弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2019年02月17日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

2月17日のサンデーイルネスでございます。

2月も残り半分を切りましたがな。

てか、後10日ほどで3月やもんね。

2月に入って、ちょっと暖かい日もありましたが、やはりまだまだ冬感は否めぬな。

ですが、少しずつ寒さがマシにはなってるんで、着実に春には近付いてるんでしょう。

そんなまだ肌寒い日曜日ですが、今日もイルネス辞典いってみましょう。

今日のイルネスは「注意欠如多動性障害(ADHD)」を解説していきたいと思います。

まず、どんな病気かってとこですが、注意欠如多動性障害(ADHD)は、多動性・衝動性と注意力の障害を特徴とする行動の障害です。

これは米国精神医学会で採用された障害名で、WHO(世界保健機関)では多動性障害という名称が用いられています。

学童期では出現率が3〜5%、男児に多く、男女比は3〜5対1程です。

ま、児童期の男の子ってのは、基本的に多動性があると言えばありますからね。

なんか、ゴチャゴチャ動き回りますやん。

ですから、その辺の線引きも難しいところなんで、よく読んで頂きたいですな。

では原因は何かってことですが、多動と衝動性を特徴とする行動の障害については、脳障害説と環境因説との間で議論が繰り返されていましたが、現在では、画像研究と遺伝学的研究から、神経生物学的な障害として広く認められるようになりました。

画像の研究から、脳に健常児と比べて違う部分があるとの報告がありますし、家族集積性が高いこと、養子や双生児研究から遺伝要因の関与が高いことが示され、神経シナプスの刺激の伝達のはたらきに関与するいくつかの遺伝子に関心が集まっています。

一部には、脳の感染・外傷など後天的原因によるものもあるようです。

では、症状の現れ方ですが、基本症状はとにかく不注意、多動性、衝動性です。

不注意は、細かいことに注意を払えないという注意力の欠如、注意を持続できない、周囲の刺激に気が散る(転動性が高い)などです。

日常生活場面では、不注意な間違い、始めたことをやりとげない、言われていることを聞いていない、忘れ物・落とし物が目立つなどがあります。

多動は「活動の過剰」です。絶えずせわしく動きまわる、体の一部をくねくねもじもじ動かす、多弁などとして観察されます。

衝動性は結果を考えずに判断・行動することで、その結果、自分や他人が危険にさらされる、物を壊してしまうなどの行動です。

さらに順番が待てないとか、人の妨害や邪魔になる、質問を聞き終えないで答えるなどとして現れます。

まぁ、結構…

男の子がチョケてる状態ってこんなもんですからね(笑)

ですから、非常に判断がつきにくい部分はあると思います。

通常、症状は幼児期から認められますが、集団生活の場で支障を来して初めて気づくことが多いようです。

つまり、学校に入って学年が上がるにつれ、だんだん顕著に現れだすという感じですね。

では、このチョケてるのか病気なのかと判断がつきにくい症例で、どのように診断するかという事なんですが、米国精神医学会では、不注意および多動性‐衝動性を表す行動を、以下のように示しています。

まぁ、一つの指針ではありますが、以下の条件を満たす時に(ADHD)と診断されます。

(1)年齢に不相応で、適応的でない

(2)6カ月以上続く

(3)7歳以前に始まる

(4)2つ以上の場面で現れる

(5)社会的、学業的機能に障害となる

(6)広汎性発達障害(こうはんせいはったつしょうがい)その他の精神病の経過中に起こるものではない。

診断は、面接、および診察室と検査場面での観察所見、標準化された評価尺度などを総合して行われます。

特に生育歴と、家庭や学校など複数の場面からの情報が重要です。

多動性、衝動性、不注意などの症状を直接測定する検査が客観的指標として役立ち、治療効果の指標としても利用されています。

では実際の治療方法ですが、児童期のADHDの治療目標は、この障害をもつことによる有害な影響をなくし、子どもが本来もっている能力を発揮、そして自尊心を培うことです。

具体的には 薬物療法、ペアレント・トレーニング(親の訓練)、ソーシャル・スキル・トレーニング(生活技能訓練)、教育的介入などがあります。

一般的に発達とともに症状は軽くなりますが、基本的特徴をもち続けることが多いようです。

適切な治療や対応によって、これが生活の支障とならないような工夫が求められます。

ADHDに気づかれずに放置されたままでいると、反抗的になったり、不安・抑うつを来すなど二次的な問題を抱えるリスクが高まります。

とまぁ、幼少期の男の子には、比較的ある症状というか、言動の中に隠されてるため、非常に見えにくい部分と、線引きが難しい点はありますが、まずこういった病気がある事を知ることが大事ですからね。

では、来週のイルネス辞典をお楽しみに〜。




run




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2019年02月13日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

2月13日の水曜日でございます。

立春過ぎてもまだまだ寒いねぇ…。

明日はバレンタインで、2月も折り返しになるわけです。

バレンタインってぇと、何となく春っぽいイメージやもんね。

そうでもないか(笑)

去年はそこまで寒くなかったような気がせんでもない様な気がするんですが、よく思いだせんな(笑)

年々、記憶がぼやけてきておりますが、今日はそんな記憶にまつわるちょっと面白いお話でもいってみましょう。

忘れないように覚えとこうと思ってても、時間が経つとうっかり忘れてしまう…

これが日常化すると、メモをとったりしても、そのメモを失くすし、さらにはメモしてたことも忘れてしまうと(笑)

ですが、不思議な事に関係ない場面で、ふと思いだしたりするんですよね。

あ、そう言えばみたいな…。

これは、記憶のメカニズムの一つで、結局、忘れてしまうというより、「思いだす」ことが出来なくなっているようなんです。

記憶としてはあるんですが、それがうまく引き出せないと…。

そもそも記憶ってシステム自体が、謎に包まれて解明されてない事が多いんですね。

その中でも記憶として覚えることと、それを思いだすことでは違う作業という風に考えられています。

ですから、いわゆる「ど忘れ」って現象が起こるわけです。

この「ど忘れ」も、加齢に伴い、悪化していく傾向にあります。

つまり、忘れたわけじゃないんですよね。

後から思いだす方が、記憶力としては、能力が高いわけですから、「物忘れが激しくなる」っえ表現は、本来間違ってるのかもしれません。

本当は、忘れるんではなく「思いだせなくなっている」わけですね。

そこで、今日のネタですが、東京大学大学院薬学系研究科の池谷裕二教授らの研究グループは、なんと忘れた記憶を復活させる薬を発見したんだそうです。

東京大学大学院薬学系研究科の研究グループ…。

絶対、このグループには入れて貰えへんやろな(笑)

日本で一番賢い人達の集まりが、記憶を復活させる薬を作ったんだと。

記憶を復活させるという事は、「思いださせる」ってことですから、やはり覚えてはいるんですよね。

もし思い出したい特定の記憶を自由に思い出せるのであればこんなスゴイ事はありませんよね。

この研究グループは、脳内のヒスタミン神経系ってのを、活性化する薬が記憶に与える影響を、マウスとヒトで調べました

その結果、記憶テスト前にヒスタミン神経系を活性化すると、忘れてしまった記憶でも思い出せるようになることが分かったそうです。

つまり、脳内のヒスタミン神経系を刺激する薬物を摂取すれば、忘れてしまった記憶をスムーズに思い出せるようになるということのようなんです。

薬物の働きには嗅周皮質と呼ばれる脳領域の活動上昇が関わっており、もともと記憶成績が悪い参加者ほど薬の効果が大きかったそうです。

この研究結果は脳内ヒスタミンや記憶のメカニズムの解明、アルツハイマー病などの認知機能障害の治療薬開発の助けになると期待されています。

ま、「ど忘れ」の時も急に思い出したり、ふとした拍子ってヤツですから、なんか思いだすキッカケがあれば簡単に思いだせるんですよね。

ただ…

この薬を用いても、これとこれっ!って思いだし方は出来ないですから、「思いだしたくない事」まで、思いだしやすくなる可能性はありますよね。

歳とって、物忘れが激しくなると、ひとつ良い事として、過去の辛い経験なんかも、ぼんやりとしか思いだせなくなったりして、多少は風化してくれます。

それがこの薬剤によって、鮮明に蘇ってしまうかもしれません。

って、リスクはあるけどね。

それでも、思いだしたい事の方が多い人なんかは、いいと思いますけどね。

わたしゃ、特に物忘れの激しい自分も、受け入れてますから、あえては思いださなくても良いですけどね(笑)

ではまた〜。



bonyari



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2019年02月12日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

2月12日の火曜日でございます。

寒い毎日ですが、風邪などひかれておりませんでしょうか…。

2月の寒さは、ホントに底冷えっつうか、身体の芯が冷えてきますよね〜。

特に手足は、いつも冷たい気がします。

血液がどっかで止まってんじゃねえのってくらい、冷えますからねぇ…。

この冷えの症状に近いと言えば近いものに、「貧血」ってヤツがあります。

これは、サンデーイルネスでも2回にわたって解説しましたが、まぁ興味のある方は読んできて。 貧血 貧血2

で、まぁ貧血ってのは、幾つも種類があるんだよ〜って話と、まぁ一番多いのは「鉄欠乏性貧血」って言われる貧血なんですね。

これはザックリ言うと、血中の鉄の濃度が何らかの形で下がり、鉄が不足するとヘモグロビンの産生がうまくいかなくなるために赤血球1個あたりのヘモグロビンが減り、赤血球の大きさが小さくなって、鉄欠乏性貧血になるわけです。

この貧血の診断には血液検査が行われます。

その採血法は注射針で腕などの静脈から2〜3mlの血液をとり、その中の赤血球の数とヘモグロビンの量を調べるわけです。

ま、貧血に限らず、採血の経験って誰にでもあると思うんですが、これ人によって針刺すのが下手な人がいますでしょ?(笑)

すると、なかなか痛いんですよね。

でまぁ、普通の人なら健康診断だの、余程調子が悪い時位しか採血なんてしませんが、この「貧血」の患者さんは結構頻繁に「採血」されるんですよね。

そりゃ、この数値で良くなってるか悪くなってるかを判断するわけですし、薬剤なんかの処方量も変わってきますから…。

で、とあるこの「貧血」気味の科学者が、自身も採血で痛い思いをしたという経験から、血液を抜かずともできる新しい貧血の検査法を考案したんだそうです。

いや、こういうの一番分かりやすいね。

自分が嫌だったから、開発するって…。

で、しかもこの新しい方法が超簡単で、ほんまかいなって位のシロモノなんですよ。

その方法とは、スマホで爪の写真を撮影し、これをアプリで解析して血中のヘモグロビン濃度を推定するんだそうで、これならもう痛い思いはしなくて済むみますし、さらには採血の為に病院に行かなくて済むんですよね。

この新開発のアプリは、爪の根元の色とヘモグロビン濃度に関連があることを利用したもので、その色をアルゴリズムによって解析し、ヘモグロビン濃度を推定するんだそうです。

しかも最大97パーセントの正確さらしいんで、これは使えるかもしれませんな。

しかもこのアプリ、背景の輝度に応じて調整されるために、どんなスマホでも対応可能だということですから、かなり使えますね。

さらにこのアプリがあれば、病状をモニタリングし、治療や投薬のタイミングを計るなど、慢性的な貧血を抱える人の健康管理がずっと楽になりますよね。

しかも、対象となる患者も、妊娠中や月経不順の女性、アスリートのような人たちでもOKだそうですからかなりの精度だと思われます。

ただし現時点では最終的な診断用ではなく、あくまでスクリーニング用途にしか使えないそうです。

診断用の機器には厳格な精度基準が定められているためだそうですから…。

ですが、これも予備検診的に使ったり、または長期の慢性的な患者になら、十分利用できるでしょうしね。

そして当然ながら、いずれそうした厳しい基準を満たし、現行の貧血診断機器に替われるアプリを開発できるだろうとマンニーノ氏らはさらに改良を重ねていくそうです。

なお、このアプリは2019年春にリリースを予定しているそうですから、とりあえずは使ってみたいもんですな。

全然、貧血じゃないですけど(笑)

アプリってことはDLすればいいだけですから、世界中の人が簡単に使えますしね。

こういった簡単に使える医療機器がもっと増えれば、これはとても良い事だと思います。

今回のも、続報が入り次第、お伝えしたいと思います。

ではまた〜。

 



sma





京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop