弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2019年03月22日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

3月22日の金曜日でございます。

3月も後半、後1週間ちょいでございます。

この時期は書くことと言えば、桜がどうしたこうしたばっかなんですが、ボチボチボチボチですな。

関西方面は、やはり4月に入ってからがピークな様ですが、南の方はボチボチボチボチです。

日本中にどれ位の数の桜の木があるのか知りませんが、きっと空から見たらピンクがダァーっと広がってるんでしょうねぇ…。

桜によっては、ピンクってより白に近いヤツもありますけど、まぁキレイなもんですよね。

特別、桜が好きって事もないですが、この時期の「色」は独特のものがありますよね。

ってことで、桜待ちの季節ですが、今日はそんな「色」にまつわるお話でもひとついってみたいと思います。

桜は基本、ピンク色しかありませんが、花の中には色々改良されて、色んな色の花を咲かせるものもありますよね。

バラも、赤、白、黄色、で、絶対不可能と言われてた、青いバラまでありますしね。

でもまぁ、「バラ」って言われたら、まずは「赤」って連想はしますよね。

で、「バラの赤」と並び称される赤と言えば、やはり「血の赤」ではないですかね。

実際の血液は、バラほど真っ赤じゃないですし、静脈血と動脈血では色も違ったりしますけど、「血」も赤の象徴ではあると思います。

「オレの身体には、真っ赤な血が流れてるんだぜ」的な…

今日は、この血液の色についてのお話でございます。

話は飛んで、ドイツ、ケルン大学病院に糖尿病を患った39歳の男性が来院してきました。

この患者は、嘔吐をするほどの気分の悪さや頭痛を訴えており、意識も朦朧としていたそうなんです。

検査の結果診断されたのは、血液の中にトリアシルグリセロールが大量にたまってしまう、「高トリグリセリド血症」という病気でした。

トリグリセリドとは中性脂肪の一種のことで、要するに血液に中性脂肪がたっぷり入っていたってことなんですな。

通常、この病気に対しては、体内から血漿を抜き取り、そこに含まれる余分なトリアシルグリセロールを除去したうえで、綺麗になった血漿を体内に戻すという治療が施されます。

ですが、この患者には1つだけ問題がありました。

それは、中性脂肪の量がハンパではなかったってことなんですよね。

どれくらいかと言いますと、この男性に血漿交換法を試してみたところ、血液が脂肪でドロドロになりすぎていて、機械が詰まってしまったそうなんです(笑)

一般に、血液に含まれるトリアシルグリセロールが、デシリットルあたり150ミリグラム辺りまでが正常値とされてます。

これが200〜499ミリグラムならば高いとみなされ、500ミリグラムにもなれば非常に高いと判断される基準があります。

ところが、この患者のこってりドロドロした血液には、「非常に高い」の基準の36倍にあたる18000ミリグラムの中性脂肪が含まれていたって話なんですよ。

36倍(笑)

男性が訴えていた気分の悪さ、頭痛、意識の低下はいずれも、「過粘稠度症候群」という血液がドロドロになりすぎてしまったときの症状で、重症になるとてんかんを起こしたり、意識不明におちいったりするんだそうです。

この男性がこれほどまでの急性症状を発症したのは、糖尿病でありながら、あまり薬を飲まなかったことにくわえて、肥満、不摂生な食事、インスリン耐性、遺伝性の素因といったことが考えられます。

ま、糖尿患者がメッチャ無茶したってことなんですが、ここまでいけたのも、なかなかスゴイ事やと思いますけどねぇ…(笑)

で、ここまで稀な状態のこの患者の血液…

さすがに「赤」ではなかったそうなんです。

一見すると血液とは分からないほど、白っぽい色をしてたそうなんです。

これは、あくまでわたくし院長のイメージですが、血液の「赤」に対して、脂肪の「白」を足していくと…。

「色が変わる」ってレベルまで、白を増やしていくと、最初に何色に変化しますか?

そう。

きっとこの患者の血液は、キレイな「桜色」だったんじゃないでしょうか…。

てなことはなく、リアル「乳白色」だったようなんですが…

きっと「白」を入れ過ぎたんだね(笑)

結局、この患者さんは血を入れ替えるべく、「交換輸血」(一方の血管から放血すると同時に,他方の血管から輸血することにより,体内の血液を輸入血液でそっくり置換すること。)で一命をとりとめ、何とか数値も正常化したってことのようですが、この時期ならではの「桜色」なお話でした(笑)

中性脂肪値と血糖値…

生活習慣病には注意しようね。

ではまた〜。



tomatojuice



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2019年03月21日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

3月21日の木曜日でございます。

本日、春分の日ってことで、春の始まり的な日ですな。

もう南から桜は咲だしてるようで、東京でも開花宣言が出たか出ないか(笑)

そして、当院は昨日、今日と連休でして、のんびりと春を満喫させてもらっております。

と言っても、どこかに出掛けてるわけでもなく、昨日も今日も、ジムに行って酒飲んでってナイスな休日でした。

今日は、そんな浮かれ気分な春にもってこいの、ちょっとファンタジーなお話でもいってみましょう。

みなさん、「エリクサー」ってご存知?

これは、まぁ、伝説の秘薬とかを指す言葉で、飲むと不老不死になるとかっていう代物です。

まぁ、言うても伝説上の話ですんで、フンフンって感じですが、一応、Wikiにも、錬金術で飲めば不老不死になれると伝えられる霊薬、万能薬って記述がございます。

わたしゃ、始めて聞きましたけどね。

で、今日のファンタジーはそんな「エリクサー」が発見されたってな嘘みたいな話をお送りしたいと思います。

場所は、中国河南省で、古墳の発掘調査を行っていたところ、黄色っぽい謎めいた液体が発見されたんだと。

で、発表では、どうやらこれが、飲めば永遠の命が授けられるというエリクサーだと…。

なんで?

って感じですが、洛陽市文物考古学研究院の史家珍氏は、とても貴重な液体で、これを研究すれば、古代中国人の不老不死に対する考え方や、中国文明の発展について知る手がかりになると言うたはります。

210平米ほどの古墳から発掘された青銅のつぼは、前漢時代(紀元前202〜西暦8年)のものらしいので、この中に液体ってだけで貴重なものってことはわかります。

約2000年前のものなわけですから、液体として残ってたことが奇跡と言えるかもしれません。

この青銅のツボ、彩色された土器やガチョウの形のランプといった、いくつもの遺物に混じって置かれていたそうで、むろん埋葬された遺体も見つかっています。

そしてこのツボの中には謎めいた液体が3.5リットルも湛えられていたそうなんですよ。

それは芳醇なワインにも似た香りを放つ液体だそうなんです。

って、ワインちゃうんかい?

じつはこれまでの発掘調査でも、米とトウモロコシから作られたお酒が発見されたことがあり、当初、発掘チームはおそらくそれに似たお酒ではないかと推測しました。

ところが解析の結果、その液体は硝酸カリウムとミョウバン石を混ぜたものであることが分かったそうです。

より最近では、硝酸カリウムは、花火から肥料、食品添加物まで、ありとあらゆるものに利用されています。

ところが硝酸カリウムとミョウバン石の組み合わせってのがくせ者で、古代の道教の経典に記された不老不死の霊薬の材料に一致するそうなんです。

古代の道教の経典…

実にあやしい響きやな(笑)

エリクサーへの言及は、さまざまな文化で見ることができます。

中国でも、錬丹術という不老不死の仙人になるための霊薬を作る術が伝わっています。

しかし、これらは金・翡翠・水銀・ヒ素といった、普通なら食べないものや毒物を混ぜ合わせたものなんですね。

事実、エリクサーの毒性は悪名が高く、たとえば、唐の皇帝の中には仙丹(錬丹術で作られる霊薬)を服用して命を落とした者がたくさんいるって話なんですよ。

硝酸カリウムとて大量に服用すれば命にかかわる物質ですし、今回発見されたエリクサー?が本当に服用されたのかどうかははっきりとは分かりません。

が、恐らくエリクサーを作ったのであろうって考えると、墓に入れてる時点でどうなんでしょうねぇ…。

不老不死ですから、死なないわけで、もしかすると復活したら飲めよ的な、おまじないの意味合いで埋葬されてた可能性もあると専門家も言っとります。

実際の効果は分かりませんが、少なくとも命を落とす危険性があるようなもんは、飲まない方がいいでしょう(笑)

ではまた〜。



tubo




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2019年03月20日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

3月20日の水曜日でございます。

水曜日は、当院は休診日とさせていただいておりまして、明日が春分の日ってことで、珍しく連休なんですよね。

まぁ、連休だからと言って特に何をするでもないですが、春分の日って位ですからもう春だねぇ…。

ちなみに、春分の日、昼の時間と夜の時間が同じになるってことなんですが、実際には昼の方が夜よりも長いそうなんです。

日本付近では平均して、昼が夜よりも約14分長いそうです。

春分の日を中心にはさんで前後7日間が春の彼岸ってことで、春分の日を境に次第に昼の時間が長くなり、春が本格的になるわけです。

ま、つまりは、明日から春ってことですわ。

そんな春ウララな休日ですから、どこかへ出掛けりゃ良いんですが、これからの時期、京都市内はうろつくもんじゃござんせん。

どこへ行っても人だらけですからねぇ…。

おまけに花見シーズンに入れば、道が混んで大変ですから、この時期は動いても徒歩圏内がベストです。

わたしゃ、休日でも基本徒歩5分のとこにあるジムへ行き、へとへとになって帰ってくるってパターンですが、まぁこう見えても充実してます(笑)

充実と関係あるかは微妙ですが、今日のネタは、うつ病と腸内細菌の関連性が発見されたっていうベルギーの研究のお話でもしてみようかと思います。


人間の腸の中には、様々な腸内細菌が潜んでいて、消化器の健康から自己免疫疾患まで、さまざまな健康状態を左右しています。

ですが、それだけではなく、それら腸内細菌叢(腸内フローラ)はじつは脳の機能ともつながりがあることが分かってきています。

わたくしも、2017年の夏にブログで、腸内フローラと脳の関係のお話を書いてます。

で、今回発表された研究論文によれば、腸内にいる細菌は、うつ病にまで影響を与えているそうなんですよ。

ベルギー、ルーヴェン・カトリック大学のイェルン・ラース氏らは、ヨーロッパ人の患者2000人以上の腸内細菌を対象に、細菌フローラとメンタルヘルスとの関係について調査したそうです。

すると、うつ病の患者の腸内には、コプロコッカス属とディアリスター属の細菌がほとんどいないことが判明したんだそうです。

まぁ、コプロコッカスもディアリスターも聞いたこともおまへんが、なんせ特定の細菌が、うつ病患者には存在しないってことなんですね。

さらに、腸内細菌532株のゲノムを解析し、それらが神経伝達物質(神経間の通信を行う化学物質)を作ることができるのかどうかも確かめました。

するとその結果、9割以上の細菌が1つ以上の神経伝達物質を作り出す能力を持っていることが判明したんだそうです。

ちょっと話がややこしくなってきたので、神経のお話を先にちょっとしときましょう。

人体の中で一番長い神経は、脳幹から腸の一番下の部分にまで走る迷走神経という脳神経です。

この神経は双方向に流れる高速道路のようなものだと考えられていて、脳から腸へ、あるいは腸から脳へと信号が行き交っていると考えられています。

ラース氏によると、この機能は、腸内細菌が作り出した神経伝達物質でメンタルヘルスを左右するための経路だと…

ほとんどすべての腸内細菌が神経伝達物質を作り出すことができ、仮にそれらの化学的メッセージが脳の受容体にまで届くのだとすれば、腸内細菌が人の気分や行動に影響を与えるのも当たり前なのかもしれません。

ただし、そもそも特定の腸内細菌がいなくなったからうつ病になったのか、それともうつ病だからそれらの細菌がいなくなったのか、その因果関係については今のところ不明なままなんですが…

ですが、ここまで研究がすすめば、何らかの関係性が見える可能性は十分にあると思います。

腸と脳が繋がっていて、なんらかの伝達が行われているであろうことは、おそらく間違いがないでしょうし、そうなると腸内細菌、個々の「役割」が必ずあるはずですからねぇ…。

うつ病に関係がある腸内細菌がいるとしたら、その逆に気持ちが高揚するような腸内細菌も存在してるかもしれません。

その細菌が増えると、やる気が出るとかいう効果があるのなら、やはりそんな細菌は増やしたいもんねぇ…。

この腸内フローラと脳との関係も、徐々に解明されてきております。

これからの研究に期待ですな。

ではまた〜。



frora



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop