弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2017年05月31日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

5月31日の水曜日でございます。

ついに5月も終りです〜。

明日から6月ってことで、そろそろ梅雨なんですけど、今年は何だかまだ兆しがないねぇ…。

ここ何日かは、カラッと気持ちの良い天気ですしね。

でも、これから徐々に湿度があがってきます。

乾燥と対極にある湿潤ですが、乾燥してれば例えばインフルエンザとかも繁殖しやすかったりしますが、この湿気って奴はカビだのの繁殖にはもってこい。

ですから、カビ、腐敗なんかにもっとも気をつけなきゃいけません。

梅雨時は、腐りやすいもんは口にしない。とか、生ものは避ける。とか…

今日の出だしからシケシケの話なんで、そのままこの時期に何となく合ってる気がする寄生虫の話とかどうでしょう(笑)

どうでしょうと言われても、どうもこうも、寄生虫に興味のある方もかなりマニアックやとは思うんですが、今日はちょっと変わった寄生虫を紹介します。

そもそもの定義として、寄生虫は宿主(寄生先の生物全般を指す)に寄生し、自らが生き延び、繁殖するために宿主をコントロールします。

基本的に、あらゆる動物が狙われますが、今日の主役は魚を宿主とするヤツ。

しかも「眼球」。

そう、魚の目玉(笑)

この魚の眼球に潜む寄生虫、ジプロストマム・シュードスファテセウムという名で、寄生した先の魚の行動を見事に操ります。

例えば、寄生虫が幼虫の段階では、宿主(魚)が捕食者(天敵の鳥)に食べられないよう安全な行動を促します。

しかし寄生虫が成虫になると、あえて鳥に狙われるような行動を引き起こすというから驚きですがな。

ジプロストマム・シュードスファテセウムのライフサイクルは3種の動物の間を巡ると考えられています。

最初は鳥の消化器内で、フンの中に卵を産みつけます。

そして、幼虫は水中で孵化し、淡水に住む巻き貝の類に感染します。

そこで十分に成長したら、再び水中へと旅立っていくわけです。

そして次なる宿主は魚ってわけでございます。

魚の皮膚を突き破り、眼球にたどり着くとそこに身を隠し、さらに成長するまで寄生し続けると…

やがて寄生先の魚は鳥に食べられ、また一からサイクルを繰り返すわけです。

この寄生虫に関して研究している、ロシアのセヴェルツォフ生態進化研究所による2015年の研究では、吸虫の幼虫に感染した魚は泳ぎが鈍くなることが明らかとなっています。

そうすることで捕食者の目に留まりにくくなり、魚網にもかかりにくくなるんだって…

今回の研究では、吸虫の成虫(魚での産卵準備ができているもの)に寄生されたニジマスを調査。

寄生された個体がより活発に泳ぎ、同時に水面付近に留まることが明らかになった。

どちらも鳥の目につきやすい行動となるわけです。。

試しに水槽に影を作り、鳥の襲撃を模してみたところ、魚は固まって身動きしなくなってしまった――が、感染していない魚よりも早く泳ぎを再開した。

つまり、寄生虫は年齢に応じた行動をとるよう宿主を操っているという事のようなんだね。

まだ小さく繁殖できない寄生虫は魚を守ることで、自らも守る事になりますし、成虫となり繁殖の準備が整うと、鳥の体内に寄生するため魚を目立たせ、捕食されやすいようにすると…

いくつかの先行研究では、感染した魚の行動が変化するのは視力が低下するからであると説明されていたそうなんですが、しかしそれでは固まって身動きしなくなる時間の違いや、成虫と幼虫による行動の変化の違いを説明できないということで、今回の研究がはじまったわけです。

確かに眼球に虫がおったら、視力は低下するわなぁ…。

でも確かに、それじゃ泳ぎが鈍くなったり、俊敏になったりの説明はつかへんもんねぇ…。

今のとこ、どうやって寄生虫が、寄生先の魚をコントロールしているかまでは分かっていないようですが、これが事実ならおそらくは、眼球を経由して、何らかの神経、もしくは脳にアプローチしてるんでしょうねぇ…

って、魚に脳があるのかないのか、そもそも思考するのかどうかも定かじゃないですし、おそらく本能的にしか動かないでしょう。

じゃ、なおさら寄生虫はどうやって本能を呼び覚ますのか?

謎だらけですが、世の中にはとんでもない生き物がたくさんいるわけですよ。

魚の皮膚を破り、眼球に寄生する寄生虫ってだけでショッキングやのに、魚をコントロールしちゃうとか、こいつ人間には寄生せんにゃろなぁ〜…とか

魚の皮膚を破って、眼球に進むんやから人間にも来れるよなぁ…。

こんな寄生虫が、目玉に宿ったらきっと、目ん玉飛び出る(笑)

まぁ、詳しい事は分かってないみたいなんで、人間が安全かどうかは分かりませんが、淡水の魚に寄生するようなんで、川で泳ぐときは目玉をガード(笑)

まぁ、皮膚を突き破るんやから、目玉ガードだけではアカンかもね。

とか考えてると、もう川に入るのは嫌になるでしょ?

私は、今年も川にも海にもプールにも、なんならお風呂にも入る予定はありません(笑)

あ、お風呂入らないっつっても、毎日3回シャワーは浴びてますから清潔ですよ〜。

てことで、みなさん川遊びには注意して下さいね。

ではまた〜



kisei



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2017年05月30日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

5月30日火曜日でございます。

いよいよ5月も明日で終わりですねぇ…

6月に入ればもちろん梅雨ですが、6月は上半期の最終月ってことで、折り返しなんやでぇ…

つまり年間目標を立ててる場合、半分終わってないとあかんタイミング…

てことで、まぁ、今日のネタには全く関係ない入りですが、今日も昨日に続いて例のネタ。

そうそう。天体ネタでございます。

昨日のは我ながら面白かったんですが、今日のはどうでしょう(笑)

ま、暇つぶしにどうぞ。

人類は宇宙に対して無限の夢があり、それを解明すべくあらゆる機関が、あらゆる人材を使い研究を重ねています。

その一つが宇宙探査とよばれるものです。

まぁ、これも細かく説明しだすとキリがないんですが、現在まで人類が他の星に降り立ったのは、月だけで、それ以外はいわゆる無人探査機が色々な情報を与えてくれるわけです。

で、この無人探査機は地球から飛ばすわけですから、この無人探査機に余計なものが付着なんかしてたらえらいことなわけですよ。

つまり、無人探査機が地球の微生物なんかを落っことしていって、まかり間違ってそれがその星で繁殖しちゃったりした日にゃ、宇宙の生態系?すら変えてしまうわけですから、そこは慎重にいかないといけないわけです。

で、そうした事故が起きないようにと、火星探査の際に、NASAが細菌を成層圏に打ち上げてその変化を観察していたんだそうです。

まぁ、普通に考えたら無人探査機に菌や微生物が付着したとしても、基本はこの成層圏を超え、宇宙空間に出た時点で死滅しますわな。

空気もないし、大気の圧力とか考えたら死にますよそりゃ。

でも何が起こるか分かりませんから、そういった「宇宙環境汚染」を未然に防ぐべく、米国、ロシア、日本ら105カ国が批准する『宇宙条約』では、宇宙や天体を有害に汚染しない旨を規定してるそうなんです。

で、NASAは「惑星保護局」と呼ばれる専門部署を設置し、地球生物が他の惑星やなんかを汚染しないよう、探査機の殺菌処理を徹底してるわけですよ。

しかし、微生物の中には、非常に耐性の強いものも存在するんです。

このブログでも何回も登場してるクマムシも宇宙空間で10日は生きた記録があるそうですし(笑)

中でも「SAFR-032(バチルス・プミルス菌)」てやつは、高温または極端な低温、乾燥などの過酷な生育環境でも芽胞をつくって生存し続ける「芽胞形成菌」のひとつです。

NASAのエイムズ研究センターは、2015年10月、ニューメキシコ州の上空12万5,000フィート(約38.1キロメートル)の成層圏に「SAFR-032」のサンプルが入った高高度気球を打ち上げました。

気圧が低く、低温で乾燥し、紫外線が直接照射する成層圏は、生命体の存在が期待される火星と似た環境といわれているんですね。

そこで、成層圏に「SAFR-032」を送り込み、その変化を観察すれば、火星探査に伴う微生物汚染の予測に役立つのではないかという考えです。

つまり、この実験で死滅する菌に関しては、火星に仮に持ってっちゃっても大丈夫って事らしいです。

で、結論的この実験において、気球の打ち上げから8時間後も生存していた「SAFR-032」の割合は0.001%未満とのこと。

この結果によれば、探査機に「SAFR-032」が付着したままで火星に上陸したとしても、直射日光を浴びることで、そのほとんどが1日以内に死滅すると推測できるってことなんです。


ゼロじゃないんやね(;'∀')


0.001%未満ってことは100001匹目には、生き残るヤツがいるかもしれんって事やんね?

100%死滅を確認せんとアカンのちゃうの?

アカン気がするなぁ…

人間ほど、高度な生物になるといわゆる「進化」が起こるまで凄まじい時間が必要となります。

そりゃ、姿が変わったり、新しい能力が加わったりするわけですからね。

でも、微生物なんかの下等な生物は、「死」に対してそして「繁殖」に対して貪欲に進化します。

そりゃ、それ以外の「役目」も「目的」も何もないんですから…

それと、もうひとつ恐ろしいのが「変異」と呼ばれるもの。

微生物がどんな繁殖をするかはそれによりますが、中には、突然変異によってあらかじめその環境に耐性を持ったモノは現れないとも限らないんですよね。


やっぱアカン気がするなぁ…


私たち人類は長年、宇宙のどこかに存在するかもしれない地球外生命(エイリアン)を追い求めて、宇宙探査に挑んできたわけなんですよね。

でもこれは同時に、地球にしか存在しない生物を地球の外に持ち出し、他の惑星の環境を汚染したり、その生態系を破壊してしまうリスクをも秘めてるわけで…

私たちは、それを知る必要があるのかどうか…

この取り返しのつかない程、大きなリスクに対して、得ることは探求心を満たすだけなんじゃないかと思うんですがねぇ…

人類の「知りたい」欲求が、ここまで進化させたのは言うまでもありませんが、あくまで地球内で終わらせなきゃイカン話でしょ?

話はちょっと飛びますが最近、北朝鮮のミサイルだの核実験だのが、世界を賑わしてますよね?

これと同じじゃないですかね?

同じ地球上に存在する国だから、地球の環境汚染等を考え、核は辞めろって言うんでしょ?

じゃ、宇宙を汚染する可能性のある事はもっとアカンやろ?

北朝鮮がこれ以上調子にのったら、アメリカのちょっとキレ気味の親分がやらかすかもしれませんやん。

つまり、地球もこれ以上調子に乗ってると、宇宙のどこかからガミラスみたいなんが攻めてくるかもしれませんよ。

まぁ、これは冗談としてもせめてやるなら100%大丈夫って状態を作ってやらないと…

と、どうでもいい場所から今日思ったわけですわ。

ほんと、宇宙の大きさから言うとどうでも良い話ですけどね

ではまた〜




space




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2017年05月29日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

5月29日の月曜日でございます。

昨日も今日も良い天気過ぎて、梅雨前って事を忘れてしまいそう…

今年は平年より、梅雨入りも遅いらしいですが、ま、それでも来週には梅雨入りでしょうね。

そしてそれを乗り切ったら、暑い熱い厚い夏(笑)

そんな夏前にピッタリな寒い話でもいってみましょう。

寒い話と言えば、いつもすべり気味の天体ネタでございます。

天体ネタ…

大体、寒く終わってるよね〜(^^;

でも、今日のは自信ある(笑)

寒いと言えば冬ですが、冬の南東の空に現れる「冬の第三角形」をみなさん、ご存知?

え?星座ですやん。星座(笑)

で、その一角を成す「ベテルギウス」の名は、天体に興味がない人でも一度は耳にしたことがあるんじゃないでしょうか…。

天空に一際明るく輝くベテルギウスですが、実は我々の知らない間に消滅してしまっているかもしれない、という話があるんですってよ。

ベテルギウスは太陽の900倍の大きさ、20倍の質量を持つ赤色超巨星で、地球から642光年離れているものの、太陽の10万倍明るいため肉眼で観測することができるわけです。

はい。ちょっと待ってね。

まず、太陽の900倍の大きさで、地球から623光年離れてるのに太陽の10万倍明るいから肉眼で観測できるって言われてもなぁ…。

太陽ってのがまぁまぁ大きいイメージあると思いますけど、その900倍なわけですよ。

でも、623光年離れてるからねぇ…

因みに1/900の大きさの太陽ですが、距離は地球から約1億4960万kmしか離れてません。

しかって言い方も変ですが、ベテルギウスは623光年ですから、もう単位が違う(笑)

因みに単位を合わせると、地球〜太陽間は0.00001581光年なんで、めっちゃ近くです。

って脱線しましたが、この両者、約100億年の寿命と言われる太陽に対し、質量が大きく、核融合反応が激しいベテルギウスの寿命は僅か1000万年ほどといわれています。

しかもその寿命が、99.9%尽きており、いつ超新星爆発(質量の大きな星が恒星進化の最終段階に達して起きる大爆発。この爆発により突然明るさを増す現象、またはその輝きが観測されたものを超新星という。)を起こしてもおかしくない状況にあるって話なんですよ。

で、さらに今まさに見えているベテルギウスの光は642光年の距離があるわけですから、642年前の光ってことで、時間差で観測できないだけで、すでに消滅してしまっている可能性まであるって話。

今見える光が、642年前の光って感覚が、もはや難しいんですが、さっきの太陽との比較で言うと、今見えてる太陽光線は、約8分前の光位のもんです。

こう書くと距離感掴めやすいかな。8分と、642年…

分と年って(笑)単位おかしいけど…

合わせたかったら、8に対し642×365×24×60かな。計算は自分でしなはれ。

で、話を戻しベテルギウスが超新星爆発を起こした場合、地球もただでは済まない恐れがあるらしんです。
それは、超新星爆発の際にガンマ線バースト、特に数千光年先まで届くといわれる「ロング・ガンマ線バースト」ってのが放出されるって話なんですよね。

このガンマ線バーストをここで解説すると、1回分のブログでも終わらなそうなんでこちらで詳しく勉強してもらうとして、イメージ的に爆発の爆風が、数千光年先まで届く的なイメージで読み進めて下さい。

これは、はるか彼方から射撃を試みるスナイパーのようなもので、宇宙空間はいつどこからガンマ線バーストに“撃たれる”のかわからないというスリリングな状況にあるってことなんですよ。

ベテルギウスの自転は地球から20度ずれているため直撃することはほぼないと見積もられていますが、超新星爆発時の衝撃で自転軸が変化しないとも限らず、正確な予想は困難なんやてさ。

もしもガンマ線バーストが直撃してしまったら、地球環境を有害な紫外線などから守っているオゾン層が破壊され、電子機器が壊滅的被害を受けるのみならず、人間をはじめとした生物も遺伝子が損傷し、がんや染色体異常が多発することになると、学者たちは申しておるよ。

また米有名雑誌「Forbes」オンライン版によると、ガンマ線バーストの直撃を免れたとしても、ベテルギウスの超新星爆発は我々が慣れ親しんだ天体の相貌をガラッと変えてしまう恐れまであるそうだ。

これまでにも天の川銀河内での超新星爆発は複数回に渡って起こっており、日中でもその光が観測できたというが、ベテルギウスは比較的地球に近いため、これまでとは比較にならないほど明るく輝くという話です。

もともとペテルギウスは、肉眼での星の明るさを表す視等級が0.42(数値が小さいほど明るい)と極めて明るいが、超新星爆発の際にはマイナス11等級を超え、マイナス10等級前後の半月にも勝ると予想されているんだって。

つまり、満月(マイナス12.7等級)に次いで夜空で2番目に明るくなるということかな?

さらに、数年かけ徐々に減光していくため、肉眼で見えなくなるまで1年以上にわたり継続して輝き続けるっていうから、どんだけの爆発やねんって感じやね。

ベテルギウスが現在どういう状態にあるかは誰にも分かりませんが、もしかしたら今年の冬にはもう今までと同じ夜空を観測することはできなくなるかもしれないってお話でした。

どう?

いつもの天体ネタより面白かったやろ?

とまぁ、天体レベルで物事を考えると、今いる自分の事なんか、ほんまにどうでも良い事のように感じちゃうから不思議です(笑)

そんな事を思いながら、今日も地球の片隅で頑張ろか(笑)




bete




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop