弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2019年01月18日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

1月18日の金曜日となりました。

寒い毎日が続きますねぇ〜。

1月も後2週間を切りましたし、いよいよ本格的に極寒が来よりますな。

2月といったら雪降る街角ってイメージが強いですが、もうあと2ヶ月もすれば春なんですよねぇ…。

いや、まだ2ヶ月じゃ寒いか(笑)

てな、春が待ち遠しい院長ですが、今日の話も別に春は関係おまへん。

ですが、ちょうど去年の春先にこんなブログを書きました。

読んできてくれない人のために、内容を掻い摘むと、イギリスでペットに関する新しい法案が審議中で、その内容は、ペットショップは政府の認可を得ることが義務付けられ、8週未満の子犬と子猫を販売することができなくなるってものでした。

で、このこの法案が可決されると、犬や猫を飼いたい人は、ブリーダーや保護施設から直接入手しなければならなくなるんだよ〜ってお話でした。

これはイギリスの話だったんですが、今回はアメリカでの話なんですが、アメリカ初で、カリフォルニア州の新法として、ペットショップで販売できるのは保護動物のみとなりました。

これは、営利を目的として劣悪な環境で愛玩動物を大量に繁殖させている業者に対する取り組みで、去年のイギリスに続き今回はアメリカでの法案可決で、しかも一都市ではなく、州全体に対応されました。

これはアメリカでは初めてってことなんですよ。

この新法が施行されたことで、小売業者はブリーダーなどから犬、猫、ウサギを買い付けて販売することができなくなります。

取り扱えるのは動物保護施設から保護した動物だけで、もし違反した場合は500ドルほどの罰金が科せられるそうです。

また、それぞれの動物の飼育環境などについてしっかりと記録を付けることをペットショップに義務づけており、関係当局の定期的な確認が行われることとなるそうです。

これは、また思い切ったことをしましたねぇ。

急にこんな事になったら、まずブリーダーが困るでしょうね。

そして、カリフォルニア州以外の州に「卸す」しかなくなりますし、当然その州にもブリーダーはいるわけですから…。

いわゆる繁殖させた犬たちの価格破壊が起こりますね。

だって、子犬や子猫って、早く売らないと値打ちが日々下がるんですよ。

となると、今まで卸していたところに卸せなくなって、在庫を抱えてるブリーダー達はとにかく引き取ってもらわないとねぇ…。

動物愛護団体としては、この新法が施行されたことでこのペット問題が、少しでも前進したと感じているようですがブリーダーという職業も、全ての人が悪いわけではありません。

当然ながらね。

これらを廃業に追い込む危険性があること、次にはペットショップも廃業に追い込まれると懸念されています。

確かにね。

そりゃ、今のペットショップじゃ子犬に子猫と言えば、一番の売り上げでしょ。

それが明日からなくなるわけですから、キツイ話ですよね。

しかし、いわゆる保護動物として、アメリカでは年間650万匹以上の動物が、施設に保護されます。

そして残念ですが150万匹以上が殺処分されているのが現状です。

殺処分は当然無くすべきだと思いますが、じゃ、この数字は一体どうするってことですよね。

年間650万匹ですから、来年も、再来年も増え続けるわけで、どこかで歯止めをかけないといつまでも殺処分はなくなりません。

そういう意味では、英断といいますかすごく思い切った立派な決断だと思いますよ。

そりゃ、当然各方面から反対はあったでしょうしねぇ。

でも、これで何年かすると保護動物、及び殺処分はかなり減ると思われます。

そして今回はカリフォルニア州のみですが、この動きが全米に広がっていくことにより、アメリカと言う国から殺処分が激減すると思われます。

ちなみに、日本では平成27年度、保健所へ収容された犬猫は13万7000頭と、アメリカに比べれば桁が違いますが、それでも殺処分が、8万2000頭存在します。

まだアメリカ程じゃない、今のうちに手を打てばすぐどうにかなると思われる数字ですが、日本はまだ法整備もされていないのが現状です。

もちろん、最後まで責任を取らずに飼う事を放棄する人が現れるから、こういうことになるんですがそれだけを改善しようとしても、殺処分は減らないと思います。

日本も思い切ったことをする必要があるかもしれません。

このお話は、これからもちょいちょいぶっこんでいきたいと思います。

ではまた〜




ori




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2019年01月17日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

1月17日の木曜日でございます。

今月も後2週間となりましたが、さすがに寒さが厳しい日が多くなってきましたね。

雪が降る日があったりして、しばらくは寒さとの戦いですな。

でも、なんでもそうですが、この寒さを乗り越えるからこそ、春の日差しが暖かいんですわ。

春になるのが楽しみでやんす。

今年の春は、文字通り「新しい」時代に突入するわけですから、スタート感は満載ですよね。

新元号も4月1日発表とかって発表もありましたし、今頃お偉いさん方は会議でもしてるんでしょうかね。

ああでもない、こうでもない言うてるんでしょうか。

それとも、いくつかの候補から、多数決とかでスパッと決めるんでしょうか…。

まぁ、我々は決められたもんに従うだけですが、平成の時もなんかシックリこんかったし(笑)

まぁ、なんでも慣れですけどね。

てことで、今日も始まりましたが、今日のお話はそんな事とは何の関係もなく…

動物の不思議についてお話していこうかと思います。

今日の主役は「クモ」なんですが…

はい。

わたくし院長も結構嫌いです。

蜘蛛。

漢字で書くと余計に気持ち悪い(笑)

そんなクモがどうしたって話ですが、このたび中国の研究グループが、「ミルクを生産し子に授乳してるクモの種類がある」と発表しました。

一般的に、哺乳類というものは、子供を産み、ミルクを生産する動物であると定義付けられています。

至ってシンプルな定義ですが、ご存じの方も多いと思いますが、例えばカモノハシってヤツは、この哺乳類のクセに卵を産みよります。

また逆に、非哺乳類動物でありながら、その子孫のためにミルクを生産している生き物もいるというわけですわな。

そして、そのクモの子たちは、比較的長い期間、そのミルクを摂取し続け、そのミルクらしきものは、とても栄養価が高いものであることも説明しているそうです。

このクモ、「ハエトリグモ」の一種らしいんですが、このハエトリグモってヤツは種類も多いですが、割とそこいらで見かける普通のクモみたいです。

で、中国の研究者は、クモの子育てをテーマに、継続的に観察するため、研究室内に母親クモと子供たちの巣をつくり観察し続けました。

すると驚いたことに、そのクモの子供たちは、巣の中に1カ月以上も居続けていたことがわかったそうなのです。

これはクモにとっては、非常に長い期間と言えるのだそうで、この発見自体スゴイ事なんだって。

知らんけど(笑)

で、このクモの母親は、この巣の中で自分の身体から分泌される体液を、子グモに与えていたってことなんです。

そしてさらに詳細に調査を重ねた結果、研究者たちは母親クモが何らかの物質を産み出し、それを巣の床に分泌していることを確認しました。

子供たちは、最初はその物質を摂取し、さらに約1週間後には、母親クモに直接触りながら摂取し始めたそうなんですよ。

こうなると、まるで授乳やねぇ…。

そしてさらに、この液体を調べたところ、糖質、脂質、そして牛乳の4倍近くのタンパク質が含まれていて、「ミルク」と呼ぶにふさわしいものだったということなんです。

スゴイなこれ…

これは、もうミルクですな。

クモの子供たちは一般的に約20日間過ぎれば、巣を離れて自分たちで生きていけるようになるものなんだそうですが、この研究室の子供たちは巣の中で約38日もの間、「クモミルク」を飲みながら生活していたそうなんです。

で、ここまでは実験室の観察で分かったそうなんですが、こうなるとこの種族だけが唯一、「授乳をするクモなのか?」それとも、クモにとってこの行動は、至って普通なのか?って事なんですが、実はまだよく分かっていないそうなんです。

これからの研究で明らかになっていくんでしょうけど、実に面白い生態ですな。

これはわたくし院長の勝手な意見ですが、こういった「飼われた」空間にいたからこそ、母親クモはわが身を削り、ミルクを作ってたんじゃないですかねぇ…。

普通の環境なら、エサを探して与えるでしょうし、そもそもクモは産れて20日もすれば、自立して生活するわけですからね。

本来、この20日間の間に、母親をマネて狩りをしたりするでしょ?

あ、ちなみにこのハエトリグモの種類は、その名の通りハエだのアリだのの小型の虫を捕食します。

つまり、狩るんですが、これって大体、生まれてからすぐに親に教わるでしょ?

でも、飼われてるとそれが上手くできないから、母親は無理にミルクを作って与えたんじゃないかなぁと…。

と言うのも、クモの種類によっては、自分の身体を溶かして子供に与える種もいるそうで、このミルクもそういった行動の一種なんじゃないんかと…

この自分の身体を溶かすクモも、内臓を液状化させて子供に与え続けますしね。

まぁ、これは推測ですが、これからドンドン研究されて、実態が解明されることでしょう。

しかし地球には、100万種以上の無脊椎動物が生息していると言われてますから、我々人間が想像もつかない事をしでかす「ヤツら」はまだまだたくさんいるんでしょうね。

研究者のみなさん、ぜひ頑張って研究して下さい。

ではまた〜



kumomiru



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2019年01月15日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

1月15日の火曜日でございます。

わたしら世代には、今日は成人式って気がして仕方ないんですが、今や成人式はハッピーマンデーでございます。

昨日がその成人式だったわけで、新成人の方々おめでとうございます。

例によって、各地でお暴れになられた若人も多いようですが、これからは個々の責任が大きく問われますけん、無茶はあかんぞな。

てことで、昨日は新成人、飲み過ぎてヘロヘロってのが、日本各地でゴロゴロいるでしょうけど、今日は平日頑張らないとね。

1月も折り返しまできてしもたしね〜。

この辺から、寒さも一段と増してきて、雪がちらついたりするんすよね。

普段から大雪の降る地方なんかだと、どってことないでしょうけど、ここ京都市内なんかでは、少々積もるともうアウトでございます。

ま、わたくしも18歳に免許を取って、それから車をずっと運転してますが、タイヤをスタッドレスとかに替えたことはないですし、ましてやチェーンの取り付けとか(笑)

そもそもチェーンとか持ってませんしねぇ…。

まぁ、車はとりあえずゆっくりでも進めなくもないでしょうが、公共の交通機関となるともう、ストップっつったらストップやもんね。

特に飛行機なんか止まっちゃった日にゃ、足止めを余儀なくされますし、とんでもなく影響が出ちゃいます。

とはいっても、これからの時期に、年に1回や2回は大雪でひっくり返る様な大騒ぎになるんですよねぇ…。

わたくし院長も、昔に飛行機で札幌に向かっていて、着陸しようにも豪雪で滑走路が見えないとかで、数十分、上空を旋回してた経験があります。

で、機長のアナウンスで、もう少し無理なら、最寄りの安全な空港に着陸しますとか、無茶なこと言ってビビらされたんですが、この時はなんとか着陸できましたけど、着陸時の揺れというかバウンドは今でも忘れません(笑)

てな感じで、飛行機に関しては、時間が遅れるとか、離陸できないとか色々トラブルが発生しやすいですよね。

そして、大体が代替ってものがないですから、影響が大きいんですよね。

ってことで、前ふりがかなり長くなりましたが、今日はそんな空港での「足止め」のお話をしてみたいと思います。

ただ、今日のお話は天候などでの足止めではなく、ひょっとしたらあなたにも降りかかる事かもしれませんよ。

今回、足止めを食らって大変だって人達は、主に和楽器、三味線の奏者達なんだそうです。

理由は、象牙などワシントン条約で国際取引が禁止されている希少材を使った楽器を持っているためだということ。

彼らが、海外の税関で足止めされるケースが相次いでいるそうなんですよ。

さらに2017年には、ギター素材のローズウッドという木材も、国際的な商取引の規制対象になり、今後はこれらの素材を使った楽器を所持していることで、税関に止められる可能性もあるって事なんですよね。

で、こりゃたまらんと、危機感を抱く音楽業界は、規制緩和や楽器の「パスポート」を求め、連携し始めたそうなんです。

海外演奏も多い三味線奏者などは、ワシントン条約発効(1975年)以前に購入したバチが象牙製のため、税関で引き留められることもしばしばあるそうなんですよね。

そしてなにより、彼らが一番嫌な思いをしているのは、楽器を税関で無神経に触られることなんだそうです。

そりゃ、そうだよねぇ…。

そして調べる方も、何かあっちゃマズいわけで、隅から隅まで調べますよね。

ワシントン条約前に購入したかどうかなどの証明も難しいとのことで、運が悪ければ入国前にひと悶着あるんだそうです。

ひどい時には、象牙材の邦楽器が没収された報告もあるとのことで、ここまでくればさすがに何とか手を打たないといけないでしょう。

こうした現状に楽器業界や演奏家団体は、希少材を使った楽器の「パスポート」発行に向け連携し、何とか各国で公的証明書を発行することで海外への移動をスムーズにしたいというお話なんです。

これは本当にかわいそうなんで、何とか早めに手を打たないといけませんよね。

国が公的なものとして証明するとなると、それはそれで一筋縄じゃいかん気もしますが、なんとかしていかないと前に進みませんしね。

大雪の足止めから、象牙の足止めまで、今日は足止めなお話でした。

そろそろ雪も降りそうやしねぇ…

ではまた〜




syami




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop