弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2016年09月04日 [スタッフのこと]
おはようございます。

サンデーかよです。

今日は9月4日。

先週の日曜日は、汗の話シリーズをしてきました。汗をかくことが、私たちの体温調節のためにいかに大切か…。

さて、汗をかくためには、当然原料の『水』がないと作れません。水分の補給が大切になってきます。

人間は体の6割が水で出来てます。そしてその水はただの水ではなく、塩分をふくんでいます。

0.9パーセントの塩水です。これは、私たちの遠い遠い祖先が、海で生まれ生活していた名残です。

もし、体重60キロの方なら、324グラムもの塩が、体の中に絶対必要となります。かなりの量です。

つまり、水分補給する際は、かならず多少の塩分も一緒に摂らないといけないのです。



体内の水分量と塩分濃度がちょっとでも狂うと、私たちの体を構成する60兆個の細胞はちゃんと活動できなくなります。

熱中症までいかなくとも、細胞の機能が衰えると、体の各器官が上手く働かなくなり、体調が悪くなってしまいます。



ところが、このブログを読んでくださった幾人かの患者さんが、『私はちゃんとお茶をのんでるから大丈夫』だとか、『ウォーキングから帰って、ビールをのんでいる』なんてお話をされるのです。

皆さんに注意していただきないのですが、水分なら何でも良いわけではありません。その質、量、そして飲むタイミングも非常に大事です。

そこで、今日は効果的な水分補給のお話をします。


<通常、汗をかいていない時>

水が一番です。

お茶でもいいですが、利尿作用があるので、お茶を飲むときはお水も一緒に摂ってください。

ジュースやスポーツ飲料は砂糖ががおおすぎるので避けてください。



<夏場の屋外での作業後や、運動後で、汗を多くかいた時>

スポーツ飲料が一番です。甘すぎるなら水で薄めてください。

ビールは厳禁です!!アルコールには利尿作用があり、かえって水分を体外へ排出させる原因になってしまいます。

同様にお茶やコーヒーに含まれるカフェイン飲料にも利尿作用があるので、塩分やミネラル、糖質を摂れるスポーツ飲料がベストです。




さて、さらに高齢者や中高年の人は、もうひとつお水を飲んでほしいポイントがあります。それは、朝の起床時と夜の就寝前です。

。寝ている間に水が失われるので、朝起きたとき、体内の血液の粘度が非常に高くなってます。

これは血の塊りができてしまい、心筋梗塞や脳梗塞の原因となります。大変怖いので、しっかり水を飲んでください。



ここ数日でかなり涼しくなってきたので、油断しがちですが、まだまだ暑い日もあります。

体調を上手にコントロールするには、水分補給が大切本当に大切です。過信せずにしっかりお水を飲んでくださいね




sui




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop