弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2017年10月02日 [ダイエットのこと]

カルシウムで軽くなるわけやね。

お疲れ様です。院長です。

10月2日の月曜日でございます。

ついに10月がスタートしましたから、本格的な秋が始動って感じですけどこれからドンドン涼しくそして、寒くなりますねぇ…

まぁ、暑いより過ごしやすいかとは思うんですが、寒いのは寒いのでヤダな(笑)

そしてこれからしばらくすると、紅葉ってことで院の前は銀杏の葉っぱがもう、乱舞してくれはりますんで嫌でも秋を感じてしまいます。

この銀杏の落ち葉を掃除するのに、毎年なかなかの手間がかかっちゃったりして、これはこれで大変なんですよねぇ…

的な秋ですが、まぁ食欲の秋って事もあり、そして服装も何となく、一枚羽織ることで露出が減り油断しがちな季節に突入していきます。

そうです。折角夏に向け、ダイエットなんかしてた人も、ついこの季節で逆戻りしちゃうってパターンは非常に多い(笑)

ダイエットに関しては、前から言ってますが実は寒い時期の方が代謝が上がるんで、やりやすいんですよね。

つまり、これからの時期の方が、同じ事をしても効果が出やすいわけで、ここで油断するのは非常に勿体ないわけで…

今日は、そんな年中ダイエッターに、少し面白い記事をご紹介しようかと思います。


みなさん、カルシウムというと、骨の形成とイメージしますよね。

ですが、実はホルモン、神経伝達物質の分泌、血液凝固、筋肉の収縮、体内のイオンバランスを正常に保つ、神経の興奮を調整する、細胞増殖・分化・維持、血圧上昇の防止など、意外なほど多岐に渡って活躍します。

そして、このカルシウム不足が「太る原因」だというお話もあるんですねぇ…。

まず、食事から摂取するカルシウムが不足すると、血中のカルシウム濃度を一定に保つために、骨や脂肪に貯蔵されたカルシウムが溶かし出されて利用されます。

こういった作用は、カルシウムに限らず、どんな栄養素でも同じく、足りないものは優先順位的に、上から作られるってイメージをして下さい。

あ、もちろん中にはビタミン群のように、胎内で合成出来ない栄養素もありますけどね。

で、食品摂取で足りない場合、溶かし出されたカルシウムが血中に入ります。

で、この時、血中カルシウム濃度が高くなると、脂肪細胞では脂肪酸合成酵素というものが多く作られるようになり、中性脂肪が増えるんですね。

ですから、カルシウムは脂肪の代謝にも関わっており、体内に十分なカルシウムがあると脂肪の合成が抑えられ、分解が促進されるわけなんですよ。

では次に、カルシウム摂取なんですが、カルシウム含有の高い食品を食すというのは当たり前に基本です。

これはよくいう小魚系とかチーズとか意外なトコで、油揚げ、モロヘイヤなんかに多いので、こういった食品を積極的に摂取しましょう。

で、この後なんですが、栄養素はどんなものでもそうですが、摂取しただけではどうにもなりません。

これが栄養素として吸収されないといけないわけですから、まずはこの吸収を妨げるものを排除した方が、効率的と言えるでしょう。

このカルシウムの吸収を阻害してしまう代表選手が「リン」なんですね。

「リン」は、人間の体に必要な栄養素ですが、摂取過多になるとカルシウムの吸収を阻害してしまいます。

では、この「リン」どんなものに含まれるかと言うと、ウィンナーやハムなどの加工肉、レトルトなど加工食品、スナック菓子などに多く含まれるといわれています。

いわゆる食品添加物に使われることが多いため、加工食品やスナック菓子などをよく食べる人は、カルシウム不足になりやすい可能性があるっちゅうわけです。

これらの食品はダイエット面でも健康面でも、出来るだけ控えるたほうが無難でしょうねぇ。

続いて、吸収を阻害するものがあれば、促進するものもあるわけで、カルシウムを効率よく吸収するにはマグネシウムが必要です。

カルシウム:マグネシウムを2:1の割合で摂るのが理想的といわれています。

またビタミンDもカルシウムの吸収をサポートする働きがあるので、カルシウムが多い食材にマグネシウム、ビタミンDを組み合わせて摂るようにし、吸収率を上げましょう。

因みにマグネシウムを多く含む食品としては、ごまやナッツ類、小魚、焼きのり、大豆製品などに多いです。

ビタミンDは魚に多く、小魚系や、いくら、鮭などが多く含まれてますよ。

てな感じで、今日はカルシウムにスポットを当ててみましたが、カルシウムには自律神経のバランスを整え、神経の興奮を鎮めてリラックスさせる作用もあるんです。

ですから、カルシウムが不足するとイライラしたり精神が不安定になりやすくなったりするとも言われているわけです。

今日はダイエットの観点からお話をしてきましたが、ダイエットをする上で、当然イライラも出てきます。

こういった側面からもカルシウム摂取は必要かと思われます。

意外と見落としがちなカルシウム。

シッカリとって、効率よく脂肪を燃やしてしまいましょう。

これからの時期は、代謝もあがるのでさらなる効果が期待できますよ〜。

でも、食欲の秋やしなぁ…(^^;



karu



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院 
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop