弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2015年10月10日 [からだのこと]

睡眠の秋

お疲れ様です。院長です。

内覧会を終えて、今日はその問題点を改善すべく、色々対策を講じております。
12日からは、患者さんにより快適に診察を受けて頂けるよう、奮闘中です。

昨日は、食欲の秋についてお話しましたから、今日は睡眠の秋といきましょう。
睡眠も、なかなか奥が深い。1日5時間も寝れば十分って人もいれば、8時間でも足りないと感じる人もいる…
体格や、性別、その他、何かに比例するわけでなく、人には合った睡眠時間があるようです。

私はそこまで寝ないほう(1日6時間以内)なんですが、うちの院では、副院長が割りと寝ないとダメなタイプで、しっかり8時間以上は必要らしいです。

まぁ、個人の感じ方は置いといても、睡眠には大事な役割がいくつもあります。

まずは、脳を休めること。これが一番の睡眠の役目と言えるでしょう。
脳は、一日中、休むことなく働いてます。あなたがボーっと物思いにふけっていても、脳は活動してますし、ボーッとテレビを観てても脳は働いてます。
つまり、睡眠時以外は働いているわけで、そりゃー休ませないとだめです。

あと、睡眠時には「成長(生長)ホルモン」と呼ばれるホルモンが、脳の下垂体前葉という部分から分泌されます。このホルモンにより、子供は成長していきますし、成長が止まった成人も、組織の修復や筋肉の成長には、このホルモンが必要となります。

このホルモン、睡眠時によく分泌されると言われていて、睡眠中の2時間〜3時間間隔で分泌されるとする文献や、夜の21時から23時までが分泌される時間だという説など、諸説ありますが「睡眠中」というキーワードは間違いないようなので、睡眠=成長という公式には間違いはないようです。

つまりは、寝ることによって、身体はあらゆる機能を回復させるわけです。

あえてそんな事言わなくても、寝るにこしたことは無いですよね。人間、寝るのは幸せです。
現代人は特に時間に追われて、まず削るのは睡眠時間です。

たまには全てを忘れて、思いっきり寝る日を作って、身体をリフレッシュさせてみてください。
修復力が蘇り、身体の不調も、意外と簡単に消えるかもしれませんよ。bed.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop