弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2017年12月13日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

12月13日の水曜日でございます。

さぁ12月ももうすぐ半分です。

つまり、今年ももう半月余りとなったわけですがわたしゃー別に焦ってませんよ(笑)

年賀状とか、大掃除とかそりゃやる事は山積みですが、一つ一つやってけばいつか終わるもんね。

問題は、年内に片付くのか?ってことだけです(笑)

年内に片付かなきゃ意味ないやんかいさ。

てな感じで今日も始まりましたが、今日は久々の医療ネタでもぶっこんで、真面目なフリでもしてみます(笑)

先日、腎臓を再生させることにラットで初めて成功したと、東京慈恵会医大などのチームが英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表しました。

この再生腎臓、尿を生成するなど腎臓の機能を完全に備えているといい、ヒトへの臨床応用に向けて大きく前進しそうな勢いです。

腎臓造ったかぁ…。

腎臓だけに人造とか(笑)

はい。

で、チームは、まず遺伝子改変したマウスの胎児を作製します。

この時点で、もう何だかついて行けてないですが、そこは気にせず読み進めましょう。

そして、その作成した胎児の腎臓の「芽」に、ラットの腎臓になる前駆細胞を注入し、同じ遺伝情報を持った別のラットの「芽」に移植したそうです。

その後、特殊な薬をラットに投与すると、芽に元々含まれていたマウスの前駆細胞が死滅します。

そして、芽に周囲の組織から血管が入り込み、4週間後にはラットの細胞だけでできた腎臓が再生したといいますから驚きです。

そしてこの人造腎臓、尿が作られることも確認済みと…。

チームは、次に、再生した尿管を使って尿を体外に排出させる技術をラットで開発しているんだそうです。

さらに、ヒトips細胞から腎臓の前駆細胞を作製する技術も完成させていますから、マウスの代わりにブタ胎児の腎臓の芽を使い、ラットの代わりに腎不全患者のips細胞から作製した腎臓の前駆細胞をそれぞれ使えば、機能を全て備えたヒトの腎臓を再生させることが可能になるという話です。

ま、ちょっとややこしいですが、要するにもうちょっと研究を進めれば、ヒトの腎臓も造りだすことが出来るであろうってお話なわけですよ。

これは、本当に凄い事で、臓器を完璧に作ることが出来るとなれば、臓器移植への道がひろく開かれるわけですね。

ちなみに、日本国内では人工透析を受ける腎臓病患者は32万人を超え、医療費も年1兆円を上回っている状態なんですよ。

そしてもちろん、腎臓移植の希望がかなわない患者が多く、この腎臓再生には、特別期待がかかるってわけですね。

ただし、さらなる技術的な革新とともに、ヒトへの臨床応用には安全性の確保に加え、倫理面の議論も必要となるでしょう。

ま、人造腎臓っつっても、ブタ胎児の腎臓を使って造るわけですから、そこには確かに倫理観が問われるでしょう。

まず、倫理として、他の動物から造ったものをヒトのために使っていいのか?って一番大きな問題ももちろんですが、具体的には、動物が持つ病気がうつらないかとか、動物の細胞が残らないかとか、言いだせばキリがない位問題は山積です。

そして、この「人造腎臓」を移植されたヒトのDNAが、今後どのような形で、子孫に継承されていくのか…。

わたくし院長的には、ここが一番心配ですよね。

いわゆる機能的な問題ももちろんですが、移植を受けた人のDNAにどんな影響がでるかなんて、ひょっとしたら何代も先にならないと分からないかもしれませんしねぇ…。

最近ではこの手の研究が、かなり進歩していますし本当にあと一歩で、臓器の作製も可能だと思います。

っていうか、臨床試験は別としたら、もう造れるでしょう。

つまりは、倫理道徳を無視したら、クローンというか人造人間も作れるのかもしれません。

クローンって言えばまぁ簡単に言うと、わたくしのDNAから造ったわたしのコピーってことになりますが、この「人造人間」は色んなDNAを組み込むことも可能になってるわけですよね。

それだけに、今後どんな方向にいくか全く先が読めませんし、技術革新だけが進んでいくことに一抹の不安を覚えるのは、わたしだけではないはず。

ま、いつも言ってますように、わたしの生きてるうちにキカイダーが出来上がるとは思えませんが、早急にこういった「人造ブツ」への取り決めも行っていかないといけないと思います。

このネタも続報が入り次第、お送りいたしますね。

ではまた〜




bu




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2017年12月12日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

12月12日の火曜日でございます。

何となく1、2、1、2ってことで数字的に気持ちいいんですが、師走の慌ただしさは増してきますよねぇ…。

そして風邪の季節でもありますし、イベントも多いし体調には注意が必要です。

それでなくても忙しいんですから、体調万全でないとね。

ってことで、今日はそんな忙しい毎日の中で、年末のイベントの一つに数えられるこの行事…。

大掃除についてお話してみましょう。

年末も近づいてきて、お家やオフィスを大掃除をする人は多いでしょう。

折角だからと、普段やれない場所まで掃除するのはいいんですが、これが意外と時間がかかり、段々テンションも落ちてきて、最後はめんどくなるやつ(笑)

でも、気持ちの問題やしね。

気持ちよく新年を迎えるためにも、キチンとやっときたいよね。

で、どうせやるなら、キレイにするだけじゃなく「良い環境」にしたいもんでしょ?

てことで、ちょっと「風水」を交えながら、大掃除について語っていきますね。

お家はもちろん、オフィスや仕事場って、一日のうちに過ごす時間がかなり長くなってきます。

それだけに陰鬱な「気」が存在すると、体調面はもちろん、職場などなら業績にも関わってきそうですから、この「気」は大事にしないとね。

空間も人の体と同じで、メンテナンスをしなければ調子を崩し、病気になることもあります。

イライラしたり、トラブルや体調不良を起こしやすくなったりしますから、ちょっと意識して取り組んでみましょう。

まずは、オフィスやお部屋にたまったネガティブな「気」を洗い流すイメージを持って、大掃除に取り組むことが大事だそうです。

目に見えるごみや汚れだけでなく、目に見えないあのときの「怒り」「悲しみ」「がっかり」まで取り去るイメージを持ちましょう。

部屋の隅は「気」が動かなくなりがちです。

そして不要なものが置きざりにされる場所でもあります。

隅っこであったとしても「気」が滞ると、風水で深刻な悪影響を生むそうです。

そこで、部屋の隅に、うっかり置き忘れたものがないかチェックしましょう。

もしそういうものがあったら捨てるか、どこかに収納しちゃいましょう。

古いものを片付けると新鮮な気が入る余地が生まれるので、新しいチャンスが舞い込むそうですよ。

そして「気」は玄関や窓から入ります。

ドアと窓の前に、何があるかをチェックしましょう。

気の流れを邪魔するものがあると、そこで起こるすべての出来事に障害が立ちはだかります。

玄関に物が積み上がっていませんか? 枯れた花の入った花瓶等ありませんか?
 
不要なものを発見したらすぐに捨てるか収納しましょうね。

特に玄関周りは、気の入り口ですので風通し良くしておくと良いそうです。

次に、玄関や窓と同じように、通信機器に流れてくる「気」がスムーズになるとその空間でのコミュニケーションが良くなるそうです。

こんがらがったケーブルを通してコミュニケーションすると混乱しやすくなるそうなんですよね。

ですから、通信機器やテレビ周りの配線も、キチンと整える方が気の流れはよくなるそうです。

それから、ずっと置かれっぱなしになっている所も、気の滞りを生むそうです。

本棚やキャビネットなど、普段あんまり触らない所も、この際きちんと掃除しましょう。

棚の上の方の物なんかも、1年間移動せず置かれてたりすると、気が滞りますから、キチンと整理して気を入れ替えましょう。

最後に注意したいのが鏡だそうです。

汚れているなんてのは論外で、キレイにするのはもちろん、置いておく位置が大事だそうです。

鏡が何を映しているかをチェックしてみましょう。

鏡は映すものを倍増させると言われています。

ですから、汚気の溜まるトイレのドアや、ごみ箱などが映っていたら即、置き方を工夫してください。

ま、何にせよキレイなるとやる気も出ますし、効率もよくなります。

どうせやらなきゃいけない大掃除なんですから、キレイにするだけじゃなく、幸運を呼びこむように工夫してみましょう。

今年の汚れ今年のうちに。

ではまた〜



souji



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2017年12月11日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

12月11日の月曜日でございます。

あ。きたきた。

再来週はクリスマスやで(笑)

もう2週間でんがな(^^;

そろそろ焦ろう。院長(笑)

年賀状だの、弘泉堂通信だの、やることは多いですが、ひとつひとつ終わらせてけば、そのうちクリア出来るさってなもんですわ。

問題は…

クリアするのがいつかってこと(笑)

年賀状や言うてんのに、今年中に出来上がってんとマズイやろ?(笑)

とか、ちょっと忙しすぎて情緒不安定な院長ですが、ストレスは敵なんでなるべく考えないようにしています。

そんなストレスから、胃が痛くなるなんて人も、世の中には多いでしょう。

わかるわかる。

わたくし院長は、胃が痛くなることはないですが、すぐ下痢します。

ってな話から始まりましたが、今日はそんなストレスからくる胃痛のさきにある怖い疾患、胃がんに関する素晴らしいお話でもひとつ…。

昨日のサンデーイルネスでご紹介した「ピロリ菌」が今日も登場しますのことよ。

胃がんの前段階となる「ピロリ菌胃炎」の内視鏡画像診断で、専門医に匹敵する能力を持つ人工知能(AI)を開発したと、民間クリニックや大阪国際がんセンターなどのチームが発表しました。

つい先日も医療系AIのこんな記事を書いてますんで、そちらも参考までに読んでみて下さいな。

約400人分の1万枚以上の画像を3分あまりで分析し、発症の有無の正答率は9割近くに達したそうですからかなりに優秀さです。

内視鏡医の作業を軽減し、病変の見逃し防止に役立つと期待されるAIです。

開発したのは、「ただともひろ胃腸科肛門科」(さいたま市)の多田智裕院長らの研究チームで、まずピロリ菌感染者と非感染者計1750人分の胃の内視鏡画像3万2208枚について、胃の入り口や出口など八つの領域に分類し、病変や健康な状態をディープラーニング(深層学習)という手法でAIに学習させました。

ディープラーニング…

まぁ知らんけど(笑)

きっとスゴイ学習方法なんでしょう。

その上で、内視鏡検査受診者397人分の画像1万1481枚に、ピロリ菌胃炎があるかどうかを判断させ、内視鏡医23人と競わせたそうです。

これは大事ですよね。

結局、ヒトよりも優秀でなければそんなAI意味ないですしね。

その結果、AIの正答率は87.7%で、全体で4番目の成績でした。

4番目ってのがどれほどなのかは分かりませんが、内視鏡医23人の平均82.4%を上回り、そのうち1000例以上の検査経験があるベテラン内視鏡医9人の平均84.4%も超えたそうですから、かなりイケてるといえるでしょう。

23人のうち日本消化器内視鏡学会が認めた専門医6人の平均88.9%と同水準の精度だったそうです。

てことは、この専門医6人って人達は、いわゆる「スーパードクター」と呼ばれる人達でしょうし、これと同水準だったらもう大丈夫でしょ。

圧巻は、診断の時間なんですが、AIが3分12秒だったのに対し、内視鏡医23人の平均は3時間48分、専門医6人の平均は4時間12分だったんだそうです。

つまり、アッちゅう間に診断してしまうわけです。

これはスゴイね。

この時間短縮は、人間業ではないわけで、さすがと言うべき部分でしょう。

最終的な診断は医師が行うとしても、支援の道具としては実用レベルにあるというお墨付きですから、これはもう使えると言っても過言ではないわけです。

開発チーム代表の多田院長は「AIに学習させる画像を増やせば、診断精度をさらに向上させることができる」と話されてますからそこは、AI君に頑張って学習してもらおうじゃないの。

この開発チームも、専門医が少ない地方では、AIを使った内視鏡診断がより有効になると話されてますし、これは本当にオチのないAI話ですな。

大体の、AIにはどっか問題点があったんですが、これは完璧。

あっぱれAI、明日からでもガンガン働いてくれって感じですね。

こういった医療AIはドクターの経験値がそのまま学習(コピー)出来るわけですから、広く研究していって欲しいもんですね。

わたしもAIに負けないようにガンバリマス。

ではまた〜




pirori




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop