弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年06月17日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

6月17日のサンデーイルネスでございます。

6月も後半に入り、一層鬱陶しさが増しとりますが、みなさんいかがお過ごし?

ジメジメするよりカラッと暑い方がまだマシだよねぇ…。

もう、早く夏来い。

ってことで、今日のイルネス辞典ですが、本日は「特発性血小板減少性紫斑病」ってヤツを解説していきたいと思います。

えーまずは、どんな病気かってことですが「特発性血小板減少性紫斑病(ITP)は後天性の血小板減少に基づく出血性疾患のひとつです。

小児では発症から6カ月以内に血小板の数が正常化する急性型が80〜90%を占め、6カ月以上血小板の減少が続く慢性型は10%程度にすぎません。

後天性ということですから、原因は何かってことですが、急性ITPでは、典型的には発症の2〜3週前に先行するウイルス感染症やウイルス生ワクチンの接種歴が認められます。このことから、感染したウイルスとその抗体の免疫複合体が血小板に付着するなどして血小板が感作(かんさ)(感受性のある状態にする)され、網内系(もうないけい)(主に脾臓(ひぞう))で選択的に破壊されると説明されてきました。

しかし最近では、慢性ITPと同様に自己免疫機序(仕組み)により血小板自己抗体が作られ、抗体の付着した血小板が網内系で捕捉・破壊されるとも考えられています。

なぜ自己の血小板に対する抗体が作られるのかは解明されていませんが…

症状として、大小さまざまな皮膚の出血斑が、四肢をはじめ顔面や体にもみられます。

痛みやかゆみは一般的には伴いません。血小板の数がより低値の場合は、鼻粘膜や口腔内粘膜からの粘膜出血斑もみられたりします。

最も危険な合併症である頭蓋内出血の頻度は急性ITPの0.5%とまれですが、その40%は4週以内の病初期に発症し、血小板の数も1万/μl未満の例がほとんどです。

それまで健康であった小児に、かぜ症状などの数週後に出血斑がみられた場合は、ITPが疑われ、末梢血検査が必要です。

正常な血小板数は15万/μl以上ですが、ITPではさまざまな程度に血小板の数が減ります。

骨髄検査の必要性については議論がありますが、他の血小板数低下を示す疾患が少しでも疑われる時には必要と考えられます。

ではそんな、「特発性血小板減少性紫斑病」の治療の方法ですが、小児急性ITPの多くは、6カ月以内に治る予後良好な疾患です。

が、出血症状が強く血小板数が1万/μl未満の時にはすみやかに3万/μl以上まで血小板数を上昇させることが必要となります。

つまり、少なすぎると増やさなきゃいけんってことですよね。

ちなみに、この病気に罹れば、ひどくなると少しの圧迫でもじんわりと出血し、紫斑が現れます。

ちょっと机なんかに手をぶつけたとかだけでいわゆる「青タン」ができちゃうわけですね。

こうなると、なんとか血小板の数値を上げなくてはいけません。

それには、以下のような方法を取ります。


(1)免疫グロブリン大量療法

すみやかに止血安全域まで血小板数を上昇させたい場合には第一選択となります。

文字通り、免疫グロブリンてのを投与します。


(2)ステロイド薬

(1)の治療が行えない時などは、ステロイドの投与が行われます。

また発症後1年以上経過した慢性のITPで、出血症状のため生活に支障を来している場合や、(1)や(2)の治療が日常的に必要な場合で5歳以上であれば、脾臓の摘出が考慮されます。


とまぁ、慢性化し悪化すると厄介ですが、早めの治療が行えれば完治しますのでまずは早期発見です。

この病気は、紫斑という目印が出ますので、比較的見つけやすいと言えると思います。

いかがでしたか?

どんな病気でもまずは知識を持つことです。

知識さえあれば、何でも早めに手を打てますからキチンと勉強して下さい。

では、来週のイルネス辞典をお楽しみに〜




neko



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年06月12日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

6月12日の火曜日でございます。

現在、朝の7時前ですが、久しぶりに青空が出ておりますよ。

まぁ、梅雨時ですから、一日こんな天気って事はないでしょうけど、やはり晴れると気持ちいいですな。

6月ももうすぐ半分ってとこですし、梅雨もあと1ヶ月位でしょうね。

1ヶ月後にはもう、祇園祭ですがな。

早いもんだねぇ…。

去年も、この時期、この祇園祭にかんしてなんだらかんだら書いてますが、まぁやはり京都の夏を告げる、大事なイベントですよねぇ〜。

この歳になり、何となく伝統文化も大事にしなきゃなぁ的な感覚が、少し分かったような分からんような(笑)

日々成長中の院長でおます(笑)

ってことで、成長と言えばいまや、日進月歩変化しているコイツでしょう。

では、今日はコイツに関して少々語らせていただきましょう。

そう。コイツとはいわゆる、人工知能(AI)のことで、かれらの進歩は、我々の未来をも担ってるといっても過言じゃないよね。

なにせ、続々と「ヒト」より上をいく性能が完成していってるんですわ。

ちょっと前の話ですが、中国のアリババ・グループ・ホールディングが開発したAIモデルは、スタンフォード大学の読解力テストで人間よりも優れた成績を残したそうですよ。

同社によると、機械による成績が生身の人間を上回ったのは初めてってことですので、まぁついにきたかって感じでしょう。

いわゆる自然言語処理は、人間が言葉や文章を理解するプロセスを模倣します。

スタンフォード大のテストは500を超えるウィキペディアの記事に基づき、機械学習モデルが大量の情報を処理して正確な答えを引き出せるかを探りました。

この技術は、カスタマーサービスや博物館での案内、患者からの質問に対するオンライン回答などに順次応用でき、すぐにでも使える技術と言っても過言ではありません。

そして、何といってもAIの凄いところは、人工知能なわけでただ覚えるわけではなく、入力していった情報を学習し処理していくので、覚えれば覚えるほど賢くなってくわけですね。

で、先日ついにこんなAIまで登場しました。

人工知能(AI)と皮膚科医が正確かつ迅速に「皮膚がん」を発見する対決を行ったところ、AIに軍配が上がったとする研究論文が、英医学誌「Annals of Oncology(腫瘍学年報)」に掲載されました。

ドイツ、米国、フランスの研究チームはディープラーニング(深層学習)の一種である畳み込みニューラルネットワークというAIを使ったシステムに10万枚以上の画像を示し、皮膚の病変が良性か悪性か識別できるよう学習させ、17か国の皮膚科医58人と競い合う形でメラノーマ(悪性黒色腫)か良性のほくろかを識別する画像テストを実施したそうです。

結果、画像から正確に皮膚がんと診断できた割合は、皮膚科医が平均で86.6%だったのに対し、AIのシステムは95%に達したそうです。

まぁ、医者にもレベルがあるんでしょうが、10%近い誤差がある以上、AIの勝ちでしょうな。

論文の第一著者であるハイデルベルク大学のホルガー・ヘンスル氏は、「AIが見落としたメラノーマの数は少なく、皮膚科医より検知能力が高いということになる」と指摘したそうですから間違いないね。

また「良性のほくろをメラノーマと誤って診断することも少なかった」といい、「不必要な手術を減らすことにつながるかもしれない」との考えも示しました。

なかなかやるな。AI。

まぁ、もちろん全てをAIに託すわけではありませんが、例えば「がん」を発見するツールとして、医者が活用するのであればもう、鬼に金棒やろね。

人間の知識と言っても、ほぼ経験則からのものなわけで、それをジャカジャカ積んでいくAIには敵うわけないんですよね。そもそも…

ただの機械化じゃない人工知能。

これからの人類の発展には欠かせないでしょう。

特に、こういう医療系のメカはどんどんできていって欲しいもんです。

例えば、世界一の名医の知識を、そのままAIが学習してくれれば、その技術は世界中で生かせますからね。

もちろん最後は人間の眼で判断するべきでしょうけど、膨大なデータを蓄積できるAIは強い味方です。

ほんと、ここまで賢くなると、人類を敵に回して反乱を起こすなんてことも可能な気がしてきますけど、ま、それもわたしの生きてるうちは大丈夫でしょ(笑)

ではまた〜



nekoisya



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年06月10日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

6月10日のサンデーイルネスでございます。

6月も早や1/3が終了でんがな。

梅雨もボチボチ全国的に広がり、日本中を覆っておりますな。

まだまだ当分は鬱陶しいことですが、これをすぎないと夏はきませんからね。

ということで、今週のイルネス辞典ですが「低カリウム血症」について解説していきます。

では、その低カリウム血症とは、どんな病気かってことですが、まぁ読んで字の如くですな。

体のなかのカリウムのほとんど(98%)は細胞のなかにあり、残りのわずか(2%)が血液中など細胞の外に存在しています。

しかし、血液中のカリウムは細胞のはたらきを調節するうえでとても重要で、この値が乱れると全身に重大な障害が生じます。

通常、血液中のカリウム濃度は3.5〜5.0mEq/lという狭い範囲内で維持されていますが、3.5mEq/l以下に低下した状態を低カリウム血症といいます。

要するにカリウム濃度が下がっちゃうってわけですね。

では、このカリウム、濃度が下がるとどんな症状がおこるかってことですが、カリウムの低下で障害を受けやすいのは、筋肉(骨格筋や心筋)、消化管、腎臓です。

実際に現れる症状としては、軽症であれば脱力感や筋力低下など骨格筋の症状、悪心(おしん)、嘔吐、便秘など消化管の症状、そして多尿、多飲など腎臓の症状が主体ですが、重症の場合は四肢麻痺(ししまひ)、呼吸筋麻痺、不整脈、腸閉塞(ちょうへいそく)などに至ります。

軽症では気付かぬこともあるくらいですが、重症になると侮ることはできません、この症状ですが、一体原因はなんなんでしょう。

低カリウム血症が起こる原因としては主に下記の3つが考えられます。

(1)カリウムの摂取量が少ない

(2)体外に出ていくカリウムの量が多い

(3)血液中から細胞のなかにカリウムが取り込まれてしまう

(1)の原因としては拒食症(きょしょくしょう)、大酒家など長期間にわたって偏った食生活をした場合です。

(2)の原因はさまざまですが、下痢や嘔吐などで消化管から消化液とともにカリウムが失われてしまう場合や、利尿薬や副腎皮質(ふくじんひしつ)の病気(アルドステロン症やクッシング症候群など)により腎臓から尿中にカリウムが失われてしまう場合などがあります。

漢方薬に含まれる甘草(かんぞう)の成分が腎臓で副腎皮質ホルモンの作用を増強して、尿中に大量のカリウムが失われることもあります。

(3)はアルカローシスといって、何らかの原因で血液がアルカリ性に傾くことや、血糖を下げるインスリンというホルモンが血液中に増えることなどが原因になります。

甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)の場合にもしばしば起こります。

低カリウム血症を診断するには、血液中のカリウム濃度を測定するだけで可能ですが、その原因を明らかにしなければ治療ができません。

前述のとおり、低カリウム血症には3つの大きな原因があるので、そのうちのどれにあてはまるのかをまず明らかにします。

具体的には、食べ物、薬、点滴などによって体に入るカリウムと、尿中その他に出るカリウムのバランスを調べるわけですが、これには血液中、尿中の電解質濃度、動脈血ガス分析などの検査が必要です。

消化管からのカリウム喪失が疑われる時は消化管の検査(内視鏡検査など)が行われ、腎臓からのカリウム喪失が予想されれば、腎機能検査や副腎皮質ホルモンの検査などが必要になります。

また、全身の症状を調べるために心電図や腹部のX線検査なども必要です。

では、この低カリウム血症ですが、治療の方法はと言いますと、治療の原則は、原因になっている状態を改善することです。

対症療法としてカリウムの補充も行われます。

軽症の場合は、まずカリウムを多く含む食事(野菜や果物)がすすめられ、さらに経口カリウム製剤の内服が加えられます。

重い低カリウム血症や経口摂取が不可能な場合には点滴により補充されますが、急激な血中カリウム値の上昇も逆に危険なので、時間をかけて慎重に投与されます。

また、場合によっては尿からのカリウム排泄を抑える薬も服用します。

この薬は、副腎皮質ホルモンのうちの鉱質コルチコイド(アルドステロン)の作用を阻害する薬で、副腎疾患や甘草が原因の低カリウム血症にはとくに有効です。

とこのように、原因によって治療はさまざまで、何故低カリウムになっているかがとにかく大事なわけです。

ですから、そこを改善していかないと永遠にカリウムを追加しなければいけない身体になってしまうわけです。

いかがでしたか?

ひとつの症状(疾患)ですが、原因はかなりたくさんあるわけで、その原因を探ることこそが根治に重要だという良い見本のような疾患でした。

この症状も、知識さえあれば治療法はいくらでもありますので、まずは知識をもちましょう。

では、来週のイルネス辞典をお楽しみに〜



kariu



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop