弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2019年03月07日 [色々なこと]

スペースデブリをグサリ。

お疲れ様です。院長です。

3月7日の木曜日でございます。

3月も早くも1週間過ぎてまいましたなぁ…。

かなり春感増した瞬間もありますが、まだ寒いタイミングもあってほんまに服装なんかにも悩まされますなぁ…。

こういう寒暖差のある時って、自律神経系が乱れますんで、特に注意が必要です。

完全に暖かくなるまでは、まだ1ヶ月位はかかりますしねぇ…。

ってな、春待ちトークで今日もスタートですが、今日のネタはそんな小さな出来事、どうでも良くなる様なスケールのお話です。

みなさん、「スペースデブリ」って聞いたことある?

これは、いわゆる「宇宙ゴミ」っていわれるもので、例えば使わなくなって、軌道から外れた人工衛星だとか、ロケットの部品だとかの「ゴミ」が宇宙空間を移動してるんだそうです。

ま、こんなゴミも、我々人間が出してるんですけどね。

地上にもゴミが溢れかえってますし、宇宙もゴミだらけにするなんて、ほんと地球に見放される日も遠くないよね…。

って悲観してても仕方ないんで、やってもうたことは、出来る限りなんとかしよーってことで、今日、ご紹介するのはこのスペースデブリを、特殊な銛(もり)で串刺しにして、大気圏に突入させて銛ごと燃やし尽くすという作戦についてのお話です。

スケールでかいやろ?

宇宙空間を、このスペースデブリは、アメリカ政府が監視しているだけでも50万個以上あると言われてます。

まぁ、大きさはまちまちですが、2万個以上はソフトボール位の大きさはあるという事です。

これ、ソフトボールくらいと言っても、スピードは弾丸よりも高速で移動しており、直径10センチもあれば宇宙船を破壊できるほど危険な代物なんだそうです。

こんなもん…

そこらに捨ててる、人類が悪すぎるよなぁ…。

イングランド、サリー大学の研究者が開発したのは、こうした宇宙のゴミ問題に対処するために使われる特殊な銛(もり)なんでそうです。

ちょっと動画があるんすけどね。

この動画で紹介されているのは、RemoveDEBRIS衛星が行なった実験で、1.5メートルのポールの先に取り付けたソーラーパネルめがけて銛が発射されたシーンです。

ま、簡単に言うと、人工衛星から飛んでるデブリに、銛を当てて最終的にはそれを地球大気圏に突入させて、銛もろともデブリを燃やし尽くしてしまおうというものらしいです。

この最終実験も3月に予定されているそうなんですが…。

アカンやろ(笑)

例えばね。

ゴミが部屋にあるとしましょうよ。

片付けなきゃなーって気持ちだけで、なかなか前にすすみません。

ここで、一番大事なのは「さらにゴミを出さない事。」まずこれじゃないっすか?

この銛攻撃、実験段階から、ゴミを増やす可能性がありますし、人工衛星を打ち上げたら、やがてそいつらもゴミになるんじゃないのぉ?

まず、ゴミを出さずにいきましょうよ。

って思うんですが、実は人工衛星がビャンビャン打ち上がってますし、アメリカの民間会社、スペースX社ってとこは、数千ものスターリンク衛星の打ち上げ許可を政府に申請してるそうなんです。

これは、4000基以上の小型人工衛星を地球周回軌道に打ち上げて巨大なブロードバンド通信網を作り、インターネットを地球の隅々にまで届けるSpaceXの「Starlink」プロジェクトなんだそうですが、こんなもんが稼働しだしたら、軌道を飛行する人工衛星の数は2、3倍に膨れ上がるらしいんですよ。

ほたら、結局ゴミも2、3倍増えますやんって…。

こういう許可って誰が出してんの?

宇宙はみんなのもんやから、国の許可が出ればそれでいいって事なんじゃろか?

もう、この件にはわたくし院長、まったく納得できまへん。

許可した覚えがない(笑)

そもそもね。

宇宙は広いんですよ。

まだまだ何も分からん宇宙に、ゴミだけすてるなんて、もし他の星に住人がいたら、これほど迷惑な話はないよねぇ…。

地球が、他の惑星から総攻撃を受ける前に、宇宙にゴミをほかすのは止めんとアカンと思います。

このスペースデブリ問題は、これからも取り上げていきたいと思います。

ではまた〜。



utyu



京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop