弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2016年01月25日 [日々のこと]
お疲れ様です。院長です。


1月25日、今週も始まりました。

なんだかんだで1月も最終週に突入ですなぁ…


世間では本日給料日のところも多い様で、なんとなくウキウキしますね。


当院は、月末が給料日なので、実は毎月日にちが違うんですよね〜


30日か31日か、28日か29日か…


これに、月末が金融機関のお休みと重なったら、前倒しにしますので2月28日が日曜日の場合、最大2月26日まで前倒されるんですよね。

この幅って、なかなかじゃないですか?


つまり月によっては、26日〜31までの間のどこかが給料日ってことです。


え〜、ちなみに平成39年の2月28日が日曜日となりますので、この月は26日が給料日ってことになります。



平成39年…


11年後ですわ…


なんか、どうでも良すぎる話で始まっちゃったから、このまま押し通しましょう(笑)



今年はうるう年ですよねぇ〜。


この「閏年(うるうどし)」というものが存在するから、2月の月末の日数が変わる訳なんですよね。



じゃ、この閏年、何で4年に1回あるかちゃんと説明できます?



まぁ、ご存知の方も多いとは思いますが、1年は365日、1日は24時間と私たちは理解しています。


でも、正確には1年は365.242199日なんですって。


で、その誤差を調整するために、4年に1度閏年を設けているのです。


ちなみに2月28日までの普通の年は、平年と呼び、2月が29日まである年を閏年と呼びます。


ふぅ〜ん…


平年て呼ぶんや…



と、ここまでならそれなりに聞いたことある〜って方も多いとは思うんですが、今回ちょっと調べたら面白い事が分かりました。


閏年は4年に1回なんで、干支で割ると3ですよね。


つまり、子、辰、申の3つの干支の時しか閏年はやってきません。


そして今年は申年。閏年。オリンピックイヤー♪


と、ここまでも大した情報ではないですね。



私ごとですが、私は申年で、メキシコ五輪の年生まれで、姉が4つ上で東京五輪生まれなんで、偶然知ってました。えへん。



で、今回の目玉情報は、閏年は4年に1回。

つまり、4で割り切れる年ですよね?


今年は2016年、次は2020年、2024年と、4年ごとに現れます。

でも、例外があります。


それは2100年です。


今から84年後ですから、残念ながらおそらく生きてないとは思うんですが、この2100年は4で割れます。


つまり、4年に1回の周期なんですが、2月は28日しかないんですって…



これは、閏年、平年の法則で



西暦が4で割り切れる年は閏年。


ただし!西暦が、100で割り切れる年は平年
ただし!西暦が、400で割り切れる年は閏年


ってルールがあるんですって。



つまり2100年は、100年に一回の平年にあたる年って事になるんです。


このルールがある以上、閏年=オリンピックってのは、実は成り立たないんです。

2100年はオリンピックイヤーなんですが、平年ってことなんですねぇ…



出来たら、2100年まで生きてその年を見てみたいんですが…



その時私は132歳です。





無理か…




あ、でも、ちゃんと132は4で割れますよね(笑)






では、また〜




25.jpg




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop