弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2017年08月31日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。

8月31日木曜日でございます。

ついに8月しゅうりょ〜…。

何となく、寂しい感じがするのは夏やしかねぇ…

他の月は、年末以外特に何も感じませんが、8月だけは何となく、あ〜って感じ…。

そんな夏の終わりにこんなネタ…。


怪我をした部分の皮膚に電子デバイスを乗せてピピッと稼働させると、数日で損傷が修復。

最新ナノチップテクノロジーでやろうとしているのがこう言う事らしいです。

つまり皮膚細胞を再プログラムして、組織や内臓丸ごとすら置き換えてしまおうってムチャな話(笑)

その技術をティシュー・ナノトランスフェクション、略して「TNT」っていうんやって。

TNTっていや、一般的には「TNT火薬」を指すんですが、こいつはそれにも匹敵するスゴイヤツです。

現時点ではマウスとブタでしか実験されていませんが、新しい治療器具としてきわめて有望ということなんです。

まるでSFの世界から飛び出してきたような感じですが、果たしてこんなことが可能なんでしょうか…。

米オハイオ州立大学で開発中のプロトタイプは、皮膚の上に置くと、強力な電場で特定の遺伝子をその下にある組織に届けます。

そしてこの遺伝子が作り出した新しい細胞は、その付近あるいは人体のあらゆる場所で使われると…。

「新開発したナノチップテクノロジーを使えば、損傷があったり、機能が低下した内臓を交換することができます」と研究の中心人物であるチャンダン・セン博士は説明しています。

「皮膚は豊かな土地のようなもので、弱ったどんな内臓でも育てられることを証明しました」


動物実験では、TNTで傷を負った足の外側の皮膚細胞を再プログラムして血管細胞を作ることに成功したそうです。

1週間もすると元気な血管が足の傷の中に出現し、2周目には傷が回復したってことですから、もうマンガみたい(笑)

脳梗塞で脳に損傷を負ったマウスの実験では、TNTで神経細胞を再生して脳を回復させることにも成功しているってんですから、もはや万能ともいえるわけです。

にわかには想像しがたいですが、理論上可能なようで、実際動物実験では、98パーセントはきちんと機能しているらしいです。

そして、このテクノロジーがあれば、ワンタッチで皮膚細胞を内臓の部品に変えることもできると…。


このテクノロジーの特筆すべき点は、多能性幹細胞(iPS細胞)という他のあらゆる細胞に変化できる細胞を作成する手順を省略できることにあります。

TNTを用いれば、遺伝子と電気パルスを的を絞って放出させられるおかげで、多能性幹細胞は皮膚細胞から直接他の細胞に変わることができるわけですね。

では、実際どんなもんかといいますと、このTNTは2つの部品で構成されています。

皮膚に置かれるボタンくらいの大きさのナノテクノロジーを応用したチップと、皮膚の下の繊維に働きかけるバイオカーゴとよばれるもので、このチップに無害な電荷を加えるとカーゴが細胞膜内に放出されると…。

ここでチップは外されて、基本的には終了となるわけです。そしてなんとこの間1秒未満ということですから、ほんとにSFとしかいいようがない(笑)

再プログラムされた細胞はすでに患者の体内にあるため、体を傷つける必要のない非侵襲的(外科的でないって意味ね)なもの。

また新しい組織を馴染ませるために免疫を抑制する必要もないということです。

これがほんとなら、かなりスゴイ。

こういった感じのSF映画はなんか見たことあるでしょ?

ケガした皮膚になんか光線みたいのあてたら、まるで溶接するみたいに皮膚が治っていくってな感じのヤツ。

当然、未来のテクノロジーとしてのSF映画なわけですが、こういった映画なんかに出てくるいわゆる「想像」されるものって、いつかきっと出来ちゃうんですよね。

想像できることは必ず実現するなんていいますから、こういった技術も近い将来「医療」として役立つ日がくるんでしょうねぇ…

このTNTが実用化されるのはまだまだ先の話ですが、研究チームはその改良に全力で取り組んでおり、来年には臨床試験を行えるよう計画を進めているそうです。


来年から臨床試験がもし始まれば…

生きてるうちにこのTNT、見れるかも…

ぜひ、この目でみてみたいもんです。

ではまた〜




nano




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2017年08月30日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

8月30日水曜日でございます。

あ〜あ…

もう30日…

明日で8月も終りだよ。

明日は、今日で8月も終りだよって言うてますけど、ついに夏が終わるんだなぁ…。

ま、9月になってもすぐに涼しくなるわけでもなんでもないですから、そんなに変わりはないっちゃないんんですけど、8月と9月じゃ響きが全然ちゃいますよね。

ま、9月、10月と言えば秋ですから、これから活動的になっていきましょう。

そんな活動的なお話ってことで、今日のネタに入っていくわけですが、活動と言えばやはり若さじゃないっすか?

てことで、今日は昨日の巨大な恐竜からうって変わって、ラットのお話…。


若いラットから採取した心臓幹細胞を高齢のラットの心臓に直接注入したところ、高齢のラットに若返りの兆候が見られたという研究結果が欧州の学会誌に発表されました。

若いラットの幹細胞を注入された高齢ラットは、心機能が改善しただけでなく、手術のために剃った体毛が予想以上に早く伸び、普通は加齢に伴って短縮する染色体テロメアが長くなる現象まで見られたそうです。

さらに、体力が全般的に向上して、注入前よりも運動量が増えたというからこれは驚きです。

米シダーズ・サイナイ心臓研究所のエドゥアルド・マーバン所長はこの結果について「全身の若返り効果」が確認されたと説明、「予想外の若さの泉のようなもの」と形容しているそうです。

研究チームは心臓由来の前駆細胞について研究を進める中で、心不全患者の50%以上を占める「駆出率が保たれた心不全」の患者に対し、前駆細胞が心臓の回復を促進させる効果があることを発見しました。

ちょっとややこしいですが、「駆出率」とは、簡単に言うと心臓の機能評価のひとつで、まぁざっくり心臓が送りだす血液量的にとらえて貰えば分かりやすいです。

つまり、それなりに動いてはいる心臓って感じですね。

で、この駆出率が保たれた心不全は、というのが、加齢と症状が似ていることから、研究チームは高齢の人間と同じような心臓の問題を抱える高齢ラットで実験を行うことにしたそうです。

ま、簡単に言うと歳をとって自然と弱ってきた心臓って感じですかね。


実験では生まれたばかりのラットの心臓から採取した前駆細胞を、生後22カ月の老齢ラットに注入。

別のグループの老齢ラットにはプラセボ(偽薬)の食塩水を注入して、それぞれのグループのラットを生後4カ月の若いラットと比べ、1カ月後に再び比較を行いました。

その結果、前駆細胞を注入した老齢ラットは心臓だけでなく、全身に目に見えて若返りの効果が見られました。

前駆細胞を注入したグループは、注入前に比べて約20%も運動能力が高まり、手術により剃られた体毛はプラセボのグループに比べてはるかに早く再生され、さらに心機能は改善されました。

もう、これは画期的な若返りと言ってもいいでしょう。

心臓機能が上がるだけなら、なんとなく分かる気もしますが、運動能力の向上や、体毛の生える速度まで変わるとなるともう、夢のような作用と言えるでしょう。

ま、単純に心臓が若返る=全身に若返りが起こると考えた場合、そこまで無茶な話でもない気はしますし、この方法がもしもヒトにも適応するならと考えない人はいないでしょう。

これはあくまでラットの実験ですから、感想を聞くことは出来ませんが、このラット、目覚めたらメッチャ快調やんかいさぁ〜って感じやったんでしょうか。

ある日、目覚めると運動能力や、心臓機能が向上してるんですから、これはもう鼠が小躍りって感じでしょう(笑)

いやぁ〜…

この注射はうってみたい(笑)

正直、そう思わない人はいないでしょう。

目覚めたら快調…

体験したいやん(笑)


今後は心臓幹細胞を心臓に直接注入するのではなく、静脈内に投与する方法で同じ効果が得られるかどうか調べる研究に着手するそうで、まぁ、人間に応用するためにはもっと大型の動物を使った長期的な研究が必要ということですが…。

基本、わたしはこの手の実験には否定的なんですが、これはちょっと興味津々、今後の動きを期待したいと思います。


目覚めたら快調…

ええな(笑)

では、続報をお待ちください。



oyako



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2017年08月29日 [動物のこと]
お疲れ様です。院長です。

8月29日火曜日です。

さぁ、8月も残り3日となりました。

なんだかよく分からない気候ですが、9月になれば幾分暑さも和らぎ、秋っぽさが出てきますかね。

とか言うてる場合じゃなく、今朝早く、北朝鮮がミサイル発射って、テレビ観てたら「Jアラート」がなる瞬間に遭遇しました。

あれ、やっぱりちょっと怖いねぇ…。

幸いにも、ここ京都府は対象地域ではなかったので落ち着いてられましたが、対象になってた地域の人達は、ちょっと空を見上げるんじゃないでしょうか…。

そんで、結局、日本はパックマン3とか、攻撃してないやん(笑)

これって、通過するのが分かってたからなのか?

それとも、そもそも迎撃する気がないのか?

今回は、たまたま日本を超えて、太平洋上に落下って事ですけど、これからカリアゲ君の意思一つで、日本に着弾出来るんやと思うと空恐ろしいやん(^^;

で、現在7時過ぎで、続報は入ってませんが、これからどうなるんだろうねぇ…

次に、世界大戦とかなったら、もう人類は滅亡かもしれません。

って、そんな滅亡にちなんだ話…。

突然ですが、みなさん恐竜はご存知ですよね。

およそ1億年前、地球がとても暖かくて、色々な植物が咲き乱れていた頃、最大の陸生動物として、のっしのっしと歩いていたヤツらです。

で、この恐竜、たくさん種類がいたわけですよね。

比較的有名なヤツなら「ティラノサウルス」「ステゴザウルス」「トリケラトプス」「プテラノドン」とか色々います。

空を飛ぶヤツ、肉食で獰猛なヤツ、草食で臆病なヤツ、巨大なヤツ、小さいヤツとまさにバラエティー豊かな種類がいたとされてます。

一説には800〜1000種はいたんではないかとされてます。(800種ほどは化石が発見されてる様です)

で、これだけ色々いたら当然、○○で一番ってランキングとか付けたくなりますよね。

一番強いのとか、一番早いのとか、一番飛ぶヤツとか色々ある中で…


恐竜と言えば、やはりこれでしょ。

一番大きいヤツ。

これが一番、インパクトもあるしね。

で、今回、この「最大」とされる恐竜があらたに特定されました。

その名は「ティタノサウルス」です。

この「ティタノサウルス」は、69トンとアジア象12頭分にも匹敵する体重を誇り、これまで最大であったアルゼンチノサウルスを破り、記録上最大の恐竜の座に着いたそうです。

世界最大の陸生動物を発見できただけでも素晴らしいんですが、今回は少なくともティタノサウルス6体分にはなるだろう大量の化石が発見されたってことなんですよ。

それによると、アルゼンチノサウルス、プエルタサウルス、ノトコロッサス、そして今回特定された恐竜を含め、ティタノサウルスの一部は同じ分岐群に属しているようです。

調査を率いるアルゼンチン国立研究評議会のホセ・ルイス・カルバリード博士によると、この分岐群は、竜脚類の歴史の中で巨大化が発生したのは、いくどかに分かれてではなく、一気に起きたことを示しているといいます。

そもそもこの白亜紀中期の恐竜の最新の研究が本格的に始まったのは、アルゼンチン、パタゴニアの羊牧場で恐竜の化石らしきものが発見された2012年のことと比較的最近です。

それから18ヶ月かけて発掘が行われ、2.4メートルもの大腿骨など、少なくとも6体分の化石が発見されました。

ニューヨークのアメリカ自然史博物館で展示するために組み立てられた化石は全長37メートル。

1つの部屋に収まりきらないほど巨大で、頭が廊下に突き出るような形で展示され、来客を迎えたそうです。

これらはいずれも巨大な恐竜でありながら、大腿骨5本と上腕骨1本の解析結果からは、それぞれの成長はまだ止まっていなかったことが判明したそうですからなお驚きですな。

その発達途中でさえ、首をまっすぐ持ち上げればほとんど15メートルに達するほどだそうですからかなりの巨大さです。

完全に成長しきっていなかったことを考えると、もっと大きな恐竜が未発見のまま眠っている可能性もあるということもいえるでしょう。

アジア象12頭分って言われても、なかなか想像しにくいですが、まぁ我々が見たことも無い大きさでしょう。

しかし、今現在地球上で最大の哺乳類として君臨している「シロナガスクジラ」はこれに匹敵する最大34メートルのものまで観測されています。

でも、こいつは哺乳類とは言え、基本海中で生活しています。

これだけ巨大な生き物が、ノシノシ歩いていたってことが、ちょっと脅威でありロマンですよねぇ…。

だって、象の12倍やしね。かなり、いかついですよね。

一時期とはいえ、これだけ巨大な生き物が生息出来るだけの環境があったというのも驚きです。

詳しくはまだ解明されていませんが、これらの恐竜たちはおそらくは草食獣であったと推測されますし、ということはとんでもなく大量の木々が生えてたんでしょう。

そして、これだけ大きな生き物を狙う、肉食獣もたくさんいたんでしょうねぇ…。

想像するだけしか出来ませんが、かなり壮大な景色やったのは間違いありません。

そして、それだけ巨大で強大な恐竜たちが絶滅するわけですから、我々人間なんてそりゃもう、これだけ生きてるのが不思議な位です(笑)

これからさらに研究が進み、もっと色々な事がわかっていくでしょうが、この時代には本当にロマンを感じます。

我々人間は、知性と知力があるんですし、一丸となって、平和に暮らせる道を模索すべきだとおもうんですがねぇ…

ではまた〜

din



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop