弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2017年03月24日 [動物のこと]

Cockroaches to breed only with females

お疲れ様です。院長です。

3月24日金曜日でございます。

今週もここまでやってきました。

あと一息でございますな。

さ、そろそろ桜の開花も迫ってきてますね。

今日の朝のテレビじゃ関西は今月末頃が、見頃や言うてましたね。

来週末辺り、花見もピークって感じでしょうか…。

良い季節になってきましたよね。

って始まった今日のブログですが、ここで中身も春っぽく…

とはいきません。

今日のネタは昨日の続き(笑)

昨日?

食用ゴキブリの話やん(^^;

で、今日はそんなコックローチ達の新しい発見をひとつ…

なんと、全国に分布する「ワモンゴキブリ」は雌だけで3匹以上いると、雄と交尾せずに子孫を残す「単為生殖」が促進されるとする実験結果がでたそうです。

北海道大の研究チームが発表したんですが、単為生殖できる他のゴキブリも同様の性質をもっている可能性があるってことで、動物学専門誌に掲載されました。

ん〜…

雄いらず(笑)

で、昨日の話は、来る食糧難の時代にそなえ、虫を食糧源にしようって話でしたけど、この単為生殖なら、さらに繁殖力アップ、つまりめっちゃ食えますよね(笑)

まぁ、このゴキブリって奴は、まだ解明されてない部分も多いそうで、何でも恐竜がいたころから生息し、氷河期でも絶滅しなかったとかもいわれています。

つまり強いんですよね。

飲まず食わずでも1カ月は生存できるとも言われてますし、生命力はハンパない。

うえに、単為生殖ですからね。

そりゃ、絶滅せーへんよねぇ(笑)

現在の害虫駆除では、雌のフェロモンで雄を引きつけて雄を殺虫し、繁殖を妨げる方法があるそうなんですが、ワモンゴキブリはそれでは効果が小さいと考えられます。

この研究チームはワモンゴキブリを、雌雄1匹ずつのペア、雌1匹だけ、雌だけ2〜5匹…など11パターンで、それぞれ15組以上を容器で飼育しました。

複数の卵が入ったカプセルのような「卵鞘(らんしょう)」を形成するまでの期間を2回目まで調べたそうです。

その結果、雌3匹以上では最初の形成が平均10日程度と1匹だけより3日程度早く、2回目では9日程度早くなったと…。

15匹以上で飼育を始めたケースでは、雌だけで3年以上もコロニー(集団)を維持しているんだって。

そして、匂いや物などを感じ取る触角を切除すると卵鞘形成が遅くなったため、単為生殖促進には触角で他の雌を確認することが必要だと考えられるということですが…

にしても、雌だけで勝手に増えてくんじゃ、こりゃもう絶滅なんかさせられまへんわな。

まぁ、だからこそ、その生命力、繁殖力に着目し、昨日の食糧案が出てきたんだと思いますが、何だかすごいねコクローチ。

おそらく、人間がきゃぁきゃぁ言いながら、少々駆除する数なんて、彼らからしたらどうでもいい数字なんやろなぁ〜…

因みにこのゴキちゃん、全世界に約 4,000 種いるらしいです。

これも凄まじい数ですが、うち日本には南日本を中心に50 種余りが生息してるといわれています。

で、世界に生息するゴキブリの総数は 1兆 4853億 匹ともいわれており、日本には 236億匹(世界の 1.58%)が生息するものと推定されてるらしいよ。

ってこう書くと、そこまで多くないような気がしません?

日本で236億匹ですからね。

人口の約190倍。

つまり一人に200匹の分布ですから、多くないよね(笑)

と、まとまりがなくなってきたので、最後は和名に対するうんちくでも…

和名の由来は諸説ありますが、「御器(食器)をかぶる(かじる)」事から「御器囓り(ごきかぶり)」

食器の下に身を潜め「御器(食器)を被る」事から「御器被り」、「御器のふりをする」事から「御器振り」、等の説があるらしいです。

ま、どの説も「御器(食器)」との関連では共通するので、おそらく食器にいたずらしてたんでしょうね。

現在でも地方によっては「ゴッカブイ」「ボッカブリ」などの方言呼称も残ってるそうです。


的な(笑)


2日続けてコクロチネタでしたがどうでした?

読むだけでもキモイんじゃぁって人もいたかと思うんで、しばらくゴキネタは封印しますね(笑)


ではまた〜





go




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop