弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2017年12月11日 [色々なこと]

ピロリロリン。大当たり。

お疲れ様です。院長です。

12月11日の月曜日でございます。

あ。きたきた。

再来週はクリスマスやで(笑)

もう2週間でんがな(^^;

そろそろ焦ろう。院長(笑)

年賀状だの、弘泉堂通信だの、やることは多いですが、ひとつひとつ終わらせてけば、そのうちクリア出来るさってなもんですわ。

問題は…

クリアするのがいつかってこと(笑)

年賀状や言うてんのに、今年中に出来上がってんとマズイやろ?(笑)

とか、ちょっと忙しすぎて情緒不安定な院長ですが、ストレスは敵なんでなるべく考えないようにしています。

そんなストレスから、胃が痛くなるなんて人も、世の中には多いでしょう。

わかるわかる。

わたくし院長は、胃が痛くなることはないですが、すぐ下痢します。

ってな話から始まりましたが、今日はそんなストレスからくる胃痛のさきにある怖い疾患、胃がんに関する素晴らしいお話でもひとつ…。

昨日のサンデーイルネスでご紹介した「ピロリ菌」が今日も登場しますのことよ。

胃がんの前段階となる「ピロリ菌胃炎」の内視鏡画像診断で、専門医に匹敵する能力を持つ人工知能(AI)を開発したと、民間クリニックや大阪国際がんセンターなどのチームが発表しました。

つい先日も医療系AIのこんな記事を書いてますんで、そちらも参考までに読んでみて下さいな。

約400人分の1万枚以上の画像を3分あまりで分析し、発症の有無の正答率は9割近くに達したそうですからかなりに優秀さです。

内視鏡医の作業を軽減し、病変の見逃し防止に役立つと期待されるAIです。

開発したのは、「ただともひろ胃腸科肛門科」(さいたま市)の多田智裕院長らの研究チームで、まずピロリ菌感染者と非感染者計1750人分の胃の内視鏡画像3万2208枚について、胃の入り口や出口など八つの領域に分類し、病変や健康な状態をディープラーニング(深層学習)という手法でAIに学習させました。

ディープラーニング…

まぁ知らんけど(笑)

きっとスゴイ学習方法なんでしょう。

その上で、内視鏡検査受診者397人分の画像1万1481枚に、ピロリ菌胃炎があるかどうかを判断させ、内視鏡医23人と競わせたそうです。

これは大事ですよね。

結局、ヒトよりも優秀でなければそんなAI意味ないですしね。

その結果、AIの正答率は87.7%で、全体で4番目の成績でした。

4番目ってのがどれほどなのかは分かりませんが、内視鏡医23人の平均82.4%を上回り、そのうち1000例以上の検査経験があるベテラン内視鏡医9人の平均84.4%も超えたそうですから、かなりイケてるといえるでしょう。

23人のうち日本消化器内視鏡学会が認めた専門医6人の平均88.9%と同水準の精度だったそうです。

てことは、この専門医6人って人達は、いわゆる「スーパードクター」と呼ばれる人達でしょうし、これと同水準だったらもう大丈夫でしょ。

圧巻は、診断の時間なんですが、AIが3分12秒だったのに対し、内視鏡医23人の平均は3時間48分、専門医6人の平均は4時間12分だったんだそうです。

つまり、アッちゅう間に診断してしまうわけです。

これはスゴイね。

この時間短縮は、人間業ではないわけで、さすがと言うべき部分でしょう。

最終的な診断は医師が行うとしても、支援の道具としては実用レベルにあるというお墨付きですから、これはもう使えると言っても過言ではないわけです。

開発チーム代表の多田院長は「AIに学習させる画像を増やせば、診断精度をさらに向上させることができる」と話されてますからそこは、AI君に頑張って学習してもらおうじゃないの。

この開発チームも、専門医が少ない地方では、AIを使った内視鏡診断がより有効になると話されてますし、これは本当にオチのないAI話ですな。

大体の、AIにはどっか問題点があったんですが、これは完璧。

あっぱれAI、明日からでもガンガン働いてくれって感じですね。

こういった医療AIはドクターの経験値がそのまま学習(コピー)出来るわけですから、広く研究していって欲しいもんですね。

わたしもAIに負けないようにガンバリマス。

ではまた〜




pirori




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop