弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2015年12月31日 [スタッフのこと]

マンスリーバチオ(Dec)

おはようございます、マンスリーバチオ(dec)です。

僕は今月テストがあったのですが、何とか問題もなく終わることが出来ました。
これも勉強に付き合ってくれた先生たちと、バイトを休みにして頂き勉強時間を取ってくださった院のみなさんのおかげです。

さてさて、今年の締めでもある12月31日という特別な日に本当に僕でいいのかな?と考えたりしますが今年最後のブログ、恐縮ですが見ていってください。

これから、会社や友人との新年会などがある人ほとんどが飲むであろう「お酒」について書いていこうと思います。

お酒は、百薬の長と言われるほど飲み方次第では薬となるものですが、それと同時に毒になることもあります。


皆さん知っていると思いますが、急性アルコール中毒というものがあります。

これは、飲酒により意識レベルが低下し、嘔吐、呼吸状態が悪化するなど、危険な状態に陥ることを言います。


これは、「一気飲み」をしたときにおこりやすく、最悪死を招きます。

この急性アルコール中毒を防ぐには、やはり「一気飲み」をしないことは重要だと思いますし、空腹状態で飲まないことも重要です。


空腹状態でお酒を飲むと胃や小腸からアルコールがいきなり吸収され、血中アルコール濃度が急上昇してしまい酔いやすくなります。

他には、胃腸薬やウコンなども効きますので、飲む前に服用したほうがいいでしょう。


今回、急性アルコール中毒について書いてきましたが、それ以外にもお酒の飲みすぎには色んな悪影響があります。


ただし、前述したように、お酒は百薬の長と言われ薬にもなりますし、実際お酒を飲んでいる人のほうが寿命が延びているという結果も出ていますので、程よい量のお酒は薬となるようです。


最後に、お酒の薬となるところ毒となるところを書いていきましたが、お酒を毒にさせないためにはやはり無理をしないことが一番ということですね。

皆さんも、新年早々に仕事がある人がいるかと思いますが、無理をしてお体を壊されないようにして下さい。



来年も弘泉堂鍼灸接骨院をよろしくお願いしますm(_ _)m






ではみなさん、よいお年を〜








31.jpg








京都 円町 弘泉堂鍼灸接骨院
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop