弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年11月06日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

11月6日の火曜日でございます。

11月に入り、さらに日の出が遅くなってきましたね〜。

きましたね〜っつっても、日の出って普通の人はあんまり見ないですもんね。

今で多分、6時チョイ過ぎ位が日の出なんですけど、それ以前に起きて行動してる人って少ないかもしれませんな。

わたくし院長は、家を出るのが6時ちょうどなんで、まぁ、今だと歩きだしてたらダンダン明るくなるって感じですが、真冬は院に着いてもまだ暗いですけんね。

だんだん冬になってくると、なにより太陽が恋しくなる院長なのですよ。

やっぱ、朝は朝日がピャーンと照らしてくれる方が、爽やかでしょ〜?

まぁ、今日は天気も悪かったですけど、今みたいに日の出が遅いと、天気が悪いのかどうかも起きた時点でよく分かりませんからねぇ…。

的な、朝日の話で始まりましたが、今日はそんな「太陽」とはなにかと比較され、しかも陰陽で言うなら「陰」な扱いを受けやすい「月」についてのお話でもいってみたいと思います。

太陽と月…

太陽が光で、月が影って感じで、何となく夜の象徴みたいなイメージの月ですが、月も満月ならけっこう明るいですよね。

前に満月と犯罪率の話を、このブログで書きましたけど、月ってなんだか神秘的なイメージありますよね。

ここんとこ天体ネタが連発してますけど、今日の話は天体モノってより、テクノロジーなお話となっとりますよ。

中国、成都の宇宙開発業者がこのほど、月の8倍の明るさのある「人工月」を打ち上げて、従来の街灯代わりに利用しようという計画を発表したそうなんです。

人工月…

中国ならやりそうやなぁ…

中国では、人工雲を作って、天気をコントロールする技術があるとかって話も聞いたことありますし…

このプロジェクトは、中国南西にある四川省の成都で開催された企業家イベントで発表されたもので、2020年に打ち上げる予定だということです。

2020年っつったら、再来年ですやん。

マジかいな。

しかも東京オリンピックの年やんか。

まさか、中国でスゴイ事して、世界の話題をさらう気では…

とかは置いておいて、中国の話では、この人工月は本物の月の8倍の明るさがあるとかで、直径10〜80キロの範囲を照らすことができるんだって。

「夜空の月の明るさを補うため」に設計されたこの革新的な衛星は、数年前から準備されていたらしいんですが、技術の急速な進歩のおかげで、2020年の打ち上げがほぼ整ったそうなんです。

この衛星についての詳細はまだはっきり明かされていませんが、どうも人工衛星にソーラーパネルのついた翼をつけ、これが太陽光を反射させ、明るく照らすって原理のようなんですね。

で、この翼は光を正確な位置に集めるために角度などを調整することが可能だということなんです。

翼の可動で衛星の明るさや、稼働時間を調整することもできるそうですし、10メートル単位で正確な照明をコントロールすることができるんだとか…

このプロジェクトを中国政府がバックアップしているかは不明なんですが、成都市の高官は、街灯のコストを削減し、地元の観光業を活性化できるなら、非常に興味深いプロジェクトだと話していると言います。

街灯の代わりってったら、相当明るいよねぇ…。

こんなもんが、空から光を照らしてるなんて、ちょっと怖い気もしますが、単純に問題も色々あると考えられています。

植物なんかもそうですけど、例えば室内なんかで植物を栽培する場合、12時間ごとに光を照らせば、1日を12時間って勘違いし、本来の半分の期間で実をつけたりしちゃうヤツもいるくらいで、つまり昼夜がよく分からんことになる可能性があったりします。

これは、なにも植物だけに言える事ではなく、ヒトも動物も基本的には、光によって睡眠パターンや体内時計を調節していますから、少なからず影響があるんではないかと、問題視してる学者さんもいるようです。

ま、ちょっと位なら大丈夫かもしれませんが、これがずっと続くとなると何らかの影響が出る可能性はないとは言えませんよねぇ…。

そして、なにより比較的、後先考えないで色んなことをしちゃう中国って国のことですから余計に心配ですけどね。

太陽も月も、いつも「そこ」にあるもので、その「位置」こそに意味があるわけですからねぇ…。

わたくし的には、夜は出来るだけ暗い方が良い気がしますし、街灯の代わりってアンタ、そんなら街灯増やせばええやんって気しかしませんもん。

この院のある前の、丸太町通りもこの辺は比較的、夜になると暗いなぁ〜って感じるんですが、例えば今日は満月やし、明るいやんとは感じたことないしねぇ…。

光があるから影があるわけで、自然な状態が一番なんじゃないの〜的に思っちゃいます。

この光が日本になんらかの影響を与えるかどうかは分かりませんが、まぁ、この話題も続報が入り次第お伝えしたいと思います。

ではまた〜。




tuki




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年10月30日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

10月30日の火曜日でございます。

10月もいよいよ明日で終わりでございます。

つまり、今年もあと2ヶ月ってことで、だんだん慌ただしくなってきますねぇ…。

そして、秋も深まりいよいよ冬型に突入していくわけで、そろそろインフルの話題も出てくる頃だね。

毎年毎年、猛威をふるうインフルですが、みなさん気をつけて下さいね。

あ、明日はハロウィンやん。

カボチャのお化けがやって来る日やね(笑)

世の中的に、仮装する日なんで、明日はみなさん思い切って仮装してみてはいかがでしょう。

日頃のストレス解消になるかもしれまへんえ。

なんか渋谷あたりでは、先週位から若者が暴徒化して大変らしいですが、まぁ、楽しむのはいいですが、人に迷惑かけちゃいけんよねぇ…

節度を持って楽しんで下さい。

とか言う院長は、まったくハロウィン感とかゼロですが、今日のネタはそんなことより、夢のあるお話…

なんと、恐竜時代の「琥珀」から、カタツムリが体ごと見つかったそうなんです。

この標本は直径5ミリほどの大きさしかないものの、恐竜時代に生きた陸生巻貝の姿をはっきり確認できるんだそうです。

カタツムリはミャンマー北部で採取された小さな琥珀(天然樹脂の化石)の塊に含まれていたもので、2016年に個人の化石収集家から購入したものやったらしいです。

あまり保存状態はよくないようですが、もう1匹のカタツムリの殻も含まれていました。

今まで発掘されたカタツムリの化石は、ほとんどが殻のみのものでした。

今回の発見で重要なのは、カタツムリの軟組織が保存されていることなんですね。

軟組織、つまり身体ですな。

しかも今回の標本は「これまで最古とされたものより7000万年以上も古い最古のもの」という点が際立っているわけです。

最古の物より「7000万年」も古い…

7000万年て(笑)

残ってるもんなんですねぇ…

古代の樹脂には非常に優れた保存性があり、何百万年も前の化石組織が細部に至るまで完全な3次元空間に残されていることがあるそうなんです。

まるで昨日樹脂に閉じ込められたかのように見えるほどって話ですから、ほんとにそのまま固まっちゃうんでしょうね。

琥珀に封じ込められたカタツムリは、熱帯および亜熱帯環境で見られる現代のヤマタニシ科と近い関係にある可能性が高いそうです。

いや〜すごいですね。

ま、わたしら素人には、この化石の持つ本当の凄さは分かってないと思いますが、すごいんでしょうな(笑)

なんせ9900万年前ですよ。

こんな前から、カタツムリはカタツムリとしての形をしてたんだなぁとか、妙な事に関心してしまいます。

ま、今回の発見はその古さもさることながら、いわゆる軟組織がそのまま残っていたって事ですよね。

つまり、当時の生体がそのまま保存されてるわけで、これは研究者にとっては、もうたいへんなご馳走でしょ。

あらゆることを調べたおし、またひとつ太古の謎が解明されることでしょう。

にしても、この「琥珀」ってのはすごいよねぇ。

あの大ヒット映画「ジュラシックパーク」もこの琥珀に閉じ込められた「蚊」の吸った恐竜の血から、恐竜を蘇らせるって話でしたし、この琥珀には夢が詰まってんのよね。

因みにこの「ジュラシックパークでは、琥珀に閉じ込められた蚊の腹部の血液から恐竜のDNAを採取し、これを解析・復元した上で欠損部位を現生のカエルのDNAで補完し、さらにこれをワニの未受精卵に注入することで恐竜を再生する手法が描かれています。

まぁ、カエルだの、ワニだのちょっと反則気味な点はありますが、こうやって映画になってるくらいですから、これ、ホントに出来るんじゃないでしょうかね。

わたくしの知る限り、今のところ、恐竜の血を吸った蚊が見つかったってな話しは聞いたことないですが、これからも発掘はされるわけで、まだまだ可能性は十分残ってますよ。

いまだ発見されていない、幻の「琥珀」がどこかに眠ってるのかと思うと、夢のある話よね。

そういう意味でも、発掘隊にもぜひ頑張っていただきたいモノです。

そして、いつの日か倫理は無視して、恐竜を復活させて欲しいもんです。

ま、映画の中じゃ、この復活させた恐竜たちに、人々がわやくちゃにされてますから、そこは「やっちゃいけない事」感をだしてましたが、まぁそれはそれ(笑)

人間の好奇心は、止められないと思いますから、こんな素敵な「琥珀」が見つかったら、きっと誰かがやるでしょう。

恐竜…

見てみたいよね(笑)

ではまた〜




maimai



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年10月26日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

10月26日の金曜日でございます。

さぁ、今月も支払い週間がやってきましたよ。

今日辺りから月末まで、色々事務作業が面倒です。

そして10月もあと5日ですなぁ…。

そんで、11月が来て12月が来ると…

来年は平成も終了する予定ですし、消費税も10%に上がるし、なかなか歴史的に見ても出来事の多い年かもしれません。

そんな2019年ですが、とある国のとある都市でも、新年早々新しい法律が施行される予定となってます。

ちょっと面白い法律なんで、ご紹介しときますね。

場所は、アメリカ、カリフォルニア州で、来年1月1日よりペットに関する新法が施行されることが決まりました。

この法律は、夫婦が離婚することになり、飼っていたペットをどちらが引き取るかで意見が食い違った場合、人間の子どもの親権争いと同じようなやり方で裁判官が最終的な判断を下せるというものなんだそうです。

これまでペットは「夫婦の共有財産」と見なされていて、まぁ、「物」扱いされていたのですが、この法律が制定されることにより、ペットも立派な家族の一員としての権利を得たことになるわけです。

いや、アメリカらしい(笑)

日本じゃこれも考えられませんね。

ペットの親権ですからねぇ…。

人間の場合でも、親権争いでもめまくる事はよくあります。

そして、裁判ではその「子供」の最善と言う部分でどちらかに決定されます。

では、今回のペット親権、どのように決定するかと言うと、やはり、これまでどちらがよりペットに食事を与え、獣医や散歩に連れて行き、愛情を持って育てていたかなど、人間の子供の親権を争うときの裁判と同じように、事実に基づき裁判官が判断を下すってことらしいです。

これも、裏付け調査とか当然しなきゃいけませんし、まぁまぁ大変でしょうねぇ…。

ほんと、面白い国。アメリカ(笑)

まぁ、離婚大国とも言われるアメリカですから、当然こういった「財産がらみ」のもめ事も多いわけで、今までもこのペットの引き取りについて、もめた例はたくさんあるそうです。

で、ここまでは日本でもありそうですが、ここからがとりあえず面白い国、アメリカならではで、こういう場合どうやって飼い主を決めていたかというと、もちろん色々話し合いやなんかを持ったうえで、なお決まらない場合は、裁判官の独創的な方法で解決していたんだそうです。

で、この独創的な方法ってやつなんですが、これがまた面白い。

それは、この夫婦が飼っていた犬を出廷させ、離れて立つ夫婦の間にスタンバイしてもらい、犬自身にどちらか好きな方を選んでもらうといった方法なんだそうです。

犬が歩み寄った方が、犬を飼育するのにふさわしいと判決が下されるんだって。

裁判所でやで(笑)

これも日本じゃ考えられませんわな。

まぁ、これは一例だそうですが、最終的には裁判官がどちらかに決定しなければいけない以上、色々な方法が取られてたようなんですね。

1ヶ月おきとか、1週間おきとかに交替で飼うって裁定を下した裁判官もいたそうで、そういった独創性もこれからはなくなるわけですね。

まぁ、法律が制定されたからと言って揉めなくはないでしょうけど、ある程度基準が出来れば判断はしやすいですよね。

それと、こういった動物愛護の精神がドンドン普及していくのは良い事だと思います。

ペットも家族の一員なんて、ペット飼ってる家では当たり前の認識でしょうし、そこに法律が追いついてきているアメリカって国は、やはり先進国と言えるのかもしれませんね。

日本ではまだまだ、ペットはここまでの地位にはいない気がしますね。

あくまで「物」扱いですし、そういった部分も先進国に追いついていかないといけないんじゃないのとは、思わなくもない(笑)

まぁ、難しい問題ですが、いつか日本でもこういった裁判がおこなわれる日が来るかもしれませんね。

ではまた〜



nekooyako



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop