弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年04月19日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

4月19日の木曜日でございます。

これを書いてて、あれ?今日って何の日やっけ?

見覚えのある日付けやなぁ…

とか、数分考えてると、思いだしました。

わたくし院長の母君の誕生日でした(笑)

な〜んや。

母はいくつになったのか、自分の歳もあやふやになる年齢に差し掛かったわたくしには難しすぎますが、ここまで来たら出来るだけ長生きしておくれやす。

ってな個人情報からスタートした今日のブログですが、母は読んでないんでまぁいいか(笑)

では、今日はそんなヒトの寿命にかかわるお話をいってみましょう…。

ヒトの平均寿命に大きくかかわる疾患の一つ、「がん」。

日本でも死因のトップに君臨し続けていますし、こいつを退治することは人類の寿命を伸ばすことに繋がるわけです。

それだけに、あらゆる角度から研究がなされていますし、種類によってはかなりの確率で治癒するがんも出てきました。

そして今回、アメリカの研究で、マウス実験で腫瘍の97パーセントを治療した有望ながんワクチンが、ついに人間で試験される運びとなったそうです。

米スタンフォード大学研究で、今年終わりまでにリンパ腫の患者35名に治験を行う予定をたてています。

このワクチンは、免疫系を刺激してがん細胞を攻撃させるものだそうで、リンパ腫、乳がん、結腸がんなどさまざまながんを持つマウスを使った実験では、90匹中87匹のがんが消えており、転移があったがんにすら効果があったそうですから、期待大やん。

非常に有望な結果ですが、もちろん必ずしも人間でも同様の効果が得られるとは限らないので、これからのさらなる研究が待たれるところです。

実際にこれまでも、マウスのがん治療までは、大きな効果が得られた治療薬は結構ありましたし、このブログでもチョイチョイ紹介してたような…

で、こんな時、過去の記事のリンクを貼れたらいいんですけど、もう探すのが大変で(笑)

てことで、まぁ今までもこういう研究発表はあったってことです。はい。

で、今回の治験はリンパ腫の患者に限ったもので、他のがんには、今のところ効果が出るかどうか分からないらしいです。

では今回の新薬は、どんな薬かと言いますと、一種の免疫療法で、免疫細胞である「T細胞」を刺激してがんを襲わせるってタイプの薬です。

ご存知のように、がんの怖いところは、無限にがん細胞が増殖してしまい手に負えなくなるところにあるわけで、がん細胞単体レベルなら、ヒトが死ぬほどのことはないんです。

ですから、免疫細胞「T細胞」をパワーアップさせて、増殖する前に消しちゃおう作戦なわけですな。

通常、T細胞はがん細胞を異常なものと認識し、そこに潜入しては攻撃します。

しかし腫瘍が成長すると、T細胞の働きが抑制されてしまい、がんの増殖を抑えられなくなるんですな。

新薬の作用はこのT細胞を再活性化させるってものなんです。

細かい部分は置いといて、ザックリ説明すると、これを腫瘍に直接注射すると、2種の薬剤が相乗効果を発揮しながらT細胞を活性化させるわけです。

マウス実験では、新薬を腫瘍の1つに注入すれば、転移していたがんも取り除かれたそうです。

これは活発なT細胞が、体内の別の場所にも移動して、転移した腫瘍を破壊するからなんですね。

なかなかやるな。T細胞。

ですが、免疫療法自体は、そこまで新しいものではありません。これまでもがんを治療するためにいくつかの免疫療法が試みられてます。

例えば「CAR T細胞療法」と呼ばれる治療法は、患者体内の免疫細胞を採取し、遺伝子工学でがんと戦う細胞を作るというアプローチで、一部の白血病とリンパ腫に効果があることが証明されています。

これは、簡単に簡単に説明すると、患者の免疫細胞を体内から取り出し、パワーアップさせて戻すみたいなニュアンスですね。

このやり方もそれなりの効果は期待できるようなんですが、免疫細胞を取り出したりする手間などが今回のでは省かれ、スピーデイーに治療に移れるわけです。

まぁ、何にせよわれわれ一般人は、そうなった時、医者の判断に任せるしかないわけで、どんな手であったとしても選択肢はたくさんある方がいいですもんね。

とにかく死亡率の高い悪性新生物がん…

研究者達は、この病気の撲滅に全てを賭けてるでしょう。

だって、ここまでヒトを殺しまくってる病気ですもん、完全攻略法を発見したら、そりゃもう歴史の1ページですもんね。

やる気も湧いてくるってなもんでしょう。

でも、もし、がんを完全に治癒できる薬なんかが発明されたら…

もう人は死ななくなりますよね(笑)

現在、日本人の死亡原因トップ5は上から、悪性新生物(がん)、心疾患、肺炎、脳血管疾患、老衰となってます。

この第一位ですからねぇ…。

まぁ、ヒトが死ななきゃ死なないで、また世の中も変わってくでしょうし、それはそれなんですけどね。

若くしがんで亡くなる方もいらっしゃるわけですから、ここは研究者にもうひと踏ん張りしていただき、是非がんを根絶してもらいたいもんです。

できれば、わたくしの生きてるうちにお願いします(笑)

ではまた〜



gan



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年04月17日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

4月17日の火曜日でございます。

春爛漫な毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。

新入生ももう慣れたでしょうか。

まだ1週間から10日くらいですかね。

慣れるとまではいかなくても、まぁそれなりに楽しんでますかね。

わたくし位の年齢になっても、とりあえず、入学したての頃の思い出みたいのは残ってますもんね。

小学一年生の時は、ランドセルって代物が、とにかく重くて硬かったのを覚えてます。

当時のランドセルと言えば、男は黒の女は赤のもうガッチリ重いヤツのみでしたからねぇ…。

今は、軽いのとか、カラフルのとか色々ありますし、男の子が黒!って決まりみたいのもないみたいですもんね。

これも時代なんでしょう。

とにかく昔は、男子の色、女子の色って決まりがありました。

今や性別も自由に選べる風潮ですから、色がどうのとか言う方がおかしいってことでしょう。

ということで、今日のネタは、そんなジェンダーレスな時代のスゴイお話でもひとつ…

「乳の分泌を誘発するホルモンを使って、トランスジェンダー女性が、授乳できるようになった」とする初の科学的な臨床研究結果が、医学誌に発表されました。

ただ、乳の栄養価や子どもの安全面については、さらなる研究が必要だと専門家は指摘しているそうですが…

医学専門誌「トランスジェンダー・ヘルス」に掲載されたのは、男性として生まれた30歳のトランスジェンダー女性に関する研究報告です。

男性として生まれたトランスジェンダー女性…。

とうことは、身体の機能は男性なわけですわね。

で、ここでまず、院長は少し、ん?と思う事がありました。

トランスジェンダー女性という表現なんですが、そもそも「トランスジェンダー」って言葉の、明確な意味を分かってないなと…

最近「LGBT」という言葉も、チョイチョイ耳にするとおもうんですが、これの最後の「T」がトランスジェンダーです。

レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの頭文字を取って「LGBT」と表現しているわけです。

で、ここで4つの言葉があるという事は、この4つはすべて違うものってことになるわけですわな。

レズ、ゲイ、バイセクシャルと言えば何となく意味も分かりますが、じゃ、このトランスジェンダーってなに?

最初の3つは、基本的に恋愛対象にたいする言葉として用いられています。

つまり、同性愛を含んだものですね。

ですが、トランスジェンダーとは、恋愛観ではなく、自分自身の性(別)に対する違和感、つまり「性同一性障害」に近いニュアンスなんですね。

で、専門的に言うと、「性同一性障害」と「トランスジェンダー」はまた少し違う様なんですが、そこは細かすぎるので大体似てるもんだという認識で良いかなと…

性同一性が保てていない、つまり、身体の性と心の性が一致してないわけですから、恋愛対象は、「同性」になっちゃうんですが、ここで本人がその「性」を受け入れてないわけですから、あくまでも「同性愛」ではないわけです。

ややこしいな(笑)

つまり、男性の身体に生まれてきたけど、心は女性って場合、恋愛対象は男性に向けられるわけですが、自分が「男性」だと思ってないわけですから、「同性愛」との認識ではないわけです。

って、解説がややこしくなりましたが、話を戻すとこの授乳したトランスジェンダー女性は、6年間にわたって女性化ホルモン療法を受けていましたが、性器や胸の手術は受けていませんでした。

そして、パートナーの女性が妊娠したものの、授乳する意思を示さなかったため、「生まれてくる乳児の最初の栄養源となる役割を自分が担いたいと希望し」医学的アドバイスを求めたという運びのようです。

ここで、突っ込むとパートナーの女性の妊娠て、その女性のパートナーはあなたでしょ?

んん〜…

ってなりますが、とにかくこのトランスジェンダー女性は、卵胞ホルモンのエストラジオールや黄体ホルモンのプロゲステロンなど、乳の分泌を誘発するホルモンを使った療法を継続する一方、搾乳器を1日3回、5分ずつ両胸に使用するよう指導されたそうです。

研究報告によると、ホルモン療法の開始から3か月半後にパートナーが出産し、このトランスジェンダー女性は6週間にわたって自分の乳のみを乳児に与えたそうです。

その後、「乳の分泌量が足りないとの懸念」から栄養補助として粉ミルクを併用するようになり、乳児の成長や摂食機能は全く正常だったということですから、まぁ問題はなかったのでしょう。

これはスゴイ話ですけど、身体には悪いでしょうねぇ(笑)

この「男性が授乳する」という状態は、医学的に「女性化乳房」と呼ばれるホルモン異常の状態で、いわゆる「ドーピング」などの副作用として、男性ステロイザーが最も恐れる後遺症の一つです。

つまり、この場合筋肉の発達などを目的とした、ステロイドの投与により、ホルモンバランスが崩れ、女性ホルモン過多に陥り男性の乳房が、女性のように大きくなると…

ま、こういう「副作用」的なことをむりやり行ってるわけですからねぇ…。

男性は、そもそも乳汁をつくる「乳腺」という機関が退化してますから、十分な授乳とはいかないはずなんですがね〜。

それでも6週間、乳を与えたわけですから、なかなかの強者です。

今回の件は、たまたまうまくいったようですが、こういったホルモン療法にも副作用はつきものですし、うまくいかない事も多いです。

これからはこういった性別を超えた問題というものが、もっともっと起こるんでしょうね〜。

これも時代なんやなぁ…。

日本ではなかなか、こういった無茶(笑)な治療は受けられないでしょうから、やはり一番怖いのは真似をしちゃう人が現れることですかね…。

こういったホルモン剤、ステロイド剤って意外と簡単に手に入ったりしちゃいますから、適当に飲んで大変な目に合う人とか出てきそうやなぁ…。

そうならないように、もっとこのLGBT問題を医療として取り組まないといけませんね。

というわけで、今日は社会派なお話でした。

ではまた〜



jyunyu



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年04月15日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

4月15日のサンデーイルネスでございます。

気付けば4月も折り返しやないの…。

早いもんですわ。

もう、2週間もすればGWってことで、大型な連休なわけですよ。

今年は、長いとこで9連休とかありそうですねぇ…。

当院も、基本カレンダー通りなんですが、水曜休診の関係で2日(水)もお休みとなります。

ですから、29、30と連休の後、1日診療しての、2、3、4、5、6と5連休となってしまいます。

あ、あ〜…

休み過ぎだわ(笑)

でも仕方ない。泣く泣く休みます(笑)

ま、正月休みから待望したGWですから、キッチリ休ませていただきます。

人間、休むときは休まないとね。

ってことで、GWの告知から始まりましたが、イルネス辞典いってみましょう。

今日は「再発性多発軟骨炎」の解説をしていきたいと思います。

まず、どんな病気かってことですが、全身の軟骨組織に炎症と破壊が生じる大変稀な病気です。

男女差はなく中年に発症することが多いといわれています。

好発部位は耳、鼻、関節、気管などの軟骨で、炎症性の破壊によるさまざまな症状が出現します。

そして、稀な病気だけに原因は不明です。

ですが、軟骨の成分であるタイプUコラーゲンや糖蛋白質のプロテオグリカンに対する過剰な免疫作用により、軟骨の炎症、破壊が生じると考えられています。

発症は比較的急で、寛解(かんかい)(症状が落ち着いている状態)と増悪(ぞうあく)(ますます悪くなる状態)を繰り返します。

耳介軟骨(じかいなんこつ)に初発することが多く、耳介(いわゆる耳)の疼痛(とうつう)、発赤(ほっせき)、変形をきたします。

その他、関節軟骨、鼻の軟骨の障害頻度が高く、関節痛や鼻すじの変形(鞍鼻(あんび))をきっかけに診断されることも少なくありません。

とくに注意が必要なのは気管軟骨炎で、軟骨破壊の結果、呼気時に気管が狭くなり、喘鳴(ぜんめい)、呼吸困難が生じることがあります。

その他、眼症状(強膜炎など)、血管炎、腎炎(じんえん)、膠原病(こうげんびょう)などを合併することがあります。

そしてこの病気の診断を確定する特有な検査はありません。

体の炎症を示す赤沈(せきちん)の亢進(こうしん)、CRPの上昇、軽度の貧血、白血球増多などがみられます。

抗タイプUコラーゲン抗体がみられることがありますが、出現頻度が低く、診断にはあまり役にたちません。

そのため、病気の診断は臨床症状と病理検査で行います。

(1)両耳介の軟骨炎、(2)非びらん性の多発関節炎(3)鼻軟骨炎(4)眼の炎症(5)気管の軟骨炎、6)聴覚、平衡感覚異常(7)軟骨の生検で、軟骨炎の組織所見のうち3項目以上を認めた場合、再発性多発軟骨炎と診断されます。

では治療の方法ですが、軟骨破壊を防ぐために、炎症を抑えることが重要です。

軽症では、非ステロイド性抗炎症薬や少量のステロイド治療が行われます。

気管軟骨炎などの重症の場合は、大量のステロイド療法を行うとともに、メトトレキサート、シクロフォスファミドなどの免疫抑制薬を使用する場合があります。

また、気管軟骨炎では気管狭窄(きょうさく)による気道閉塞(へいそく)のため気管切開、ステント挿入、気管形成術など外科的治療が必要なことがあります。

呼吸器症状に注意して、早めに主治医と相談することが大切です。

再発性多発軟骨炎は耳鼻咽喉科、内科、外科の連携が重要ですので、総合病院での外来管理が望ましいと思われます。

急性期には軟骨組織が脆弱(ぜいじゃく)になっているため、局所の安静を保つことが大切です。

また、ステロイド薬を長期間服用することになるので、骨粗鬆症(こつそそうしょう)や感染症に注意して、うがい、手洗いを励行すること、疲労を避けて睡眠を十分とることをおすすめします。

とまぁ、なかなか厄介な病気ですが、罹ることは稀でしかも原因不明ってんじゃ、防ぎようもないですよね。

ですが、軟骨破壊等の症状を軽く抑えるためにも、初期処置は非常に大切です。

つまり、この病気を知っていることがまず一番大事です。

知っていれば、初期症状の早い段階で手を打つことができますから…

早期発見には知識を得ること。

まず知っておきましょう。

では、来週のイルネス辞典をお楽しみに〜




mimi




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop