(Choose Your Own Adventure)」原作作品に、視聴者が登場人物の行動をコントロールできる技術を採用すると発表したそうです。

同社の取締役副社長のクリス・アロンソン氏によると、視聴者が「次に起こることを選び、それに応じた結果を大スクリーンで確かめられる」ものなんだそうですよ。

まぁ、こういった「マルチエンディング」方式は、ゲームの世界じゃわりと使われていますし、これからは映画もこういう時代になるのかもしれませんねぇ…。

このモーメントはシェフィールド国際映画祭で公開され、その後は専用のシネマキャラバンでイギリス国内ツアーが予定されているそうです。

残念ながら、日本国内での上映予定はなさそうですが、こんな映画がジャンジャン作られたら映画も変わるかもしれませんね。

ってことで、夏のレジャーの合間に映画でも観に行きましょう。

ではまた〜



tv



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年07月16日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

7月16日の月曜日でございます。

今日は祇園祭の宵山って事で、京の街は人でごったがえすことでしょう。

しかも…

海の日だそうで(笑)

なんやねん。

海の日20日とちゃうんかい。的な。

このハッピーマンデーだけは、全然慣れなくてっていうか、カレンダー見るまで祭日だとは気づきません。

ま、いいねんけどね(笑)

ってな宵山でございますが、今日も元気にネタいきましょう。

祇園祭と言えば、メインは山鉾巡行ですが、この「鉾」ってどんくらい重いか知ってます?

一番重いヤツで、10〜12トンあるらしいです。

10トン。

1トンが1000キロですから、10000キロです。

100キロの巨漢が、100人です。

まぁ、並みの重さじゃないよね。

これを引っ張るわけですから、そりゃ1人や2人でどうにかなるもんじゃございません。

100人いたって、1人100キロ分の重さですから、やはり200人とかいないと、移動させるまでは無理でしょう。

って位、力がいる作業なんだよ〜ってことから、今日のネタにいきます。

今日は、人体にかかる負担を緩和する補助スーツのお話でもいってみましょう。

先日アメリカ陸軍が、新たな外骨格型サポート装置の試験を開始すると発表いたしました。

パワースーツなんて呼ばれる、この一連の装置は、簡単に言うと小型ガンダムのようなもので、身体に装着させることにより、人間とは比べものにならない力を発揮するってものなんですな。

イメージ的にはこんな感じのヤツね。

今までも、いろんな機械が開発されてきましたが、そのものの重さや、バッテリーの問題等、実用化にはまだ時間がかかると言われてますが…

今回、アメリカ陸軍が開発している、ONYX(オニキス)と呼ばれるこの先端デバイスは下肢専用で、従来の問題点を解消すべくシステムの縮小化や省電力化に力を入れたものなんだそうです。
 
例えば、登山で最も難しい動きといえば、荷物を背負ったまま、段差や斜面を登る動作だと言われてますが、これは兵士に負担を強いるだけでなく、背中や腰、そして膝に重大な損傷をもたらす危険性がございます。

ONYXは兵士の荷物の重量を引き受けるため、深刻な肉体疲労やケガなどを未然に防ぐ効果もあるという。

米マサチューセッツ州にあるネイティック陸軍研究所NSRDECは、長年にわたり外骨格型装置の開発をリードし取り組んできました。

従来の装置は、大きすぎるシステムのせいでより多くの電力やバッテリーが必要で、それがさらに本体の負荷を増やすという本末転倒な側面がありました。

確かに、パワーを得るための道具が重すぎるんじゃ、実践的ではありませんよね。

そのため、ONYXの開発では従来のシステムを変更、より少ない電力で動く工夫を凝らし、四肢などを負傷した人に用いられた医療技術を追加しました。

また一部には膝の負担を和らげる装置も用いられています。

その装置の試験内容は、18kgの荷物を背負った4人の被験者が傾斜15度のトレッドミルを登るものでしたが、その全員が楽に感じたということです。

ONYXは今後、少なくとも3段階のテストと開発を完了させ、実用化を目指します。

まず、第1段階では膝や股関節へのフィット感などをチェックし開発を進めます。

第2段階では、より高速で静かに動くよう部品を追加し、第3段階では導入可能か否かを決定する耐久試験などが行われる見込みです。

この3つの試験を加味した上で、2021年初めには運用準備が整うと考えられています。

ただし、ONYXは、アメリカ陸軍が開発してるだけあって、克服すべき課題はそう容易なものではありません。

そりゃ、最終的にはそのパワースーツを、兵士に着用させて戦わそうって目論見なわけですから、中途半端では使えませんからね。

こんなギアを装着した兵士が戦う姿はもはや、近未来のロボット戦争を彷彿させますが、最終的にはこういったスーツをAIに着用させて戦うなんてことになるんでしょうね。

この軍事と言う部門に関しては、どこの国のどんな機関が、どれだけの研究を行ってるかなんて基本、発表されませんし、きっともうすごいモビルスーツみたいのが中国あたりで造られてるんじゃないでしょうかねぇ…

とはいえ、この先端装置への期待は大きいようで、いずれ下肢のサポートから上肢のサポートを経て、ほんとに無敵のスーツが出来上がるでしょう。

まぁ、このパワースーツ、軍事目的だけでなく、筋力のなくなった高齢者の一人歩きや、四肢の筋力に問題がある患者さんなんかも救えるアイテムにはなるでしょう。

ですから、とんでもないパワーより、まず普通に着用し、日常生活ができるようなスーツが出来ればいいんですけどね。

ま、わたしの生きてる間にロボット戦争は起こらないでしょうけど、高齢になって歩けなくなった時、こんなスーツが開発されてればいいなぁ…。

そこは期待しときます。

ではまた〜




mobile



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年07月13日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

7月13日の金曜日でございます。

あ。

13日の金曜日。

ま一応、報告(笑)

スルーするのもなんだしね。

別に特に何ってこともないんですが、まぁそんな日だよと…。

これから夏になると、ホラーな記事も増えていくでしょうけど、今日はまた全然関係ないお話…。

昨日、眠りに関する話題がありましたが、今日もそっち系のお話です。

今日は、「夢」のお話。

寝てみる方の夢の話で、ほとんどの人が夢をみるんですが、うまいタイミングで目覚めないと覚えていないことが多いですよね。

起きた瞬間は、それなりに覚えてるんですけど、秒速で忘れていきます。

で、思いだそうにも全く思いだせないと…

この夢を思い出すのに一役買ってくれるものがあるってお話です。

それは眠る前のビタミンB6摂取だということなんですが、果たして…

オーストラリア・アデレード大学のる研究チームは、実験参加者100人に5日間、眠る前にビタミンB6のサプリメントを飲んでもらいました。

その結果、プラセボ(偽薬)群と比べて、夢を思い出せる力が向上したという結果が出たそうです。

この無作為二重盲検プラセボ対照試験では、眠る直前、参加者にビタミンB6を240mg服用してもらいました。

サプリメントを服用する以前、多くの参加者が夢を憶えていませんでしたが、試験が終了するまでには憶えている率が改善したそうです。

「だんだんと夢がはっきりして、簡単に思い出せるようになりました。その日の出来事のように、細かい部分も忘れないでいられます」と参加者の一人は話しています。

別の参加者は、「夢がリアルになって、眠って夢を見るのが楽しみになりました」と語っているって話ですから、よほどハッキリ見えるんでしょうなぁ…。

でも、夢を見てる=眠りが浅い

的に思ってる人いませんか?

わたくし院長も、そう思うんですが、やはり夢を見てる時はイマイチ寝れてない気がします。

なんなら、夢を見てるって理解しながら、頭で考えながら寝てたりしますから、熟睡出来てるとは思えないんですがねぇ…。

ていう、睡眠の質的な部分は置いておいたとしたら、この夢を明確に覚えられるってことは、明晰夢を見ることも可能になるかもしれません。

夢の明晰夢ですよ(笑)

前にブログでもこんな記事を書いてますが、明晰夢とは、睡眠中に自分が夢をみていることがわかっていて、特に夢をみながらその内容を自分で意図的にコントロールすることができるような夢のことです。

つまりは、好きな夢が見れるってことなんですよ。

これは、もう実に楽しい夜が待ってるわけですわ。

だって、どんな夢でも見れちゃえば、寝るのが楽しくて仕方ないわなぁ…。

平均的な人では、一生のうち6年間を夢の中で過ごすと言われています。

自分の夢が明快で、コントロールまでできるなら、夢の時間が生産的になるわけですから、この明晰夢を追い求める研究者も結構おります。

そして、この明晰夢、ただ夢を見るってことだけでなく、多くの潜在的メリットがあると考えられてます。

例えば、悪夢の克服、恐怖症の治療、クリエイティブな問題解決、運動スキルの改善、さらには身体的外傷のリハビリにも役立つかもしれないと研究されてるわけですわ。

まだまだ解明されることはないでしょうけど、ビタミンB6を意識的に取ってみるのも、良いんじゃないですかね。

ちなみにビタミンB6は、生ニンニクやピスタチオ、ヒマワリの種子なんかが抜群に多く、100gあたりにビタミンB6を1mg以上と、非常に多く含んでいます。

あと、鶏肉・レバー・カツオやマグロ等の魚類にも、100gあたりにおよそ0.45mg〜0.85mgのビタミンB6が含まれてるので、今晩のおかずに食ってみて、夢を楽しみにするってのもいいかもしれんね。

では、いい夢を〜。



sleeeep



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop