弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年02月21日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

2月21日の水曜日でございます。

早いもんで、2月も残り1週間でございます。

3月に入れば、そりゃまだ寒い日はあるやろうけど、もう響き的にも春やでな。

後半になれば、桜どーのと言うてますやろし…。

やっとトンネルの出口が見え出した感じですね。

でも、同じ気温でも気のせいか、春が近いと思うとマシな気がします。

ってことで、今日はそんな「気の持ちよう」の最たる話…。

みなさん「プラセボ効果」ってのはご存じ?

このブログでも、何回か言葉としては登場しております。

wiki読んだ?

つまりは、思いこみの事ですよ。

で、今日はそんな思いこみから、こんな事にもなるんだなぁ〜って実験のお話を紹介したいと思います。

被って電気を流せば神秘体験が得られるという触れ込みの「神のヘルメット」。

これを使った実験がオランダはアムステルダムで行われました。

ですが、実は普通のヘルメットにコードを取り付けただけのもので、しかもその配線は繋がっていない、全くの偽物です。

にもかかわらず、神秘体験を得たという人が続出したってお話…。

特に自ら、スピリチュアルであることを自認する人々には効果テキメンだったそうなんです。

なんか悪い実験やなぁ…

そもそも、アムステルダム大学研究チームのテーマは、宗教的儀式におけるアルコールの役割を探ることでした。

トランス状態や神秘体験を生じさせるために宗教的儀式で薬物が使用されることは珍しくないようですが、そうした状況におけるアルコールの効果はほとんど注目されてこなかったそうで、そういうのを調べようと…。

まぁ、科学者ってのは、何でも調べなきゃ気が済まない人種のようですから、こんな事にもお金と時間と労力をかけて全力でぶつかるわけですね。

で、こうしたアルコールの役割を検証するために、神のヘルメットなる装置が用いられたわけなんです。

これは本来、微弱な電磁気径頭蓋脳刺激によって生じる超常体験を調べるために設計されたものなんだそうですが、今ではプラセボ体験を作り出す上で便利であることが知られているそうです。

実験では、3日間のローランドフェスティバル中、193人の被験者に神のヘルメットを着用してもらいました。

被験者は実験前に、ヘルメットは脳を電気で刺激し、神秘体験をもたらすと説明されます。

もう、こんな説明があったら、それだけでわたくしなら、神さんが見えてきます(笑)

これは、もう思いこませる気マンマン過ぎて、悪意すら感じますね。
 
また被験者は宗教心やスピリチュアルへの関心についてのアンケートに記入し、実行機能検査と血中のアルコール濃度検査も受けました。

さらに心拍数などの健康をモニターするとも説明され、それから目隠しとホワイトノイズが流れるヘッドホンを着用し、神のヘルメットをかぶった上で15分座り、その最中に何か「普通ではない」ことを感じたらボタンを押すよう指示されました。

このような説明にもかかわらず、実際には健康モニターは機能していなかったそうです。

そして問題のヘルメット、メタリックカラーのスケボー用ヘルメットで、ライトが点滅する精密機器に見せかけた箱から伸びた配線が後頭部につながってはいますが、脳を刺激する電磁気を発生させることはもちろん出来ません。

ところが被験者の大半が何らかの「普通ではない」経験をしたと報告しちゃうわけですよ。ねぇ〜…。

圧倒的に多かったのは、微かな体の感覚で、78.5パーセントが報告しています。次いで強い体の感覚が30.1パーセントありました。

それ以外に幻覚や時空の歪みといった、なかなかディープな体験も報告されたそうです。

30.3パーセントは実験中に気が散ったり、疑心が芽生えたと報告しているそうですが…。

中には椅子の上に浮いているといったものもあったそうで、ハマった人にはハマったようですな。

以下は、その「普通ではない」体験の一部でございます。

・ヘルメットのせいで体の自由がきかないような気がしました。頭がぐるぐる周り、目も回っていました

・強い重力か磁力によって頭が後ろに引っ張られました。元に戻そうとしたのですが無理でした

・椅子の感覚が消えて、椅子が倒れると、私は浮いていました。机が激しく揺れると、隣に暗い存在を感じました。そして私の耳に向かって何事かをささやくのが聞こえましたが、意味は分かりませんでした

などなど…。

これがプラセボ効果だけなんですから恐るべしだよなぁ…。

なお全体としては、アルコールによって結果が左右されることはなかった(血中のアルコール濃度検査および自己申告のケースで同様)そうです。

そして、神秘体験と強い相関があったのは、宗教心ではなく、スピリチュアルへの関心だったそうです。

つまりは、信仰心などより、そもそも不思議な事が好きかどうかで、随分変わると思います。

ちなみにわたくし院長は、ばばハマりします(笑)

絶対ハマります。

そしてしばらく還ってきません(笑)

まぁ、ここまで顕著にプラセボ効果がでるのなら、これもやはりひとつの「効果」として効果があるわけで…

医療現場でももう少し使っていけるんではないかと思います。

偽薬と言ってしまったらなんかニセモノみたいですけど、効果はたしかに「ある」わけで…

それなら偽とは言えませんもんね。

要は目論み通り効果があれば良いんですから、アリだとは思います。

ただ、どこまで患者(被験者)に知らせるかですよね…。

いつまでも隠し通すのが果たして良い事なのかどうか…

ですが、種を明かしてしまえば、もうその人にはこの「効果」は使えなくなる可能性が大きいですからねぇ…。

まぁ、騙された方も、効果があったなら許すかもしれませんけどね。

ではまた〜



pura



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年02月19日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

2月19日の月曜日でございます。

2月も残すところ10日ほど…

少しずつ春に向かってるとはいえ、まだまだ寒いよねぇ…。

この時期、寒いのももちろんなんですが、乾燥も辛いですよねぇ…

特に手がカサカサでもう、水分、油分ゼロですわ。

特にわたくしの場合、施術前後に、アルコールで手を消毒します。

これ、結構、クセになってて、院内の色んなところにアルコール液を配置してあるんですが、日に何度も噴射しております。

で、こいつがなかなか強力で、手の油分を持ってっちゃうんですよね。

で、手がカサカサになると…。

まぁ、その分消毒されてるんでしょうけど、このカサカサ加減はなかなか辛いもんがありますわ。

てことで、今日は珍しく書きだしから、そのままネタに突入していくんですが、今日のネタはこのアルコールに関してお話ししようかと…。

新年会も一通り終わったころですし、ちょっと落ち着きましたけど、年末年始は、お酒を飲む機会も多くなってましたよね。

で、お酒と言えばアルコール。

先ほどからお話ししている、消毒液もアルコール。

これらは同じ成分を含んでるわけですね。

で、かたや消毒する目的なわけで…

ゆえに、お酒を飲んだら消化器系の消毒効果があるんやろうか…

なんて、考える人がいても不思議ではないですな。

つまり、お酒を飲んで胃腸や喉の殺菌をすることはできるんか?

お酒の種類やアルコール濃度によって効果が違うのか?

アルコールが強いと抗菌できても体にダメージを与えないか?

とか…

これらの疑問をちょっと科学的に検証してみましょう。

例えば、ワインは昔から殺菌効果があることで知られてます。

3世紀のローマの将軍は、赤痢予防にワインを飲むよう兵士に推奨してたとかいう話もあるみたいですしね。

実際に、1988年にはワインをはじめとする飲み物の抗菌作用が調査されたことがあるそうです。

ワイン、炭酸飲料、ビール、スキムミルク、水にサルモネラ菌、シゲラ、大腸菌といった感染性腸内細菌を入れ、2日後に観察したところ、赤ワインの細菌はかなりの打撃を受けてたそうです。

ビールと炭酸飲料にもそうした効果が、多少認められたようなんですが、ワインほどではなかったそうです。

数年後、ワインの抗菌作用の源を探ろうとまた別の実験が実施されました。

研究者は赤ワインにサルモネラ菌を入れ、それをアルコール度数とpHを同様に調整した溶液と比較してみたそうです。

この実験で、赤ワインには、溶液以上の強力な抗菌作用があることが観察されました。

その抗菌作用の大部分はpHとアルコール度数に起因するものでだったようですが、それだけではないことも判明しました。

アルコール度数は、確かに抗菌作用において重要な要素となっています。

手を消毒するには、60〜80パーセントの高濃度アルコールが最適であると考えられています。

いわゆる、先ほどお話した、手にシュッてやるやつね。

アルコールの口内細菌に対する浸透度と殺菌効果を調査した研究では、40パーセント未満の度数になると細菌の繁殖を抑える効果がかなり弱まることが判明しているそうです。

そして、度数が10パーセントになると、ほとんど殺菌効果はないということです。

また暴露時間も重要な要素です。

40パーセントのアルコール(ウォッカと同じ度数)なら、15分以上暴露させれば、6分の時と比べて、細菌の繁殖抑制効果がかなり上昇します。

そして、この度数なら1分以上でも口内細菌を殺菌する作用が多少はあるという結果が出ました。

つまり、ウォッカで1分以上以上うがいしたら、殺菌効果があると…。

47名の健康なボランティアを対象とした実験では、胃カメラを飲んでもらっている最中、度数の異なるアルコール(4パーセント、10パーセント、40パーセント)と食塩水(対照群として)を胃の下部に直接噴霧して、その影響を観察した。

するとアルコール度数が高いほどに、胃にダメージが生じることが確認された。典型的なダメージは出血を伴う浸食である。

しかし小腸には同様のダメージは生じなかった。また高度数アルコール(10パーセント以上)によるダメージは回復まで24時間以上を要した。

理論上、十分度数の高いお酒を摂取した場合(あるいは口の中に1分以上含めた場合)、腸内および口内の細菌はかなりの数が死ぬってことですね。

ですが同時に、胃壁を痛める可能性も非常に高いということですね。

ですから、理論上、十分アルコール度数が高いお酒を、腸や口内の組織にきちんと暴露させれば、殺菌作用を得ることは可能ですが、同時にそれで胃腸を痛める可能性も高いと…。

て、実験するほどのことじゃないような(笑)

この実験のために、47名もの人に胃カメラ飲ませて酒噴射して(笑)

大変やったと思いますが、まぁこういった意味のなさそうな事の積み重ねが、新しい発見につながるんでしょうね。

でも、酒飲んで殺菌作用があるなら…

毎晩飲んでる人々は、滅菌処理みたいなもんですから、それもおそらく違うでしょう(笑)

アルコールを摂取すると、基本血中に回りますし、そこから体内には一切取りこまれない不要物がアルコールです。

昔は百薬の長なんて言いましたが、今はほとんど飲酒に利点はないと言われていますから…

少しでも飲む理由を探したかったのかもしれませんね(笑)

ではまた〜



arc



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年02月18日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

2月18日のサンデーイルネスでございます。

今月も後10日となりましたね。

そろそろ春の足音が、コツコツと…

いや、春やし、ヒタヒタとか?

いや、バタバタか?

ん〜

春の足音にふさわしい音って…

スタスタかな?

意外と思いつかないぞよ。

みなさんも考えてみて下さい(笑)

それはそうと、今日は京都マラソンの日なんですよね。

なので、京都の街は交通規制だのなんだので、混みまくるのでわたくしはいつも通り、大人しくしときます。

ってことで、今日のイルネス辞典なんですが、今日は「う」ってことで、これも色々考えましたが「ウィルソン病」に決定いたしました。

ウィルソン病…

聞いたことない?

あんまり有名ではないかもしれませんが、発症頻度は3万人〜3万5千人に1人と言われています。

したがって、現在、日本の1年間の出生数は約110万人ですので、毎年約30〜35人の患者さんが出生していることになります。

出生しているという事でお分かりかと思いますが、ウィルソン病は、常染色体劣性遺伝(じょうせんしょくたいれっせいいでん)に基づく先天性銅代謝異常症(せんてんせいどうたいしゃいじょうしょう)という遺伝子疾患です。

銅が全身の臓器、とくに肝、脳、角膜、腎などの細胞内に過剰に沈着し、その結果引き起こされる細胞障害、臓器障害に基づき、さまざまな臨床像を示します。

肝障害と脳幹基底核(のうかんきていかく)変性に基づく症状が特徴的です。そのためにウィルソン病は肝‐レンズ核変性症とも呼ばれています。

銅が全身にまわる病気…

銅と言えば10円玉。

あんなのが、臓器に沈着したらそりゃ、身体に悪そうですよね。

とは言え、銅は生体にとって必要不可欠な金属であり、必須微量元素と呼ばれています。

毎日の食事から少しずつ体内に取り込まれているんですね。

ですから、これが必要以上に身体にたまっちゃう病気と、そういうわけですね。

では、原因ですが、ウィルソン病は、前述したように常染色体劣性遺伝形式に基づいています。

保因者は、日本では100〜150人に1人と推定され、欧米の200人に1人という頻度よりも高く、決してまれな病気ではありませんね。

100〜150人に1人の保因者ってことは、もう同級生に1人位いるってことですからね。

では遺伝子疾患である以上、基本敵に予防することは出来ませんが、早期からの治療でかなり症状を抑えることができます。

では、その症状の現れ方ですが、多様な臨床症状を示すとされています。

とくに肝硬変、錐体(すいたい)外路症状といって、構音障害(発音が出来にくい)・嚥下障害(物が飲み込みにくい)、振戦(しんせん)(細かい震えのような動き)、筋緊張亢進(きんきんちょうこうしん)など)、カイザー・フライシャー角膜輪(かくまくりん)(角膜周辺に銅が沈着して1〜3o幅の暗褐色の輪が認められる)の古典的な3主徴が現れます。

のほかにも、精神症状、腎尿細管障害、造血障害、骨異常など、種々の症状を伴いますが、上に挙げた3主徴が特徴的過ぎますので、ここがポイントとなるでしょう。

特に、錐体外路症状(発音できない、飲み込めない、細かく震える、筋肉が異常に緊張する等)は、気付きやすいと思いますので、兆候を見逃さないようにしましょう。

ウィルソン病の原発臓器である肝臓の障害は、大きく劇症肝炎型(急性発症型)と慢性肝炎型に分けられます。

後者は、脂肪変性から始まって慢性肝炎の時期をへて、徐々に経過しながら10〜20年後に肝硬変になります。

好発年齢は、5〜20歳ころまでですが、30〜40歳で発症することもありますので、こちらもどうだかあてになりません。

銅の過剰蓄積は肝臓から始まるため、通常、肝障害が神経症状に先行すると考えられています。

一般に、10歳以下の若年発症のウィルソン病では、肝障害が多いので、そちらも注意しましょう。

そして、10歳以降では発症の場合、先ほどの錐体外路症状などが多くなると思われます。


幼児期、学童期の発病は肝障害型が多いため他覚的所見が少なく、診断には家族、とくに母親への問診が重要です。

子どもの無気力、集中力低下、学業低下、食欲不振、動作緩慢(かんまん)などの症状に母親など家族が気づいて受診する場合が多いようです。

遺伝性の病気のため、血族に同じ病気をもつ人の有無も重要になります。

早期発見が最も重要ですが、幼児や学童などに原因不明の肝機能障害がみられた時には(不随意運動などの神経症状を伴っている時にはなおさら)、まず第一にこの病気を疑うことが大切です。

それには、まず知っておかないと話になりませんからね。


では、治療の方法と予後についてですが、まず治療の基本方針は、銅の排泄促進を図ることです。

早期に発見して早期に適切な治療を行えば、銅代謝異常をコントロールすることが可能であり、予後を十分に改善できます。

しかし、神経症状がかなり進行した場合には予後は不良です。

死因は肝不全、食道静脈瘤(しょくどうじょうみゃくりゅう)の破裂による消化管出血、神経障害、感染症などです。

(1)食事療法

生涯にわたって銅含有量の多い食物(たとえば貝類、レバー、チョコレート、キノコ類など)の摂取を制限して、低銅食(1日1.5r以下)にする食事指導が行われます。

(2)薬物療法(表12)

体内にたまった銅の除去、銅毒性の減少を目指して、銅排泄促進薬による治療が、発症予防を含めて第一選択になります。

生涯にわたって必要な治療であることを十分説明してもらい、納得して治療に専念することが大切です。また、肝障害や神経障害に対する対症療法も必要に応じて行われます。

というように、症状が進行してしまってからでは、かなり重い症状が出てしまいますので、早めに対処することが一番です。

まぁ、これはどんな病気にも言えることですが…

ですが、遺伝子疾患の場合、まったく思いもかけない所で発症してしまうため、やはり知識がないと後手に回ってしまいます。

まずは知ること。

これが大事ですからね。

では、今週はこの辺で…

来週のイルネス辞典もお楽しみに〜





10enn




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop