弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2016年09月30日 [スタッフのこと]
こんにちは。マンスリー川上です。

今日は、久々に天気のいい朝ですね〜。

朝から日光を浴びると、元気になれる気がしますね

今回はブログネタどうしようか迷ってた時、院内に置いてある本の内容で胡麻について書いてあったので胡麻の効果や前回、書いたチアシードと同じで色の違いで栄養価は違うのかなと思ったのでちょこっと調べたので書きます。

胡麻はメインのおかずになることはないものの、あるのとないのとでは風味やおいしさが全然違ってくる魅力的材料ですね。

ゴマの成分であるセサミンがサプリメントとして広く知られていることもあって、ゴマが健康に良いことは何となく知っているという方も多いはずです。

「何となく身体に良さそう」という理由で食べるのも悪くないですが、どうせならゴマのどんな成分がどのように良いのか知った上で食べてみたほうがいいと思いませんか?

まず、胡麻にはたんぱく質から各種ビタミン、カルシウムやミネラルまで、非常にバランスよく含まれているそうです。

これらの栄養素は、白ごま、黒ごま、金ごまともに、基本的には同じように含まれていますので、料理の種類や味や香りでお好きなごまを選んでいただけます。

ただし、白ごまは多少脂肪が多いこと、黒ごまは黒い皮の中にポリフェノールの一種であるアントシアニンを含んでいるという、若干の違いがあります。

ただし、白ごまは多少脂肪が多いこと、黒ごまは黒い皮の中にポリフェノールの一種であるアントシアニンを含んでいるという、若干の違いがあります。

ポリフェノールは生活習慣病の予防に効果的で抗酸化作用もあるそうです。肥満対策や老化予防に力を入れたい方は、特に黒ごまを積極的に取ると良いそうです。

前回のチアシードでは黒より白の方が栄養価は高いと書いてありましたが、胡麻は逆なんですね。

ですが見栄えだったりとかもあるので私はその時の気分やあった方を使ったりします。

このブログで色々栄養のある物を探し出してから積極的に身体に良い物をバランス良く取れるようになったと思います。

仕事場で取れない場合は家でその分摂取したり、飽きないように色んな食べ方をしたりと毎日の様に実験しています。



また来月何書こうかギリギリまで悩むかと思いますが、色々見つけていきたいと思います。






erm





京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2016年09月29日 [ダイエットのこと]
お疲れ様です。院長です。

9月29日木曜日。

今週も、後半戦に突入です。

9月も明日で終わるってことで、そろそろ秋〜冬モードに突入ですな。

そして、みなさんどうですか?

よく、夏にむけてダイエット!まだ間に合うビキニ!

とかって夏前から、雑誌だのネットだのでダイエットな記事を読まれてて、実際夏は露出が増えますから、何となく意識する…

でも、結果的に太っちゃったとかって人多くないですかね?

付け焼刃的なダイエットを繰り返すと、必ずこういう現象がおこってくるんですよ〜。

試しに、クローゼットに入ってる、去年のお気に入りだった秋〜冬の服達…

去年より楽に着れますか?(笑)

そうでない人は要注意ですなぁ…

ってことで、今日のテーマは久々ダイエット。


最近痩せにくくなったと感じたことありませんか?

運動や食事の管理をきちんとしているはずなのに、なぜか痩せない、それどころかかえって太ってしまうという事が起こってる人いませんか?


この現象が先ほど話した付け焼刃的、ダイエットの最大の落とし穴なんですよね。

あなたは長年かけて、ジワジワと「痩せない身体」を作ってきたんですよ。


まぁ、簡単に言うと基礎代謝の減少が原因なんですが、最近の研究では、この基礎代謝、思春期以降、若くても年々下がるって事が分かっています。

つまり、20代であろうと去年より、確実に「痩せにくい身体」になってるという事なんですよ。


わかります〜?


ですから、いつまでもキレイ、もしくはかっこよくいたいと思うなら、年々努力の量をあげていく必要があるという事。

そうしないと、確実にデブになります(笑)


そして、基礎代謝を無視して現状維持を図ろうとするなら、年々食事の量を減らし続ける必要があるわけですね。

そりゃ、消費量が減るんやもん、維持するには摂取量を減らすしか計算合いませんやん(笑)


これ、簡単じゃないですよ?

まぁ、普通は30代半ばあたりから、ほっといても徐々に食欲も落ちてはきます。

脂っこいものが無理になったりもしてきますしね。

でも、30半ばから、リタイア出来る人ってどれくらいいます?


つまり、30半ばなんてまだまだ身体を動かす必要があるし、仕事も家事も育児も、何もかもこれから忙しくなる年齢です。

つまり、身体を支えるのに、栄養は今まで以上に必要になるんですよね。

これが身体の不思議なところなんですが、こういう状況でも、加齢とともに代謝はドンドン落ちます。


そもそも、生物として代謝っていうものは低ければ低いほど、生存率が上がるっていうのが本来の姿なんですよ。



つまり、代謝が低い=長く食事をとらなくてもいい


これは、自然界で生きる動物からしたらありがたくないですか?


ですから、人間も本来そういうようにDNAが組み込まれています。


ですから、前にも話しましたけど、食事を取ることにより上がる「血糖値」ですが、これが上がり過ぎるなんてこと(野生動物が食べ過ぎるって事ですね)を本来の生物として想定してないから、人間の身体には「血糖値」を下げるホルモンがインスリンしかないんです。

でも、逆に「血糖値」を上げるホルモンは、何種類も存在します。つまり低血糖を起こす(野生動物が飢える)ことを想定して作られてるのが人間の身体なんですよ。


このことを頭で理解してると、意外とダイエットもうまくいくもんです(笑)

つまり普通に生きてるだけで、太るんだよってこと。

それと、もう一つは、この代謝が落ちることの恐怖の時限爆弾があるんですが…



そんなこと言われても、私はこれといって何もしてないけど、ここ何年も体重は変わってないわよ。



これは何を意味するか…

分かります?



あなたが特別な事(代謝を上げる何かね)をしてないのに、何年も体重は変わってないというなら…



それは、筋量が減り、その分脂肪が増えただけです(笑)



この重さの違いは、人によって多少違いはあるようなんですが、大体1.5〜2.7倍と言われています。

つまり、脂肪の方がま、平均2倍は軽いってこと。


で、筋肉って、私は毎日筋トレしてますから、分かるんですがそう簡単につくもんじゃないですよ(笑)


何年も何にもしてないって人の筋量が減るのは当たり前なんですよね。


で、体重は変わらない…


一番怖い現象なんですよ。そりゃ、痩せません(笑)


まだ、筋量を残したまま、体重が増えてしまった場合、これは落としやすいんです。

運動しても食事減らしても、代謝が変わんないですから、その分減るってことですから…


でも、長年かけた代謝の減少は本当にタチが悪い。


ですから、何もしてないのに何年も体重が変わっていない人って、手足が細くなってません?



手足は細いのに、体幹部分はそれなり…


でも体重は変わってない…



気を付けましょう(笑)



あ、本当はじゃ、代謝を下げない習慣を〜ってとこまで話すつもりだったんですが、何か長くなってしまったんで、続きは月曜日にやりますね。


まずは、痩せようと思うより代謝を戻そうとしてください。

そうしないと、ドンドン悪循環にはまりますよ〜


では、今日も私はジムで代謝をあげてきます(笑)




taijyu




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

2016年09月28日 [色々なこと]
お疲れ様です。院長です。

9月28日水曜日。今週も中日に突入です。ここいらあたりからの踏ん張りが、後半の加速になるんですがねぇ…

そろそろ秋も深まりつつありますし、暑いってことは随分なくなってきました。

でも冷房ってなんだかクセのもんで、ついそこまで暑くなくてもつけちゃうんですよね。

そして、この時期夏の疲れがドッときます。その疲れにこのエアコン依存が関わってるのは、何となくわかるでしょ?

じゃ、その何となくを、今日はおさらいして、実際何が悪いのか考えていきましょうぜ。


まず、エアコンの中は湿度が高く、カビが繁殖しやすい環境なんですよね。つまり、定期的にフィルターをキレイにしていないと、部屋中に雑菌を撒き散らすことになりかねません。

そう言えば、あんまり手入れしてないエアコンってかび臭い匂いしますもんねぇ…

そこで発生したカビを吸い込み続けると、呼吸器に問題が起きる可能性も出てきます。そりゃ、肺にカビが侵入するわけですし、なんかあって当たり前ですよね。

ですから、こういった問題を未然に防ぐため、まずはつねに清潔なフィルターを使うように気をつけましょう。

カビ以外にも、エアコンのフィルターにホコリが溜まっている場合は、せきや鼻水、くしゃみと、風邪のような症状が出ることがあります。

「風邪かな?」と思ったら、一度フィルターのホコリをチェックしてみるといいかもしれませんね。

まずこれは大事ですね〜。

直接、悪いもん吸ってるわけですから、そりゃ良いも悪いも、悪いに決まってますわ。これは依存の問題ってより、常にフィルターをチェックしておかないと、夏でも冬でも同じですからね。

続いての問題は、ずっとエアコンが効いている部屋にいると、徐々に肌が乾燥してきます。

こうなると、お肌に悪いのはもちろんの事、体が本来持つ体温調節機能が失われ、自律神経が完全に狂いだします。暑さに極端に弱い人は、とくにその可能性が強くなります。

この自律神経の乱れは、いつも話をしてるように、身体の中の色々な問題を引き起こします。

体温調節機能を取り戻すには、エアコンを切るのが一番で、窓を開けたり扇風機を活用することで、徐々に体温調節ができるようになっていきます。

そして、この体温調節には、意外と多くのエネルギーが使われるんですね。しかしエアコンを使うと、常に快適な温度に保たれるため、体温調節の必要がなくなり、カロリーが消費されなくなるんですよ。

さらに、暑い時期は外の運動を避けがちになるので運動不足になり、常に一定で涼しい部屋の中では食欲もアップします。いわゆる夏バテ知らず。まぁ、夏バテを推奨するもんではないですが、快適過ぎるとこういう弊害も出てくるようです。

さらに、ずっと寒い部屋にいると、体温を奪われないようにと血管が収縮する傾向にあるそうで、血管が収縮すると血流が滞り、血圧が上がる傾向になります。

こういった細かい事が、エアコン依存によって引き起こされるわけです。

まぁ、自然にといってしまえば、これはこれで、かなり効率が悪かったりしますし、暑いのに汗をかきながら仕事するなんて余計疲れますしね。

寒いと暖房、暑いと冷房。これはもう致し方ない事だと思います。

ただ、その温度の調節とタイミング、その辺をうまく考えていかないと、いつまでも夏の疲れを引きずったまま、次は寒い冬がやってきます。


冬になれば、暖房もつけますし、さらに肌は乾燥するし、屋内外の温度差で、またもや自律神経が乱れますし、血管収縮もさらに激しくなりますから…

ですから、夏の疲れとか言うてる場合ではなく、この素晴らしく快適な「秋」のうちに、狂った自律神経系を、元に戻しておかないといけないわけですね。


っていう私はまだ、普通にエアコンつけてますが…


まず、設定温度を上げるところからスタートしないとね。自室ではまだ16℃のままですから(笑)


あ、因みに今日のタイトルの、ウィリス・キャリア(Willis Carrier)

エアーコンディショナーの発明者らしいですよ。


ではまた〜



ea



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop