弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2019年01月22日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

1月22日の火曜日でございます。

確か11月22日は「良い夫婦の日」だったんですが、今日は何だろうと…

思い、調べたところ、な、なんと「カレーの日」でした(笑)

なんでやねんと…

なんでも、昭和57年(1982年)に社団法人 全国学校栄養士協議会が1月22日の給食のメニューをカレーにすることを決め、全国の小中学校で一斉にカレー給食が出されたことにちなんで定められたそうです。

昭和57年…

わたくし院長、昭和43年生まれでありますから、惜しい事に昭和56年に小学校を卒業しております。

で、中学は給食じゃなかったですから、このカレーは食ってないってことか…?

でも、確か給食でカレー食べてたような気がするんですが…。

記憶が曖昧ですが、たしか小学校の4、5年生の時に「米飯給食」ってのが開始され、月イチペースでお米の給食が出てきてた気がします。

そして、ご飯の給食の時は、おかずはカレーだったような気がするんですがねぇ…。

とまぁ、話が完全に脱線しておりますが、この日本の家庭料理の代表格とも言えるカレー、日本に入ってきたのは江戸時代、安政5年(1858年)だそうで、平成が終わろうとしてる今もみんな大好きなんですから、すげーヒット商品ですよねぇ…。

さらに脱線ついでに、この安政って元号ですが、平成から遡ると→昭和→大正→明治→慶応→文治→文久→万延→安政と、時代で言うと平成の次で10個目なんですよね。

約160年間、時代にして10個以上親しまれてるカレー。

いや、さすがにすごいな。

ってことで、ホントはカレー以外のネタを考えてたんですが、いっそこのままカレーでいくか(笑)

ヱスビー食品の調べによると、日本人は月に平均6.7回、つまり毎週1回以上は何かしらの形でカレーを食べているらしいです。

何かしらってのもポイントで、カレーはその種類というか、タイプもかなりたくさんありますよね。

本場というか、インドのカレーなんかはライスってより、ナンで食べたりもしますし、タイカレーってのはまた独特らしいじゃないですか(笑)

いや、当院のお向かいに、結構有名なタイカレー屋さんがあるんすよね。

食ったことないけど(笑)

このお店、タイが認めた本場の味ってことで、京都初のタイカレー専門店で、タイの国商務省が認定してて、タイ国産業大臣賞も受賞してるとか…

ヤバイでしょ?

こんなお店が、目の前にあるのに行ったことないんすよ(笑)

今年の目標として、一度行ってみたいと思います。

この店は、ほんと道路を渡るってレベルの近さで、ダッシュ5秒ってとこにあるんですが、当院より3分歩けば、日本一有名な「CoCo壱番屋」円町店もございます。

ここはさすがに行ったことあります。

円町店ではないですが(笑)

そして、一昨年、当院より東に5〜6分のところに、京都では有名なカレーうどん専門店「味味香」丸太町七本松店てのもオープンしてるんすよ。

ここも、この丸太町店は行ったことないですけど、若いころ木屋町のお店に飲んだ帰りに何回かお邪魔して、家につくと必ず服にカレーが飛んでるっていう悲しい思い出が…(笑)

ってな環境下にいるわけで、そりゃ週に1回位は、食いますよねって感じですかね。

後、個人的に中学生の頃、カレーパンをよく食べてた記憶がございます。

当時食べてたカレーパンは、揚げパンでしたけど、なんでカレーパンは揚げてんでしょう?

まぁ、色々調べた結果、具の水分を外に漏らさないため、って答えが多かった様ですが、別に決まった形というわけでなく、普通のパンにカレーが入ってるカレーパンもあるようです。

わたくしが中学生時代は、揚げたカレーパンしか売ってなかったなぁ…とか。

あと、ドライカレーなんてのも昔はありましたけど、今もあるんですかね?

これは、カレーピラフって名前で売られてることもありましたが、昔の喫茶店なんかでは、わりとよく見かけたメニューでしたね。

最近じゃ、カレー鍋なんてのも流行ってるみたいで、少しずつ形を変えながらも、160年間親しまれたわけですねぇ…。

そして、これからもカレーは廃ることはないでしょう。

んなこと書いてると、カレー食べたくなってくるなぁ…。

多分、食べませんけど(笑)

ではまた〜




kare




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2019年01月21日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

1月21日の月曜日でございます。

毎日、寒おますなぁ…。

朝なんか、ほんまに極寒でやんす。

1月もあと10日程ですから、まぁそろそろ年間通して、一番寒い時期に入るわけですね。

寒いと当然、身体も動きにくくなりますし、なによりテンション下がりません?

ま、人にもよるかもしれませんけど生物的に、やはり冬は「耐える」季節となってます。

野生動物の一部は、寒いのが嫌すぎて「冬眠」とかしよりますけんね(笑)

まぁ、寒いのが嫌ってわけではないでしょうけど、冬はエサも少ないですしね。

でも、毎朝寒い中目覚める時、一度は思ったことないっすか?

「オレも冬眠してぇ」って(笑)

寒くなるまでに、出来るだけ食べて脂肪つけて、暖かくなったら起こしてや〜って、最高やんけ〜お前ら〜って、わたくし院長は、毎朝思いますのことよ。

ちなみに冬眠する「哺乳類」は全部で183種いるそうです。

比較的、ヒトにちかいサルの仲間でも、冬眠するやつはいるそうです。

ハイイロショウネズミキツネザルとかがそうらしいんですが、コイツに冬眠できるなら、ヒトも出来んじゃねぇの…

的な、生物学的な生態をひっくり返してでも冬眠してみたい院長ですが、今日はそんな生物学的にあたらしいことが生まれた話でもいってみたいと思います。

それはドイツでの出来事で、新しく「ディバース(diverse)」ってものが、公式に認められたそうなんです。

でぃばーす?

なに?

当然、そう思うでしょう。

実はこれ、第三の性の呼称なんですね。

2019年1月1日より、ドイツでは、自分を男でも女でもないと認識している人たちに対し、公式な書類の性別記入欄で、第三の性を選択できるオプションを導入しました。

昨年8月、ドイツの国会で出生証明や公的な身分証明書に第三の性の記載を認めるという法案が可決していて、これによってインターセックス(中間的な性)の人は、「男」と「女」にくわえて、「ディバース(diverse)」を選べるようになったそうなんです。

インターセックスとは、一般的に、自分の性別が生物学的に男でも女でもないと認識している人のことを指すそうで、いわゆる性同一性障害ってものと少ーしニュアンスが違う様なんですね。

この件に関して、国連人権高等弁務官事務所によると、「身体の性が男女の典型的な定義に当てはまらない」人のことを指すとのことです。

ですから、生物学的な性別が男なのに、意識下では女って言うものとは若干、意味合いが違います。

これは、性分化疾患などとも呼ばれており、しばしば1つあるいは複数の性別の特徴をもって生まれてしまう場合を指します。

日本語で「半陰陽」なんて言葉もありますが、要するに気持ちの問題ではなく生物学的に、どちらの性かを判別しにくい(できない)人のことですね。

ドイツでは、連邦憲法裁判所で公的な文書の性別欄に第三の性を設けるか、性別欄そのものを削除せよという求めに応じたもので、すでに法案は独国会の両院で可決されています。

ただし現時点ではインターセックスであることを証明する医師の診断書が必要となるそうです。

これと似たような流れはドイツ以外にもありまして、オーストラリアのタスマニア州議会では、昨年10月に出生証明から性別欄を削除するという法案が表決にかけられました。

これは就職といった身分を公表せねばならないような場面で、トランスジェンダーや性転換手術を受けた人たちが自分の立場を明かさなくても済むようにするためのものなんだそうです。

いや、こう考えると日本は遅れてるのかもしれませんねぇ…。

いまだ、そんな声も聞こえてこないですし、法案に乗るなんてこと、全く想像も出来ません。

このインターセックスにしても、トランスジェンダーにしても、日本ではまだまだ、認知されかけだしてる(笑)くらいに過ぎません。

これについては、学校教育の場から見直す必要もあるとして、スコットランドでは、昨年、LGBTI(性的少数者)に関する教育課程を設け、全ての公立学校で授業を義務づける方針を明らかにしています。

確かに、この辺の事はキッチリと教育として、教える必要があるかもしれませんねぇ…。

わたくし院長も、少なからず医療の場に身を置くものとして、多少は勉強していますが、今日のインターセックス「ディバース」は初めて知りましたし。

今日のインターセックスは、身体的な特徴として、男女に分け辛いって人達ですが、この問題と心の問題(性同一性)は全く別もんですしね。

そして先ほど出てきた「LGBTI」も若干意味合いが違う部分があります。

性同一性障害の場合、身体的な性別と、こころの性別に違いがあるわけで、例えば恋愛対象としては、こころの性別によってある意味「普通」なわけですよ。

ここであえて「普通」という言葉を使わせて貰いましたが、普通って言葉自体が問題だったりするのは分かっておりますが、説明しずらいしご容赦願いたい。

で、話をもどし、この「LGBTI」は、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、インターセックスの頭文字で、一括りにしてますが、レズビアン、ゲイとは同性愛者のことを指してます。

この場合、自身の性に関しては問題のない人が多いんですよ。

つまり、自分が自分を男と認識していて、男で問題ないんですが、恋愛対象がこれまた男なわけです。

これと、自分の肉体は男なのに、気持ちは女で、恋愛対象が男ってのとは、やっぱ意味が違うよね?

まぁ、「LGBTI」て言葉は、その辺のを全部ひとまとめにして、「性的少数者」としてますが、やはり当事者達からしたら、違うわい!って思うでしょうしね。

まず、我々も関心をもって、勉強することことから始めなければいけないかなぁ〜と思いますね。

ちなみに、今日のメインのお話だったドイツのインターセックスを認めるって話ですがこのドイツって国、先週の動物愛護の話でも、殺処分が限りなくゼロに近い国として有名なんですよ。

いや、色々見習わなきゃいけないと思いますね。

ではまた〜。




doitu




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2019年01月20日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

1月20日のサンデーイルネスでございます。

やっぱ20日って響きは、後半って感じがしますよね。

寒さも絶好調ですし、いよいよ真冬って感じやね。

あんまり寒いと動く気もなくなりますが、実は寒い方が基礎代謝が上がるって知ってました?

ですから、同じ運動をするのでも、真冬の方がダイエット効果は高いんですよね。

お正月にやらかしちゃって、まだ元に戻ってない人がいたら、何とか冬の間に戻しましょうぜ。

でないと、また夏前に大慌てする羽目になりますぜ。

キチンと時間をかけて少しずつダイエットしていけば、リバウンドもしにくいですし、なによりストレスも半減するはず。

てことで、今から夏に向けてってのが大正解。

今日から頑張って下さい。

とか、ダイエット特集みたいな始まりですが、全然関係おまへん。

今日のイルネス辞典は「髄膜腫」について解説していきたいと思います。

まず、どんな病気かってことですが、脳の表面をおおっている、くも膜と呼ばれる組織の細胞から発生し、脳を圧迫しながら大きくなる腫瘍(しゅよう)でございます。

脳腫瘍全体の26%を占め、成人女性に発生することが多く、手術で全部取ることができれば完全に治る良性の脳腫瘍でございます。

近年、脳ドックの普及やCTおよびMRIを撮影される機会が増えたことに伴い、症状が現れる前に見つかる髄膜腫も増えてきました。

発生場所は、脳の表面であればどこでもできます。

そのほか、頻度は少ないのですが、脳の深いところで髄液(ずいえき)をつくる脳室と呼ばれる場所に発生することもあります。

症状の現れ方ですが、良性の腫瘍で、かつ脳を表面から圧迫するように徐々に大きくなるため、思わぬ大きさになって発見されることもあります。

症状としては、てんかん発作、麻痺、感覚障害、性格の変化などが徐々に現れます。

まぁ、どの症状もでてしまうとかなり怖いものばかりですが、キチンと病気を理解していれば大丈夫です。

また時に、髄膜腫ができる場所により、眼で見える範囲が狭くなったり、眼が見えにくくなったり、顔が痛くなったり、めまいなどの症状が現れることもあります。

基本はMRI検査により、腫瘍ができた場所とその大きさを診断しますが、時に脳血管撮影が行われます。

この検査は、髄膜腫に栄養を与える血管がどこから来るか、まわりの血管、とくに静脈との関係はどうかなどを判断することが可能で、手術のやりやすさを知るうえで重要なんだそうです。

また、頭蓋骨に接して髄膜腫ができた場合、CT検査で骨の細かい断層写真をとり、ことらも手術しやすくします。。

と言うように、治療には手術が基本です。

この腫瘍は、頭蓋骨の内側で脳を保護している硬膜(こうまく)と呼ばれる組織に入り込んでいるので、手術ではこの硬膜も切除してしまいます。

手術前に行われた脳血管撮影で、腫瘍に栄養を与える血管が豊富であった場合には、手術中の出血を少なくするために、手術前にその血管を詰める治療が行われることがあります。

時に重要な神経や血管を巻き込んで腫瘍が大きくなっていることがあります。

この場合には、頭蓋骨をドリルで削ったり、脳の血管にほかの場所から血管を移植したりするというかなり、ややこしい手術になりますので、やはり早めの手当がよろしいかと…。

いかがでしたか?

基本は良性の腫瘍なんですが、場所が場所だけに慎重に治療する必要があります。

切除出来きれば問題ないとは言いますが、頭の中の脳を包んでる膜のあたりなので、やはりそこは危険がないとは言い切れません。

まず、発見が早いに越したことはありませんので、まず病気を知り、日頃から気をつけておくようにしましょう。

では、来週のイルネス辞典をお楽しみに〜。





nousyu




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop