弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年06月29日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

6月29日の金曜日でございます。

6月も明日で終了です。

わたくしは月末前の、何となく憂鬱な気分を引きずりながら、事務仕事に追われております。

そして、6月末ってことは、今年も半分終了したってことですやん。

早いもんですねぇ〜。

明後日から、もう折り返しですから年末なんてすぐ来ちゃうよね。

とりあえず、もうすぐ夏が来ますから、その準備だけはしときましょう。

夏の準備と言えば、わたくし的には、日焼け止めと、虫よけですね。

虫よけと言っても、部屋に置くヤツね。

今のは60日も効果が続きますから、ひと夏虫よけを設置するわけです。

最近のこのタイプの虫よけは、コンセントに直接さしてそのままほっといていいですから、大体7月に開始して、年末まで放置されてます(笑)

虫、特に夏場の蚊には、イラつかされる事ありますよね。

夜中、耳元でプーンとか…。

これがいやで、毎年このアースノーマットで、虫を全て駆除しておるわけです。

ってことで、今日は虫ネタから入ってきたわけですが、そうです、そのまま虫ネタに突入します。

しかも、今日は虫ネタ2本立て(笑)

まず最初は、前から何度かお伝えしている、「食用」に関するお話です。

コオロギなどの昆虫が食用として欧州でじわりと普及し始めてるそうなんです。

粉状にしてパンやクッキーに練り込んだり、素揚げにしたりするなど、食べ方はいろいろです。

本来一部のマニアの食べ物と思われていたんですが、なんと欧州連合(EU)が1月に一部の昆虫を初めて「食品」に規定、フィンランド、オランダ、英国などで養殖や販売が広がりつつあり、今後流通が拡大する可能性があるってことなんです。

食品に規定…

つまり、「食べ物」ってことですよね?

まぁ、大胆な…

食用とされるのは、コオロギのほか、ミツバチ、バッタなどで、タンパク質やビタミンなどが豊富だそうです。

その一方で、飼育に大規模な設備投資は不要だそうですから、これからのビジネスかもしれません。

研究者によると、わずかな水やバイオ廃棄物を利用した餌で育てられるため、環境負荷が少ないことも評価されているとか…。

もう欧州諸国では、実際に食べられてるようで、フィンランドでは、環境配慮を売り物にしたレストランが、コオロギの素揚げを乗せたタルトを前菜として提供してるとか、菓子・パン会社のファッツェルは粉末にしたコオロギを練り込んだ「コオロギパン」を販売し、人気を集めているんだとか…。 

まぁ、虫だからというより、習慣的なものでしょうから、慣れたら大丈夫なのかもね。

って、ネタ。

それと、もう一つの虫ネタとして、この虫も「食べられる」んですけど、そこからが一味違うナナフシのお話…

木の枝や葉っぱの茎のように見える昆虫ナナフシですが、その姿から予想できる通りあまり遠くへ移動できません。

でも鳥に移動させてもらって、子孫を遠くまで増やしているのかも?ということが日本の研究チームの調べで分かったそうです。

しかも、鳥に食べられてしまって命を落としたあとの話なんですって。

食べられた後?

昆虫に食べられたら、自分も子孫も終わりなんじゃないの? と思うのが普通です。

ですが、ナナフシの卵はものすごく硬い殻に覆われていて、種のような形をしているそうなんです。

なのでナナフシ自体が、鳥に食べられ、命を落としてしまったとしても、ナナフシの体の中に残っている硬い卵は鳥のウンコとして外に出て来るのではないか、と研究者達は考えたようです。

そして、実験では、ナナフシの卵200個ほどをヒヨドリに食べさせ、どれだけの卵がウンコと一緒に無事に出て来るのかを検証。

すると、5〜20%の卵が無傷で出て来たそうです。しかもしっかり孵化した卵もあったそうですから、なかなかやるやないの。

もちろん卵をお腹に持ったナナフシの成虫をヒヨドリに食べさせたわけではありませんし、成虫が食べられたのちにウンコと一緒に出て来た卵がどのように孵化して育っていくかというのを観察したわけではないので、「仮説」ということになりますが…

なかなか面白い研究ですね。

ま、コオロギ、ミツバチ、バッタなどは、人に食われて終了ですが、ナナフシは意外と生命力が強いんだなと感心させられます。

あと、この「卵」ってことですが、食用的に言うと「子持ち」ってことで珍重されるでしょ?

中には高価な「魚卵」てのもありますしね。

またハチの子なんてのも、食ったことないですけど、美味しいらしいしね。

ですから、卵を持ったコオロギとかバッタとかも実は美味しいのかもしれません。

食わへんけど(笑)

てな感じの昆虫ネタでしたが、まぁわたしは食べることはないと思います。

ではまた〜




tyoutyou




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年06月21日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

6月21日木曜日でございます。

今年は何となく、雨が少ない気はしますが、それでもやっぱり梅雨ですよね〜。

いつ降るか分からないですし、気温も何だか一定しませんね。

暑いんだか寒いんだか、もう服装もワヤクチャですな(笑)

わたくしなど、通勤はありますが、基本的には空調のきいた室内での仕事ですので、楽と言えば楽なんですけどね…

外仕事の方や、配達とかのお仕事の方は、非常に毎日イラついてるだろうなぁ〜とか…

ご苦労様です。

てことで、今日もネタに入っていきたいんですがここんとこ動物ネタが続いてましたよね。

ま、動物っつっても爬虫類だの両生類だのでしたけど、今日はそいつらとは途中で進化を隔てた「鳥類」のお話でもいってみましょう。

鳥という生き物は、みなさんご存知の通り、羽があって空を飛びます。

ま、中には羽が退化したのか、飛べなくなった種もおりますが、基本は飛びますよね。

これは他の哺乳類や、爬虫類、両生類と比べても、かなりの差異であり一番の特徴といえるでしょう。

ですが、鳥類には、もう一つ大きな特徴があるんですよ。

これ、意外と知らない人も多いと思うんですけど、鳥って嘴(クチバシ)がついてますよね?

つまり、「歯」がないんですよ。

で、例えば彼らの祖先と考えられている恐竜の仲間「獣脚類」などはいわゆる立派な「牙」が存在しています。

で、進化の過程で、嘴を得て歯を失くしていったんですが、これが何故かって事が結構謎だったようなんですが、この謎が解けたかもしれません。

なぜ鳥類は歯を失ったのか?

この論争は長くあったようなんですが、歯をなくすことで体重が軽くなり飛行しやすくなるからだとか、祖先の恐竜のようなギザギザの歯よりも、とがったくちばしの方が虫などを食べるのに都合が良いからだとか、意見は想像の範疇を超えるものではありませんでした。

で、今回、英国王立協会の専門誌バイオロジー・レターズに「卵のふ化を早めるため」と結論づけ、歯のないくちばしの進化に関する従来の見解に一石を投じた論文が発表され、話題になっとるわけです。

この論文の核となるなる部分に、恐竜の卵がふ化するまでの期間が数か月であったのに対し、現世鳥類の抱卵期間はわずか数日〜数週間となっているということが挙げられてます。

これはふ化までの期間の60%を占める、歯の発生を待つ必要がないためだということを発見したということなんですな。

卵の状態では捕食動物や自然災害に対して非常に弱いので、胚の生存率はふ化が早まれば早まるほど高まるわけです。

そりゃ、卵じゃ動くことも出来ひんし1日でも早く、ふ化したほうが生存率は上がるでしょう。

これこそが卵生である恐竜類や鳥類にとっての課題だったと考えたわけですね。

哺乳類は胎生なので、胚は母親の体内で守られるわけですから…

論文では、「胚の成長の高速化とそれによるふ化までの期間の短縮を選択した副次的影響として(鳥の)歯の喪失という(進化的)選択が起きたと考えられる」と述べています。

これまでの学説では、現在生きている「鳥類型恐竜」(鳥類)は、飛びやすくなるために歯を失ったとされてきました。

しかしこの説では、中生代の非鳥類型恐竜の一部も、歯のないくちばしを独自に進化させたことの理由を説明できないと言う意見がありました。

また、鳥にとってくちばしの方が餌を食べるのに都合が良いとする説もあります。

しかし鳥とは餌が大きく異なる肉食恐竜の一部も歯を捨て、とがったくちばしを選択しているんですよね。

今回は、2つの恐竜の胚の中にあった歯の化石の成長線(木の年輪のようなもの)を分析し、ふ化までの期間が想定より長いのは歯の形成に時間がかかるためだと結論づけました。

研究チームは、古い恐竜が卵を埋めていたのに対し、初期の鳥類や一部の恐竜は開放型の巣で抱卵したこともふ化までの期間の短縮を促したかもしれないと考えてるようです。

ま、確かに歯の構造って複雑ですからあれを作るのと、ただの嘴では、断然スピードは違うかもしれませんねぇ…。

今回の仮説が正しいかどうかは、まだ分かりませんが可能性としてはアリかなとは思います。

ま、わたくし院長は鳥に歯がないってことすら知りませんでしたけど(笑)

ではまた〜




toritori




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年06月20日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

6月20日の水曜日でございます。

6月もいよいよ後半戦に突入ですが、まだまだ季節は梅雨。

もう、後3週間ちょっとかなぁ…

今年は、ここまで予想通り、雨が少ないと思うんですけど、それでもスッキリはしませんよね。

はやいとこ、スカッと晴れて欲しいもんです。

ま、晴れたら、晴れたで暑すぎて辛いんですけどね。

雨よりはマシですからね。

ってな感じのスタートですが、今日もちゃんとネタは用意してあります。

昨日、イモリのお話の中で、両生類と爬虫類の進化の話をちょっとしたと思います。

今日は、そんな爬虫類の中でも「トカゲ」にスポットを当てたいと思います。

なんと、最古のトカゲの化石が発見されました。これは全てのトカゲの母となる可能性があるという事です。

2億4000万年前に生きていたトカゲやヘビの共通祖先との見解です。

今回新たに調べられた化石標本が、トカゲやヘビを含む全ての爬虫類有鱗目(ゆうりんもく)の共通祖先と考えられ、「全てのトカゲの母」として研究者は色めきだってます。

科学誌「ネイチャー」で、先月発表された論文によりますと、メガキレラと名付けられたこの化石の生物は2億4000万年前にはすでに生息していたと考えられるようです。

ですが、実はこのメガキレラの化石は、イタリア・アルプスで20年前に発見されていたんです。

ですが、当時は有鱗目に関連があるかもしれないな?程度で、十分な証拠もなかったため、直接の祖先であることを科学的に説明できなかったそうなんです。

メガキレラの詳しい特徴が、はっきりと識別できなかったことに加え、その頃はまだ科学者が有鱗目の進化史を総合的に理解していなかったことが原因と考えられます。

ですが最近になって化石標本を、イタリア北部の研究施設に持ち込み、マイクロCTスキャンであらためて調査したそうなんです。

結果、この動物の非常に詳細な画像が得られ、化石が埋まっている岩の内部さえ見ることができ、これによってメガキレラが古代の有鱗目だったことをはっきりと示す特徴がついに明らかになったわけです。

論文の著者ティアゴ・シモエス氏は、4年以上かけて有鱗目の系統樹を作り上げ、爬虫類についての史上最大のデータベースを構築しました。

これは、現生のものも絶滅したものも含め、主要なトカゲやヘビの系統発生学的データを網羅しているという優れもののようです。

鳥類と並んで、有鱗目は地球上で最も多様性に富み、最も広く分布している四肢動物のグループです。

しかし意外にも、その進化的な起源についてはほとんど何もわかっていませんでした。

今回の発見のおかげで、古代の有鱗目がどのよう生き延び、どのようにいまのトカゲやヘビに至ったのかについての理解が深まったと…

すごいねぇ。

まぁ、進化論的な事に、そこまで興味があるわけじゃないですが、こういった進化の過程を一つ、一つ解明していくことによってさらなる発見があるんでしょう。

昨日の話のイモリといい、まだまだ分かってないことだらけなんやなぁ〜。

ではまた〜



tokage



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop