弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2015年10月11日 [からだのこと]
お疲れさまです。院長です。

食欲の秋、睡眠の秋ときたら秋の三部作、最終日は運動の秋といきましょう。

みなさん、身体動かしてますか?

なかなか忙しくて、わざわざ運動する時間はとれないですよね。

私の仕事は、幸いなことに、昼休みが長いので、午前診が終わると、そそくさと二条駅にある「ゴールドジム」までウォーキングし、約90分、思いっきり筋トレして、ウォーキングで帰ってきて午後診に備えます。

よくそんなに元気に動けるなぁと、感心されますが、慣れてしまえばやらないと気持ち悪いです。

でまぁ、ここまでの運動となると、なかなか趣味として捉えない限り、出来ないと思うんですが、この「ウォーキング」についてはついでに出来ちゃう総合的な運動なんですね。

「ウォーキング」つまり、歩くこと。これだけなんですが、じつは代謝をあげ、脂肪を燃焼させるのはかなり効率の良い運動と言われています。

しかも、まとめてやる必要はないんです。

以前は40分以上の有酸素運動を行なわないと、脂肪は燃焼されないと言われていたのですが、最近の研究結果で、そんなことはなく、5分でも脂肪は燃えるそうです。


買い物に行く15分間とか、通勤の駅までの10分間、コンビニまでの5分間…

こういった歩く時間を全部足し算して、一日のウォーキング量として算出できるんです。

こうなると、日々の歩く時間を有効に使わない手はないですよね。

どうせ歩くなら、大股で出来るだけしっかり足を動かし意識して歩いて下さい。一日の歩く時間を足し算したら、結構な時間になるもんですよ。

要は意識して歩くこと。

ダラダラ歩くのではなく、大股でしっかりと歩く。

これだけで、脂肪が燃えるんですから、今日から実行しましょうよ。

毎日、何分歩いたか計算すれば励みにもなりますし、自転車で行くところを、歩きにかえてみる…

こういう小さい積み重ねが、健康への近道だと思います。

しかも、歩くという動きは下半身、特に股関節の疾患にも効果テキメンですから…

せっかく気持ちいい季節なんですから、「歩く」ことから始めましょう!

pixta_imgpixta_16446652_S.jpg

PageTop