弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年05月24日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

5月24日の木曜日でございます。

今月も後1週間となり、みなさん梅雨の準備は出来てますか?

ま、準備っつっても傘くらいどこでもあるでしょうし、特に用意することもないよね。

わたくし院長の場合は、基本が徒歩での移動が多いので、傘は必需品ですが梅雨時に傘を新調するのは結構いいと思います。

新調っつっても、良い傘を買う必要はなく、いわゆるビニール傘の新品を買います。

いまや、100均でも売ってるもんね。

ついで300円、500円位が主流ですかね。

これ、どこにでも落ちてるし「買う」って意識は、外出先で急に雨になった時とかしかないかもしれませんが、新品は水弾きが違うでしょ。

あれって、結構ストレス軽減してくれません?

傘をさして外出して、例えばどこかのお店にでも入った時、チャッ!と水が切れたらなんか鬱陶しさも半減しますやん。

なので、梅雨前に新しいビニール傘を新調するのはお勧めです。

それと、新品だと大事に使いますしね。

ってことで、傘トークでしたが今日のネタとは例によって全然関係ありません。

しかし、今日は「鬱陶しい」的な意味合いでは同じようなお話をひとつ…

鬱陶しいとは少し違うかな(笑)

嫌いな人は、「一番嫌いなもの」に挙げるであろうあの生き物についてのお話です。

こう書くだけで、カンの良い人なら分かるとおもうんですが、そうです、みんなの嫌われ者「cockroach」ゴキブリのお話です。

嫌やろ?(笑)

でもする(笑)

場所は中国、四川省西昌市に一棟の巨大工場がございます。

なんとここでは、人工知能を用いてゴキブリを繁殖させているそうなんですよ。

しかも、その数なんと年間60億匹以上で、トータルすると地球上の人口に匹敵する数を繁殖させてるそうなんです。

それではいったい何の目的なのでしょう。

まさか、こいつらを嫌がらせのように空中からばら撒く作戦とかではないやろな…。

もう、強力な新型生物兵器といえるかもしれません。

って、脱線しましたが、この工場、推定によると、建物内では0.9平方メートルあたり2万8000匹ものゴキブリの成虫が繁殖されているそうです。

また、密閉された建物内は蒸し暑く、暗闇の中ではカサカサという音が常に響いているという、マニア以外耐えがたい環境で、こうしたゴキブリが太陽の光を浴びることは決してないんだそうです。

コンピューターが建物内の環境を常時監視しており、餌の供給から湿度、ゴキブリの成長速度や遺伝的特徴まであらゆるデータを収集しているそうです。

そして、ゴキブリの成長を阻害するような何らかの変化が感知されれば、AIが自動的に解決策を考案し、適切に修正するという完璧な繁殖工場となっておるわけです。

で、目的ですよね。目的。

ここまでしてゴキブリを育てる目的は、アジアの一部ではゴキブリが漢方として珍重されているからだとか。

数千年もの昔から、漢方医学では、ゴキブリに風邪・胃痛・慢性痛などのさまざまな症状に対する薬効があると伝えられてきたらしです。

ほんまかいな…

一例を挙げれば、イギリスの科学者がゴキブリの脳で、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌や大腸菌を殺せることを発見したという実例はあります。。

これは抗生物質の効かない病原菌に効くかもしれないって発見で話題になりました。

また、ゴキブリを粉に挽いてタンパク質たっぷりのドリンクとして飲むことだってできるとか…

工場を所有する好医生薬業グループは、ゴキブリ健康ドリンクの製造で、およそ684億円もの利益を上げてきたそうなんです。

中国では数百万人もの人が、日常的にゴキブリ健康ドリンクを飲んでおり、そのお味は「ほんのり甘く、ほんのり魚の味がする」そうです。

これもほんまかいな…。

ほんのり甘く、ほんのり魚の味て(^^;

魚の味がした時点でアウトやけど…。

ちなみに、中国の愛飲者でも、ゴキブリで作られているとは知らない人が大勢いるらしいって話なんで、それやったらあり得るか(笑)

ま、中国の人は「四本足なら椅子以外は食べる」なんていう格言?もあるくらい、食に対してのチャレンジ精神がとても旺盛なんですが、それ以外にも実はゴキブリを食用化しようという動きは色々あるんですね。

当ブログでも、過去にご紹介しておりますえ。

ゴキブリパン(笑)

ゴキブリミルク(笑)

で、今回のゴキブリ繁殖工場も結局、その辺にいるゴキブリだと雑菌や寄生虫の問題がありますが、純粋培養されたゴキブリなら安全ってことで繁殖させてるわけなんですね。

クリーンなゴキブリなら、食用に薬用にと使い道は色々あり、これからの資源としては実に有用ってことなんでしょう。

まぁ、ねぇ(笑)

確かに奴らの生命力、繁殖力を考えると仮に安全に食用として利用できるなら、きたるべき食糧難時代へむけ、期待度の高いものなのかもしれません。

ま、そのまま食すわけじゃないからねぇ…(笑)

それと、ゴキブリはアレが最終進化形といわれるほど、進化していない生物なんですね。

つまり、逆を言えばもう進化する必要がない位、生物としては完璧な姿なのかもしれません。

ってことで、今日はゴキブリについてのお話でした。

ま、わたしの生きてるうちは、食糧難とかならんと思うので、ゴキブリは食べずに死にたいと思います。

ではまた〜



gokigoki



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年05月21日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

5月21日の月曜日でございます。

毎月の事ですが、20日を超えてくると月末感が出て、すこし慌ただしく感じます。

そして実際にやる事が色々あって、段々忙しくなるんだよねぇ…。

で、月末の忙しさって、なかなか前倒してやっておけることじゃないので、バタバタするのも仕方ないんですけどね。

てな21日ですが、今月もラストまで頑張ろ〜っと。

って事で、今日のネタに突入ですが、今日はちょっと社会派なネタでもブッこんでみましょう。

みなさんは、ネオニコチノイド系殺虫剤って知ってます?

わたくし院長も、恥ずかしながらこの記事を読むまでは知らなかったんですが、殺虫剤っつっても家庭用のキンチョール的なのではなく、農業用の殺虫剤ですね。

この殺虫剤を、欧州連合(EU)は野生生物や人への影響があるとして、全面的に使用を禁止すると発表されました。

同様の動きは、世界各国で相次いでまして、世界的には全面的に使用禁止の方向なんですね。

ですが何故か日本は、規制強化に消極的なんです。

そして今回のEUの決定により、日本と世界の認識のズレが一段と目立つ格好となってしまったよってな話しです。

この禁止措置はは4月27日、加盟国代表の投票で決まり、年内に発効する運びになっとります。

対象となるのは、ネオニコ系殺虫剤のうち「クロチアニジン」、「イミダクロプリド」、「チアメトキサム」って主要3種類が指定されました。

この3種の、屋外での使用は全面禁止となります。

環境汚染リスクの小さい温室内での使用は例外的に認めるということですが、屋外全面禁止ってとこに、本気度がうかがえます。

では、このネオニコですが、どんな殺虫剤かといいますと、タバコのニコチンに似た構造の神経毒で、1980年代に殺虫剤として商品化され、90年代から急速に普及したものです。

イネやトウモロコシなどの穀物から、野菜や果物にいたるまで幅広い農作物に使用され、現在、世界の殺虫剤の主力を占めている商品なだけにこのEUの決定が衝撃的なわけですね。

半面、世界で多発している蜜蜂の集団失踪の真犯人と疑われ、各国の研究機関が調査を進めているいわく付きの殺虫剤なんですね。

この蜜蜂の集団失踪ってなんなん?って人も多いと思うんでちょっと解説すると、正式名称としては「蜂群崩壊症候群」と呼ぶそうである日突然、養蜂業者で飼っていたミツバチが姿を消してしまうという事件で、多いときでは巣箱の90%にも及ぶ大量の蜂が、突如として姿を消すそうです。

そして、巣箱に残されたのは女王蜂と幼虫だけ…

外に出て、餌を運ぶ蜂がいなくなることで、幼虫たちもやがて飢えに教われコロニー全体が崩壊するって謎の事件なんだそうです。

この摩訶不思議な現象が「蜂群崩壊症候群」の正体で、世界中の養蜂業者が頭を抱える問題となっているんだってさ。

知らんかった(笑)

そして蜜蜂って、蜂蜜を生産するだけでなく、植物の花粉を運んで受粉させるポリネーター(花粉媒介者)としての重要な役割も果たしているんですね。

これが意外と大事な仕事で、蜜蜂が地球上から消えれば、世界の食料需給にも大きな影響が出ると懸念されてるそうなんです。

まぁ、受粉されなきゃ、新しい植物は生まれないですもんね。

ポリネーターとしての蜜蜂がいなくなると、世界が被る経済的損失は20兆円以上になるとの試算もあるらしいんでなかなかな大問題なわけですね。

また、ネオニコ系農薬は蜜蜂以外にも、様々な昆虫や小動物、野鳥に影響を与えている可能性があると考えられることから、生物多様性が維持できなくなるとの懸念も強いです。

さらには、農作物の表面や内部に残留したネオニコの成分を人が食事を通じて日常的に摂取した場合、神経の正常な発達が阻害されるとの研究結果が報告されるなど、人体への影響も心配されています。

このため、ドイツやフランス、イタリアなど欧州の主要国がいち早くネオニコ系農薬の規制強化に踏み切り、EUも2013年、先の3種類のネオニコ系農薬の使用を安全性が確認できるまで暫定的に制限する措置を打ち出していました。

その直後、EUの助言機関である欧州食品安全機関(EFSA)が安全性を確認する作業に着手し、その結果、今年2月、ネオニコ系農薬が蜜蜂の活動や生存にとってリスク要因であることが「確認できた」と発表。

そしてこの発表が、今回のEUの決定につながっているわけです。

なるほどね。

ですから、ここ数年、欧州以外でも、米国やカナダ、ブラジル、中国、韓国、台湾など世界の主要国・地域で、ネオニコ系農薬の使用を制限したり禁止したりする動きが急速に広がっているわけです。

例えば韓国は14年、EUの暫定措置にならい、ネオニコ系農薬主要3種類の使用禁止を打ち出してます。

で、我が日本なんですが、農地面積あたりの農薬使用量が英国やドイツなどの約3倍と、韓国と並ぶ世界有数の農薬大国で、ネオニコ系農薬の使用量も多いですし、実際、ネオニコ系農薬の使用と「蜂群崩壊症候群」との関連を疑わせる事件が長崎県などで起きているほか、スーパーで売られている野菜の一部からはEUの残留基準を上回る量のネオニコ成分が検出されているそうなんです。

このため、ネオニコ系農薬の使用禁止を政府に要求したり、ネオニコ系農薬不使用をうたった農作物を販売したりする動きも、市民団体や一部の生協の間からは出ています。

ですが…

政府は11年にイミダクロプリド、15年にクロチアニジン、アセタミプリドの一部農作物に対する残留基準を緩和するなど、ネオニコ系農薬の使用を容認、後押ししているって現状があり、世界から浮いた状態になってるってわけなんです。

なるほどね〜。

日本って国は、何をするのもスローという印象が否めませんねぇ…。

こういった問題も、いよいよギリギリまで放置するのが得意技といえるでしょう。

ま、色んな問題が絡んでるんでしょうね…。

この殺虫剤を作ってる人、売ってる人、もちろん使ってる人…。

あらゆるところに影響が出ますから、いきなり使用禁止にし辛いのは分かりますが、もうちっとキッチリ調べてもいいんじゃないかと思いますけどね。

勤勉で聡明な日本人なんですから、こういう時に力を発揮して、例えばこの「蜂群崩壊症候群」と殺虫剤の因果関係を、キッチリ解明するとかさ。

出来ると思いますよ。

その気になればね。

問題が問題だけに、大ごとにならないうちに、対処すべきと思いますが、みなさんはどう思う?

このネタも続報が入り次第、お伝えしていきますが、やっぱりアカンもんはアカンよね〜。

ではまた〜



hati



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年05月18日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

5月18日の金曜日でございます。

5月も後半戦、あと2週間ばかしで梅雨もきますねぇ…。

今年の梅雨入り予想的には、大体6月1日辺りからって事になってますが、いかがでしょうかね。

院長予想では、今年は空梅雨な気がするんですがどうなりますか…。

ってことで、梅雨は嫌でも来るんですから、来るなら来いって位で待ってましょう。

では、今日もネタ突入ですが、今日はまぁまぁ登場頻度の高いヤツ…

「マンモス」についてのお話。

前にもお話しましたが、遺伝子組み換えにより、既に絶滅したマンモスと、現生生物のゾウの交配種を作ろうという北極圏に送り込もうという計画が動いています。

この目的は、マンモスの復活はもちろんのこと、それ以上に、北極圏の永久凍土に閉じ込められていたメタンが温暖化で漏れ出し、地球環境に壊滅的な影響をもたらす「メタンの時限爆弾」を防ぐことにもあるそうなんですね。

この計画を提唱したハーバード大学の研究チームは、耐寒性のあるマンモスを作り、北米およびユーラシア大陸に広がる寒帯に放つことは可能と考えています。

現在、この一帯には大型の哺乳類が生息していません。

そのため、冬に積もった厚い雪の層は、踏み固められたり削り取られたりすることもなく、冷気が雪の下の地中まで達しません。

さらに夏の気温上昇も相まって、北極圏の永久凍土層は溶け始め、落ち葉などの有機物が腐敗することなく蓄えられた永久凍土が露出した状態となり、二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガスの形で、炭素が大気に大量放出される恐れが出てきているって状況なんだとか…。

「メタンの時限爆弾」として広く知られる脅威ですが、放出される炭素は、世界中の森林をすべて焼き尽くす量の2.5倍にも達すると考えられているそうです。

そこで、マンモス計画が動いたわけなんですが、世界的に有名な遺伝学者である、ハーバード大のジョージ・チャーチ教授が10年以上率いる研究プロジェクトの一環として、シベリアの氷が溶けて発掘されたマンモスから、44の遺伝子を採取しました。

プロジェクトでは、これらの遺伝子をアジアゾウのゲノムと接合させ、交配種を造る計画なわけです。

実現までにはまだ年月がかかると見られますが、成功すれば、マンモスの形質を備えたゾウが誕生することになりますわな。

特徴は、寒さに適応した血液や長い体毛、分厚い脂肪層などが挙げられるわけです。

まぁ、いわゆるミックスってヤツですが、こううまく特徴を受け継いでくれるもんなのかね?

これも疑問ですが、いわゆるゾウの特性ばかりが遺伝されることってないのかね?

てな問題点は置いておいても新種のゾウは、寒帯以外でもアジアゾウの個体数減少によって脅かされている、生態系の維持にも役立つ可能性があると考えられています。

象牙を狙う密猟者による乱獲を防ぐため、遺伝子操作により牙が生えないようにするほか、今のゾウよりも多くの種類の植物をエサにできるようにするとか考えられてるようです。

これも…

どうなんかなぁ…

この博士、さらには交雑種を育てるための人工子宮を作る手法を編み出したそうで、近いうちに公表するそうです。

ま、絶滅危惧種のアジアゾウに、交雑種を受胎させるのはリスクが高いからだそうですが、まぁここまできたら何でもしてくれって感じやねぇ(笑)

こういった研究者の感覚の中には、良いか悪いかということなんかより、可能か不可能かって回路しかないのかもしれませんな。

でも、こういう人がいないと、遺伝子学も進歩していかないし、必要な事なのかもしれませんね。

ま、わたし個人は必要とは思いませんけど(笑)

この話もまた続報が入り次第、お伝えします。

ではまた〜



zouzou



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop