弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2015年12月20日 [スタッフのこと]

冷え性2

おはようございます(*^^*)

サンデーカヨです

先週の日曜日は手足の冷えについて、簡単にお話しました。

運動するとか、暖かいものを食べるなどして、体の総熱量を増やす事が基本的な対策でしたね。

今朝は、冷え性を根本から治す、とっておきの方法をお教えします。

そもそも、冷え性ってどういう状態なんでしょうか?

人のカラダの深部では常に熱をつくっています。 主に筋肉、肝臓、脳でつくります。

そしてその熱を血液にのせて運び出し、冷たくなった手足を温めます。

逆に手足の冷たい血液は、体の内部に運びこみ、ヒートアップした脳や内臓を冷やしています。

このような血液循環の調整がうまくいっていれば、体の必要なところに必要な熱が配分されるのです。

つまり、あなたが手足の冷えを感じている時、体の熱の配分がうまくいってないだけなのです。


特に、パソコンを使うお仕事をしていたり、家族のことで常に緊張し、気を使っている方…

普段から脳をよく使う人は、脳がヒートアップして、熱の配分システムが異常になり、頭の熱をため込んでいる場合があります。これをうつ熱といいます。

うつ熱状態が続くと、様々な疾患につながります。詳しくはここではのべませんが、もし興味のある方は、院で聞いてくださいd(^_^o)


話を戻しますが、そういうわけで、手足の冷えを感じている方ほど、逆に顔や頭がほてっている方がじつに多い…(>_<)

このような状態を解消するには、どうしたらいいのか?

頭を冷やすこと、そして足元をあったくすることなんですねぇ〜。

頭を冷やすことで、手足に血液がゆきわたります。

夜ねるとき、枕のかわりに氷枕をつかって休んでください。首から上はひんやりと。

足元は湯たんぽを使い暖かくしてください。膝から下はぬくぬくに。

部屋の暖房はやや寒いくらいにします。

「頭寒足熱」です

これで、おどろくほど快適に寝付けますよ(*^^*)





20.jpg







京都 円町 弘泉堂鍼灸接骨院
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop