弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2019年03月18日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

3月18日の月曜日でございます。

3月も後半戦に突入し、にわかに春らしさが増してきた様な…。

夜明けの時間も早まってますし、どんどん暖かくもなってますよね。

毎日、通勤中に犬の散歩をしている人達に、複数人会うんですが、みなさん、少し動きが良くなってます(笑)

やっぱ、真冬は犬は良くても人間は寒いですもんねぇ…。

走り回りたい犬と、寒くて動きたくない飼い主が、絶妙な感じでの散歩なんですが、暖かくなってくると飼い主さんの動きも変わります。

まぁ、毎日々、散歩に連れて行くって行為自体が、とても大変な事ですし飼い主さんもいつもベストの体調とは限りませんもんね。

ですが、犬クンからすると、そんな飼い主の気持ちなど分かろうはずもなく、今日も元気に散歩を楽しむわけです。

ってな感じで、今日のネタなんですが、今日はこのペットの犬に関してのお話…。

犬は飼い主に似る…

って何か聞いたことないですか?

いや、見た目とちゃいますよ(笑)

性格ね。

この、犬と飼い主の性格が似てくるって話を、研究した方がいらっしゃって、どうも本当のこよのようなんですよ。  
 
その研究によりますと、犬の性格は年齢を重ねながら、飼い主の性格にあわせて変化していくんだそうです。

これは、まさに人間の性格が、成長するにつれ変化するのと同じで、飼い主から影響を受けるって事のようなんです。
 
この研究をされたのが、アメリカ・ミシガン州立大学のウィリアム・ショピックって教授さんでございます。

これまで犬の性格は、よほど特殊な環境下にさらされない限り、基本的に変わらないものだと思われていました。

ですが、これは野生生物としての野生の暮らしが大きく変化するようなことはないためこう考えられていたんですね。

ところが、実際には犬の性格は驚くほど大きく変わるんだそうなんです。

ショピック教授は、1500匹以上の犬の飼い主たちに協力を仰ぎ、自分自身と飼っている犬の性格についての質問に答えてもらったそうです。

なお、飼い主たちが飼っていたのは、50種以上の犬種のオスとメスで、年齢も生まれて数ヶ月の子犬から15歳の老犬まで、さまざまだったそうです。

って、50種類以上の犬種とな。

犬種って、そんなにあるんやね(笑)

わたくしの浅い知識では、20種類位しか浮かびませんでしたよ。

で、調査の結果、年齢と性格、ならびに飼い主と犬の性格とに相関が確認され、犬の性格が飼い主との関係に影響を及ぼしていることが明らかになったそうなんです。

たとえば、自分の性格を外交的と回答した飼い主は、自分の犬の性格についても元気で活発と評価する傾向にあったそうで、反対に、自分の性格を控えめと評価した飼い主は、自分の犬についても怖がりで、躾が入りにくいと評価することが多かったんだとか…。

また、人付き合いが上手と答えた飼い主からは、飼い犬は人と人間のどちらに対しても攻撃的なところはないと回答されたそうです。

まぁ、これだけで、犬と飼い主が似るって結論付けるのもどうかという気はしますが、環境が性格を作るってことは、犬にも当てはまるのかもしれませんね。

犬の場合、犬種によっては生まれつき攻撃的なのがいたり、従順なのがいたりします。

例えば狩猟犬なんかは、やはり動きも機敏ですし、攻撃性もあります。

と思えば、盲導犬に適してる犬種なんかは、大人しく動きも緩やかです。

ですが、これは本来持ってる「特性」を生かしたらの話ですもんね。

つまり、狩猟犬でも狩猟に連れ出さなければ、狩りはしませんし、攻撃することもありません。

結局は環境が作る、二次的な要素が色濃く出るってことでしょう。

例えば野生のライオンでも、生まれてからずっ〜って人の手で、猫のように育てられたら、ある程度は攻撃性もなくなりますしね。

ま、もちろん元のポテンシャルが「百獣の王」なわけですから、じゃれてきただけで致命傷ってなこともあるでしょうけどね(笑)

でも、これも「生まれた時から」ってことが重要だと思われるんですが、この教授は犬の躾について、きちんと服従することを躾けるのに最適なのは、6歳ごろだと話されてます。

この年齢なら子犬のように興奮しすぎることもないし、老犬のような頑固さもないからなんだとか…。

犬種にもよりますが、犬の寿命もかなり延びて、20年近く生きると言われてますが、それでも6歳ってねぇ…。

少なくとも、6歳のライオンを急に手なずけることは不可能だとは思いますが、犬はもともと賢いですから、こんなもんなんでしょうかね。

ま、結果的に「しつけ方」がその人の性格を反映している部分が多いでしょうし、その観点から飼い主に似てくるって事になるんでしょうねぇ…。

それと、飼ってる方が、犬に寄せていってる部分もあるんじゃないかと思うんですが、どうでしょうかね。

大人し〜いチワワを飼ってるうちに、何となく飼ってる方も温厚になっていくって事はなくはないんじゃないですかね…。

ま、どちらが寄せてるにせよ、性格が「変わる」ってことがある以上、変え方次第では飼いやすくなるってことですから、飼いやすくするための方法論はある程度作れるでしょうね。

これって、子育てなんかにも通じるもんがあるなぁ…。

よく、親の背中を見て子は育つとかいいますし、相手が犬でも、手本の見せ方が大事なのかもしれませんねぇ。

てか、犬のお手本って(笑)

ではまた〜。



dogcat



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2019年03月08日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

3月8日の金曜日でございます。

3月8日で、ミツバチの日とからしいですが、春になればミツバチも飛びだしますよね〜。

花が咲かなきゃ、ミツバチも仕事がありまへんし、春を待ってるところでしょうね。

このミツバチ、現生種は世界に9種いるとされていて、とくにセイヨウミツバチは全世界で養蜂に用いられている、いわゆるミツバチです。

わたくし院長、虫の類は大体嫌いですが、特にこのハチの仲間は苦手でございます。

ほら、刺しますやん。

ハチって…。

まぁ、ミツバチ程度のヤツは、そうそう刺そうが刺されようが問題ないですが、スズメバチとかになってくると、日本でも毎年30人以上の人が死亡しているそうなんですよ。

ちなみに、熊による年間の死亡犠牲者数が環境省資料によるとここ10年で1人〜5人、毒へび、毒トカゲで4人〜11人ってことで、圧倒的にハチは危険っちゅうことやね。

しかも、ハチってヤツは習性的に群れとります。

つまり、刺される時は1匹じゃない可能性があるんですよね。

ですから、余計に死亡事故につながるわけで、もうとにかく注意するしか方法はないですよね。

日本では、オオスズメバチってヤツが、最強最大の種ですね。

女王バチクラスだと、4〜5.5cmにまで成長するんだそうですわ。

ま、5cmと言えば大した大きさじゃないですが、相手は虫やしね。

こんな大きさのハチが大群で攻めて来たら、もうどないもなりません。

ってなハチの話から、今日のネタですが、今日は世界最大のハチのお話でもしとこうかと思います。

世界最大の冠をもつのは、空飛ぶブルドッグの異名を持つ「ウォレスの巨大バチ(学名:Megachile pluto)」って種らしいです。

大きさは、オオスズメバチよりさらに大きく、最大で6.3cmまで大きくなるそうです。

ですが、このハチ、群れですごさないようで、最初に発見されたのが1859年で、その後、1981年まで発見されませんでした。

そして、この1981年の発見以来、野生で目撃されることもなく、絶滅したと考えられていたわけです。

ところが、インドネシア北マルク州の島で、今もなお生きていることが40年ぶりに確認されたわけなんですよ。

で、不思議な事にこれだけ大きなハチなのに、なんで発見されないかってことなんですが、それは何ででしょ(笑)

まぁ、地球がさらに大きいからとしか言いようがないようですが、とにかく発見、そして今回は生体が捕獲されたようなんです。

これが、インスタグラムにアップされた動画です。

プラスチックの容器に入れられた、生きた個体が確認出来ますねぇ…。

もうハチって感じはしませんが、強そうな顎をもってます。

で、このウォレスの巨大バチは滅多にお目にかかれないために、その生態についてはほとんど分かっていません。
 
少ないデータの中でも特に驚かされるのが、あれだけの大きな顎をもつからには、きっと肉食性だろうと思うでしょうが、以外にもあの顎は、シロアリのように木の樹脂を削り取るために使われるんだそうです。

そして、小さな親戚であるセイヨウミツバチ(大きさは約4分の1程度)のように、果汁や花粉といっものを食べているんだそうです。

では、これまた因みにですが、スズメバチって何を食べてるかご存知?

このスズメバチ、群れを作ることで生活しています。

逆に言うと群れなくしては暮らしていけないんですね。

まず、スズメバチ、昆虫など小型の生き物を捕まえて「咀嚼」して、幼虫に与えます。

この時、決して成虫は昆虫などを食べないんですよ。

それは、幼虫のエサにするため、自分は我慢するってわけではなく、成虫になると昆虫などの固形物は食べられなくなるんだって。

理由のひとつは、あのハチの素晴らしいクビレにあるそうで、腰の部分が細すぎて食べ物が通らないんだとか…。

では、何を食べてるかと言うと、これまた不思議な事に、幼虫が出す「分泌液」なんだそうです。

この分泌液には、糖分やたんぱく質が豊富に含まれているんだそうですよ。

なんとも、不思議な関係性ですよねぇ…。

成虫が幼虫のため、エサをとり、幼虫は成虫のため分泌物を出すと…。

ですから、群れて暮らす必要があるわけですな。

で、話を巨大バチに戻すと、おそらく花粉や果汁を餌にしているだろうという事ですが、基本的にデータがなくて生態は分かりません。

そして、発見された1匹だけが生存してたってのも考えにくいですよね。

今回の発見の前に発見されたのが、1981年で約38年前です。

この巨大バチは分かりませんが、スズメバチだと、成虫になって数週間で死んでしまいます。

つまり、38年前に発見された個体と、今回発見された個体は、もちろん違うものでしょう。

という事は、この38年間、何だかんだで繁殖し続けてたと考える方が自然ですから、今回捕獲された1匹だけって事もなさそうに思います。

ま、そうか言うてまた探し回ったりせずに、そっとしとくのが生態系を壊さない一番の方法と思いますけどね。

とりあえず、この捕まえたヤツ、逃がしたんやろなぁ?

標本とかにしてたらシャレならんよねぇ(笑)

こういった発見ってのは素晴らしいとは思うんですが、彼らをそっとしといたから、生きてこれたんだと思いますよ。

てことで、そっとしといてやりましょう。

ではまた〜。





honey




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2019年02月28日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

2月28日の木曜日でございます。

あーそして、月末でやんす。

今日は朝から、お給料や家賃その他の、お振込みなんかがあったりして、一人バタバタしております。

明日から3月ってことで、まぁ何が変わるわけではないですが、月初は色々忙しいですから、それらが落ち着くまでなんとなく忙しいです。

でも3月ですから、少しずつ春めいてきますよね。

早く暖かくなってくれたら、きっと色んな意味で経済効果も高いと思うんですよね。

去年でしたか、一昨年でしたかはお花見の頃まで激寒で、花見客の数がかなり減ったとか…。

やはり寒いと動く気しねーっすもんね。

ってことで、今日はそんな寒さとは密接な関係があったんだろうなーって笑えぬお話…。

つい数週間前、ニュースで話題になったお話ですが、ロシアのある町で50頭を超えるホッキョクグマが出没し、非常事態宣言が発令されるてな大ごとになってるそうです。

このホッキョクグマが襲来したのは、3000人ほどが暮らすノバヤゼムリャ列島のベルーシャ・グバという町だそうです。

まぁ、普通の人なら聞いたこともない街でしょうけど、ロシア北西部、ノバヤゼムリャ列島アルハンゲリスク州にある町だそうで、昨年の12月から52頭のホッキョクグマが頻繁に出没するようになったんだとか。

中には攻撃的な振る舞いを示すヤツもいるため、町には非常事態宣言まで発令されてしまったそうなんですよ。

この「クマがでた」的なニュースは、結構日本でもありますよね。

大体が、山でエサが少なくなった野生のクマが人里に降りてきて農作物を荒らすとかなんとか…。

ですが、大体のクマは、ヒトを見れば逃げます。

よほどこちらから攻撃を仕掛けない限り、クマは向かってくることはありませんから、ケガ人が出るって事もあまりないわけなんですね。

これは、クマが本能的にヒトが怖いと思っているわけではなく、あえて争いを避けているのと、ヒトが武器を持っているのを知っているからという説もあります。

まぁ、我々のように都市に暮らすものからすると、クマとか言われても、プーさんかテディベアかってくらいのもんで、凶暴だろうって思っててもピンとはきませんよね。

ですが、このロシアのシロクマはちょっとタチが悪いようなんです。

町中には常に6〜10頭のホッキョクグマがうろついており、人を襲ったり、住居やオフィスビルなどに侵入してしまうクマもいるという話ですから、こりゃオチオチ仕事も出来ひんねぇ(笑)

中には軍の駐屯地にまで現れ、その施設に住み着いているクマもいるといいますから、みなお手上げ状態なわけですね。

またクマが住み着いてしまった建物を取り壊そうと作業が行われている中、取り壊しに抵抗し、人を追いかけまわすアグレッシブなヤツもいるという話なんですよ。

で、なんでここまで彼らがのさばってるかといいますと、ちゃんと訳があるんですよね。

それは、ホッキョクグマが絶滅危惧種に指定されているからなんですね。

絶滅危惧種=保護対象なので人間は逃げるしかないわけなんです。

ですから、彼らも最初は戦々恐々でしたが、攻撃されないと分かると怖いもんなしですし、今ではホッキョクグマに包囲されてしまった町として名を馳せてしまったわけです。

一応、役所によってモスクワの自然保護担当局にホッキョクグマへの銃の使用許可が申請されましたが、当然ながら却下されてしまいます。

かわりに専門家のチームが現地に派遣され、クマに襲われないようにするためのアドバイスが与えられることになったそうですが、これも野生種対象のもの。

ここにいるシロクマたちは、もはや人間を舐めてかかっており、安心してしまいまったく動じないんだそうです(笑)

まぁ、攻撃されないと分かれば、ヒトには対処できないやね。

ホッキョクグマと言えば、オスなら体重で400〜600kg(最大800kg)まで成長しますし、生息地によっても大きさに違いがありますが、ロシアの個体群が最も大型化するって話もあります。

これは、エサの関係だと思われますが、ホッキョクグマは、雑食性のクマの中でも、最も肉食性が強い種なんです。

アザラシを主食とするほか、魚類、鳥類やその卵、イッカクやシロイルカなどの哺乳類、クジラ等の動物の死骸となんでも食っちゃいます。

で、当然エサが少なくなって出てきたんですよね。

野生動物、これしか興味がない(笑)

これも地球温暖化の影響で、氷が溶けだしエサのアザラシなどが激減したためと考えられています。

ですが、こやつらの食欲は、ヒトが「飼える」レベルではござらん。

平均的な大きさ、500kgの雄の個体の体重を維持するには、1日に12,000キロカロリーを最低必要とし、これには1週間でアザラシ1頭の捕食を必要とするんだそうです。

こんなんが、50頭もおってみなさい、街でエサを与えるにしてもあっちゅう間に財政がピンチになりますよ。

つまり、人間はクマが飽きて出ていってくれるのを待つしかないわけですな。

もちろん、犬を使ったり威嚇したりして追い出そうとしてはいますが、そりゃクマも相手のが弱いと分かれば、逃げたりしませんよね。

そのうち人が襲われでもしたらまた話は変わってくるでしょうけど、絶滅危惧種である以上、地球規模で保護せんとアカンからね。

まぁ、話だけ聞いてると何となく、コミカルな感じもしないでもないですが、当事者達からすれば、まさしく死活問題でしょうし、何とかしてあげないとねぇ…。

今から地球温暖化をどうにかしてたんでは、とても間に合いませんし、わたくし的にはコッソリ囲いでも作って、いっそ野生のホッキョクグマがまじかで見れるテーマパークにでもして、入場料を取って餌代を稼ぐしかないかと…。

冗談みたいな話ですが、相手は飢えた獣ですから、ヒトの味をしめてしまわないうちに何とかしないとね。

この話も、続報が入ればお伝えしたいと思います。

ではまた〜。



sirokuma



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop