弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年10月31日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

10月31日の水曜日でございます。

10月も終りって事で、さすがに朝晩は寒くなってきましたね。

明日から11月っすから、今年も2ヶ月なわけで、寒さとともに年末も近付いてくるわけです。


ハロウィンでございます。

よく書いてますが、我々世代には、ハロウィンっつっても、何だかイマイチ何していいか分からない的な部分はありますよね。

仮装しろったって、そんな簡単に出来るもんじゃないし、仮装してどこ行きゃええん?って感じもありますしね。

平成っ子達は、割と普通に楽しめるみたいですが、まぁ楽しいってことは良い事ですよ。

年々、このイベントも大きく広く認知されるようになってきましたし、いまじゃクリスマスに次ぐイベントに成長してるみたいですもんね。

わたくし院長は、ハロウィンの夜に外出した記憶がないんですが、京都の街中でもかそうしてる若者が闊歩してるんでしょうかね?

テレビの影像なんかで、東京シティでは若者が仮装して練り歩いてる画をよく見ますが何だか、日本じゃないみたいな違和感さえ覚えます。

でも、ちょっと仮装って楽しそう(笑)

もし、自分が仮装するなら何になるでしょ?

体型的にタイガーマスクとか良いんじゃないかと思うんですがどうでしょう?

顔も完全にマスクで隠されて恥ずかしさも軽減されるので、もしもの時は「タイガーマスク」でいこっと(笑)

あ、でも、ひとつ難点が…

タイガーマスクは、上半身マントだけで基本、裸やし、この時期かなり寒いやろうなぁ…

とか、どうでも良い事を考えさせてくれるそんなハロウィンですが、今日はそんなハロウィンに因んだ俗称「ハロウィン小惑星」のお話をしてみたいと思います。

この「ハロウィン小惑星」、正式名称は「2015 TB145」とかいうらしく、またの名を「スプーキー」(不気味)ともいうそうです。

で、この小惑星、なんでハロウィンなのかと言いますと、発見されたのが2015年なんですが、その年の10月31日に地球を通過していったことで話題になりました。

で、今年2018年、二度目の襲来を果たすんだそうです。

でも、今回は今日じゃないんですよね。

今回は、少し日付がズレて11月初頭になるそうなんですが、まぁ地球に近づくんだそうですよ。

この2015年の初襲来の時は、かなり地球の近くを通過したらしいんですが、今回はそこまで近くないそうで、まぁそうなん?って感じです(笑)

で、初めて地球に近づいたのがハロウィンだったから、「ハロウィン小惑星」ってのは分かるんですが、またの名「スプーキー」はどこからきたんでしょう。

不気味と形容される所以は、この惑星、炭のように暗くて、一定の条件を満たすとそれはまるで人間の頭蓋骨(ドクロ)のように見えるんだそうです。

しかもおそらく死んだ彗星だとの話です。

死んだ惑星がそこいらを飛んでるわけですか…

そして、たしかにドクロっぽく見えなくもない。

で、このハロウィン小惑星、大きな軌道傾斜角を持つために、地球に接近する際の距離が毎回変わります。

で、2015年のような大接近は今後500年はないと予測されているそうですから、まぁ我々にはもはや体験することはかなわないよね。

それと「ハロウィン小惑星」と呼ばれる割には、常にハロウィンに訪れるわけでもないそうです。

軌道周期は1112日、つまり3年強ですので、この「強」の分だけ、飛来するたびに若干、日付が変わるわけです。

で、2015年から、3年強の今年の11月初頭に、2度目の来襲ってことになるわけです。

こんななんだか、中途半端な小惑星ですが、それでも魅力的な天体であることに違いないらしく、研究者はその詳細を探ろうと調査を進めているんだそうです。

大きさは625〜700メートルで、わずかに平らな楕円形をしているんだとか…

で、2015年まで発見されなかった理由として、小さい上に、ほとんどは火星の向こう側に位置するからなんだそうです。

そして、かなり暗い星なんだそうです。

風変わりな軌道と傾きは、かつては彗星だったようですが、太陽を何度も周回するうちに揮発性化合物がすべて蒸発して失われてしまったことを示唆しているんだって。

今では死んだ岩石として宇宙を漂ってるってことのようです。

死んだ岩石…

死んでまで、宇宙空間を漂い続けなきゃいけないのも、なんだか可哀想な気もしますが、きっと宇宙には、こんな岩石が無数にあるんやろねぇ…。

てな感じで、ハロウィンとはあんまり関係ない話でしたけど、近くまた飛んでくるらしいんでとりあえずご報告まで…

ではみなさん、楽しいハロウィンを過ごして下さい。

ではまた〜。



halo



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年10月30日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

10月30日の火曜日でございます。

10月もいよいよ明日で終わりでございます。

つまり、今年もあと2ヶ月ってことで、だんだん慌ただしくなってきますねぇ…。

そして、秋も深まりいよいよ冬型に突入していくわけで、そろそろインフルの話題も出てくる頃だね。

毎年毎年、猛威をふるうインフルですが、みなさん気をつけて下さいね。

あ、明日はハロウィンやん。

カボチャのお化けがやって来る日やね(笑)

世の中的に、仮装する日なんで、明日はみなさん思い切って仮装してみてはいかがでしょう。

日頃のストレス解消になるかもしれまへんえ。

なんか渋谷あたりでは、先週位から若者が暴徒化して大変らしいですが、まぁ、楽しむのはいいですが、人に迷惑かけちゃいけんよねぇ…

節度を持って楽しんで下さい。

とか言う院長は、まったくハロウィン感とかゼロですが、今日のネタはそんなことより、夢のあるお話…

なんと、恐竜時代の「琥珀」から、カタツムリが体ごと見つかったそうなんです。

この標本は直径5ミリほどの大きさしかないものの、恐竜時代に生きた陸生巻貝の姿をはっきり確認できるんだそうです。

カタツムリはミャンマー北部で採取された小さな琥珀(天然樹脂の化石)の塊に含まれていたもので、2016年に個人の化石収集家から購入したものやったらしいです。

あまり保存状態はよくないようですが、もう1匹のカタツムリの殻も含まれていました。

今まで発掘されたカタツムリの化石は、ほとんどが殻のみのものでした。

今回の発見で重要なのは、カタツムリの軟組織が保存されていることなんですね。

軟組織、つまり身体ですな。

しかも今回の標本は「これまで最古とされたものより7000万年以上も古い最古のもの」という点が際立っているわけです。

最古の物より「7000万年」も古い…

7000万年て(笑)

残ってるもんなんですねぇ…

古代の樹脂には非常に優れた保存性があり、何百万年も前の化石組織が細部に至るまで完全な3次元空間に残されていることがあるそうなんです。

まるで昨日樹脂に閉じ込められたかのように見えるほどって話ですから、ほんとにそのまま固まっちゃうんでしょうね。

琥珀に封じ込められたカタツムリは、熱帯および亜熱帯環境で見られる現代のヤマタニシ科と近い関係にある可能性が高いそうです。

いや〜すごいですね。

ま、わたしら素人には、この化石の持つ本当の凄さは分かってないと思いますが、すごいんでしょうな(笑)

なんせ9900万年前ですよ。

こんな前から、カタツムリはカタツムリとしての形をしてたんだなぁとか、妙な事に関心してしまいます。

ま、今回の発見はその古さもさることながら、いわゆる軟組織がそのまま残っていたって事ですよね。

つまり、当時の生体がそのまま保存されてるわけで、これは研究者にとっては、もうたいへんなご馳走でしょ。

あらゆることを調べたおし、またひとつ太古の謎が解明されることでしょう。

にしても、この「琥珀」ってのはすごいよねぇ。

あの大ヒット映画「ジュラシックパーク」もこの琥珀に閉じ込められた「蚊」の吸った恐竜の血から、恐竜を蘇らせるって話でしたし、この琥珀には夢が詰まってんのよね。

因みにこの「ジュラシックパークでは、琥珀に閉じ込められた蚊の腹部の血液から恐竜のDNAを採取し、これを解析・復元した上で欠損部位を現生のカエルのDNAで補完し、さらにこれをワニの未受精卵に注入することで恐竜を再生する手法が描かれています。

まぁ、カエルだの、ワニだのちょっと反則気味な点はありますが、こうやって映画になってるくらいですから、これ、ホントに出来るんじゃないでしょうかね。

わたくしの知る限り、今のところ、恐竜の血を吸った蚊が見つかったってな話しは聞いたことないですが、これからも発掘はされるわけで、まだまだ可能性は十分残ってますよ。

いまだ発見されていない、幻の「琥珀」がどこかに眠ってるのかと思うと、夢のある話よね。

そういう意味でも、発掘隊にもぜひ頑張っていただきたいモノです。

そして、いつの日か倫理は無視して、恐竜を復活させて欲しいもんです。

ま、映画の中じゃ、この復活させた恐竜たちに、人々がわやくちゃにされてますから、そこは「やっちゃいけない事」感をだしてましたが、まぁそれはそれ(笑)

人間の好奇心は、止められないと思いますから、こんな素敵な「琥珀」が見つかったら、きっと誰かがやるでしょう。

恐竜…

見てみたいよね(笑)

ではまた〜




maimai



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2018年10月29日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

10月29日の月曜日でございます。

今月も後2日って事で、月末ですわ。

めっきり涼しくなり、さすがに暑がりの院長も昼間以外は、半袖ではなくなりました。

まだ、下は短パンですが(笑)

短パンって楽なんですよね〜。

何なら年中短パンでもいい位なんですが、さすがにもうちょっとですね。

11月ともなれば、秋と言うよりグッと冬型になりますし、さすがに短パンではちょっとイタイ人に見えちゃいますし(笑)

最近、街中で異国の人が多いなぁ〜って思ってる人たくさんいると思うんですが、気付きません?

割と白人の方に多いと思うんですが、真冬でもTシャツとかで歩いてる人…。

あれって、本当に暑いんだと思います。

分かる分かる(笑)

冬でも夏でも暑いもんは暑い。

とか言いながらも、真冬は寒い寒いとうるさいんですよねぇ…

なにせ、寒がりな暑がりなんですわ。

てことで、今日も始まりましたが、今日のネタは比較的暑いとこで猛威をふるうウィルスの話…。

そいつの名は、エボラ出血熱を引き起こす「エボラウィルス」でございます。

みなさんも、名前くらいは当然聞いたことあると思いますが、我々日本人にはあまり実感のない、どこかよその国の病気って印象でしょうかね。

実際、はじめてこのウィルスが発見されたのが、1976年の6月で、スーダン(南スーダン)のヌザラという町でした。

そして、アフリカ中央部、西アフリカ、ギニア、リベリア、シエラレオネ、ナイジェリア、南アフリカなどで発症しています。

まぁ、大体あっちの方でしか、今のところ発症例はありません。

で、このエボラウイルス、大きさが80〜800nmの細長いRNAウイルスです。

でも、細長いとはいえ、ひも状、U字型、ぜんまい型など形は決まっておらず、多種多様なんだそうです。

初めてこのウイルスに感染したとされるのは、当時スーダンで倉庫番を仕事にしている男性で、急に39度の高熱と頭や腹部の痛みを感じて入院した後、消化器や鼻から激しく出血して死亡しました。

その後、その男性の近くにいた2人も同様に発症し、それを発端に、血液や医療器具を通して感染が広がったと考えられています。

まぁ、この時点ではウィルスが原因なのかも分かってないわけで、普通に医療行為を行った結果が、感染を広めることに繋がってしまったようです。

で、最終的に、この患者の住んでいたヌザラの街での被害は、感染者数284人、死亡者数151人というものでした。

この時点では原因不明ですから、さぞこの街に住んでた人は、恐ろしかった事でしょうねぇ…。

そして、この最初の男性の出身地付近である、当時のザイールのエボラ川から、このウイルスの名前はエボラウイルスと名づけられ、病気もエボラ出血熱と名づけられたわけなんです。

その後、エボラ出血熱はアフリカ大陸で過去10回程、突発的に発生・流行し、感染したときの致死率は50〜90%と非常に高い殺人ウィルスとなったわけです。

でまぁ、このウィルス、なんだここまで致死率が高く、決定的な治療法がないかと言いますと、他の多くのウイルスと異なり、免疫系を攪乱するおとりを放ち、生体の防御機構をほぼ完全にすり抜けるという特徴があるんだそうです。

これが驚異的な感染性の高さに繋がっているのと、細胞の構成要素であるタンパク質を分解することで最強の毒性を発揮し、免疫系を操作して血管を攻撃させ破壊し、肝臓を始めとする全身の臓器を冒して発症者を死に至らしめるという書いてるだけで恐ろしいウィルスなんですな。

そして、感染の仕方ですが、主に患者の血液、分泌物、排泄物や唾液などの飛沫が感染源となり、患者およびその体液への接触や、死亡した患者の遺体への接触からも感染します。

こりゃ、院内感染だけでもかなり心配ですね。

で、元々どっから湧いて出たウィルスかって事はハッキリしてないですが、おそらくコウモリだろうってことです。

フランスヴィル国際医学研究センターなどのチームの調査によると、オオコウモリ科のウマヅラコウモリ、フランケオナシケンショウコウモリ、コクビワフルーツコウモリ等が、エボラウイルスの自然宿主とされ、現地の食用コウモリからの感染が研究論文で発表されています。

またフィリピンでは、感染したカニクイザルと豚が見つかっていますが、これらも人間と同じく終末宿主と考えられています。

って、なんでまた、急にエボラの話をしたかと言うと、つい10日程前、エボラウイルスの構造が解明されたと発表があったからなんですよ。

これは、沖縄科学技術大学院大などの研究チームの研究で、致死性の高い感染症エボラ出血熱を引き起こすエボラウイルスの構造を原子レベルで解明したという事なんです。

これにより、今まだ有効な治療法がなかった、エボラ出血熱の治療薬開発へ貢献が期待されます。

研究チームは、実際のエボラウイルスの代わりに、安全なRNAを使って同じ構造の複合体を作製し、生体内に近い状態で観察できる「クライオ電子顕微鏡」を使い、RNAと核たんぱく質の結合部や、核たんぱく質同士の結合部の構造を原子レベルで明らかにしたそうです。

とまぁ、例によって難しい部分は気にせず進むと、要はエボラウィルスは、 複合体を作れなければ、増殖できないので、病気も起こせなくなるわけです。

で、その複合部らの構造が解明され、国際的なデータベースとして公開されることで、これから治療薬と開発や治療法が確立されていくだろうって期待が寄せられているわけです。

我々には、基本馴染みのない病気ですが、絶対にうつらないとは限りません。

アフリカに旅行に行く日本人もいれば、アフリカから来日される人々もたくさんいるわけですからね。

今回の発見により、近い将来このウィルスを退治とまではいかなくても、治療薬などは作れると思います。

ぜひ、研究チームのこれからに期待しましょう。

ではまた〜




ebora



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop