弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2016年02月02日 [からだのこと]

鍼灸治療

お疲れ様です。院長です。


2月2日火曜日です。


まぁ、2並びで夫婦の日らしいですが、それでは話が思いつきませんでした。

明日は節分ですねぇ〜って話は、明日しないといけないんで、なにしましょう。



たま〜にほんとに何にも思い浮かばない時があるんですが、そういう時もこうやって文字をタイプしていると、何となく話が出てきます。




…………




出ないねぇ(笑)


出ない時もありますわ。そりゃ。


じゃ、仕方ないのでいつもの如く、身体の話でもしましょう…

でーいつも接骨院関係のお話ばかりなので、今回は鍼灸のほういきましょうか。


鍼灸治療。



読んで字の如く、鍼もしくはお灸を用いて疾患を治療する医療行為です。



みなさん、受けられた事あります?

鍼灸治療。



まぁ、最近でこそ、うちのような鍼灸接骨院がたくさん出来だしましたが、昔は「鍼灸院」として、ちょっと独特の空気を出していましたよね。


鍼灸=東洋医学ってことで、なかなか一般の方には馴染みがなく、敷居が高い場所って感じです。


この「東洋医学」、学べば学ぶほど、奥が深すぎてかじった程度じゃ、よけいややこしいんですが、この学問に関しては生涯学習として勉強し続けようと思ってます。


よくいう「ツボ」ってのもこの「東洋医学」の中の経絡経穴の経穴をさしています。


それが、全身300ヶ所以上あって、それぞれに効能や意味があり、刺す深さ、刺す時間と、組み合わせれば無限に治療方法が広がってしまいます。



なので、東洋医学は今回ちょっと置いておいて、身体に鍼を刺して、一体何が起こるのか?

って話をしてみましょう。


つまり、鍼を刺して、身体は何がどうなる?って事ですよね。


一番の効果は、疾患のある場所に鍼刺激を与え、内部から活性化させるって事です。

つまり、分かりやすくいうと、鍼という異物が体内に侵入することにより、体内の免疫機関がざわつきます。



そりゃ、そうです。だって金属やもん。


そんな金属片が体内に入ってきた日にゃ、まず白血球なんかがワサワサ集まってきて、「これは何だ??」と調査を始めます。

で、当然、答えは「異物」なわけですから次にその異物を攻撃しようと、免疫細胞達が集合してきます。


でも、鍼はいつまでもそこにはいません(笑)


で、いい感じで集まった免疫細胞達が、その悪い部分を「ついで」に治すと。


ついでという言い方は、悪いですが悪い(痛い)部分に鍼を刺したわけですから、集まった免疫細胞達は、その悪い部分を修復します。


正確には、悪い部分の修復を早める、活性化するってことですね。


これが一番ベーシックな効果といえるでしょう。


しかし、これだけで全ての「痛み」に対応できるわけではありません。

「痛い場所」と「悪い場所」

これが別の場合が結構あります。

こうなると「痛い」場所にいくら鍼をさしても、全く効果はありません。


こういう痛みを関連痛と呼んだりしていますが、こういう痛みにはただの「鍼灸治療」の分野だけでは対応できません。


当院では、いわゆる「東洋医学」の鍼灸治療ののみならず、「筋肉」のスペシャリストとして、あらゆる痛みに対応しています。


ま、細かく言えば、一人ひとりの患者さんがすべて違う症状をお持ちなわけで、その全てに対応できる様に、日々勉強しております。



まだまだ寒い日が続きます。




何とか寒い冬を一緒に乗り切りましょう。(^^V







では、また〜



2.jpg




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop