弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2017年12月10日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

12月10日のサンデーイルネスでございます。

はい。

12月も約1/3が終了いたしました。

今年も残すところ後3週間…。

3週間後は大晦日ですけん、こりゃちょっと焦るねぇ…。

やる事が多すぎて、何から始めていいか分からない人もいるかと思いますが、そういう時こそ落ち着いていきましょう。

慌てると大体、良いことありません。

そして、消化できていかないことがストレスとなり、胃が痛くなると…

今日は、そんな「胃」に関するイルネス辞典。

ヘリコバクターピロリ(ピロリ菌)について解説していきたいと思います。

みなさんも名前位は聞いたことあるでしょう。

ピロリ菌。

何となくかわいらしい名前ですが、どういった菌なんでしょう。

胃の中には少量の塩酸が存在するため、口から胃内へ入ってきた細菌は塩酸により殺菌されてしまいます。

このように、胃の内部は細菌の生育には適さない環境がつくりあげられていることから、胃には細菌は生息できないと長い間考えられてきました。

このような概念を根本からくつがえしたのは、オーストラリアの若い消化器病医で、1982年に初めてヒトの胃粘膜から、らせん状の細菌が分離培養されました。

ピロリ菌がヒトに胃炎を引き起こすことは、発見者が自ら、ピロリ菌を経口的に摂取し、自分の胃に胃炎を生じさせたことから明らかになりました。

もう、医者の鑑ですわ(^^ゞ

まだ、研究段階の細菌を、自分の胃の中に入れて証明するなんて、まぁスゴイ情熱だと思いますが、摂取後、1週間でピロリ菌は彼の胃粘膜に証明され、内視鏡的に胃炎の所見がみられました。

上腹部痛が2日目より生じ、5〜6日目にピークを迎えましたが、以後は急速に減っていき、2週後にはピロリ菌が持続陽性であるのにもかかわらず、胃部の痛みは完全に消えました。

このように発見者は自ら被験者となって、ピロリ菌がヒトに胃炎を起こすことを証明したのです。

ピロリ菌が、胃酸の存在する胃のなかで生きていけるのは、菌のなかにウレアーゼという酵素をたくさんもっており、この酵素が尿素からアンモニアを生成させ、アンモニアによって胃酸を中和させるからなのです。

ピロリ菌が、どのように胃の粘膜を障害していくのかについてはまだ十分わかっていません。

ひとつには、ピロリ菌によって生じたアンモニアが胃の粘膜を障害することが明らかになっています。

また、この菌がもっている蛋白分解酵素が粘液を分解し、胃の防御機構を低下させることによって酸の障害性を増強する機序も考えられています。

ピロリ菌は、感染すると白血球やリンパ球などの炎症細胞浸潤を胃粘膜に引き起こしますが、呼び出されてきた白血球などから活性酸素や種々の細胞障害物質が放出されて、細胞障害を起こすともいわれています。

健康な人におけるピロリ菌の感染率は、年齢が増すとともに上昇することが明らかになっていますが、国や地域で大きな差が認められます。

一般に、衛生環境のよくない開発途上国では、若い年齢層から感染率が高く、年代別変化がほとんど認められないといわれています。

欧米諸国では、若い年齢層ではピロリ菌の感染はほとんど認められず、年齢をへるごとに増加していく傾向を示します。

日本の場合は、欧米諸国と開発途上国の中間のパターンを示していることが明らかになってきました。

日本の20歳までの若い人たちのピロリ菌の感染率は低く、20%以下の低い値を示しています。

これに対して50歳以上の世代では、感染率が80%と極めて高い状態を示しています。

わたくし院長も、49歳と9ヶ月…

そろそろピロリンおるんじゃないの?(;'∀')

では、このピロリンが、一体どんな病気と関係があるのかって事なんですが、日本人では、萎縮性胃炎の原因の90%以上をピロリ菌が占めると考えられています。

ピロリ菌の除菌により、胃・十二指腸潰瘍の再発が維持療法なしでも抑制されることが明らかになりました。

日本では、十二指腸潰瘍の95%、胃潰瘍の90%以上がピロリ菌陽性です。

保険が適応されていなかったため、除菌治療ができない時代が続いていましたが、2000年11月から、ようやく日本でも胃・十二指腸潰瘍に限って除菌治療を保険で行うことができるようになりました。

そして今、大きな注目を集めているのは、ピロリ菌感染と胃がんの関わりです。

疫学的にはほぼ証明され、1994年に世界保健機関(WHO)は、ピロリ菌を確実な発がん物質に指定しています。

また、動物にピロリ菌を長期感染させて、胃がんを発生させることに成功した報告が日本から発表されています。

さらに研究が進んで、どの段階で除菌治療を行えば胃がんの発症を食い止められるかが明らかになることを期待しています。

では、ほうっておくと厄介なピロリ菌、どうやって治療していくかという事ですが、胃粘膜表層や粘液中にすみついているので、単独の抗生剤での駆除が難しい細菌です。

そのため、いくつかの薬剤を併用する方法が行われています。抗潰瘍薬と合成ペニシリン系抗生剤、マクロライド系抗生剤の3種併用療法が日本で保険適応となっており、1週間で90%前後の高い除菌率が報告されています。

つまり、発見しちゃえば薬で簡単に治るって事ですよ。

ですが、なかなか検査とまではいかないのが現状で、ピロリ菌の感染者は、日本の総人口の約半数(6000万人)くらいと考えられています。

1993年のデータでは、このうち2〜3%前後が胃・十二指腸潰瘍を発症し、0.4%が胃がんを発症したといわれていますから、やはり放っておくのは危険です。

では、どんな検査があるかってことですが、ピロリ菌感染の診断法は、内視鏡検査を必要とするものと、しないものに分けることができます。

内視鏡検査を必要とする診断法は、内視鏡を挿入し胃粘膜を観察しながら、生検鉗子(せいけんかんし)を用いて組織を得る方法です。

患者さんにとっては、内視鏡をのむという苦しみを伴うので、侵襲的(しんしゅうてき)診断法とも呼ばれます。

内視鏡を必要としない検査法としては、血清抗体を測定する方法や、呼気中の二酸化炭素を分析する尿素呼気試験などが行われています。

この検査法だったら、苦痛がなく、感度もよくなってきているのですが、困ったことにピロリ菌除去の保険適応には、内視鏡での検査が必要なようなので、最近盛んに行われているようです。

いかがでしたか?

感染者が2人に1人とまで言われているピロリ菌ですから、あなたもわたしも持ってて不思議はないでしょう。

そして、コイツがすみついてると、潰瘍〜がんってコースもあるわけで、出来たらこんな菌は排除しておきたいところです。

最近では、まず尿素呼気試験などで、問題があった場合内視鏡検査って感じですので、まずは胃痛があるなぁ〜って人は、調べてみた方がいいですよ。

では、来週のイルネス辞典をお楽しみに〜




pirori




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2017年12月04日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

12月4日の月曜日でございます。

やっぱり12月は慌ただしい(笑)

1日、1日がカウントダウン的に、今年の終わりを告げていきますから当然なんですが…。

そろそろ焦りだす頃やね。

今年中にやるべきことを、キチンと整理しなきゃね〜。

やはりこういう時は、書きだすのが一番です。

だってそうしないと、すぐ忘れちゃうでしょ?

忘れてなくても、忘れてるフリも出来ちゃうしねぇ…

計画通りに事を進めるには、書き出して消していくのが確実ですわ。

ってことで、今日のネタに突入ですが、今日はそんなメモなどがいらなくなる、夢のようなお話…


脳にマイクロチップを移植することで、人体の潜在能力を一気に解き放つ--

まるでSF映画のような話を実現させようとしている男がいるんです。

彼の名は、オンライン決済代行サービス会社ブレインツリーの創業者、ブライアン・ジョンソン氏でございます。

彼は、は2016年、人間の思考とコンピューターを接続する脳インプラントにより人間の知能を高める開発を目的として1億ドルかけてスタートアップ企業カーネル社を創業し話題になっています。

先日ポルトガル・リスボンで開催されたウェブサミットに登壇したジョンソン氏は、心の潜在能力を解き放つことは、人類史上「最も偉大な達成」と発言しました。
 
ジョンソン氏は、15年から20年以内に脳に使用する確かなツールが登場すると予想しています。

そして、具体的に『完璧な記憶』『記憶を消すこと』『学習の速さを向上』『脳同士のコミュニケーション』といった事が可能になると言ってはります。

脳同士のコミュニケーションとは、他人の「記憶」や「考え」をそのまま自分の脳に取り込める的なニュアンスらしいです。

ですから、そこで「記憶」の売買までが可能になると、そんな風に考えてるらしいんですわ。

もうこうなると、想像の範疇を超えてきますから、SFとしか思えませんが、15〜20年後って事なら、ひょっとしてあるかもなと…。

そして、そのデバイスが、今で言うスマホレベルで普及するだろうと彼は戦略を立ててるわけです。

まぁ、夢のようなお話ですが、実際プロジェクトは進んでいるようで、カーネル社が現在取り組んでいるのは、人の医療用脳インプラントデバイスのプロトタイプ開発だそうです。

すでに病院のてんかん患者に対して実験を開始し、初期のものとしては良好な結果が出ているといいますから現実味はないわけではないようです。

今後は商業化が目指されるわけですが、まずは、健康な人向けのデバイスが登場する前に、アルツハイマー病などを患う変性疾患の患者の記憶力を改善するデバイスが開発されるそうです。

今開発されているのは、記憶機能を失ってしまった人のために、海馬用デバイスで脳の回路を回復し、記憶力を取り戻させるというものらしいです。

これは、非常に意義のある研究ですし、必要としている人もたくさんいるでしょうけど、記憶の操作ってのはねぇ…。

「脳」に直接何かを埋め込み、それで学習能力を上げちゃうなんて、なんだかインチキ臭いですが、可能ならもう凄いとしか言いようがないですしね…。

ブライアン・ジョンソン氏の予言通り、15〜20年後に完成するなら、わたくし院長もなんとか生きてるんじゃないかな…。

きっと幸せな老後を楽しんでるはずなんで、こういうものがもし、世に出たら冥途の土産に装着してもいいかな〜とか思わなくもないですね。

逆に、今はいりませんけど(笑)

きっとこういった装置が開発されたらされたで、もう色んな問題が出てくるでしょうけど、そこらへんは出てきてから考えるんだろうね。

完璧に記憶が消せちゃったら、これはこれでもう、大変ですよ。

間違って、消去ボタンとか押してもうたらとか、考えただけでゾッとするし(笑)

ま、少なくとも我々が望もうが拒否しようが、世の中は進んでいくわけですから…

こういったものも、いつかは完成するんだろうなぁ…。

この話も続報が入り次第、追いかけていきたいと思います。

では、また〜



bousi



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2017年12月03日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

12月3日のサンデーイルネスでございます。

12月やねぇ…(^^;

12月に入りましたって言ってから、もう3日ですから(笑)

今年も残すところ後4週間ってことになりました。

ま、12月は忙しいのもありますが、イベント事も多いですよね。

クリスマスとかあるし、忘年会もあるし…。

この忘年会ってのがくせ者で、いろんな仲間たちと催されるんで全部参加した日にゃ、もう大変です。

毎週末が忘年会(笑)

これでは身体がもちませんよねぇ…

てな始まりですが、この季節、体調管理は万全にしたいもんです。

てことで、今週のイルネス辞典ですが、今日はそんな体調不良のサインのひとつ…

「めまい」について解説していきたいと思います。

このめまいなんですが、意外と誰でも経験しながら、特に気にすることも無くスルーされてしまう症状の一つでもあるんですね。

軽い立ちくらみから、意識がなくなるような酷いものまで色々ありますが、意外と知られていない事が多いんですよね。

当院の患者さんでも、めまいを訴える方はチョコチョコいらっしゃいますが、特に何かしてるわけでもなく、やり過ごしてる方が多いんで、ちょっと解説してみようかと思った次第です。

ま、お気づきの通り、めまいってのは疾患名ではなく、症状なんですがそこから、どういった疾患が考えられるか、何故めまいがおこるかなど、解説していきましょう。

まず、めまいとは、一般に周囲のものが静止しているにもかかわらず、いろいろな方向にグルグル動いているように見えたり、クラクラして安定した姿勢を維持することが難しい状態をいいます。

では、そんなめまいですが、そもそも何故起こるのか…

簡単に平衡(へいこう)感覚の仕組みについて解説していきましょう。

私たちの体の平衡は、内耳や眼、筋肉や関節、それを統合している中枢神経系が協調して保たれています。

そのなかでも重要な役目をしているのが内耳で、内耳にある三半規管と前庭(ぜんてい)という部分が平衡感覚を感じとっています。

三半規管とは、3つの半規管(「前半規管」「後半規管」「外半規管」)のことで、これらの半円がそれぞれ互いに直角に位置してひとつになっています。

そのため、すべての方向の動きを三次元的にとらえることができます。一方、前庭は体の向きを感じとるはたらきをしています。

三半規管と前庭によって位置や向き、動きを正常に保ち、体はバランスを失うことがありません。

したがって、内耳や脳幹部などに何らかの障害があると、めまいが起こってくるわけです。

で、そのめまいには、種類があるんですね。

大きく分けて、回転性めまいと浮動性めまいがあります。

前者は、文字どおり自分の周囲がグルグル回っているように感じるめまいで、後者は、非回転性のめまいでフラっとするめまいです。

どちらも多くは一過性で、ほかに症状もなければ普通は心配ありませんが、なかには急を要する場合もあるので軽視は禁物です。

めまいが起きたら、まずどちらのタイプかを考え、そして持続時間は、繰り返し起こるか否か、随伴する症状はないかなどに注意を配ってください。

では、どんな疾患で、めまいが起こるかという事ですが、耳の異常をはじめとしてさまざまな原因で起こります。

耳が原因の場合は、ほとんどが強い回転性のめまいです。

代表的なものがメニエール病、内耳炎などです。

突然、回転性のめまいが普通、30分から数時間続き、同時にあるいは少し前から耳鳴りや難聴が起こります。

吐き気や嘔吐、冷や汗、動悸などを伴うこともあります。

めまいは反復性で、数日・数週間・数カ月・1年に1回など人によってさまざまです。

耳が原因で起こるめまいのなかで最も頻度が高いのが良性発作性頭位めまいというやつで、急に上半身を起こしたり、振り返ったり、上を向いたりした時などに、急激に回転性のめまいが起こります。

めまいは長くても数十秒で消失、難聴や耳鳴りなどの聴覚症状は伴いません。

耳の異常より大変なのが、脳の異常によるめまいです。

脳幹や小脳、大脳の特定の領域の異常によって起こるめまいです。

脳の梗塞や出血は、病変の広がりによっては命にかかわります。

めまいのほかに頭痛や吐き気や嘔吐、感覚や運動、言語の障害などさまざまな症状が現れますので、おかしいと思ったらできるだけ早く受診することが大切です。

また、一過性脳虚血発作などは、複視(ものが二重に見える)や構音障害(発音が上手くできない)などの症状もみられます。

いずれにせよ、放置するのは危険な疾患ばかりですので、該当する部分があれば、すぐに受診しましょう。

後は、不整脈やパニック障害でもめまいがおこることがあります。

こちらのめまいは、浮動性めまいが多く、フワーッと意識がなくなるようなめまいがします。

というように、様々な疾患でめまいはおこります。

ですが、なにもなく「めまい」だけがおこるということは、基本的にありません。

どんな小さな「めまい」でも、そこに何が隠れているかわかりませんので、頻発する時は注意して、できるだけ早めに受診するようにして下さい。

どんな病気でもほったらかすのが一番いけません。

正しい知識を持って、早めに対処しましょうね。

では、来週のイルネス辞典をお楽しみに〜



memaineko



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop