弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2016年12月31日 [スタッフのこと]
こんにちは。マンスリー川上ですー。

今年も残す事後少しですね。

今回のマンスリーも今年最後になるので年末はの食べ物について少しだけ書かせて頂きます。今回は年越しそばを食べるのかふと疑問に思ったので調べてみました。

なぜ蕎麦を食べるようになったかと言うと…

江戸時代に、金銀の細工師が散らかした金の粉を集めるのに、そば粉を練って丸めた団子で台面をぬぐうと、金粉を粘着させて集めやすかったため、そばは金を集める縁起物として知られるようになりました。

そして、細工師たちが大晦日の夜に仕事納めをする際、そば粉の団子で畳の目などにつまった細かい金粉を集めていたため、大晦日にそばを食べることで、金運が高まると言われるようになったのです。

さらに、そばは江戸時代よりも前から運気を高める食べ物として知られており、鎌倉時代に博多の承天寺において、貧しくて年の瀬を越せない町人に中国のお坊さんが蕎麦を振る舞ったところ、翌年から蕎麦を食べた町人の運気が高くなったと言われているそうてす。

苦や災いを切り捨てる

そばは箸で切れやすいことから、その年の苦労や災いなどを綺麗サッパリ切り捨てて、新たな気持ちで新年を迎えるために食べるようになったとの由来もあり、さらにソバの実の形は三角錐であり、古来より三角形には邪気を払う力があるとされているため、大晦日に自分の身に取り付いた悪い気をすべて振り払い、新年を迎えるという説もあります。

調べてみたら意外にも色んな意味がありました。

毎年なんとなく作って食べてたお蕎麦もちゃんと年末の締めくくりとして意味を持っていて意外に身近な習慣にも意味はあるのかなと思いました。

今年はちゃんと意味がわかった状態でお蕎麦が食べられるので有り難みを感じながら食べたいと思います。

それではみなさん、今年は色々とお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします。






soba





京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2016年12月31日 [日々のこと]
お疲れ様です。院長です。

ついに!今年最後のお手紙です。

当院も昨日からお休みをいただいてまして、本日すでにグダグダです(笑)

今日は観たいテレビがかぶりまくりで…

一日中テレビ観てられそうなかんじです。

みなさん、今年はどうでしたか?

ゆっくりされてる方も、バタバタされてる方も後少しで新しい年です。

終わり良ければ全て良し。

最後は笑顔で締めくくりましょう。

では、みなさんよいお年を…

院長でした。





048




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop