弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年11月30日 [日々のこと]
お疲れ様です。院長です。

11月30日の金曜日でございます。

ついに晦日っすね。12月末が大晦日ってんなら、11月末は中晦日やんねぇ。

ちなみにこの「みそか」って、まぁ月末の事を指す言葉になってんですけど、本当は「30日」の古い読み方なんだそうですよ。

ついたち、ふつか、みっか、よっかと続いて、さいごに「みそか」と言うそうです。

ってなると、11日以降はどう読むねん?って気になるよな。

で、調べるとどうも足し算するようで、例えば11日なら、10日(とをか)の「とを」に「あまり」をつけて「とを あまり ひと」と読むらしいです。

ですが、当然長いし使いづらいんで、廃れていったと…

今では、1〜10と20、30以外は、ほとんど使わないようですな。

そうなると、大晦日ってのも本来、12月30を指しちゃうやん。

と思い、これも調べたところ12月は年の最後ですから、最終日を晦日として大晦日、そして30日を「小晦日」と呼ぶんだそうです。

ええ!

11月30は中晦日とか、適当な事書いちゃいましたけど、中晦日ってのはないみたいです。

てな、雑学を交えたオープニングですが、日本文化ってこういう古いものを、結構普通に残すからややこしいっちゃややこしいんですよね〜。

英語で言えば、20っつたら、年齢でも日付でも個数でも、「twenty」で済むわけですわ。

あんたは何歳だい?

「twenty」

明日は何日だい?

「twenty」

おまんじゅうは何個だい?

「twenty」

これが日本語だと

おまはんは歳いくつえ?

「はたちでおます。」

明日は何日やったっけ?

「はつかやな」

まんじゅう何個入り?

「にじゅっこいり」

と、全部ちゃうやん(笑)

そら、日本語難しいわなぁ…

んで、年齢に関して言えば、「はたち」も使うし「にじゅう」でもまぁ、通じるわけです。

でも、20日を「にじゅうにち」というのは、これはおかしいやん。

かなり高度な言語ですわ。

こりゃ、外国人たいへんやな。

って、メッチャ脱線した(笑)

11月末やから中晦日とか言うてて脱線したんやな。

から、こんなことになったんですわ(笑)

そうそう、明日から12月っつう事で、いよいよ今年も残すところ1ヶ月となりましたな。

師走とはよう言うたもんで、やはり急に気ぜわしくなりますよね。

この「師走」って言葉も、師が走るって書きますが、この「師」は誰やねん?ってことも諸説あるらしいです。

この諸説、主に「教師」と「僧侶」がツートップですね。

それ以外にも、師走の師は「師団」の師ってことで、いわゆる「兵隊」ってな説もあるんだとか。

まぁ、この言葉「師走」ってのは、実は万葉集やとか、日本書紀にも表記があるほど、古くから使われている「月の異名」と呼ばれてるものです。

この古くからってポイントを考えても、教師はないやろって気はしますよね。

やはり、師は僧侶なんか?

って思って、もうちょっと調べてみたら、そもそも万葉集あたりには、十二月とかいて「シハス」と読んでるらしいんです。

つまりこの時点では「師走」って字は当てられていないとの事。

ただ、十二月を「シハス」と呼んでいただけのようです。

では、「シハス」に「師走」の漢字が当てられたのはいつ頃かと言いますと、どうも江戸時代辺りからのようなんですな。

で、結局のところ、奈良時代あたりから十二月を「シハス」と呼んでたのは正しいようなんですが、なんで「師走」の文字を当てたのか不明のようで…。

不明なだけに、教師だの僧侶だの兵隊だのって憶測が飛んでるわけですよ。

ん〜…

てことで、結局分からんのですが、ちなみに、わたくし院長、柔道整復師、鍼灸師と2つ師を持ってます。

実は調理師も免許持ってるんで、3つ師があります。

でも、12月であろうが、1月であろうが走りません。

以上。

たまにはこんなんもええよね(笑)





sihasu




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年11月29日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

11月29日の木曜日でございます。

明日は月末ですけん、11月も終わりだよ。

もう12月、ウキウキなクリスマスと年末とお正月がやってきます。

んですが、それまでに大掃除だの、年賀状だのやる事が色々ありますやん。

さらには職場ってもんがある人は、自宅もそうですし、その職場でも大掃除的なことが行われるかもしれませんね。

当院も、大掃除しますのことよ。

でも、一気にやるのはしんどいので、何回もに分けたり、日曜日に来てチロッとあったりして、何となく終わらせます。

自宅は自宅で、やりだしたら止まらない性格なもんですから、逆に深いりしないように注意しております。

まぁ、玄関周り、水周りを普段よりキレイ目にするくらいにしとかないとね。

ほんまに止まらんようになるんですよね。

過去にそれで痛い目にあってるんで、そこはキチンと歯止めしてと…

それから車も洗わないとあきませんなぁ…。

わたくし院長、特別車に興味があるわけではないので、まぁ基本月に1回も洗車しません。

年に数回やな。

なんで、これもやらないとね。

それと、年賀状ですかね。

もう、プライベートな年賀状は、ここ30年ばかし出した覚えがありません。

そして院の年賀状ですが、これもねぇ…

全患者さんに送るわけにはいきませんし、ほな誰に送るねんてのと、ちょうどこの20日前後が、弘泉堂通信の発送とかと重なり、毎年悩まされるんですよね。

ま、届いた方は当たりってことで(笑)

あと、今年は院内のカーテンを全部洗おうと企んでます。

これも時間かかるし、乾かさんとアカンし、キチンと予定立てないとあきまへん。

てな感じで、やるべきことをブログに書きだしてみるっていう作戦(笑)

これを全部こなせば、楽しい正月が来るってなもんですわ。

書いてみるとやる事多いなとか思いつつ、今日もネタに突入していきましょう。

今日のお話は、前にも何回も登場している「エボラウィルス」についての新しい情報です。

特効薬ができたーとかならいいんですが、そのもっと前の段階のお話かもしれません。

基本的にこのウィルスは日本には存在しません。

ですから、もし国内で感染者が出るとしたら、海外で感染した人が帰国されるか、キャリアの外国人が来日されるかしかないわけですね。

ですから、空港などでの水際作戦とかで、国内にウィルスが侵入することを防ぐわけです。

が、もし何らかの形で、国内にウィルスが入ってしまった場合、対処できるのか?ってことなんですが…

残念ながら今の状態では、無理なわけですよ。

そりゃ、世界中でこのウィルスを退治する方法がないわけですから、日本であろうが異国であろうが無理なもんは無理。

ですから、水際作戦を完璧にしなけりゃいけんわけですね。

ですが、基本、日本国内にこのウィルスは存在しません。

存在しないって事は「実物」を見ることがないわけで、検査するにも問題があるんじゃないかと…

てことで、エボラ出血熱など海外で発生している重大な感染症の検査体制を強化するため厚生労働省は、海外から原因ウイルスを提供してもらう検討を始めたんだそうです。

なるほど…。

これは確かに一理ありますな。

本物のウィルスが手元にあれば、それを用いて検査するにも幅が増えますし、有効活用できるかと思われます。

そしてこのウィルスは輸入されたとしたら、国立感染症研究所村山庁舎の研究施設「バイオセーフティーレベル(BSL)4」で病原体を扱うってことらしいです。

ちなみにこの(BSL)てのはは「バイオセーフティー・レベル」の略で、世界保健機関(WHO)が指針で定めた病原体を扱う施設の基準で。4段階あります。

つまり、「(BSL)4」は最も厳しい基準で、エボラウイルスやラッサウイルスなど最も危険な病原体について培養や保管、動物実験ができる施設なわけです。

世界では24カ国に約60施設あり、国内では、1981年に村山庁舎に建設されたんですが、病原体の外部への漏出などを心配する地元住民の反対もあり、実質稼働しておりませんでした。

で、今回ついに動きだし、厚労省は地元の理解を得た上で、病原体の輸入の手続きを進めたいという意向なわけです。

日本国内では、現在この「国立感染症研究所村山庁舎」しか扱える施設はありません。

そして原則、こういった病原体は輸入できなかったため、今回輸入が決まれば、初となるわけです。

今回、輸入しようとしているのは、感染症法で最も危険性が高い「一類」に指定されたうちの5種類の病原体が対象で、エボラ出血熱のほかにラッサ熱、南米出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、マールブルグ病を検討しているって事らしいです。

厚労省によると、現在の検査法は人工的に合成した病原体を使っており、治療効果を判断するために用いる中和抗体法という検査ができないらしいんです。

そこで、本物の病原体を使うことで、多くの先進国並みの標準的な検査法にまで検査レベルを引き上げるのが今回の目的って事なんですな。

さらに、他国任せだった動物実験もできるようになりますし、国内での研究が解禁されれば根絶への道も拓けるかと…

的なお話なわけです。

こりゃ、もちろん賛否ありますわな。

特に、この「国立感染症研究所村山庁舎」のある東京都武蔵村山市では、地域住民の反対があるでしょう。

近所にそんな殺人ウィルスが保管してあるなんて、考えただけでも恐ろしやんねぇ。

そりゃ、セキュリティだの耐震だのは完璧でしょう。

知らんけど(笑)

でも、今現在完璧であったとしても、それを越える地震があったから、原発もやられたんやもんねぇ…。

仮に、そんな大地震が来たら、そりゃ地震の被害ももちろんですが、研究所から漏れ出た殺人ウィルス達で、もはやパニック&パンデミックだわ。

それからテロやんね。

日本は、とにかくテロ対策がないに等しい(笑)

ないやろ。全く…。

例えばわたくし院長がテロリストなら、絶対この研究所襲うよね。

完全武装で、乗りこみ入り口で立ってる警備のおっちゃんに銃を突きつけ中に入り、2、3人も撃ち殺せば、誰かがウィルスの扉開けてくれるでしょ。

で、殺人ウィルスをもって首相官邸にでも行けば、大体の要求は通りそう(笑)

ってなことが起こるか起こらないかという事より、起こっても対処できるだけのものが揃ってて、こういうウィルスとか輸入するべきちゃうんかなぁ〜と…。

この研究所が、どれくらいの警備をしてるか知りませんけど、日本だったら自衛隊の隊員が入り口を固めてくれるくらいしてないと、テロリストは武装してくるしねぇ…。

セキュリティ会社のガードマンが10人立ってても意味ないんですよ。

それくらい、こういったウィルスは脅威になるわけですからね。

ちょっと簡単に考えすぎなんではと、思うんですけどね。

この事案も続報があればお知らせいたします。

ではまた〜。




ebo




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年11月28日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

11月28日の水曜日でございます。

寒くなってきましたねぇ…。

ついに11月も残り2日、ついに12月がきちゃいます。

そして年末、お正月と楽しげなイベントが待っとるわけですわ。

そして、来年は新しい年になるだけでなく、元号も変わる予定ですしね。

消費税も来年中に上がるって話やし、なかなか激動の1年になりそうやん。

新年を迎えるということは、それはそれで素晴らしいことなんですが、ひとつまた歳をとっちゃうわけですねぇ…。

まぁ、年齢を重ねるごとに良くなることもありますが、基本、生物学的には確実に死に近付くわけで、それはそれで悲しい様な嬉しい様な…(笑)

ま、死ぬとは縁起でもないですが、そういった漠然とした不安感と言うのは誰にでもあるわけで、今日は強引にこの不安感についてお話ししていきたいと思います。

不安になるー…

多かれ少なかれ、誰もがもつ感情ですし、またこの感情がないと非常に問題です。

そして、不安に感じる事がらも、人によって様々です。

例えば、同じような環境下にあっても、不安に感じる人もいればそうでない人ももちろんいます。

そして、人は不安な事があると、何らかの方法でその不安を解消しようとします。

そこで、今日のネタ突入ですが、その不安を解消する方法の一つに、なんと世界的に人気のあるゲーム「テトリス」をプレイすることが効果的だという研究発表がありました。

さすがにゲームに全く縁のない院長でも、テトリスは知ってます。

そして、リアルタイムで出た時は、結構やったような覚えがありますね。

今更、説明の必要もないでしょうけど、テトリスとはいわゆる落ちものパズルゲームの元祖で、元々はソビエト連邦の科学者が、教育用ソフトウェアとして開発したもんらしいです。

ちなみに「テトリス」の語源は「テトロミノ」と「テニス」を掛け合わせた造語なんだそうです。

テトロミノ」とはそのまま「テトリス」のブロックのことみたいですな。

で、このテトリス、ハマった人なら分かると思うんですが、結構時間を忘れてプレイしてしまう曲者で、この行為が、脳の効率性を向上させたり、アルコールやニコチン、ドラッグの禁断症状が改善されるなど、いろいろな効果があることは分かっていたそうなんです。

確かに、テトリスはやりながらお酒飲めないよねぇ…。

なんなら、タバコも吸うてる暇がないかも(笑)

で、このテトリスに不安を緩和させる効果があることが、今回わかったという話なんですよ。

例えば、ドキドキと試験の結果を待つと気とか、なんか返事を待つ時とかに、テトリスをプレイすることで、ドキドキ・ハラハラする気持ちが抑えられるという話です。

この研究は、米カリフォルニア大学リバーサイド校の心理学者ケイト・スウィーニー氏のものだそうで、彼女によると、人は自分から注意をそらすことができれば、不安を和らげることができるのだそうです。

そして、そうするために一番望ましいのは、「フロー」という状態を作り出すことなんだそうです。

んで、このフローとは、心理学者のチクセントミハイが提唱した概念で、ある行為に我を忘れるほどにのめり込んでしまっている状態のことだそうです。

別名、ゾーンとも呼ばれるヤツです。

ゾーンって言われると、何となく分かりますね。

これはアスリート、音楽家、作家、アーティストなど、さまざまな分野の人が体験している状態で、ゾーンに入ると時間の感覚がなくなり、熱中するあまりに飲食や睡眠すら忘れてしまうっていう状態なんです。

で、このゾーンは、嫌になる程難しすぎず、それでいて退屈な程簡単すぎない、絶妙のバランスが取れた難易度に挑戦しているときに入りやすいんだそうです。

なるほど。

確かにそうですわな。

そういう意味では、やればやるほど「うまくなり」それと共に難易度も上がっていくテトリスはバッチリですな。

ですから、この「テトリス」をちょうど良い難易度のゲームと位置づけられる人には、このゾーン現象が起こり得ると考えられるわけです。

なので、このゲームを難しすぎるとか、簡単すぎると考えてしまう人には効果はないわけですわ。

そしてこのテトリスには、トラウマを受けるような場面を目撃してしまった時の衝撃をも和らげることができるという研究結果が得られているそうなんです。

長時間テトリスをプレイすると、テトリスの画面が脳に長い間刻印されるわけですよ。

するとテトリスが、嫌な記憶が残らないよう邪魔をしてくれるらしいんです

これも当然「テロリス効果」なわけですから、さきほど書いたように、このゲームを「ちょうどいい難易度」と考えられる人限定ではありますが…。

ですが、世界中で爆発的に流行したことからも考えられるように、比較的多くの人にこの現象を与えると考えられています。

ですから、その効果を利用し、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療のほか、ダイエット中の食欲や薬物への欲求を抑えるうえで有望な手段だという研究も行われているようですよ。

この治療法、結局ゾーンの深さがかなり影響しますから、早い話がそういったゾーンに入れるような「なにか」がある人は大丈夫って事ですよ。

まぁ、PTSDに関して言えば、すこし違いますが、例えばダイエットや薬物などの場合、こういった「なにか」を見つけることは大事だと思いますよ。

結局、そういったものがないからってトコも、正直あると思いますし、ゾーンに導いてくれるものがある人は、なんか強い気もしますしね。

ってことで、今日はテトリスとゾーンのお話しでしたが、わたくし院長、今日もゾーンめざして筋トレしてきます(笑)

ではまた〜。




teto




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop