弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2019年01月31日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

1月31日の木曜日でございます。

ついに1月も終りでんがな。

明日から2月ってことで、もうすぐ節分の立春のって春を告げるイベントが並んでます。

ま、暦の上ですから、まだ実際はメッチャ寒いですけど、それでもダンダン春は近づいてきてる筈です。

2月と言えば、他にも受験シーズンだったり、バレンタインがあったり、日数が短かったりと色々ある月なんですよね。意外と…。

色々イベントがあったり話題があるってことは、こんなブログ記事を書くのにも、ネタが多いって事でやりやすい時期だったりするかもしれません。

そんな「記事」を書く人を、ライターと呼んだり、記者と呼んだりしますが、今日はそんな記事を書くことについての新しいお話…。

アメリカに「フォーブス」って経済紙があるんですけど皆さんご存知でしょうか。

これは、日本版もありますし、世界32の国際版を発行している、超一流の経済紙でございます。

あまり馴染みがねえよって人も多いと思うんですが、「世界長者番付」とか、「世界で最も影響力のある人物」とか「世界スポーツ選手長者番付」とかをランキングしてる会社と言えば、あーあーってなるでしょ?

このフォーブス社が、現在、編集室の人工知能化を推し進めているそうなんですよ。

編集室と言えば、そのものズバリ、「記事を書く人」達が働いてる部署ですが、ここにAI化が導入されるとは一体どういうことなんでしょうか…。

まさかAIが記事を書くってことはないでしょうが、実はそれに近い事までできるAIが導入されているんですよ。

これはコンテンツ管理AIツール「バーティ」ってヤツで、これは過去の実績に基づいて記者にテーマを提案したり、記事や画像への感想に基づいてタイトルを考案したりするAIなんだそうです。

さらにフォーブスでは原稿の下書きを書くツールの検証も行っているそうで、これが実用化された場合、記者は最初から最後まで記事を書くのではなく、ツールが書いた原稿の手直しが仕事になるらしいんですよ。

いや、すごいなこれ…。

たとえば自動車について書くことが多い記者のために、AIツール「バーティ」は記事を書くための資料を探し、過去にフォーブスなどに掲載された関連記事のリンクを完成させたりするんだそうです。

さらに記事を面白く演出する画像を提案したりもするらしいですから、なかなか以上の助手ですやん。

ですが、AIツールはもともと記者が快適に記事を書けるようにするために設計されたわけではなく、書き始めるための一種のインスピレーションを与えるためのものだということです。

これも、何となく分かる気がします。

わたくしもこうやって毎日、何かしら書いてますが、今日だったらこの「フォーブス」の記事が題材になって、これに対する自分なりの見解や感想をつけたして書いてるわけですから、この「フォーブス」の出来事にインスピレーションを貰ってるといえますから、同じようなもんでしょ。

ただ、このAI導入において、生産性が上がったのかどうかは、フォーブス社は公表していませんが、7月にシステムを導入して以来、定期的なサイト閲覧者(月に1度以上閲覧する人)の数が2倍にも増加したというデータはあるそうです。

また2018年11月には過去12ヶ月で最高の6500万というアクセス数を稼いだというデータもありますし、やはり一定以上の効果はあるのでしょう。

で、やはり記事を書くってつっても、実際印刷される雑誌の「紙面」と、WEB上では、若干購読者もちがうでしょうし、構成なんかもちがってくるわけですよね。

極論、WEBにはページ数の限りはないに等しいですが、紙面となるとそうもいきません。

サイト閲覧という新たな部分にも、対応していくにはやはり、こういったデータ化されたシッカリした情報が必要なのかもしれませんね。

ですが、これにより、例えば記者の数が少なくて済むっとかっていう、よく言われるAIに職業を取られるって現象は、確実に起ってくるとは思います。

そう考えると、人類はドンドン自分で自分の首をしめてんじゃねえのか的にも思いますが、便利になるのは止められませんもんね。

ついには、AIが作った雑誌とか、週刊誌が店頭に並ぶ可能性もありますし、WEBサイトくらいなら、いつでもできそうですもんね。

そういや、絵をかくAIってのも開発されてきてますし、いつかはAI作の漫画なんかも、読めるかもしれませんね。

「週間少年AI」とかいって…(笑)

ま、漫画はなかなか大変かもしれませんが、雑誌くらいはわたくしの死ぬまでに出来てそう。

ぜひ楽しみにしております。

ではまた〜。





hon




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2019年01月30日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

1月30日の水曜日でございます。

さぁ、1月も月末が迫ってきました。

いよいよ2月がやってきますが、さすがに毎日寒いやね。

もう、節分過ぎたら春ですやん的な、暦の上では攻撃はいいとして、この辺から一気に極寒がきますから、みなさん気をつけて下さいね。

突然のクソ大雪とかも、これからの時期ですけんね。

いつもより寒いなぁ〜とか思ったら、注意しといてください。

にしても、年々寒さがキツく感じられるようになってきましたよ。

これも歳のせいなんやろか…。

それとも、地球環境のなせる技なんじゃろか…。

どちらにしても、歳は取りたくないもんやねぇ…。

的に始まりましたが、そんな「加齢」に敏感な皆様に、朗報となるかもしれません。

以前にも、このブログでチラッと話題にしたことあるんですが、タイトルを思いだせなくて探せませんでした(笑)

さすがに、4年もやってりゃ、そりゃいつ書いたヤツか分からんようにもなるわいな。

あ。

これも歳のせいか…。

で、その加齢についてなんですが、今日のネタは、「若者の血を輸血し老化を防ぐ治療法 アンブロシア」についてでございます。

輸血は、なんらかの形で、血液が足りなくなった場合、命を救うためにずっと使われてきた治療方法です。

ですが、この輸血という医療処置をアンチエイジングに利用しようとする人がいるらしんですよ。

若者の血を輸血することによって、老化を防ぐ、いや若返ろうとする方法なんだそうなんですよ。

まぁ、考えただけでアカン気しかしませんが、実際すでに行われてるって事ですから、実態はいかに?!って感じですよね。

あ、因みにこの「アンブロシア」ってネーミングは、食べると不老不死になると言われている、ギリシャの神々の食物の名をとってあるんだそうです。

では詳しくみていきますが、このアンブロシア・メディカルの創設者、ジェシー・カルマジンによると、たった2時間、16歳から25歳の若者の血漿2リットルを体内に取り込めば、まさに奇跡と言えるほどの劇的な結果が得られるという胡散臭さ(笑)

彼はかつてこの処置を、「内側からの美容整形手術」と呼んでいたんだそうです。

彼曰く、この輸血は不死を保証するものではないですが、極めてそれに近いらしく、一回の輸血でも見た目、記憶力、体力などの面で劇的な改善が見られるんだそうです。

嘘くさっ!(笑)

いや、仕方ないわ。

嘘くさ過ぎんねんもん(笑)

この彼、カラマジンは、スタンフォード医学校を卒業した後、2016年にアンブロシア・メディカルを創設しました。

若いネズミと年老いたネズミを外科的に結合させ、両者の血液が混合するとどうなるか、その影響を観察したいくつかの研究論文を読んで、彼は若者の血を高齢者に輸血すれば、老化をストップ、少なくとも遅らせることができるのではないかと考えました。

で、ネズミを使った実験では、年老いたネズミが一時的に強くなり、健康状態もわずかだが改善したのだといいます。

ここで、カラマジンは同じことが人間にも応用できると自信をもったそうです。

いや、これだけで確信もっちゃいけんって(笑)

そして、2016年夏、カラマジンは8000ドル以上の参加費を負担した35人の被験者を対象に、臨床試験を行うと発表しました。

8000ドルって結構高額ですよねぇ…。

まぁ、日本円で80万とか90万とかですが、被験者はとにかくお金を払ってでも、何の根拠もない実験に賭けたいなにかがあったんでしょうね。

で、この実験で、被験者たちに若者の血漿2リットルを注射して、その経過をみたそうなんです。

で、ここでひとつ、疑問に思う事なんですが、まず結果云々は別にして、こういう実験ってそもそもやっていいもんなのかと…

これに関しては、なんとこの実験、アメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を受ける必要すらないんだそうですよ。

というのも、彼が行おうとしている行為自体は、医療処置として長いこと行われている単なる輸血だからなんだそうです。

ですから、この行為自体に問題はなく、つまりは許可を得る必要もないわけです。

まぁ、輸血っちゃ輸血やけど…

つまりは、アンチエイジング目的の輸血ということで、特に違法性はないって事ですね。

彼の行う輸血は、治療するためのものではなく、アンチエイジングとしての輸血ってことなわけですな。

こう考えると、「内側からの美容整形」ってのが、ピッタリ当てはまりますよね。

そもそも「美容整形」って行為自体、医療かどうか微妙なとこですもんね。

そう考えると、輸血って医療行為を、なに目的で行おうが問題ないわけですわな。

じゃ、次に課題となるのが、この輸血の血液の供給者ですが、これはさすがに独自に集めるしかありません。

いわゆる「血液バンク」的な機関だと、仮に血液を売ってて貰う事が可能だとしても、そもそもこの輸血には「若い血」という外せない部分があります。

ですから、普通に献血などから集められた血液ではここが選別できません。

しかし、彼は何とか協力者を探し、これまで150件ほど輸血をおこなってきたそうです。

患者の中には、リピーターもいるらしいですが、まだ結果は確実に公表はされていませんし、論文発表もされていません。

つまりは、まだ「胡散臭い」ままなわけですが、この「アンブロシア」という行為自体は、ここ数年で、注目を集めるようになってきてはいます。

そして、注目を集めれば、当然ながら反対派からの声も上がってきますわな。

多くの専門家は、アンブロシアについて、本当に有益かどうか臨床的な証拠はなにもないし、人々の信用や世間の異様な関心を悪用しているにすぎないと申されています。

まぁ、もっともな意見ですわ。

そしてなにより「輸血」というものには、危険が伴います。

これは普通の医療行為においても言えることで、例えば出血多量状態で、輸血を余儀なくされるとしても、普通の医者ならできるだけ「しない」選択をとろうとします。

ま、もちろん、そこはやらなきゃいけないなら躊躇はないでしょうけど、出来るなら避けようとします。

これには訳があり、輸血をすると免疫反応が極めて強くなります。

そしてもしうまく合わなければ免疫システムが働いて強い拒否反応を起こすことになり、輸血をした50%の患者が、重篤な副作用に陥っているという話です。

この話は、わたくし院長ももちろん聞いたことありますし、医療従事者なら必ず知っていると思います。

それでもなお、この「アンブロシア」を行おうというわけですから、そこにはそれなりの確信があるんでしょうけど、わたしゃ、恐ろしくて出来ませんねぇ…。

これは、都市伝説的な話ですが、輸血をすると「性格が変わる」って話は、昔からありますし、もっと言えばその血の供給者に乗っ取られたなんて話もあったりします。

まぁ、もちろん、作り話でしょうけど、それほど「血」ってのはヒトにとって大事でかつ、まだまだ謎多きモノってことなんでしょう。

これは日本では確実に認可されないでしょうけど、よその国で軽〜く輸血して若返り、しかも90万円とかなら、バンバン行くやろな(笑)

これがそういった人の心理を、巧みについたインチキなら許せませんが、ホントに若返るなら後は自己責任ですからね。

でも、もしホントに若返るならねぇ…。

とか(笑)

ま、これからこの分野も研究されていくでしょうし、そのもの「血液」自体も当然研究されています。

まだまだ先になるでしょうけど、いつかは「若返り」が行える日がくるでしょう。

知らんけど(笑)

ではまた〜。




ti




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2019年01月29日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

1月29日の火曜日でございます。

もう1月も後3日となり、ますます寒さ厳しい毎日でやんす。

そして、厳しい月末が近付いてきておりますので、身も心も寒い日々でございます。的な。

そして、そろそろ受験生たちは追い込みの季節ですなぁ。

毎年この時期になると、雪と受験のニュースが流れてますが、雪であろうが雨であろうが、実力を発揮してきてくださいよ。

何年間の集大成かは、人それぞれですが、少なくとも数年間以上は頑張ってきての受験でしょうから、力を発揮できないのが一番悔しいですもんね。

やはり、この時期ですから、何より体調管理でしょ。

風邪、インフルなんかに罹っちゃおしまいですけんね。

後、食べ物も注意しましょう。

出来るだけ、普段通りの生活をするのが一番ですから、特別受験前だからと言っていいもん食べたりしないでよね。

思ってるより、受験のプレッシャーからも身体は弱ってますから、すぐに下痢したりするけんね。

ってな感じで今日も始まりましたが、今日のネタはそんな体調も、これでバッチリかもしれませんてなお話…。

米マサチューセッツ工科大学(MIT)のグループは、体内で健康データをモニタリングできるセンサーを搭載した、経口摂取可能なカプセルを開発したと発表しました。

飲み込んだカプセルのセンサーで測定したデータは、ブルートゥースで飛ばしてスマホなどでモニタリングできるという超スゲーやつ。

研究グループによれば、この超小型カプセルを飲み込めば、薬剤を体内に運んだり、感染やアレルギー反応といった胃内の状況の変化を検知したりすることも可能なんだそうで、異常が検知されると薬剤が放出される仕組みになっているんだとか。

体内で健康データをモニタリングするっていう感覚は、やはり胃カメラとか、ああいうもの的な感じなんですかね。

さらに、このデバイスのセンサーで心拍数や呼吸レベル、体温などのモニタリングも可能で、データは全てスマホに送信できるそうです。

つまり、心拍数、呼吸、体温など、常にモニタリングされてて、異常を検知でき、それをスマホで管理できるってことですから、もう医者いらずなレベル(笑)

現時点ではカプセルは小さなバッテリーで作動しているそうですが、将来的には電源をデバイスから離してリモートの電源としたり、胃酸から得たエネルギーを利用できる可能性もあると研究チームは言うとります。

胃酸から得たエネルギー…。

こんな事が出来たら、これまたすごいよねぇ…。

なお、現在このデバイスをブタに使用する試験が進行中で、ヒトを対象とした臨床試験は2年以内に実施される見込みだということです。

まぁ、そこからさらに研究され、実際に臨床で使えるようになるまで何年かかるか分かりませんが、これはわたくしの死ぬまでに、間に合うかもしれませんな。

さらに、薬剤を投与するだけでなく、消化管の鏡視下手術にも活用できる可能性もあるってことですから、まさしく近未来の医学の最先端なわけですよね。

薬剤投与だけでも、例えば厳格な服薬管理が必要な病気などでも、忘れたり間違えたりすることもなくなりますし、これだけでも、かなりのストレス軽減になるでしょう。

その他、一人暮らしの高齢者の健康管理を一括して行うことも可能になるかもしれませんし、アイディア次第で用途はドンドン広がっていくでしょうね。

さすが、マサチューセッツ工科大学、かしこの集まりやわ(笑)

日本の場合、これからますます高齢化の波が押し寄せ、少子化との連動で高齢者の面倒をみることが難しくなってくると言われていますが、そういった問題にも一役買ってくれそうですもんね。

いや、まさに夢のデバイスですなぁ…。

是非、マサチューの総力を結集して、一日も早く使えるものを作って下さい。

このネタも続報が入ればお知らせしていきますね。

ではまた〜。





kapu




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop