弘泉堂ブログ | 京都中のアスリートが通う、スポーツ障害なら「弘泉堂鍼灸接骨院」にお任せ下さい。痛くない骨格矯正、鍼灸治療も好評です。

弘泉堂鍼灸接骨院
その痛み…治せます!
ブログ
2016年01月08日 [ダイエットのこと]

正月太り2

お疲れ様です。院長です。


1月8日、今日も元気にいってみよ。


つい先日、正月太りの話を書きましたが、色々ご質問をいただきました。

反響があったので、前にも何回か書いてる気はするんですけど、またもやダイエットネタで…


ダイエットってホントにネタ的に強いですよね。

永遠のテーマっていうか、それだけみなさん痩せたいと思ってるんでしょうねぇ…


私は趣味で筋トレしてますんで、とにかく代謝は高いほうです。


なので、正月の間中、すき放題食べていても4日、5日、6日位には体重も戻ります。

数字にすると、休み中に4キロ位は増量してるんですが、3〜4日で戻っちゃいます。


これは前にも話したように、一時的に質量として「重量」が増えただけで、まだ完全に「身」いわゆる「皮下脂肪」として蓄積してるわけではないからできる事なんですよ。

このサイクル(代謝による体重減少)みたいなものが自分の中に定着すると、例えば1週間のうち、日曜日は好きなものを好きなだけ食べる!ってことをしたとしても、増えた体重が水、木曜日にはもとに戻ります。

これが出来ると、常に食事(栄養)をコントロール出来るわけです。なので、平日はキッチリ栄養価を考えた食事をとり、休みの日はストレス解消とばかり、好きなものを食べると。

この週1、2回の「好きなもの」を食べることだけでも、かなりのストレス解消にもなりますし、この日は何を食べても太らない。って安心感はさらに食べるものを美味しくさせてくれますよ。


で、この平日の「栄養価を考えた食事」で体重の増減を調節するわけです。


つまり身体はこの「日曜日の食事」を無かったことにしてくれるんです。


月〜土までのある程度節制した食事に慣らされて、日曜日の出来事を「日常の食事」と考えないわけです。

なのであえては「吸収しない」って選択をします。


これにより、一時的に質量として重量は増えますが、排泄がおこると元に戻るわけですよ。


なかなかいいでしょ?

こういったサイクルを実現するにも、代謝の安定が不可欠なわけでそれにはとにかく、今より筋量を増やすってことが大事です。


これもよく言いますけど、筋トレして下さいって言うと、もの凄い重量のバーベルを担いで唸る様なイメージを持たれたり、後筋トレすると筋肉がついて痩せにくくなるとか、脚が太くなるとか…


ほんと大丈夫ですからね。マジで。


筋トレして脚を太くしようなんて考えたら、そりゃ〜もう、泣くほどトレーニングして、吐くほど食べないと太くなんてなりません(笑)


そして、重い重量を扱うとかも考えなくても、例えばペットボトルでもいいですし、コンビニ袋にお米を入れたり砂を入れたりって、お家にある物で十分ですから…


まずは、今の筋肉量を減らさない。これが最重要事項です。減らなければ代謝も落ちにくいので、太りにくさは維持できます。

で、少しでも筋肉量が増えると、その分代謝は上がりますから、今までと同じ量の栄養を摂取しても、勝手に痩せていきます。


すごいでしょ?


なので、正月太りを解消するには、とにかく「筋トレ」


そして、決して食事量を減らさない。


この2点を遂行してみてください。すぐには無理ですが、少しずつ体重が減ってきて、気付けば太る前の体重以下になってるはずですよ!!


さ、ダイエットの基本は明日からじゃなく、今日からじゃなく「今から!」ですよ。






では、また〜




8.jpg





京都 円町 弘泉堂鍼灸接骨院
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop