弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2015年12月22日 [ダイエットのこと]

サプリメント

お疲れ様です。院長です。


今日は22日です。今年も残すところあと9日…


ついに一桁…

うわ〜…年末

明後日はクリスマスイブ☆



そういえば、この院にはツリーとか飾りが全然ない…

リースくらい飾ればよかった…

来年はちょっと飾りましょう。


てことで、ついにカウントダウンが始まった年末ですが、みなさんそろそろお疲れがでている頃じゃないですか?


仕事納めにむけて大忙しだし、忘年会はあちこち顔出さなきゃならないし…

もうすぐ来る正月休みを最大のエサに、気力、体力を振り絞ってる頃じゃないですか?


こういう時は、よく栄養をとってって言いますが、その場合の栄養ってなに?

てことで、栄養素とサプリメントのお話といきましょう。


栄養素と言われるものにはいくつかあり、その中でも「蛋白質」「脂質」「炭水化物(糖質)」が三大栄養素として君臨しています。


ふむふむ。

これくらいはだれでも知ってるよな。うんうん。


この三大栄養素を摂取すればいいだけなら、そんなに難しくはないんです。


たとえば、牛丼とか、カツ丼なんかをガッツリ食べれば、この三大栄養素はバッチリ賄えます。

でも、それではオーバーカロリーだったり、消化器に負担がかかったりと、逆効果になる場合がほとんどなんですねぇ…


消化器、特に胃、小腸は意外と弱い器官で、例えば小腸が弱ると、せっかく食べたものがうまく吸収できなかったりします。


吸収できないなら、痩せて良いやん♪って言う人も結構いらっしゃいますが、人間の身体はそう簡単に変化しません。

というのも、恒常性機構(ホメオスタシス)というものが働き、今の状態(太っている方は太っている状態を)を維持しようと働きます。

これは太ってる方には、大きなお世話ですよねぇ…

でも、この機構があるおかげで、人間の身体は常に同じ活動ができる様に調整されるわけですね。

なので、吸収力が落ちたら落ちたで、全てを吸収しようと頑張っちゃうわけです。

つまり、とにかく、入ってきた栄養素を吸収しよう、吸収しようと働いてしまうわけです。


これは、ダイエット中に、総摂取カロリーが減ってしまうと、少しの量でも全て吸収しようとするのと同じ原理ですね。


こうなると、今まで普通に食べていた量(バランスが取れていた量)では、オーバーカロリーになっちゃうわけです。



ん??



今までと同じ量なのに、なんでオーバーになるんや??


そうです。代謝を著しく下げてしまうんです。

これがまたやっかいで、身体が代謝を落としだすと、とめどなく落ちてしまうんですねぇ…

つまりこの現象が続くと、どんどん太ります(笑)

そして、太らなくする(現状維持でさえ)のに、ドンドン食べる量を減らさなくてはならなくなります。これは辛い…


なので、ここ一番、疲れてて栄養補給したいが、そういう悪影響を身体に与えたくない場合のために、サプリメントの活用をお勧めします。


詳しいことは次回お話しますが、サプリメントの最大の利点は、吸収されやすいカタチに生成(精製)されていて、消化器には負担がすくなく、狙った栄養をピンポイントに補給できるって点でしょう。



このクソ忙しい年末を快適に乗り切るためにも、明日のサプリメント情報は要チェックですよ〜






では、また〜



22.jpg




京都 円町 弘泉堂鍼灸接骨院
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop