弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年01月19日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

1月19日の金曜日でございます。

毎日寒いですが風邪などひいてませんかぁ?

明日は「大寒」っつって1年で一番寒い時期って定義っぽい日なんで、そりゃ寒いわなぁ…。

大寒のちょっと前に「小寒」てのがあるんですが、今年は1月5日でした。

この小寒〜立春までの1ヶ月間が、年間通じて一番寒い時期とされ、その小寒〜立春のちょうど中間にあるのが「大寒」なんですな。

ですからある意味、この大寒を過ぎれば、寒い中にも少しづつ、春に近付いてる寒さみたいな感じに変化していくんかなぁ〜的な…。

ですから、マックス寒いのも後半月ってとこかね?

もう、寒いの飽きましたから、そろそろ暖かい季節が恋しくなってきましたよ。

そんな、まだまだ寒い冬ですが、今日も元気にネタ突入といきましょう。

今日のネタ的には、この季節感は全く関係なく、このブログでは何故かよくよく取り上げられるあの生物…。

そう、カラス。

今日もなんでか、カラスネタをお送りしようかと思っております。

もう前回の記事で、かなり語りつくしましたが興味のある方はもっかい確認して下さい。

その鳴き声や風体、ゴミを荒らすところから忌み嫌われる事の多いカラスですが、高い社会性を持ち、仲間意識の強い、なにより頭のいい生き物だと研究されています。

今回も新たに、仲間との社会性などカラスの知能の高さがうかがい知れるエピソードを紹介していきたいとおもっております。

イラっとしてつい言い争いになったり、喧嘩することは人間でも当然あります。

この争いの行動に関しては、どんな動物でも行うものであり、生存のため、または縄張りのためと、理由は様々ですが社会形成の一つといっても過言ではありません。

中には、殺し合う(闘う)ものもいますし、敵を遠ざけて終わらせる場合もありますが、基本は争ったらそのままです。

人間の場合、争う相手にもよりますが、争いが終わった後、何らかの形でフォローしあいます。

つまり、仲直りという概念が人間には存在します。

他の動物には、基本上下関係はあるものの、こういった仲直りという感覚は少ないもんなんですが…

カラスにはこの概念が存在します。

つまり、争ったカラスたちはその後、仲直りの為に、スキンシップや羽繕いをするそうなんです。

そして、更に、攻撃された方が別のカラスに慰めてもらおうとしていることも明らかとなったそうです。

慰めてもらおうとか(笑)

恐るべしカラス。

このカラスをテーマとした研究の多くは、知能に主眼を置いたもので、最近の研究によって、カラス科の仲間が道具を使ったり、論理的に思考したりできることがどんどんと明らかにされています。

またカラスは単独で生きることもありますが、しばしばマーダーと呼ばれる大集団で行動します。

この中で例えば配偶者を得ては、その後の生涯を共に過ごしたりするという甲斐甲斐しさもあります。

ドイツ・マックス・プランク鳥類学研究所のミリアム・シマ博士とシモーネ・ピカ博士らは、見知らぬカラス同士の交流を観察し、互いの攻撃性や暴力に差異があるかどうか調査ました。
 
実験でケージの中に入れられたカラスは、餌が乏しくなるほどに喧嘩することが多くなり、軽度の攻撃性を覗かせたという。

だが餌が失くなってしまうと、攻撃的だったカラスは暴行の被害者を探し、その羽を繕っては謝罪するそうなんですよ。

餌が減ってイラついてしまったけど、いざ餌がなくなると我にかえり謝罪するなんて、もう鳥とは思えませんな(笑)

また時には、攻撃的なカラスが距離をとり、被害者の方はこれまで餌を巡る喧嘩をしたことがない見知らぬカラスから慰めを得ようともしたそうですから、もう思考と社会性は突出してるとしか言いようがありません。

さまざまな種が、いさかいを緩和するために、和解や第三者親和といった紛争後行動をとることは確認されていますが、これまでは人間以外の霊長類での観察でした。

しかも、今回カラスは和解だけでなく、謝罪の意を羽繕いで示したり、元の関係を修復しようという、悔恨の念すら感じられる行動ですからやはりカラス恐るべし…。

これ位知能があると、もうカラス側としては人間と共存してるという意識もあるかもしれません。

わたくし院長は、いつも言ってますが、カラスとは気長にコミュニケーションを取り続けたら、きっとうまく共存していけると思ってるんですけどねぇ…。

このカラスの特殊能力、今後もドンドン見つけ次第お知らせいたしますね。

ではまた〜



croow



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年01月17日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

1月17日の水曜日でございます。

1月も後半戦に突入し、寒さがハンパねぇ。

もうそろそろピークな寒さでしょうから、後1ヶ月か1ヶ月半か…。

寒さもピークを超えたら、次は春が来ますからひたすら待ちましょう。

てことで、今日のネタに入っていきますが、今日は昨日のネタにも関連のあるお話…。

昨日は遺伝子組み換えについて色々お話しました。

色々と言いながらも、遺伝子組み換え食品と、その表示のとこで終わっちゃいましたが、ほんとはまだネタ的には続きがございました。

ってか、こっちをメインに考えてて、食品のとこでつまずいちゃった感じ(笑)

てことで、今日のネタは遺伝子組み換えでも、もうひとつの方の遺伝子組み換え。

そう、遺伝子組み換え「生物」のお話をしてみたいと思います。

昨日も少しお話しましたが、倍の速度で成長する魚とか牛とか、食品の中でも「生物」を遺伝子組み換えする技術も、ドンドン進化しています。

まぁ、わたしはこんな魚や牛は食べたくないですが、地球上には日本のように裕福でない国や地域が、まだたくさんありますし、飢餓という我々から考えられないものと戦ってる人もたくさんいますから、そこは一概に否定も出来ないと思いますしね。

つまり「食糧」として、供給しやすい「生物」を遺伝子組み換え技術によって「造る」わけで、まぁ成長が早いってのは、とても重要なことでしょう。

で、今日のお話はこの遺伝子操作の新しい技術のお話になります。

ではどんな新しい技術かといいますと、対象となる生物が指定エリアから外に出た場合、最先端の遺伝子編集ツールでDNAを消去して、細胞と遺伝情報を破壊するってものらしいんです。

例えば、造られた「遺伝子組み換え生物」が自然環境に紛れ込んでしまったら…

これってすごい重要な事ですよね。

2倍の速度で成長する魚が、自然の川に放流されてしまったら、きっと2倍の速度で繁殖していくでしょう。

こうなってしまったら、元々あった生態系は崩れてしまいます。

ですから、万が一のケースに備え、こういった遺伝子編集ツールが開発されていってるわけなんですね。

このいわゆる「キルスイッチ」を発動させれば、実験生物が自然環境に侵入する前にそれを根絶することが可能になるってことなんですよ。

今回、ハーバード大学の研究グループが発表したシステムは、アミノ酸をその目的で応用するものだそうです。

同システムでは、特定のアミノ酸を利用できない合成生物は細胞が死ぬようにします。

そして、そのアミノ酸を対象を封じ込めたいエリアにだけ配置します。

こうしておけば、万が一、対象が漏出してしまったとしても、アミノ酸が使えないために死んでしまうと…。

同システムはさらにDNA自体も標的にします。

細胞が死ぬだけでなく、対象の設計図である遺伝情報まで跡形もなく破壊するという代物らしいです。

とまぁ、バイオ生物の中には、素早く繁殖し、しかも強いものなどがあるわけですから、もしこれらが研究室から漏れ出してしまったらと先の杖を考えておくのも大切な事かもしれません。

この自己破壊DNAは色々設定を変えるだけで、DNAの特定の部分を標的とすることもできるため、改変した部分だけ消去するといった使い方もあるそうです。

このような精度はCRISPRという遺伝子編集ツールによって実現されたそうで、最近のバイオテクノロジー関連で最も成果を上げている新技術なのだそうですわ。

まぁ、もう我々一般人では、想像もつかないことが行われてるんだろうなぁ〜って風には想像できますが、こういったバイオな部分は、本当に慎重にお願いしたいところです。

遺伝子を改変してる時点で、何がおこるか分からないわけですし、間違ってもそれらの生物が、自然界に解き放たれるなんて事がないようにしなくては、もう地球の生態系は保てなくなるでしょう。

こういった記事を読むたびに、技術の進歩は喜ばしいことなんでしょうけど、そもそもの方向性が間違ってる気がして仕方ないのはわたしだけか(笑)

ま、わたしが何を考えようと、研究はすすんでいくでしょうし、遺伝子組み換えの技術は進歩するでしょう。

そのうち、DNAが暴走しだして、勝手に遺伝子情報を書き換え、繁殖し、地球を乗っ取ろうとするなんて安もんのSF映画みたいな事態がおこらなければいいですが…。

映画にしても、小説にしても所詮は人間が想像しえたものですから…

いつか必ず、実現してしまうものと考えるべきでしょう。

2倍の速度で成長する魚のDNAが、自然界に解き放たれ、人食い魚なんかと交配して繁殖して人間を襲いだすなんて、むか〜しにそんな映画あったしなぁ…。

殺人ウィルスの漏えいからのパンデミック的な事とか、もうSFと思ってたことが、起きてもなんら不思議のないとこまで、時代は追いついてるんですよね。

ま、我々が気をつけてどうにかなるものでもないんですが…

わたくし院長は、密かに人類の本当の脅威は、こういったバイオ生物なんじゃないかと睨んどるんですがね(笑)

と、遺伝子組み換えから、人類の脅威まで話が飛躍しちゃいましたが、ない話ではありません。

気をつけようもないですが、気をつけましょうね(笑)

ではまた〜




bio



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年01月03日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

1月3日…

水曜日でございます。

5日間なんてアッちゅう間よねぇ…。

明日から2018年の始まりですわ。

今日は、そんなテンションになるのは分かっておりましたが、やっぱりそうなるよねぇ…。

年に数回は訪れる、サザエさん症候群の中でも最強レベルな状態ですが、明日から心機一転頑張らないと…

次の大型連休は、GWだなぁ〜とか(笑)

すでにそんな事を考えておりますが、みなさんは良いお正月でしたか?

わたくし的には、想像通りの比較的平和なお正月でございました。

特に変わったことはしてませんし、普通に時が流れていっただけですが、やっぱり正月はいいよねぇ…。

来年も良いお正月が迎えられるよう、明日から気合いいれて頑張っていきましょう。

ってことで、今日も元気にネタ突入〜。

て言うても、まだ正月ですから、正月らしく夢のあるお話でもいってみましょう。

去年の話になりますが、英科学誌「Nature Communications」にこんな記事が掲載されました。

ミャンマー産の約1億年前の琥珀(こはく)から、恐竜に寄生したダニを英国などの研究チームが初めて発見しました。

そしてこのダニは、新種として「デイノクロトン・ドラクリ」と名付けられました。

そもそも、琥珀ってのは、粘り気がある松ヤニなどが固まったもので、この中にタイムカプセルのように、古代の生き物が封じこめられることがしばしばあります。

チームは今回、恐竜がいた白亜紀の約9900万年前の地層から出た琥珀に、体長約1ミリのダニが複数入っていたの発見しました。

このうち、マダニの仲間1匹は羽毛をつかんでいて、この毛の特徴をよく調査したところ、2本脚で歩く鳥に似た「羽毛恐竜」のものと判明したそうなんですよね。

また琥珀にいたダニは、血を吸った直後とみられ、通常の8倍以上にふくれた状態で発見されたそうです。

そしてこのダニと一緒に、恐竜の羽毛を食べたと考えられる昆虫の一部も見つかり、このダニが吸った血液は、恐竜の血と推定されると…。

ちなみに、この新種のダニに付けられた学名「デイノクロトン・ドラクリ」は「ドラキュラの恐ろしいダニ」という意味だそうです。

今回の発見は、琥珀に閉じこめられた古代の蚊から、血液中のDNAをとりだし、遺伝子操作を駆使して恐竜を再生させる「ジュラシック・パーク」と同じ流れやんねぇ…。

違いは「蚊」か「ダニ」かって事くらい。

こんなことがほんまにあるんやねぇ…。

いちおー、研究チームによれば実際には恐竜のDNAは長年の間に分解してしまってたという話らしいですが…。

嘘くさない?(笑)

わたしが研究チームの責任者なら、とりあえず恐竜のDNAについては伏せときます。

そしてコッソリ…

やっちゃうかも。

やるよな。

やるやる。

ジュラシックパークの原作でも、琥珀に閉じ込められた蚊から採取した、恐竜のDNAの欠損部位を、現生のカエルのDNAで補完して、さらにこれをワニの未受精卵に注入するって荒業で恐竜を復元させたけんね。

きっと完全なDNAとしては残ってなかったでしょうが、そこは現代のバイオテクノロジーですがな。

断片でも欠片でも、なにかあればそこからきっと復元させられるはず。

こんなウキウキな研究材料を、科学者が見逃すはずがないでしょう。

絶対、DNAの復元をやろうとしてるヤツはいるはずです。

そして…

わたしは出来ると思います。

このジュラシックパーク、原作は1990年ですもん。

今から28年前。

この約30年の間にすすんだテクノロジーをもってすれば、きっと出来るに違いありません。

そしてそこには、そこまでの倫理観も必要ないでしょ?

クローン作るだの、臓器つくるだのと違うんですもの。

絶滅した生物をもう一度復元させるなんてロマンしか感じひんしねぇ…。

いつもは、こういったネタには否定的な院長ですが、これは別にいんぢゃね?的に思ってしまいます。

もちろん、恐竜を復元させて、原作みたいに勝手に繁殖しちゃったら現在の生態系がおかしなことになってしまうでしょうけど、そこだけ注意すれば…

見てみたいよね。恐竜。

これも、わたしの生きてるうちには無理かもしれませんが、英国チームコッソリ頑張って下さい(笑)

って感じの正月ネタでしたが、いかがでした?

正月らしかったやろ?

てことで、明日から当院も、通常診療いたしますんで…

今年もよろしくお願いします。




jyu




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop