弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年10月21日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

10月21日のサンデーイルネスでございます。

10月も後半戦に入り、そろそろ寒いね。

半袖じゃ(笑)

今年は何となく衣替えするタイミングを外し、ここまできちゃいましたが、そろそろアカンね。

まぁまだ、昼間は全然大丈夫なんですけど、朝の通勤時は結構寒おす。

もうすぐ11月やしねぇ。

衣替えるかぁ。

ってことで、今週のイルネス辞典ですが、今週はレプトスピラ症(ワイル病)について解説したいと思います。

では、どんな疾患かと言いますと、病原性レプトスピラ感染に起因する動物由来の細菌(スピロヘータ)感染症です。

この動物とは主にネズミや犬などの哺乳類です。

レプトスピラ症は全世界的に流行しており、保菌動物の排尿によって病原体に汚染された環境から経皮的、経口的に感染します。

重症型であるワイル病の死亡率は5〜40%であり、治療開始時期が遅れるほど死亡率は高くなる傾向にあります。

軽症型レプトスピラ症の予後は一般に良好です。

レプトスピラ症は急性の発熱性疾患です。

臨床症状は軽症のものから、黄疸(おうだん)、腎不全などを主な症状とする重症型レプトスピラ症(ワイル病)まで多様です。

黄疸、出血、眼結膜の充血、腎障害などの症状を示した場合では、ほかの細菌感染による多臓器不全、ウイルス肝炎などとともにワイル病にも注意が必要です。

非重症型レプトスピラ症では、あらゆる発熱性の疾患が鑑別対象となりますが、海外の流行地域(東南アジア、中南米、インド、中国など)への渡航歴、病原体に汚染された水などとの接触機会があった場合は、レプトスピラ症も疑う必要があります。

通常、ヒトからヒトへの感染はないとされております。

では、治療の方法ですが、抗菌薬を服用するのが主体となりますが、重症の場合、ペニシリン系抗生剤による治療も行われます。

ですが、レプトスピラ感染症に抗生剤を投与した場合、ショック症状を呈する場合があるので、注意が必要です。

このレプトスピラ症(ワイル病)は近年、東南アジア、中国、インド、オーストラリア、中南米で大流行がありました。

またマレーシア、米国で行われたトライアスロン大会でも河川での競技が原因で感染するという惨事もおこっています。

こんな病気ですが、まずこういった感染症が身近にあるという事を知っておくべきでしょう。

レプトスピラ症の流行地域では不用意に水に入らないこと、特に雨や洪水の後には絶対に入らないことが重要です。

どうしても水に浸かる必要がある場合は、ゴム長靴やゴム手袋などを着用したほうが無難なようです。

いかがですか?

まぁ、これからは寒くなっていきますから、川に入る事もないとは思いますが、気をつけるに越したことはありません。

この感染症も、軽症型の予後は一般的に良好ですが、重症型(ワイル病)では早期に適切な治療がなされない場合、死亡率は20〜30%となってしまいます。

まず、早期に対処するにも知ってることは本当に大事ですからね。

では、来週のイルネス辞典をお楽しみに〜




reputo




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年10月18日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

10月18日の木曜日でございます。

ちょっと寒いと思う時間が出てきてますから、ボチボチでんなぁ…

いつもは、10月末あたりから寒さを感じてた気がするんですが、今年は冬が早く来そう。

ひょっとして、年齢が寒さを余計に感じさせてるんでしょうかね?

確かに、年々手足の冷えがひどくなってる気はするなぁ…。

って感じのちょい寒トークから入りましたが、今日はもっともっと寒い話をしたろうかいって思っております。

寒いって言葉には、いろんな意味がありますよね。

もちろんCOLDですが、隠語的に色々使われる言葉の一つやと思います。

よく芸人さんなんかが、ネタがすべって寒いとか、空気感が寒いとか、財布が寒いとかも言葉としては通じます。

で、今日の寒いはどんな寒いかと言いますと、まず先に答えを言うと、中国で男性の脳から体長10センチもある条虫(サナダムシ)が発見されたそうなんです。しかも生きてたそうです。

さむっ(笑)

脳の中に生きた条虫やで?

寒すぎるやろ(笑)

想像しただけで寒気がしますが、この男性、中国南東部に住む、リュウさん26歳です。

そして、取り出された虫は、マンソン裂頭条虫で、江西省南昌の病院で発見されました。

このリュウさん、ある日突然、癲癇(てんかん)発作にみまわれるようになり、地元の病院に行きましたが、医学的原因がどうしてもわからないと医者からサジを投げられていたそうなんです。

で、転院を繰り返し、最後に南昌大学病院で検査してもらったところ、脳に虫がいることがわかったって経緯だそうです。

そして手術が行われましたが、担当医によると、取り出された条虫は、まだ生きていて、全身が白くて元気がよく、泳ぎ回ることができたといいますから寒すぎてさぶいぼでますわ(笑)

ではなぜこんなことになったのでしょう?

原因は、彼の食べたあるモノなんだそうですよ。

どうも、この条虫は、十分に加熱されていない料理を食べたことによって、リュウさんの脳内に入り込んだものと思われます。

リュウさんはグリルフードが好きで、頻繁に食べていたそうで、その食材の中に良く火が通ってなかったものがあったのだろうということなんですって。

上海神経医療センターによると、こうしたケースは、水道設備が不十分だったり、生や半生の肉や魚介類を食べたりしたときによく見られるという話です。

よくみられるってアンタ…

生も半生も、食うもんなぁ…

仮にちゃんと調理してても、寄生虫やその卵が死なない場合は、血液に乗って脳や肺などの器官へ向かうことがあるそうなんです。

そうなると、脳は人間の体の血液供給量の4分の1近くを受け取るため、寄生虫が脳に到達し、そこに居座る可能性はほかの内臓よりも比較的高いってことになるんだそうです。

そしていったん脳に居座れば、そこで繁殖し、脳の機能にダメージを与えて、頭痛、吐き気、血管の出血、てんかんなどの症状を引き起こすと…

実は中国では昨年、広東省の病院でも、12歳の少女の脳から25センチの寄生虫が取り出されれるという事件があったそうなんです。

少女は突然、意識を失い、30分間昏睡したそうです。

そしてこの寄生虫は少女の体内で少なくとも6年は生きていたと思われるそうですから成長し放題(笑)

全く恐ろしい話ですが、先ほども言った通り、日本人は生食の文化を持ってます。

ジャパニーズ寿司に代表されるよう、魚は出来らた生で食うのが一番だと思っとるフシがありますしね。

まぁ、中国だからって言ってしまえばそれまでですが、こんな寄生虫がこの世に存在してるだけで怖いっすよね。

わたくし院長は、中国はおろか海外に出る予定も願望も全くありませんが、それでも中国だけは行かんとこうと心に誓いました。

脳に寄生虫やもんなぁ…

カニミソ的なノリで、虫からしたらメッチャうまいんかもね。

ではまた〜



akineko



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年10月16日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

10月16日の火曜日でございます。

10月も後半戦ってことで、全国的にはそろそろ紅葉がどうのこうのってなお話も聞こえてきておりますな。

京都も11月に入れば、徐々に色づいてくるでしょうけど、やはり11月の後半位からですかね。

もう、この頃は寒いよねぇ…。

毎年、この紅葉シーズンを終えたら、冬が来たな〜って思います。

まぁ、まだ紅葉の見頃まで1ヶ月位ありますんで、ここからはドンドン寒くなってくわけです。

寒さとともに、わたくし院長は、朝日の出方に季節を感じます。

毎朝5時半頃には起きだすので、今の時期だとギリギリ明けるか明けないかって感じになってきています。

そして朝は肌寒いことが多くなりますしね。

季節の変わり目、移ろいやすしなんて言いますけど、実はこの時期独特の病気があるんですよ。

ちょうどこの時期、空がどんよりと暗くなる10月から11月にかけて発症すると言われてます「季節性情動障害」って病気です。

放っておいても3月ごろに収まるというサイクルを繰り返すようなんですが、今日はちょっとコイツをご紹介しときます。

あ、この病気、その症状から別名「ウインターブルー(冬季うつ病)」とも言われてるんだって。
 
季節性情動障害は脳機能障害の一種で、倦怠感、気力の低下、過眠、過食などの症状が見られるのが特徴です。

患者の大部分は、冬以外の季節では健康な状態であることが多いのも特徴のひとつですね。

冬季節性情動障害は、冬季を中心に発症すること、高緯度地域における発症率が高いことから、日照時間が短くなることに原因があると考えられています。

この日照時間の問題ですが、実際に太陽を浴びるということと関係があるのかないのかも、論議はされてるんですね。

つまり、真夏であろうと、真冬であろうと一定数のいわゆる「夜型」の人は存在します。

夜にお仕事をされる方でしたら、基本的に太陽光線を浴びない暮らしなんですが、じゃそういった人達は、みんなブルーかというとそんなはずはないですもんね。

では、この太陽光を浴びると何が良いかと言いますと、まずセロトニンという物質が作られます。

で、このセロトニンは、脳から分泌される睡眠ホルモンであるメラトニンの原料となるんですね。

太陽の光が少ない冬の期間はセロトニン減少が起きてしまい、メラトニンが十分に生成されません。

このメラトニンには、季節のリズム、睡眠・覚醒のリズム、ホルモン分泌のリズムといった 概日リズム(サーカディアンリズム)を調整する作用があるんですが、不足することで変調をきたすというわけですね。

まぁ、こういった症状は、ある日突然、ハイッっつって始まるわけではなく、何となくジワジワと変化が出てきます。

そして、まさかそれが日照時間の問題などと思わないでしょうし、「何となくダルイ」、「夏の疲れが出た」ってな感じで処理してしまうわけです。

そして、我々日本人は、勤勉な上、なかなか予定外に休めない人がほとんどなので、そのまま頑張っちゃうんですよね。

で、ここに書いたことが全て当てはまるわけではないですが、今日紹介した症例の場合、セロトニン、メラトニン不足から概日リズムが狂ってるわけですよ。

いくら自分を奮い立たせて気合いを入れたところで、瞬間はなんとかなっても、すぐに元に戻ります。

そりゃ、ホルモンが分泌してないんですから、こんなもん気合いでどうにかなるもんやないわいね。

この病気の場合、日照不足からのセロトニン不足ですから、簡単に言えば日に当たれば治るわけです。

でも、この事情を知らなければ、体調不良ともとれますし、またはいわゆる「鬱病」ともとれてしまいます。

この普通の鬱病も、セロトニン不足は原因の一つとして考えられていますから、まぁ、普通に鬱病に罹患したと思われても仕方ないわけです。

ですが、原因が別にあるわけですから、治療法は全く異なるわけですね。

日本では、まだこういった疾病を「病気」とする意識が少ないですが、イギリスなどでは、季節性情動障害の治療法として「ライト・ボックス(ブライトライト)」という太陽の光を補う為のライトがあったりします。

これをテーブルの上や枕元に置くことで乱れたホルモンレベルを整えるって治療法のようです。

こんなんで治るなら楽なもんだな。

ですけど、これに気付くかですよね〜。

これから世界的にこういった疾患が認知されていったら、日本でもそれなりに対応出来るようになるでしょうけど…

今現在、こんな症状を訴えたら、「夏の疲れがでてるんじゃない?」って言われるのがオチですし、「季節性情動障害」なんつって診断するお医者さんも少ないと思います。

ま、診断されようがされまいが、その本人はしんどいわけですから、せめてこういう病気があるんだな〜って事くらい、周りの人が知ってくれてたら少しはマシかと思います。

それと、病気だろうとそうでなかろうと、ま、今日から少しでも太陽光線に当たりましょう。

紫外線が身体に悪いって説ももちろんあるんですが、適度に浴びないと、体内サイクルが狂うのも事実ですからね。

わたくし院長も、これから冬になると、朝の通勤時がまだ暗かったりしますから、意識的に太陽に当たろうと思います。

ではまた〜。




aki



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop