弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年02月23日 [色々なこと]

Mt.FUJI

お疲れ様です。院長です。

2月23日の金曜日でございます。

2、2、3で富士山の日…。

だって。

この富士山、ご存知の通り、日本一高い山なんですが、静岡県と山梨県に隣接してますので、どっちのもんや的な論争はいつの時代も起ってるようですな。

どちらの県も譲ることなく、こっちだあっちだとやられております。

ちなみに、静岡では本日、2月23日は、公立の小中学校では、休みなんだとか…。

何でも県の条例で、富士山の日条例てのがあるらしく、お休みなんだって。

でも、これは公立校の場合だけのようで、私立の学校や職務のある方は祝日ではないわけで、当然お休みではありませんわな。

ですから、親は仕事に行くが、小中学生だけ休みっていう、ややこしい日になっとるそうです。

でも、山梨県はお休みではないとか…。

だからといって、静岡側に富士山の権利があるかと言うと、また別の話ですが、院長は個人的に、静岡側からしか富士山は見たことないなぁと…。

まぁ、見たと言っても、新幹線の中からと、東名高速上で、車の中から見たことあるだけですが、どちらもすごくキレイでしたねぇ…。

そんな富士山の日ってことですから、今日はなんとなく富士山の話でもしてみようかと思って、ネタを探してみました。

ところでみなさん、登ったことあります?富士山…

わたくしはもちろんないですし、今後登る予定も願望もありません(笑)

ですが、日本一の山ですからねぇ…

一度くらいはと思わなくもないですが、まぁ、よほどのことがない限り、行こうとは思わないやろなぁ…。

ちなみにこの富士山、先ほども静岡か、山梨かって話をしましたが、じゃ、いったい誰のものなんでしょう?

普通、どんな場所であれ、私有地だの国有地だの県有地だのと、誰かしらの「所有物」となってるはずなんです。

ですから、この富士山にも持ち主はいるはず…

ってことで調べると、なんと意外な事に、富士山の八合九勺目(3360m)から上は「私有地」なんだそうです。

おお…。

という事は、個人のものなのか?

日本一の山を持ってる人がいるのかい?

一体それは誰なんじゃい?

っとおもったら、これは頂上に鎮座している「浅間神社」が持ち主なんだそうです。

ここにも、色々な物語があるようなんですが、もともとの持ち主は、かの「徳川家康」だとか…

それが1606年に家康から、富士宮大社に寄進されたそうです。

ですが、明治維新後に一旦国有地化され、太平洋戦争後、全国で国有地化された寺社の土地が返還されていったんですが、富士山頂だけは、一部を除いて返還されなかったそうなんです。

これには、静岡、山梨両県の県境が画定されていないため登記できなかったからという理由があるようですが、それでもそこから長い時を経て、2004年にようやく浅間神社に戻ったとかって経緯らしいです。

へぇ〜…。

で、この持ち主問題は、とりあえず解決したようなんですが、結局県境の問題については、未だ解決しておらず、住所も定かではないようなんですね。

ですから、あの大きな敷地?の中に色々な住所が存在すると…

例えば、五合目のレストハウス「五合園レストハウス」は〒403-0005山梨県南都留郡鳴沢村458字富士山8545-1

なんて住所なんですよね。

で、次のは山頂郵便局なんですが「富士山頂郵便局」〒418-0011静岡県富士宮市粟倉地先(富士山頂)

と、まぁ県まで違うと(笑)

ちょっと面白いでしょ?

さすが日本一の富士山ですよね。

日本一だけあって、話のネタはまだまだありそうですので…

続きは来年にします(笑)

きっとしますんで、覚えといてください。

ではまた来年〜




fuji




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop