弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2015年12月28日 [からだのこと]
お疲れ様です。院長です。


今日は28日。今年も残すところあと3日…


うおー年末〜。

もう完全にお休みモードの方もいらっしゃるでしょうが、当院は明日も平常開院してますよぉ〜

今年の痛みは今年のうちに…


是非今年最後に身体の不調を点検しておいて下さい。


とはいえ後3日ですもんね。さすがに正月気分も高鳴りますわ。


明日は、昼休みに大掃除も行なう予定です。今年の汚れは今年のうちにね☆


でも、昼休みの大掃除、私は参加しません(笑)

昼休みはジムでトレーニングって決めてますから、そのルーティーンを崩したくないんですよねぇ…


なので、みんな頑張ってね(^^;


このトレーニングも、今年は31日、1日はお休みします。けど、2日、3日は行ないます。

あんまり休むと、かえって調子が崩れますし、最近腰痛で満足にトレーニングできてなかったので、その分を取り返したくて…


とまぁ、話の流れがトレーニングにむかってきたので、今日はトレーニングの話でいきましょう。



私がトレーニングに一番最初に興味をもったのは、20代の頃で義理の兄貴がボディービルダーだったので、色々教わってるうちにちょっと入ってみた感じ。


でもこの時は、そこまでハマりはしなかったんですが、知識はこの時備わりましたかね〜


で、次に本気でハマルのが37〜38歳を迎える頃ですか。今から10年位前ですね。


ですので、ここ10年位は本当にトレーニングしてます。


最初は、フィットネスクラブに入会して、それなりに楽しみながらトレーニングしてました。


いわゆる「細マッチョ」を目指してたんです。

水泳とかもしてましたしね〜。


で、ある日、そのフィットネスクラブのトレーナーさんとお話していて「筋トレ」の重要さを色々教わるんですよ。


そこから、少しずつフィットネスクラブのマシーンを使って、チロチロとトレーニングしだすわけです。

で、そのクラブにも、いわゆるバーベルとかダンベルが置いてある「フリーウェイトゾーン」があったんですねぇ。


この「フリーウェイトゾーン」がその時はちょっと近寄りがたい雰囲気だったわけですよ。


そのクラブでもいわゆる「マッチョ」な人が独占して使われてたりして、普通の人は遠巻きに見てるって感じでした。



でもまぁ、マシンを使ってトレーニングしだすと、数ヶ月もするとそのマシーンだけでは満足できなくなってくるんですよねぇ…

て感じで、「フリーウェイトゾーン」デビューを果たすわけです。


一度足を踏み入れてしまうと、今度は自分がその「ゾーン」を近づきにくい場所にしてしまう位、その場所に入り浸って黙々と鉄の塊と戯れるわけですわ。


で、そんな日々が6〜7年続いたでしょうか…


その頃は、完全にその「ゾーン」の主みたいな存在になってはいたんですけど、ある問題が生じておりました。


それは、そのジムが普通のフィットネスクラブだったので、マシンにしてもバーベルにしても、そこまで強度の高い、つまり重いウェイトを揃えてなかったんですねぇ…

ダンベルにしても30キロまでしか置いてませんでしたし、バーベルも総重量で170キロ位までしかなかったわけです。


そうです。私は6〜7年毎日トレーニングを続けていたので、その重量では軽くなってきてしまっていたんですねぇ〜


もちろん、工夫次第では十分追い込んでトレーニングできますし、やりようはあったんですが、ある日芽生えた不満は次のステップへと、私を導いていったわけですね(笑)

そう、もっと強度の高いトレーニングが出来るジムに移籍しよう!

その気持ちが、今いるゴールドジムの門をたたく、きっかけとなったわけです。



最近、あんまりネタも無いから、この話次も続けます(笑)

次は、ゴールドジムに見学に行くトコからはじめま〜す☆









では、また〜



28.jpg







京都 円町 弘泉堂鍼灸接骨院

PageTop