弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2017年01月31日 [スタッフのこと]

マンスリーゆかりん 1月号

こんにちは。マンスリー川上です。

今回はどんな事を書こうかなぁと考えてた時、院の施術者の北川先生が患者さんに空腹は健康に良いというお話していたので今回それについて書いていこうと思います。

早速ですが、空腹な状態は健康にとってどのようなプラス作用があるか紹介していこうと思います。

まず、空腹状態を30分〜1時間キープしてから食事をとるようにしましょう。

その短時間でも様々な効果だそうです。

空腹の効果の中でも一番良いのが、若くいられる効果‼︎

空腹状態の時に、サーチュイン遺伝子という若返りの効果がある遺伝子が働くのです。

これは空腹時の時しか活発に働くことはありません。
このサーチュイン遺伝子が働くと、細胞の中にいるミトコンドリアの働きが促進されエネルギー効率が良くなるのです。

しかし、これは長期的な期間で行わないとあまり効果がない場合が多いので、若い状態を保ちたい人は、しっかり計画をたてて空腹状態と付き合っていけるようにしましょう。

もう1つが代謝上昇に効果あり!

実は空腹状態が続くことで、体の新陳代謝が良くなるそうです。

空腹の時間が長くなれば、「グレリン」というホルモンが分泌されます。

グレリンの働きによって「成長ホルモン」の分泌が促進されます。

成長ホルモンは体の新陳代謝を良くする働きがあります。

さらに、成長ホルモンの働きによりターンオーバー機能が活発になることから、古い細胞を新しい細胞へと入れ替えることができます。

新陳代謝が良くなることで、疲労回復の効果も期待できます。疲れている時は夕食を抜いて寝るという選択もあるのかなと思います。

空腹はお腹が空く合図みたいなものだけだと思っていましたが、ちゃんと身体のリズムや色んな所に作用するのだという事が分かってとてもびっくりしました。

お腹の音は何故か恥ずかしく、鳴るのが嫌だなぁと思っていましたがちゃんと身体を健康に保つ為には必要な事だという事を知ったので少しは恥ずかしいと思う事は薄れてくれるのかなと思います。

身近な事が実はこんな作用があったのだという事はまだまだあると思います。

それを少しずつでも知れていけたらなと思います。

では、また〜






hara





京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop