弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2016年07月03日 [スタッフのこと]

朝日を浴びないなんてドラキュラやん

おはようございます

サンデーカヨです


先週は、中高年の方が極端な早寝早起きの生活パターンになっていく過程を、お話ししました。


極端な早寝早起きになると、身体が本来備えている体内リズム、例えば成長ホルモンの分泌リズムや自律神経の調整とズレてしまうため、良くありません。
体調不良が自覚なければ、まだ良いのですが、もし、睡眠の質の悪さを自覚しているのなら、普通の睡眠パターンに戻す必要があります。



では、普通の正常な睡眠パターンに戻すにはどうしたらいいのか?


じつはこれ、簡単です。


朝の光を浴びて朝型生活になってしまったのだから…


そう、朝の光を浴びないことですd(^_^o)
朝起きても、すぐにカーテンを開けずに室内ですごす。



そしてもうひとつ。


夕方から夜にかけて、テレビやパソコンの画面を積極的にみることです!


最近は、大型液晶テレビやブルーライトを多く含むLED照明、スマホなどが身近に増えています。

これらの電子機器の人工光は、人の脳を覚醒させて、強力な夜型作用を発揮します。
夜のテレビやパソコンは、朝起きが苦手な若者には悪影響ですが、過度の早寝と早起きで困っている中高年には役に立ちます。


「起きていてもやることがないし、とりあえず寝るか」といった理由で寝てしまわずに、
ちゃっかり利用して、体内時計をリセットしてください(*^^*)


実際に、夜間に特殊な強い光を浴びることで高齢者の不眠症状が改善することが、最近の臨床研究で確かめられています。


接骨院で毎日働いていると、睡眠障害に悩んでいる中高年の方はかなり多いと感じます。

安定剤や、睡眠剤を服用している方も少なくありません。

それでも、なかなか睡眠障害から抜け出せないのです。


もしあなたの近くに、早寝早起きで、かつ不眠症になっている方がいたら、ぜひ、この「朝日を浴びない、夜テレビを見る」という不健康そうな方法(笑)を、オススメしてみてください。


意外に効きますよ(*^^*)



011



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop