弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2018年11月16日 [日々のこと]

新元号

お疲れ様です。院長です。

11月16日の金曜日でございます。

11月もついに後半戦、折り返しましたね〜。

再来週は11月末ですから、今年もちょうど1ヶ月半ってとこですな。

日数にして45日…。

まだ余裕っちゃ余裕ですが、まぁここからは早いからね。

後半になって慌てないように、ボチボチ年内完遂するべきリストくらい作っておいた方がよろしおますえ。

当院は、例年通り30日〜3日までお休みをいただき、4日から初診療って予定です。

今年は29日が土曜日なんで、最終日が半休ってこともあり、勝負は28日までやな(笑)

そして26日が水曜日ですから、もうこの辺から休みモードで今年の総括とか言うてる場合じゃないはずですし、やはりクリスマスまでに色々終えておきたいところです。

あ。

そうそう。

ここ30年間、クリスマスイブの前日にお休みがあるっていう、奇跡の天皇誕生日が、今年でなくなっちゃうんですよねぇ…。

今回で最後なんやんね?

平成の後の元号とか、ほぼ興味ないですけど(笑)この祝日だけは残してくれへんかなぁ…。

生前退位の日とか、平成の日でもええしねぇ…。

昭和の日を残したんやから、12月23日はなんとか残しておくれ。

ちなみに、 皇太子徳仁親王のお誕生日は2月23日ですので、来年からはこの日が天皇誕生日になるわけです。

海の日とか、山の日とかどうでもええやつ削ってでも、12月23日は残していただきたいもんですなぁ…。

って、何の話から、こんな事になったのか、あーそうそう。

23日が祝日で、そこからクリスマス〜年末ってなだれ込むわけですから、もう22日辺りにはある程度カタをつけとかなきゃいかんわけですよ。

大掃除だの、年賀状だの、弘泉堂通信だの結構この時期に固まるんよね。

うまくこなせるようにスケジュールたてて、早め早めにやってかないとね。

それと、これは早急にって話でもないっちゃないけど、新元号ができるとね。

これまた色々大変なんですよ。

もう来年のカレンダーは、元号が入ってないバージョンしか売られないでしょうけど、例えば我々の使ってる施術録だの領収書だのは「平成」表記されてんですよね。

ですから、来年以降、使えなくなる可能性が高いんですよ。

これも大問題なんよねぇ…

噂では、来年の5月に新天皇が即位され、新元号になるわけですが、混乱を避けるため、1ヶ月前の4月に新元号を発表するとかしないとか…

この通りにいったとして、1ヶ月の間に色々変更させなきゃいけんわけやろ?

これもかなりめんどくさい&ハードな作業になるんじゃないの?

1ヶ月はアカンやろぉ…

西暦表記やと、やたら文字数増えますやん。

なので大体のものを「H30」って書き方しちゃってるもんね。

あーあ。

2018とか長いやんか。

ま、ええけどね。

ってそもそも元号ってなんであるねんって話よね。

まぁ、わたくし院長は、昭和を生きて、平成を生きて、そして来年から新元号で、 皇太子徳仁親王が、わたくしよりお歳を召されているという事で、もう一つ、つまり4つの元号を見てから死んでやろうとは思ってますよ。

なんか、メリットったらそんなもんしか感じませんし、逆に不便な事を挙げたらキリがないでしょ(笑)

でも、これが日本の文化なんですよねぇ…。

ですから、絶対なくならないでしょうから、仕方ないっちゃ仕方ない事なんですが…

昭和〜平成の時はある意味突然訪れましたし、前もって分かってるだけマシっちゃマシなんですがね。

なんでも新しくなるって事は、それなりに古いものをどうにかしなきゃいけないってことで、そこに問題が出るのは当たり前ではあるんですが、その問題が間近に迫るとメンドくさいとしか思わんな(笑)

とりあえず、年が明けて平成31年が最後の平成になるわけで、30年ちょい続いた平成が終わるって事に少々寂しさもなくはない気もしないでもないですが…。

来年は、元号が変わり、消費税が上がりと何かと変化のある年になりそうですので、今年のコトは今年のうちにやっときましょ。

ではまた〜。





do




京都 中京区 円町 弘泉堂鍼灸接骨院
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop